アイランド

テーマ:
久々にブログ、更新。
ついつい、手を抜くと軽く何日間は飛んでしまっている・・。イカ~ン。

忘れないうちに、感想文を・・
先々週末に映画「アイランド」を友人Aと観た。(Aのブログには、まだ感想がない。フフ)
TVで頻繁にCMをやっていたし、主演がユアン・マクレガーとスカーレット・ヨハンソンだから、見てて損はないだろう・・というヨミ。

さてさて、池袋の映画館は、ロードショーも終わりかけの時期だったせいか、席もまばら・・。
大画面を、前の人の頭や横の人の肘に気にしないでゆっくり観れるのは、映画館の醍醐味ですね!
最近、映画館で変な人(ひとりで、声高に笑っていたり、独り言を言ったり)に遭遇する率が高いので今回は安心して、鑑賞できました。

ストーリーは賞味2時間ちょっと、やや長め。
監督は 「アルマゲドン」のマイケル・ベイ。日本では問題作扱いをされた「パール・ハーバー」も手がけた、張本人。私は見てませんけど。
おそらくド派手なアクション、特殊効果を得意としている人だが、ストーリーはやっぱ大味。。
「マイノリティ・レポート」+「アイロボット」とかどこかで見たような作品をちょっとづつごちゃ混ぜにした感じが否めません。

ストーリーを「ひとこと」で説明すると、

クローンが、リアルの人間を(殺して)成り代わる、

ヒーロー役が「リンカーン・エコー」ことユアンなのだが、自分たちがある日「献体」代わりに培養されたクローンであることに気づき、自分たちを創った当の人間だけでなく組織をつぶしてしまうんです。
で、そのかわいそうなクローンたちは、最後に無事に解放されるんだけど・・
という一瞬アレ~~??っと首をかしげてしまう展開。

人間の未来って、そうなってしまっていいんでしょうかね??怖いわん。。
そこを監督マイケルさんが、アクションヒーローよろしくユアンを正義化してしまってるのです。
「アルマゲドン」もそんなのあるかよ?って展開だったけど、これもちゃんと理解しようとすると無理があるかもしれません。。

でも、未来の施設だったり、クローンの生成されるところなどかなり凝っていて見た目は楽しめます。主人公たち2人の逃げるシーンが多く途中、たるみましたが全体はさらっと見れました。これもハリウッドの力技かもしれない。
DVDが出ますが、これは大画面でみたほうが迫力があって、なんとか映画館でみたほうがいいでしょう。

それにしても、スカーレット・ヨハンソンは、すっかりメジャーになりましたね。
スタイルのよさに女の私でも惚れ惚れしちゃいました・・。唇のぽってりしたところも、昔のキム・ベイジンガーを思わせるところアリ。
やっぱり金髪美人はイイな~と、すっかりオヤジ視点でスクリーンを見てました。


公式HP「アイランド」




AD

ヴァイオリン購入

テーマ:
以前から自分のヴァイオリンの重さが気になって、弾きにくかった。バイオリンが重いので、前に下がってしまうので肩にパッドをのせたり、スポンジをシャツにいれたり。。とにかくいろんな手を使って、ひきやすいポジションを保つのが大変でした。

今の楽器もかれこれ3年くらいたったので、軽いものに買い換えてもよいかと先生に相談したところ、ようやくOKが出た!!(先生いわく、腕を上げてからにしなさいということでしたが)
昨日あつーい日差しの中、田園調布の楽器やさんに行くことになったのです。

お店は、植木楽器というところ。店主は、職人さんでもあり、店内に入るとまんま、工房。
職人さんたちの机の上にには、ノミやニス。。店主は、バイオリンをまさに作っているところでした。
お弟子さんが2名。一人は弓の調整、もう一人は可愛い女性で彼女は店主(72歳の素敵なおじさま)の世話焼きかかりといったところか。

既に予算は、伝えてあったのもあり、楽器工房に着くと2台用意されていました。
ひとつは、傷が目立っているが濃い目の赤茶が渋いカラー。ちょっとオールドの雰囲気がします。
もう一本は、黄色味がつよめの明るいカラー。こちらは、見た目も新しい。
先生に、まずは弾いてもらって、音色の違いを確認。
先生が弾くと、何でもキレイに聞こえるのだが、赤茶のほうが明るい色を出している。。

