洋ピンもんってご存知だろうか?
洋物のピンク映画を略して洋ピン。

英国産のドラマを略して英ドラもんと僕は呼んでいる。
あくまで僕がである。

僕は、ひっそりイギリス産のコメデイーファンである。
イギリス産のコメデイーと聞けば
面白くないはずがないとさえ思っている。
なぜなら、あの国の方々は理屈っぽい。
理屈っぽいと言う事は逆に言ったら論理的なのだ。
なのでお笑いの台本も論理的なのだ。
日本の作家のように「ここはおまかせ」だの
「ギャグがあって」だの、役者におまかせの部分は少ない。
台本で読んでまず面白い。
きちんと論理的にシチュエーションの展開で笑かしてくれる。

イギリス産のコメデイーがなぜ日本でうけないのか不思議である。
白人と英語が、リアルじゃないからだろうか?

実は英国に行った際に見ていた
「スペースド」や「Office」といったドラマが好きだった。
何よりも楽しみにして見ていた。

これらも日本ではうけないんだろうな、、、と思いながら見た。

そんなスペースドの監督がやってくれた。
同じキャストでホラーギャグものをやってくれた。
おもしろくないはずがない。
頭からけつまでイギリス流の洒落た会話たっぷりなのだ。
頭からケツまで面白かった。

ところで、日本でこの映画はうけたのだろうか?

うけてないほうがいいな。
だって、安心だからだ。
まだまだ世間はわかってないな。って思えるからだ。
なにせ僕の笑いもうけてない。

心のよりどころになるからだ。

最後は自分の話になってしまった。

ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]/サイモン・ペグ,ケイト・アシュフィールド,ビル・ナイ
¥980
Amazon.co.jp





AD