純喫茶★ロイヤル  

2013年10月に顔面痙攣の手術をしました。術後経過の様子を中心に書いていきます。片側顔面痙攣の闘病メモ。


テーマ:
GWに突入・・ですが特に何処へといくという今年は予定がありません。
土曜日は、府中にある老人ホームでのボランティア演奏会に参加しました。
今回で、3回目なのですが、毎回おじいさん&おばあさんが喜んで音楽を聴いてくれます。
演奏メンバーは、弦楽4編成とフルートオーボエ、クラリネット、コントラバス、ピアノ・・とちゃんとパートは揃っています。

今回の曲目は、「上を向いてあるこう」「見上げてごらん」などのような歌謡曲から、「蛍の光」「ブンガワン・ソロ」「トロイカ」という教科書に載っているような唱歌。聞く方の年齢にあわせるということもあって、昔懐かしい曲をどんどん演奏していきました。
2回くらいの練習で、すぐ本番なので・・かなり間違えてしまいましたが、おばあさんたちは渡されている「歌詞カード」に一生懸命のようで・・私達のミスには気づかないようです。

「巣立ちの歌」という歌(今では「仰げば尊し」の代りに卒業式で歌われているらしい)では、一番前に座っているおばあさんが、涙を流していたのには、胸を打たれました。いい曲は、ちゃんと心に届くのですね。

1時間くらいで全部で15曲、演奏。最後は「故郷(ふるさと)」で締めくくりました。

音楽の楽しみ方、弾くだけでなく、聞いてもらえるということも大きなことですね!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ハーブオイル

ランチで行ったお店で、ローズマリーやタイムなどたくさんハーブをもらいました。
料理では、使いきれないので、、ヴァージンオリーブオイルに漬けて「ハーブオイル」に。
唐辛子を少々追加しています。
(ガーリックやコショウを入れるともっと美味しくなるか?)

3週間くらい経つと、ハーブの香りがオイルに移ってくるとか。。
ドレッシングにしたり、パスタにかけたり、、と色々重宝できそう。

...........................................................................................................................................................................

日曜の昼、世田谷フィルハーモニーの演奏会に行ってきました。
私の所属するオケのメンバーの方が、こちらにも参加しています。
世田谷フィルは、金曜・土曜と週2回も!練習をしている模様。。(+うちのオケにも来ているMさんは、スゴイパワフルです!)

会場は三軒茶屋の人見記念講堂でしたが、開演15分前にはすでに一杯!!
2000名くらいは軽く入るはずですが・・さすが、世田フィル。
毎回、ほぼ満員近い状態らしいですから、すごいですね。

今回の演目は「北欧特集」。
グリーグのペール・ギュント組曲
シベリウス ヴァイオリンコンチェルト&交響曲第2番

ペールギュントは、「朝」「オーゼの死」などすべて知っていましたが、弦の音程が見事に保たれているのには、感嘆!
うちのオケのように、怪しい箇所はなし。pのところも、とてもキレイで揃っています。。
残念なのは、管のほうかな?やや危険?なところもありましたが、全体としてはプロオケに負けないほどのレベルの高さでした。

シベリウスのVNコンチェルトは、ソリスト(戸田弥生さん)。
力強く、緊張感のある弓裁き。高音が引き締まり、かつ低音は重厚に聞こえました。
過去のコンクールでも、この曲で優勝された経験がある方だけに、とても「こなれた」演奏ぷりで聞いていてとてもひきつけられましたね。

〆の第2番。この前で、すでに「おなか一杯」でした。
エネルギッシュな演奏が続いていましたが、観客はここまで集中力を持って聞けるかな???
2楽章では、眠りに落ちましたが、4楽章の主題で、目がパッチリ!
このフレーズさえ、聞ければ満足です。
(もう少しシベリウス、勉強しておけばよかったかな?)







