世界中で「凄い展示会」をプロデュースする会社社長のブログ

「凄い展示会」をプロデュースする株式会社ゼンシン
ゼンシン代表 前田 雄一が夢、目標、日々の出来事を綴っていきます。
展示会を通じて世界を変えていきます。

何のためにこの事業をしているのか。自分の人生の意義や今の価値観を創ってきたコトについてブログという形に残せることに感謝です.


悔しくて泣き叫んだこと


感動で涙が止まらなくなったこと


家族や仲間の優しさや、大切さを感じることも全て価値あることなんだと感じるようになりました。


↓創業ストーリーも少しづつまとめております。


http://s.ameblo.jp/zensin/entry-11623756822.html




展示会・ディスプレイのことならゼンシンへ 展示会で成功する為には、、、 ハードとソフト両方から販促支援

FACEBOOKは⬇



http://www.facebook.com/zensin7




http://www.facebook.com/zensinweb


【お問合せ・お申込みはこちらからお気軽に】


テーマ:
【展示会成功物語】

以前の展示会とは大きく成果が変わった!


---販促に役立つ今日のひとこと---
【メラビアンの法則】
メラビアンの法則によると
人間がコミュニケーションから
影響を受けるもののうち
・55%が「視覚情報」
・38%が「聴覚情報」
・7%が「言語情報」
という研究結果!
展示会で例えると
どんなに
「言葉」=「文字」で伝えても
来場者にはほとんど伝わっていない、、、
もしかしたら気づかれてさえもいないのかもしれない。
では、どういう伝え方で
来場者の注意き、興味をもってもらえば良いのか?
より重要なのは、
「何を伝えるかではなく、なぜそれをユーザーが使うのか、どういう伝え方をするか」
これが成果の大きな違いに表れる。
ところが、
小さな文字で説明パネルでモノ訴求
読む気にさせる、その前のステップが抜け落ちているブースが多すぎる。
どんなに良いモノでも、役立つモノでも、売れないには理由がある。
総合的な経験を提供できる展示会という場
ターゲットした来場者・ユーザーに対しての心理・行動ステップをふまえたコンバージョンまでの導線設計が大切です。

「感動価値創造」凄い展示会をプロデュースする株式会社ゼンシン前田雄一http://zensin.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【凄いブース PHOENIX】
「凄いブース」シリーズPHOENIX
イベント、展示会、記者会見とおかげさまで たくさんのシーン、業界でご活用頂けるようになりました。
その中で本日は食系のお客様の事例をいくつかをあげますね。

{669C4C99-D7B8-41F5-8709-22DC801D1709}

{1C7B2FC9-C576-4AA9-98CD-9ED72827133F}

{B56AD254-302C-410C-95E1-018B2C9A643C}

{42EC9850-1599-4C0C-94B8-708E5AF4DCEE}

{A1469C29-77B4-4696-8D93-A6031D58522C}

{2E140FA1-6EBB-405C-813F-45376C3F655F}

{F805CFA4-0322-4C7E-ACAC-2DF02B45E830}

{BC7C716E-17D0-4392-B347-1914846D2533}


いつでも、どこでも、何度でも、超訴求で成果が出る!PHOENIX→http://www.e-banner.jp/pop/ex/index.html
---販促に役立つ今日のひとこと---

【キャッチコピーを作るための6つのSTEP】

1.ターゲットを明確にする

2.お客様の不安・不満・困りごとを書き出す。

3.あなたの会社のサービス・商品で2で上げたことの解決できることを書き出す。

4.競合優位性を書き出す

5.1~4で出てきたワードを用い簡潔に自社のサービス・商品を紹介する。
数値化するのも一つのコツです。

6.それを短いワード(15文字以内)にまとめる


以上簡単に書きましたが、キャッチコピーについてのコツを少し上げます。

◎モノよりコト:その商品(モノ)ではなくその商品が生み出すコトを表現。
人は理屈ではなく感情でモノを買います。
何のためにお客様がその商品を買うのかというコトが感情を動かします。

