世界中で「凄い展示会」をプロデュースする会社社長のブログ

「凄い展示会」をプロデュースする株式会社ゼンシン
ゼンシン代表 前田 雄一が夢、目標、日々の出来事を綴っていきます。
展示会を通じて世界を変えていきます。

何のためにこの事業をしているのか。自分の人生の意義や今の価値観を創ってきたコトについてブログという形に残せることに感謝です.


悔しくて泣き叫んだこと


感動で涙が止まらなくなったこと


家族や仲間の優しさや、大切さを感じることも全て価値あることなんだと感じるようになりました。


↓創業ストーリーも少しづつまとめております。


http://s.ameblo.jp/zensin/entry-11623756822.html




展示会・ディスプレイのことならゼンシンへ 展示会で成功する為には、、、 ハードとソフト両方から販促支援

FACEBOOKは⬇



http://www.facebook.com/zensin7




http://www.facebook.com/zensinweb


【お問合せ・お申込みはこちらからお気軽に】

NEW !
テーマ:
WAO!!

フロントのウェブサイトの立ち上げに頭がフル回転中

ターゲットのウォンツ、ニーズ  と持っているツールを

経験と想像から結ぶことは楽しい。


「あっ ここ!」

ずっと考えてるとパズルのピースがピタッとはまる瞬間がある。


同じように利用シーンをあれこれイメージしたり、ユーザーの心理ステップとオペレシーションを組み合わす作業も楽しい。


空想とリアルがはまる瞬間、、、って なんか釣りに似てるなー って  ふと、、、

いわゆるフロント開発は「遊ぶように仕事する」といった最高のパフォーマンスと効率を出せるスタイルで業務は進んでいく。

それを形にする協力会社さんも見つかり、

バックヤード業務の、WEB製作や煩わしい商品登録を効率化するのもシステムの開発ももうすぐ終わり
フロント開発のスピードは今後ますます上がっていく。


一方、、、

フロントの効率を上げれば
当たり前のように、バックヤードの効率化が急務となる。



製作の場所を拡げよう、、、人を増員しよう、、、指示書をつくろう、、、といった
(大切なことですが)細切れの効率化に限界がきている。

ということで始まった 業務システムの開発

とにかく 凄い、、、

何が凄いって フローを整理し、さっさっとフロー図にするコンサルティングの先生、そしてそれをシステムのプログラムにのせるSEさん。

あっ

ここは 任せようって判断した。

もちろん、概念や流れを理解しながら。


長々 思いつくまま今日も書いたブログ

人の採用、育成、そしてしばらくは、フロントとバックヤードのシステムに思いっきり時間とお金を投資していく。

でも、

本軸は自分しかできない仕事にフォーカスしよう。
ビジョンを示し、語り、理念を共有する。

売り上げ、利益を出す仕組みづくり
そのための、フロント開発もバックヤード開発も「感動価値創造」の手段なのです。


2016 9月10日  桂川イオンシネマで開催

VISION2020
「これが私たちの進む道」

社内メンバーに向けたイベントですが
社外の方も参加していただけます。



{12E62D41-B5FE-4D6F-9ADD-B093BF9949C1}










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

2016 9月10日

京都桂川イオン 映画館でVISION2020を行う。

今、あれこれプランを考えている。そして予算も、、、


出費する場合に、

投資とするか経費とするかの捉え方によって意思決定も行動も結果も変わってくる。

ダメなのは、「出費=経費」という発想から結果として”ケチって”しまう。

そうなると成長のチャンスすら自ら閉ざしてしまう。


もちろん

その出費が100%確実にリターンになって戻ってくるとは言い切れない。


VISION2020について、ものすごい良い機会だ。

本気で想いを口にすることは、必ず実現する経験を自ら経験してきた。

そしてその原理原則となる理論も、説明できるようになった。


この機会に紹介⤵︎

http://www.ted.com/talks/simon_sinek_how_great_leaders_inspire_action?language=ja#t-516259