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Ludwig van Beethoven, Otto klemperer, Philharmonia Orchestra
Beethoven: Symphony No. 8; Overtures
次回オケで演奏予定の、ベートーベン交響曲8番。
のだめでメジャーになった7番と、誰もが知っている9番の間に挟まれて、一見地味なのですが、、、
テンポは総じて速く、最後の3れんぷでのリズムは各楽器合わないと、バラバラに。難しい曲です。



Jean Sibelius, Okko Kamu, Helsinki Philharmonic Orchestra, Miriam Fried
Sibelius: Violin Concerto; Karelia Suite; Finlandia
シベリウス2番&フィンランディア
指揮者もオケも、フィンランド出身。
今週末、世田谷フィルの演奏(2番とヴァイオリンコンチェルト)を聞きに行って来ます。楽しみドキドキ

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、夜にクラシックラジオ「OTTAVA」 を聞くことが多く、気になった曲は後で曲名がチェックできるので重宝してます音譜
夜の時間帯は、落ち着いた雰囲気の曲が流れることが多く、BGMとしても心地よいんです。

その中で、一番気に入った曲は、
シベリウスの Andante Festivo(アンダンテ・フェスティーヴォ)
ヴァンスカ(オスモ), ユビラーテ合唱団, ラハティ交響楽団, シベリウス
シベリウス:アンダンテ・フェスティーヴォ
シベリウスの曲は、「フィンランディア」しかちゃんと聞いたことが無かったのですが、この曲はとても荘厳で静か。そして美しい曲です。CDによっては、シベリウス自らが指揮をした演奏のものがあるそうですが、、実際にそのバージョンも聞いてみたい。
(情報は、WIKI に)

夜に心落ち着いた気分になりたいときに、響く1曲です。

昨日は、友人のオケの演奏会に出向き、そこでシベリウスのヴァイオリンコンチェルトをきいてきました。
第3楽章の始めのフレーズ、おもわず口ずさんでしまいました。。
(若いヴァイオリニストさんの腕も、素晴らしく伸びやか!)

シベリウス、今後沢山の曲を聴いてみたいと思いました。
Jean Sibelius, Jean Sibelius, Jukka-Pekka Saraste, Leif Segerstam, Tuomas Ollila, Finnish Radio Symphony Orchestra, Helsinki Philharmonic Orchestra, Tampere Philharmonic Orchestra (Finland)
Jean Sibelius: Orchestral Favourites with Photo Album









いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
やばい・・4月に入って、1回も更新してませんでした。
最近、仕事がバタついていてブログを書く余裕もなし&楽器が触れないということもあり、かなりストレスが溜まっております叫び

楽器といいますと・・
最近鳴りの悪さが気になり、ヴァイオリンの調整に楽器屋に出しました。
見てもらうつもりが、駒と魂柱をかえたほうがいいという、店員のアドヴァイスにより楽器を改造。(やりすぎたか・・)
音は、かなりクリアになったようなのですが、先週のレッスンで先生に状況報告をしたら、「なんか、楽器の音が変わったと思った・・でも、Aの音が歪んでますね・・・」と、手厳しいお言葉。

先生が、音がくぐもっていると指摘をしたのに・・むっ
調整する前に、もう一回相談すべきでした。。

とまあ、やってしまったことですので、これは勉強だと思うしかありません。。
1週間後、気になるなら元の部品を戻すということも出来るということなので、前向きに新しいチューニングでがんばってみることにします。

今取り組み中のレッスン曲はエルガーの「愛のよろこび」。
しかも7月の発表会で、コレを弾くことになってしまいました。。
みんなが知っている曲だけに、下手な音もまるわかり!ってコト。あ~あせるどーしよ。
ビブラートを必死でマスターしようとしてるんだけど、どうもキレイに音が出せない。。
でもチューニング後は、ちょっとは楽器が響いてきているようで、やってよかったかもとホッと自分で納得。

ソロだと、オケと違ってごまかせないし、緊張するわで新たな試練が始まりそうです。

リットン(アンドリュー), ハワース(エルガー), ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団, ベル(ジョシュア), フィルハーモニア管弦楽団, グリューエンバーグ(エリック), コリアー(デレク), イボット(ダフネ), オムニバス(クラシック), サラサーテ
ロマンス/愛の喜び~美しく哀しいヴァイオリンの調べ





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。