わかりやすくB2C向けのものを上げますがB2Bでも実は手法は同じなのです。

1.問題解決型

 またそのコトを「〇〇でお困りのあなたへ」

 例:「疲れやすくなってえお困りのあなたへ」「売り上げが上がらないとお困りの
社長様へ」


 2.疑問文型

 「なぜあの会社は儲かっているか?」「なぜ、あの人はいつまでも美しいの?」

 「なぜあの子の成績が急に上がったの?」


 3.リアル効果型

 「一ヶ月徹底実践で売り上げ2倍」「1ヶ月で集客を3倍にする為の9つの方法」


最後に

行動心理変化にもとづいて私たちは展示会ブースをつくります。


◯AIDMAの法則
・Attention = 注意、注目を集める
 ↓
 ・Interest = 関心、興味を引き出す
 ↓
 ・Desire = 欲求を引き出す
 ↓
 ・Memory = 記憶(過去)から未来への期待値を上げる
 ↓
 ・Action = 行動させる
です。



〇 QUESTの法則
・Qualify = 宣言(約束)する
・Understand = 理解を示し共感を得る
・Educate = 教育する
・Stimulate = 刺激を与え興奮させる
・Transition = 行動を促す

〇 PASONAの法則
・Problem = 問題を提示する
・Agitation = 問題点の根拠、理由を示す。
・Solution = 問題点の解決策を提案する
・Narrow down = 限定性、緊急性を与える
・Action = 行動させる

以上長くなりましたが最後までお読みいただきありがとうございました。
詳しくは私たちのセミナーや実際に打ち合わせを進める中でお話しができればと思います。
「感動価値創造」凄い展示会をプロデュースする株式会社ゼンシン前田雄一http://zensin.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【ブランドイメージを完全具現化するLEDサイン 】
ミラーステンレスと光拡散アクリルのコンビ

{55E2A564-0056-48F3-B984-1DA7D7D24FC7}


ブランドイメージを完全具現化する技術!これがDELIGHT!!

おかげ様でVMD事業部 の LEDサイン盛り上がってます。

「掛け算で拡大できる」って頭の中で用意に想像できる
商品、市場そしてその価値にこの事業の魅力を感じる。
だからアクセルを少し踏み込む。






「圧倒的低価格」が驚きと感動をうみだす 
「感動価値創造」凄い看板をプロデュースする株式会社ゼンシンhttp://sugoikanban.com/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【ゲリラ設置 ブース】
 いつでも、どこでも、何度でも!!の「凄いブース」


ゲリラ的に設置できることが生み出す価値は大きい
本日の導入事例はVISION グローバルWIFI様
{4B8FACF3-5930-486E-B19D-4EC1D7F90E69}

{31F2AF8D-554F-4499-9750-4D70DA5DF911}



---販促に役立つ今日のひとこと---
【VMDの重要性】
VMD(ヴィジュアル・マーチャンダイジング)とは、「店舗や会社がお客様に伝達したいメッセージを目で見てすぐにわかる形にする視覚的表現の仕組み」です。
VMDは従来からファッションアパレル業界では重視されているものですが、一般的には知らない方が多いのではないでしょうか。
限られたスペース・多くの出展社がひしめき合う展示会出展においてはVMDという手法は使うべきだと私たちは考えます。
その為のツールのひとつが「凄いブース」です^^
展示会成功の為に知らなければならないことをブログに書きました。→http://s.ameblo.jp/zensin/entry-12119481875.html
お手すきの時でもご覧頂ければ幸いです。

「感動価値創造」凄い展示会をプロデュースする株式会社ゼンシンhttp://zensin.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【機械要素技術展に「凄いブース」】

機械要素技術展には「凄いブース」

それには理由があります。

どんなに素晴らしい商品、サービス、そして技術も伝わらなければ意味がない

---お客様の声---


【成功する展示会ブースをつくる】
展示会出展を通じて出展の目的、目標を叶えるブースでなければ意味がない
と我々メンバーは言い切ります。
「かっこいい」や「豪華」だけのブースは良いのではない。

なにが重要なのでしょうか? 

それはターゲットである「来場者」の視点により、コンバージョン(展示会出展を通じた目標数値設定)のための心理変化や独自の展示会マーケティングフロー そして世界一と自負する空間創造ツールを駆使し
「成功する展示会」=「凄い展示会」
を企画、設計し展示会を成功させることです。


この業界には、クライアントの満足いくブースをつくれる会社は山ほどあります。

しかし、そのブースが効果を発揮しているのか?

答えはNoです。


その為にクライアントとの意見の対立をすることもあります。

それは結果的に感動していただける自信から


展示会が持つ本当の価値を生み出していきたい。
そのために今日も前進していこう。

「感動価値創造」凄い展示会をプロデュースする株式会社ゼンシン前田雄一 http://zensin.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)