さて、弾いてごらんなさいと自分がそのヴァイオリンをとってみたところ・・
うーむ・・音が思ったとおりでにくい。そして、がさっ・・としたかすれた音。
え?なんで~。 それは腕の差なのは歴然なんですが。
気を取り直して、黄色いほうを手に取る。

音が思ったより素直に出る。。
弓のちょっとした振動も弦に響くんですね。まっすぐ音がボディに届いて、出てくる。
そのぶん、弓のかすっとした変な動きも、音が出るのでゴマカシが利かない。。
ひえー。

まあでもちゃんとした楽器は、もともとこういうものなのかもしれない。
私の楽器は、音がボディの中にこもる感じがしていたので。

ま、あれこれ迷う余地もないようだったので
(先生が、そういうものですよとうなづいていたのと、職人さんは他のものをみせてくれるという気配もない)
黄色い方に、決定してしまった。

まあ、軽いので肩あてだけでパッドも要らないし、弾きやすいので良かったとおもう。

楽器選びが済んだあと、先生と店主が世間話をしていたのだが、店主の息子さんはサイトウキネンでも弾いているチェリスト だそう。しかもお父さんの作ったチェロを弾いているらしい。いいですね。
父は職人。息子はプロのチェリスト。。なんだか羨ましい。

よーし、明日からガンガン弾くぞ!!
楽器に負けないように、腕を早くあげないとな~。






AD

ipod ついに購入

テーマ:
ipod

いまさら遅い・・・。デスガ、とうとうipodを買っちゃいました。
あ、ipod miniのほうです。
色はブルー。

creativeのZENとも迷ったけど、結局操作性を考えるとipodの勝ちですね。ZENは、着せかえできると思って期待したジャケットは実はシールで、ちょっと安っぽかった。。(ウィンドウがもうちょっと大きかったらよいのかも)
ipodも、もっと色々カスタマイズできると、楽しいかもしれない。

iTMSみなさんはダウンロード、してみました?
テクノラティプロフィール結構話題になったけど、まだ買いたい曲は入ってない。
クラシックだと、気に入った楽章だけ買うというのは出来るから、使いようによってはアリかもしれないけど。
もう少し充実してきたら、買います!

音楽データだと、整理するには楽だけど、CDと違ってコレクションしてる感覚がない。ブックレットもないし。あまりにも簡単に買えてしまうから、買ったこととか忘れちゃったりして・・。たとえば、何年後思い返して聴いたりするのかな?パソコンからデータを削除したら、最後になっちゃいそうだ。
じっくり聴いておきたいものは、CD。気になる曲、ハヤリの曲は、配信で。
という形がもっと浸透するのかもしれないな。
(googleとくっついたら、もっとすごくなるでしょう)

坂本龍一は、あまりにもCDなどのデータが多すぎて、スペースを整理するにはデジタルの方が便利だと、どっかの雑誌で言っていた。確かに、あのクラスまで行けば、膨大な量だからデータベースにする価値はある。デジタル音楽は、使いようなんだな。要は。





AD

道弦坂カルテット2

テーマ:
1週間も経たないうちに、2回目の練習日でした。
場所は、ティアラこうとう。住吉って、渋谷からだと一本でいけるけど案外遠いのね。。
朝、レッスン。昼、学校。夜、練習。。。なんか平日より、忙しくないか??笑。

今日はバッハのK172を、かなり多めにさらいましたが。。なんか、みんなのペースにあわない。
私はメロディを弾かないといけないのに・・グワ。
3拍子で、3連符のスピードが、あってないのか、出遅れるのか??
すみません。みなさま~orz
次回練習まで、もらったCDバックにタイミングあわせて自主練するっきゃないす。

そのあと遊びでバッハのコラール(ビオラGさんがマニアックな曲をもってきた)、アダージョ(アルビノーニのを弦楽にアレンジ)、カバレリア・ルスティカーナを、初見で。
譜読みは大変だけど、曲のイメージをつかむ勉強になります。

練習のあと、蕎麦屋でお疲れ会をして終了。(住吉周辺は、割と渋めな店が多め?)
1年以上も経過したのに、アンサンブルメンバーとは初呑みとは。。
普段では聞けない、昔話やプライベートネタがでるのも少人数のよさなのかもと思い帰途についたのでした。


道弦坂カルテット?

