純喫茶★ロイヤル  

2013年10月に顔面痙攣の手術をしました。術後経過の様子を中心に書いていきます。片側顔面痙攣の闘病メモ。


テーマ:
角川エンタテインメント
マッチポイント 初回限定版 (特別ブックレット付)

昨夜は久しぶりに、DVDを借りてきました。
前から気になっていたスカーレット・ヨハンソン主演「マッチポイント」。

マッチポイントは、テニス用語で勝負が決まるラストの得点のことなのですが。
テニスボールが、ネットぎりぎりに当たり、運がよければコートの向こう側に落ち。悪ければ手前に落ちる。
ゲームの勝負も実は「運」次第。人生でも、そういう「運」に、左右され最後まで勝負は分からない・・・ということを、監督ウッディ・アレンはこの作品でほのめかしているようです。
まあ、このタイトルとおり、最後まで(ゲームが決まる瞬間まで)見逃せなかったワケですが。

テニスプレーヤーだった男が、金持ちの女性と結婚し、玉の輿人生まっしぐらというのには飽き足らず、嫁兄の恋人と不倫しちゃったり、最後は殺人まで犯すというとんでもない話なのです。そこで、、彼は捕まるのか、否かというのが、人生の勝負なのか。。(結果は見てからのお楽しみ!)

見所としては、スカーレットヨハンソンの演技。純真無垢な役ではなく、野望をもったすれっからしのヤンキー娘を演じていたのは、意外!本来の彼女に近いんではないのかな?と思うくらい、役にはまっていました。
不倫相手に迫る場面なんか、、「こんなふうに女って変わってしまうのね」とつくづく女の怖さを実感させてくれましたよ。ここまで地に堕ちたような役柄になると、スカーレットといえども魅力半減・・。
(でも、彼女の体つきや唇は、確かに魅力的で、ウッディアレンもはまったというのは、分かる気がします)

自分の人生も、マッチポイント的場面があったのかもしれないな、、とちょっと振り返ったりして。
あんなことをやらかさなければ・・って。そしたら、私も今では「勝ち組」!?
自分の選択は間違っていなかったと思っているのも、実は勝手な思い込みか!?

私にも「玉の輿」人生、転がってこないかな。。なんてぼんやり思っているのが、すでに勝負降りてるのかもしれないですけどね。。えっ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
私のここ数年の課題であった「演奏本番時での緊張との戦い」。
日曜の発表会が、まさに正念場でした。
(仕事では、あんまり緊張したことないのに。。)

昨年の発表会では、ソロ演奏のときに動転して演奏もボロボロになったことが、自分にとって痛い経験でした汗
あの時は、ひどく落ち込んだっけ。

また同じような失敗を踏みたくなかったので、今回は、練習をいつも以上にしっかり備え、精神的に克服できるよう、「上がり症」克服本読んだり、身体のトレーニングのワークショップに参加と出来る限りのことに取り組んでみました。笑(この時点では、効果ないかもと半信半疑シラー

で、当日
まさに台風が関東に直撃した日曜日。(予定通り、催行されました)
今回は去年より参加した人は少ないのに、少し安心したというものの。
演奏の順番は無残にも近づいてきます。
しかも私の前の順番の中学生は、モーツァルトを軽々と弾きこなしているし。

「ひえ~、この次に私弾くんだ。嫌だ・・」と思ったのもつかの間。
とうとうステージに立ちました。

合図を多分私はしたのでしょう。(あんまり覚えていない・・)
伴奏が始まって、一音・・「ソ~シソ」と変な震えたような音がバイオリンから出ているのに自分でギョ!とし「やっぱり緊張している」と実感してしまいました。
うわ、ヤバイ・・と思った瞬間。

「ステージに立ったら、客席の誰かに自分の今の思いを伝えろ!」という のメッセージを思い出しました。
音楽は自分が楽しまないと、人にも伝わらないものなのだと。

音楽を聴いてて、奏者から「緊張」を与えられたら、そりゃお客さんは耐え難く不快ですよね。
その途端、客席の女の子たちの顔を冷静にみつめ、「今の自分を見てください」という気持ちに吹っ切れました。その途端、ふっと肩の力が抜けたのに気づいた自分。

おお、これか~と、心の迷いが消え、途中からピアノ伴奏の音と自分の音に集中することが出来ました。
(私から、微笑まれた女の子は、怪訝な顔をしていました。笑)
短い曲だったけど、なんとか立て直せた。
後で先生から、「緊張していたようだけど、途中から自分を取り戻したようでよくなった」とも言っていただき、私の変化を分かってもらったのは、うれしい。

音楽は、実は「シンプル」。「音を楽しむ→自分の気持ちを伝える。」ニコニコ
余裕がないと、本当に楽しむってレベルにはなれないんですけど、、。汗
その前に、自分を「よく見せたい」とか「上手く弾きたい」という欲望を捨てたから、ラクになれたのかも。

まあ、まだまだ課題は一杯あるけど、大事なことに気づいただけ、貴重な体験でした。
ソロ演奏会。これからは少しづつ積極的に、トライしていきます。
※オケとは、また違う経験値です。
カトー ハヴァシュ, 藤本 都紀; 今井 理瑳
「あがり」を克服する―ヴァイオリンを楽に弾きこなすために
↑この本は、技術・精神・社会の3面から、緊張しないで演奏をする方法を理論的に書いてあります。
人前で演奏をする方に、おススメの本!練習方法も具体的に書かれてます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
一発で気に入ったCM。
HONDAの企業広告

HONDAの製品のモーター音が、なんと「第九」に。
映像なしで、聴くとよくできているのが、良く分かります!