これを見た時衝撃が走った。



同時に、説明できない奇跡も同時に100パーセント起こる。「いわゆる引き寄せ」ってやつかな。

人は溢れる無限の情報から選択して自らに取り入れる、その情報が行動の動機や選択軸となる。

だから個人も会社も夢を持つことは大切だ

熱い目的(夢)をもてば、変わる勇気や(関係ない人に)嫌われることさえも怖くないだろう。環境や誰かのせいにもしなくなる。


みんな(個人)の夢と重なる部分がきっとある。


それはビジョンは

「感動価値創造」という お客様、ゼンシンメンバー家族、協力会社様、関わる全ての人が幸せになる手段だから。


私たちには素晴らしい経営理念、行動指針、使命

その下に置くビジョンとコンセプト そして戦略、戦術

メンバーがこれを100%理解して、自分のものとした時の強さは計り知れない。


ほとんどの結果は「やるか やらないか」で決まることがほとんどだから。

時間がない中ですが、楽しみだ。



「本気の夢はきっと叶う」

感動価値創造凄い展示会をプロデュースする株式会社ゼンシン前田雄一http://zensin.jp


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
中国出張へ



バックヤードを知ることによる攻めへの安心感

現地メンバー、協力会社との関係性をつくる。

初めて現地を訪問したSには大きな価値があっただろう。



品質、トレンドをおさえたデザイン、機能性、そして低価格

業界の常識を変える大きな要素の一つを強く感じる。
{34B4CCD5-A9D2-42FF-9561-EF81192CD887}

{9F79F4BF-3AD7-4430-B3CF-F8CA87ACE871}

{3F0F1FE8-298B-4F3F-9603-3251AED564D5}


{0012F862-86BA-4484-B833-89C6E8B86C9F}


他工場も訪問 


それにしても、、、


食べて、食べて、飲んで、飲んで、、、
{398BD306-095D-4338-A2B7-C01F1B50486E}


{F29C8AA5-D98E-469A-8CC4-2048B2F71327}


朝から
これで150円!
{BDDD5EDA-9D8D-4614-932F-A7232CF0AFCD}

下町 活気あるわー
{E034C41E-3FD6-4CE0-9D72-1D5A10ACD1AE}



ついつい、魚釣れないか想像してしまう、、

{B03C3B39-7E2D-456C-9629-4C1D95357E77}


ロッジ風 ファミレス
{2328D0D9-C019-41CF-BB9A-DE06FD3722D5}

メニュー

指差しで注文



しかし、メイヨー「無い」  ほとんど材料切れ´д` ;

{CB4A5FD8-BDDC-44E1-AE3F-D42E225BAE6C}


帰りにお土産の葡萄
{BD892F46-76C3-4051-94BA-7B6442B3F28F}



ちょいと休憩


{09620BDB-C2DE-4D15-8041-BB29950BFFAB}


{20D010ED-4E4B-4BAC-83AD-6DF852B87A87}

価値ある出張でした。

VISION2020に向けて一生懸命に進んで行きます。



業界常識を私たちがつくっていく
「感動価値創造」凄い展示会をプロデュースする株式会社ゼンシン前田雄一 http://zensin.jp


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
メンバー全員の自己成長プレゼンが終了


いいメンバーが集まった。

こりゃどえりゃ〜成長するな。

環境や育成の仕組みをつくる。

想い描いた未来は、形になっていく。

前を向いてさえいれば、障害は小さなものだ。



「人生想った通りにかならない」
感動価値創造 凄い展示会をプロデュースする株式会社ゼンシン前田雄一http://zensin.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「何の目的」で「何を目標」にして「何を成すべきか」を明確にして共有

みんなであるべき方向にむかって成果活動を行う。

そのための優れた企業風土をつくる。


ドラッカーの5つの質問

1.われわれのミッションは何か

2.われわれの顧客は誰か

3.顧客にとっての価値は何か

4.われわれにとっての成果は何か

5.われわれの計画は何か

を衆知を集めて考え、知恵とすること


備忘録

あとでまとめるよう
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)