純喫茶★ロイヤル  

2013年10月に顔面痙攣の手術をしました。術後経過の様子を中心に書いていきます。片側顔面痙攣の闘病メモ。


テーマ:
連休明けに、仕事をさくっと切り上げ、久々に東京文化会館へ向かう。(平日夜のコンサートって、結構ツライ)
今日の演目は、レニングラード国立歌劇場管弦楽団のチャイコフスキー特集。
「聴け!怒涛のロシア音楽!」という、なんともベタなタイトルがついていますが、イタリア奇想曲、スラブ行進曲、悲愴など盛りだくさん。古川さんのチェロ(「ロココの主題による変奏曲」、初めて聴く曲!)も、聴けるのでまあ、お得でしょう。

会場の入りは、6から7割程度。
後ろの方はかなり空席が目立っていました。
S席1万円は高いから、もう少し安くして、いっぱいにしてあげてもよいのでは・・とおもうんですけどね。(今回私は、割引で7000円で入りましたが)
しかもこのレニングラード楽団は、この後3日間連続で、マーラー5番(なぜか4楽章のみ)と第九をやるっていうから、なんともパワフル柔道なオケです!さすが大国「ロシア」ですね。笑

さて、曲はイタリア奇想曲から。イタリアにいたときに作曲されたとのことで、チャイコらしからぬ明るく元気。打楽器や、管楽器が華やか。アフロ頭がキュートな指揮者アニハーノフ氏がこれでもかというくらい盛り上げて最後のフィナーレへ「突入」!
スラブ行進曲も、同様なのですが、ロシアはみんなで足並みを揃えて、最後の頂点へまっしぐら!っというイメージを作り出すのってお得意なんでしょうね。いやあ、聴いているほうも、体力を消耗してしまいました。w

後半は、とっても聞きたかった「悲愴」(1月に演奏するので)
第1楽章の不穏な始まり方から、ぐぐ~と引き込まれていきました。
弦の各パートが、折り重なるように、小さな繊細の音の刻みからダイナミックな盛り上がりまで、ひとつにまとまっていく様は見事。
あと、木管、フルート&ファゴットがきれいでした。

自分が今練習していることもあり、第2VNトップの人の弓の動きを凝視!
3楽章のスピッカート、力が抜けていて、ラクに弾いてます。私はなんで、弾けないんだろう・・。汗

最後の4楽章、聴いていると頭の中に、ロシアの雪の荒野が広がってゆきました。シーン・・と空気が張り詰めた感じ?素晴らしかったのヒトコトです。
春に、ラフォルジュルネでウラルフィルの演奏を聴いたけれど、こちらのほうがどっしりと重厚な響きを感じます。

1月まで、あとちょっと。。
参考にするべく??がんばります。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
連休は2日連続でOオケの練習。大曲を2曲、ここでなんとか、音拾っておくだけでもしないと、本番ではまったく追いつけないと思い、必死で参加してきましたガーン

初日は、本番のソリストさん(土田さん)と、初めてのピアノあわせ。
真面目で静かな印象の方でしたが、ピアノを弾き始めた途端、周りの空気が一変しました。
学校の音楽室が、コンサートホールに。
ピアノも、初めて端から端まで弾かれたんじゃないかな??笑
ピアノ自体の音が「ごわ~ん・・」となれない音を響かせてたような気が。

自分たちの音はともあれ、彼のラフマニノフには圧倒。一つひとつの音が、音の粒になって聞こえます。
2楽章の余韻は、聴いているだけでもジ~ンとしてきて、ヤバイです。
ピアノは、打楽器というだけあって、全身の力をこめて鍵盤を鳴らす、迫力を間近に感じました。

23日は,クリスマスパーティ。
なれない、手料理でなんと8人分を作る?大技にチャレンジしましたが、、なんとか成功♪
オーブン料理も、ちょっとづつマスターしてきました。
来年は、ターキーに挑戦か?!
深夜1時まで、飲み尽くし、しまいには私は酔っ払った上にバイオリンまで弾かされて、大変な目にあいました。トホホ。。
(酔っ払っていたのか、単なる下手なのか?わからなかった)

あっという間に、お休み終了でしたね。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本酒が、またひそかに「ブーム」になっているらしい・・。
社会人になりたてのころ、いい気になって飲みすぎて、嫌な記憶となったためにそれ以来避けていますが・・

最近、発泡タイプの日本酒が出て、飲みやすいと人気のようです。
恵比寿三越で、早速数種類買ってきてみました。

「夢和飲(ゆめわいん)」

夢和飲

甘口。日本酒とワインを割ったらこんな味になるのかしら?日本酒の香りはそのままですが。
発泡とはありましたが、あまり炭酸を感じなかったです。
スパークリングワインのような感じを期待したのにな。。


「月うさぎ」

月うさぎ
これは、グラスに注いだ瞬間、シュワ~とまさにスパークリング!色はうすい白濁状。
味は、夢和飲より軽め&さっぱりした甘めで、美味しい!!
アルコール度数は7パーセント未満。香りも、日本酒の臭みがなく、のみやすいです。
ここ で買えます!