テーマ:

いつも一緒にアンサンブルをさせてもらっているメンバー3氏とともに、弦楽カルテットをやることになりました!はじめは、チェロのSさんと、ピアノトリオでもやろうか?という話が広がり、ビオラとバイオリンのお二方がジョインしていただけたので、形だけでも人数が揃いました。


名前は、なんと「道弦坂カルテット」。

昭和くさい名前ですが、その臭さを売りにしようということと、「玄」を「弦」にしたのがポイントです。

はじめは「なんちゃってカルテット」という案が出たんですが、まるで無気力を売りにしてるようで即却下されました。。


ビオラのGさんは、アンサンブルチームでもリーダー!なので、今回も曲のチョイスや練習会場の手配などもすべて仕切ってくださる・・・とても、面倒見のよい方です。

とりあえず9月の発表会で間に合う曲を、ということで。モーツァルトのK80とK172をチョイス。

日曜日にまずは初見(楽譜を見て初めて弾くこと)大会となりました。


K80は第3楽章のメヌエット。3拍子の刻みなので、何回かあわせているうちに曲の形が見えてきました。

K172は、私の苦手な♭の曲でしかも、トリルが多い。いかにもモーツァルトならではの、軽快なテンポが売りの曲なんだけど、私がモタってるせいか、雰囲気ぶち壊してる感じになってしまいました。

(ちなみに私が1stバイオリンです。大丈夫カヨ・・)


こういうときでも、リーダーのGさんから

「ま、徐々に曲らしくしていきましょう~。」(笑顔)

とフォローを入れていただき、まさに『天の声』でしたよ。トホ・・


2時間場所をとっている都合からあまった時間は、私が持ってきたポピュラー系の曲をさらう。

美女と野獣、亡き王女のためのパヴァーヌ・・。

ホール・ニュー・ワールドは、各パートがぜんぜんあわなくて気持ち悪い曲になってしまいました。

(各自がいっぱい、いっぱい)


これも、レパートリーとして、徐々に完成度を高める感じになりそう。


のこり2ヶ月をきってますが、なんとか人に聞かせるレベルまでがんばりたいとおもいマフ。


【小説】 ジョゼと虎と魚たち

テーマ:
田辺 聖子
ジョゼと虎と魚たち

この映画が好きで、DVDを買ったのに原作は読んでいなかった。
最近のハヤリの「世界の~」「いま、会い~」系の純愛と呼ばれているジャンルの小説は、本屋でわんさかとつまれているが、買うには躊躇してしまう自分です。(どうも、『ぜったい泣ける』というキャッチがついている帯の本は、まず買わないな~)なんだろ、気恥ずかしさというか、むずかゆいというか、何万人という人がおんなじ文章で涙する、というのも、なんか変じゃないか?

「ジョゼと虎と魚たち」は、上記の純愛ジャンル系小説とは一線を画していました。作家は大御所的存在の田辺聖子。(バリバリの関西人で、文章も関西弁満載でつづられています)
もちろん足の悪いジョゼと優柔不断な恒夫の設定は同様なんだけど、文章からイメージされるジョゼの印象が全く違う!
小説の表現では、「市松人形のような」精巧に作られた綺麗な顔&伸びた細い足といった表現。強がっても本音は恒夫に「いかんどいて」と、最後に追いすがるセリフ。昭和ノスタルジーというか、ちょっと少女と女の混じったような艶かしいエロスぽさを感じる。
映画は池脇千鶴がヒロイン役でなんか市松というよりも単なるあどけなさしか残らない顔だし、犬堂一心監督の意向なのか淡々としたロードムービー的な演出手法が前面に。いまの風潮を察して、ある意味ドライ&ファッショナブルにアレンジして、最後のエンディングもアレンジして追加しちゃった(2人で恒夫の実家にいこうとしたり、ホテルにとまったことなど)ようだけど、要らない要素だったのでは。。残念!!
ps;前の映画批評 では、かなり良いと言っていましたが・・


この小説は他に、妙齢な年齢の女心を取り上げた短編がざくざく、入っています。
自分を慕う年下の親戚の男の子との恋のカケヒキ「恋の棺」、関西女のしっとり&したたかな男性観「雪のふるまで」、妹が先に結婚した姉の動揺ぶり「うすうす知ってた」などなど。。
田辺さんは、いまは70歳を過ぎてますが、今どきの女性像を、うまく描きだしています。山田詠美さんもあとがきで、女の子だけが許されるというか味わえる醍醐味が田辺さんの小説にあると告白してるのも納得いきました。
この本を手にした多くの女性たちは、これらのストーリーのヒロインの誰かに当てはめて、ハッとしたり思わずうなづいちゃったりしちゃうんだろうな、と考えると私も思わずニンマリです。。