COOL! HONDA!!

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ドイツとイギリスの弓、1週間試し弾きをしてドイツ弓に決定!!
Mさんにも、弓の反り具合や音色をチェックしてもらった。自分の耳元だと、やはり音の響きは分からない。。

久々のでかい買い物ですが、背に腹はかえられず・・。購入。
よしっ!あとは来週の発表会を待つのみです。

日曜、始めてのピアノあわせに先生宅へ。
テンポは、遅めにゆっくりとあわせてもらったが、第1回目は緊張・・汗
ちょうど、Kオケの佐々木さんがいらして、聞いてもらったから心持ち恥ずかしい気も。
(今年はもう、チェロとはあわせないのですか?と聞かれました・・。)

先生は、私の新しい弓には気づかず・・。むっ
残念ですが、、現実はそんなもんなのか?
演奏中のカスリ音も減ったし音も大きくなったと思うんですけどね。

本番に最大限にチカラを発揮するには、、「呼吸」と「身体の動き」をとめないこと。
なぜか、力みすぎたり、緊張すると、すべての動きが「ロック」されてしまうんですよね。
Mさんから聞いた「アレキサンダーテクニーク」という身体の使い方のワークショップがあるらしい。
かなり気になります・・。覗いてみようかな?
緊張しないで、もっと演奏を楽しめたら、ラクになりますもんね。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
会社と同じビルに入っている歯医者に、「虫歯」で通っています。
近いだけに、予約したことを忘れる→治療すっぽかす→虫歯悪化する・・この経路をたどることになり、とうとう下の歯を根元から差し替えることになってしまいました。

担当の女医さん、いつも微笑みを浮かべている美女!なのですが、さすがに私は「すっぽかし常習犯」。
最近、彼女の私への態度が厳しくなっています。。気のせいか、今日も歯をチカラいっぱい削っている気がする~痛いのなんのってビックリマーク

今日は虫歯の治療完了、セラミックの歯を次回は入れることにしました。
ですが、この歯。保険が効かないから12万もするんですよ!土台もセラミックにしたから、またさらに1万プラス。。

お~。しめて13万円也¥
見えないところだけに、、この金額は惜しい。(弓も買うのに。。)
歯は一生ものというけれど、なんでここまで高いのやら。


みなさん、虫歯には気をつけましょう。




いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブログ、1週間以上空いてしまいました。。先週はなんだか忙しかった週でした。
週中に軽井沢まで日帰り撮影ビックリマーク素晴らしくいい場所(ゴルフ場)でしたが、仕事で行くのは単なるツライだけ。。
モデル役のAちゃんをひきづりまわしていたのでした。

ともあれ、土曜日にかねてから新しい弓の相談をしていた楽器屋ウエキさんのところへ@田園調布。
予算を言ってあったので、そのクラスで買えそうな弓を8本ほど、集めてもらっていました。
新作から、オールドのものまで。。沢山ありすぎて弾いていると途中で違いが分からなくなる始末。。
結局、ウエキさんに弾いてもらって、3本ほど選びだしてもらうことに。
候補は、ドイツ製19世紀のモノ、イギリス製20世紀初頭(?)、あとフランス製です。

ドイツ製は、低音は暖かく味のある伸びのある音が特徴的、イギリスは明るく軽快な音。フランス製は、やや燻し銀的な渋い音。とまあ、つくりの違いで差が出るものなのですね。。感心!
結局その場で決めきれず、イギリス&ドイツ製を2本1週間借りて、決めることにしました!
来週、よかったらお支払いするという仕組みなので、ゆっくり決められるので安心です。ほっ・・。

楽器屋さんを出て、そのまま、オケ練習に向かい、新しい弓を試してみました。
気のせいかもしれないですが、弓の動かし方がちょっとラクになったような・・・ww。

昨日今日とも家で弾いてもみましたが、いまだに決め切れません・・。どちらも甲乙つけがたいのです。(正直な楽器屋さんなので、同一レベルのものを提示してくれたのでしょう)
ウエキさんいわく、あとは音の好みらしいのですが。。なんとなくドイツ弓の深い音がしっくり気がします。(楽器はフランスなんですけど)
土曜日まで、もう少し弾きこんで決めることにしようっと思っています。

楽器に何十万何百万も払う感覚、、、信じられないという方も多いですが。やっぱりそれだけ思いが強ければそのくらいの金額は惜しくないのかもしれないですね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。