ゼロの恋愛論~片思い成就から幸せな結婚の方法まで~

潜在意識や本能を理解し、片思い成就、幸せな結婚、復縁など、女性の望みを叶える唯一の恋愛論


テーマ:

Aさんはマヨネーズが大好き。








どんな食べ物にもマヨネーズをかけます。








Bさんは、マヨネーズが大嫌い。








少し舐めただけでも、体にじんましんができます。








ある日、AさんとBさんの二人でランチに行きました。








二人が頼んだのは、オムライスのセット。








注文するとトイレに行きたくなったBさん。








Aさんをテーブルに残して、トイレへたちます。








Bさんが席に戻ってみると、すでにオムライスはテーブルに並べられていました。








ですが、Bさんのオムライスにはたっぷりとマヨネーズがかけられていたのです。








Aさんを見ると、マヨネーズを片手に嬉しそうにVサインをしています。








さて、あなたがBさんだとしたら、Aさんのことをどう思いますか?








どうも。








ゼロです。






前回→彼氏と長続きさせる方法








彼氏と長続きするためには、思いやりを持ちなさい」








もしかしたら、過去にこう言われた方がいるかもしれません。








「思いやり」








恋愛を考える上では、外せない言葉ですね。








では、思いやりとはなんでしょうか?








今回は、私の考える思いやりの定義について話そうと思います。








思いやりときくと、








「自分がされて嫌なことは、相手にもしない」








と考える人が多いのではないでしょうか?








確かに、これは大事ですね。








間違いなく、思いやりの第一歩だと思います。








ではこの続きとは、どんな形の思いやりになるのでしょうか。








例えば、こんな男の話を聞いたら、あなたはどう思いますか?








その男は、ある女性とデートしていました。








今日が、二人の初デートです。









外で食事し、男の部屋で良い雰囲気になった二人。








男は女性に肉体関係を求めました。








女性は途中まで受け入れたのですが、あるとき急に我にかえり、「初めて遊んだ日にこういうことをするのは良くない」と言い残し、帰ってしまいました。








これに対して、男はひどく憤慨しました。








「あの女は、なぜワンナイトラブを楽しまないんだ!(怒)」








その男の詳しい言い分は、








「俺なら、初デートだろうとなんだろうと、常にワンナイトラブを楽しめる。だから、それを楽しまない奴には腹が立つ。」








これは、確かに“自分がされて嫌なことを相手にしているわけ”ではありません。








でも、そこに「思いやりがあるか?」と聞かれたら、どうでしょうか。








そこに思いやりはあると思いますか?








彼は、自分がされて嫌だと思うことを女性にしたわけではないのに、思いやりがあるとは言えなそうですね。








なぜなら、そこに








【相手の立場で物事を考える】








というものが抜け落ちていますよね。








人は、一人一人考え方が違います。








100%同じ考え方の人間など、この世に存在しないでしょう。








それが一卵性の双子だとしても100%はあり得ないはずです。








よく、女性は本能的にワンナイトラブを楽しめない生き物だと言いますよね。(もちろん例外はあると思います)








なぜなら、動物の世界での肉体関係とは、命懸けの行為と言っても過言ではないからです。








もともと、避妊も病気の予防も出来なかった昔は、セックスで命を落とす女性が多かったんです。








病気に関して言えば、性器の構造上、女性の方が圧倒的になりやすいです。








妊娠に関しても、今のように医療が発達していなかった時代は、出産とはかなり危険な行為だったのです。








母子共に命を落とすことも少なくなかったようですから。








もちろん、今は時代が違います。








ですが、避妊も医療もごく最近のものですよね。








人類の歴史から見れば、それは瞬きにも満たないような僅かな時間です。








つまり、女性の脳は男性のように簡単には、ワンナイトラブを楽しむようにはできていないのです。








もっと言えば、女性とは男性を厳しく選ぶようにできているわけですね。








そのことを理解せずに、「あの女はワンナイトラブを楽しまない、つまらない奴だ!」と、非難するのは、思いやりに欠ける気がしませんか?








私の中の定義なのですが、「思いやり」とは、まず








【自分がされて嫌なことは人にしない】








そして、その次に








【相手の立場になって物事を考える】








ことだと思っています。








自分以外の人間は、自分ではありません。








当たり前ですよね。








ですが、この当たり前を、こと恋愛になると、多くの人が忘れがちになっている気がします。








冒頭のAさんBさんの話を思い出してみてください。








ああやって、食べ物の話になれば、誰もが相手の立場で物事を考えられるのに、話が恋愛になると、自分と相手の区別をしなくなりがちなんですね。








付き合っていれば、自分の思い通りにならないことがたくさんあって当然なんです。








だからこそ、相手を『理解しようとする気持ち』を持たなくてはいけないと思うのです。








相手を理解しようと努力して、相手の立場になって物事を考えれば、大抵のトラブルは避けられるように感じます。








ただし、この考え方も、どちらかの一方通行では限界があるのかもしれません。









お互いがお互いに対して、【思いやり】をもてる関係が素敵ですよね。









そういう関係を築けることが出来れば、二人の関係は長続きすることと思います。








彼氏と長続きさせる方法 3





以上です。



AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

ゼロさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。