同じ酒造から、ロゼタイプの「星うさぎ」が出ているので、それも飲んでみたい。

家で、飲んだくれるのも、あんまりカッコよくないですが・・。笑
和食やパスタなどいろんなものにあわせて味見をするのが、楽しみになっています。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
土曜日に、前職で一緒だったTさんと、青山学院大学院のビジネススクール (いつの間にかできていました)で主催しているセミナーに行ってきました。
新聞で告知を知り、無料ということもあり、気軽な気持ちでの参加です。

テーマが「通信と放送のメディアの融合の実態」とADKインタラクティブの横山さんの「次世代広告コミュニケーション」という二本立て。

前半のスピーカーは、元WOWWOWの志村さん。
アメリカやイギリスのテレビ局では放送網のデジタル化が日本よりもかなり早く進んでいて、番組編成の対応も多チャンネルにわたり柔軟に対応をしている様子。TV広告のアフィリエイト化する取り組みや、無料・有料で放送する内容も差別化させ、視聴者にも選択権を与えるなどの手法は、ネットに視聴時間を取られてあたふたする日本のテレビ局とは対照的。。 志村さんの話、とても興味深く拝聴しました。

※最近デジタル放送を私も見てますが、相変わらず番組がつまらないのに閉口しています。
 もっとまともな番組を作ってほしい。(NHKは、金をかけてるだけまだちゃんとしてますね。。)

後半の横山さんのお話は、ネット業界ではほぼ知れ渡っている内容だったので、現状を再確認する止まり。
一生懸命、ブラウザ上で展開する動画広告を過去事例として、プレゼンをしていました。
当時のアクションが思ったよりの効果を産んでいないということが、、残念でならない様子。。

彼の話の中で、この10年間で私たちが受け取る情報量は「400倍」にもなったけれど、実際に受け取れる量は、頑張ってたった「10倍」だそうです。人間の知能には確かに限界ですね。。そこに、いかに情報をインプットさせるかが、、広告なんでしょうけど。取捨されるまでのリストに入るまでが、、そりゃあ難しいワケです・・

セミナーのあとに、たまたま通りがかった教会で聖歌隊のクリスマスコンサートを覗くことに。
オルガンと素敵な合唱に癒されて、帰ってきました!
なかなか、充実した一日でした。


教会
↑初めて入った、青学の教会。広くて立派です!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は強烈な女性に会いました。。プンプン 注;仕事です。
前回あったときは、そこまで嫌味な感じではなかったのだけど、今回は、全く「コ馬鹿」にした感じの態度。
「Ha~n?あ、それで~?」※語尾があがってます
というか、全部聴かずに途中でさえぎってくる。

多分自分の意図することと、私が言ったことと違っていたんだとおもう。

で、その意図が、ごちゃごちゃ言っているだけど、こちらに伝わらない。
多分妄想というか、迷走しているんだろう。
・・私の頭が悪いのか?とおもったけど、周りもどうも分からなかったらしい。
よかった。。

自分では忍耐力がついたと思ってたけど、途中で引火メラメラしそうになりました。
ヤバイ。。
キレたら、負けです。

次回は、どうなるか>こえーな。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ニホンモニター・ドリームライフ
ブラームス:ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 作品83/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調 作品18

1月に演奏する予定の「ラフマニノフ ピアノコンチェルト」・・さらってみたら、難しい・・。
ピアノが勿論メインなのですが、弦の入るポイントを見失います。
特に、第2楽章。キレイなメロディに思わず聞きほれてというわけではないのですが、、休んでいる小節があると、どこを弾いているのかが分からなくなるのです。
スコアを買わないと無理なのでしょうか?
>楽器を弾く皆様
休小節の数え方って、どのようにしていますか?頭(カラダ)でどうやってカウントしています?

超難しい曲は、まず全体の流れを掴むという意味で、CDにあわせてとにかく弓を動かす。(譜ヨミ)
去年も、耳を頼りになんとかチャレンジしていますが、、今年もこの方法で行くしかありません。

あと1ヶ月ちょっと。大丈夫かな。。

今回のソリストさんは、ラフマニノフコンクールで優勝された方らしいです。
(よく、この話をうけてくださったと思います、汗)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近肩が非常に痛い。。左の肩甲骨のあたりが特に。
寝違えたのか?それともヴァイオリンをもつ姿勢に力が入りすぎているのか?

寝ていると、時々腕がつることもあります。
整体に行こうかと悩んでいたところ、母親にファイテンのチタンテープ をもらったことを思い出し、ベタベタ貼ることに。。
今日の夕方にテープを貼ったのですが、、今少しラクになってきました。

チタンは、血行を良くするらしいのですが、イマひとつ胡散臭さが漂います。
(ゲルマニウムと一緒ですね)
でも、この即効性を感じると、あながち「効果」も嘘ではないのかもしれません。
現にアスリートも使っていることですしね。

ハーバート ホーン, 山本 裕樹
ヴァイオリン演奏のコツ
↑以前購入した本。姿勢か、構え方か。。ちょっとチェック。

讃歌/篠田 節子
¥1,785
Amazon.co.jp
最近読んだ本。メディアが1人のアーティストを翻弄し、最後は崩壊の道へ追いやる。。
やらせや偽造疑惑など最近取り沙汰されている社会問題を音楽の視点で切り込んだ意欲作。
久々に、一気読み。



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。