長野40代パパのための夫婦関係に役立つ認識の話

現代の40代パパは本当に大変。グローバル競争が激化するビジネス空間での仕事、家では奥さんとの関係、子育て。そして、地域活動、親のフォロー。パパの一番のパートナーは、奥さん。このブログでは、そんな忙しいパパのために夫婦関係に役立つ認識の話を書いています。

NEW !
テーマ:
 {5BDD07F1-4E81-4F76-9F3B-062C5EB74493}

超情報化スピード時代に自分と相手の時間を無駄にしないために必要なこと。


それは、ゼロになれる感覚です。



今は、ものすごい情報がスピード早く行き交う時代。


だけど、ぼくたちが使える時間は、変わらない。


そんな時代に、必要な情報を見極めて、選択することは、本当に重要ですよね。



情報が多い分、自分の感情に流されやすくなり、それに気付きにくいのも現代の問題でもあります。


その問題を解決するには、情報全体を純粋に見ることができる状態になること。



そのためには、ゼロの状態になる感覚が必要なんです。



最近では、経営者の間で、ゼロベース思考マインドフルネスが流行っています。


それらは、何も無い、ゼロの状態になることで、時代の流れを明確につかむことができ、正確な選択、判断ができるようになるから取り入れているんです。



実は、ゼロの感覚になる前には、もう一段階が必要。


それが、ゼロでみれる、認識です。


目の前を無で観れることで、ゼロの感覚をつかめる。



実は、ゼロの感覚は、仕事だけでなく、夫婦関係にも役立つんですよ。


奥さんのことが正確に理解できますし、夫婦ケンカのときは、自分がゼロになることで、悪循環にはなりません。



それらの基本が理解、獲得できる、おすすめのセミナーがあります。


ぼくも、つい先日受けましたが、いま自分が置かれている現在地と人間の認識について明確になりましたよ〜。



・たったひとつの「真実を知る鍵」が、あなたと時代のすべてを変える NR1dayセミナー


http://www.nr-japan.co.jp/service/nr1day
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

{6825BFA1-8A55-4A8F-B11E-8D69153CAB88}

保母さんがモテる理由、それは男性が無意識で欲している母性を持っているから。

 

保母さんは、歌って、踊って毎日たくさんアウトプットしていて健康的。

 

そして、子供たち大勢に目を配り、包容力がある。

 

男性は、そんな保母さん達に母親を感じ、惹かれてしまうんですね。

 

 

うちの息子が通う幼稚園の先生も結婚のため、今回辞めてしまうことに。

 

娘のときも何人か結婚のため辞めてしまう先生が何人かいました。

 

保母さんってモテるんですね。

 

その理由を奥さんと分析してみた結果、母性を持っているからに行きつきました。

 

 

また、保母さんたちは、結婚ができる器ができている状態とも言えます。

 

子育てはまだですが、子供と接することができるプロ。

 

それに家事もできれば、器がばっちりな状態ですよね。

 

 

器ができているところには、内容物が入りたくなる。

 

本当に準備ができた人には、結果が出るという法則に通じるものがあります。

 

 

仕事で結果がなかなか出ないとき、結果が出るような準備ができているのか、自分にはその器があるのかチェックするといいですよ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{83BE1259-C8D7-4508-883F-D4DB6F56EF67}

最近、花粉症で目はかゆいし、鼻水、くしゃみがひどいんです。

その影響で、からだの穴を実感してます。


鼻は空気、口は、食べ物が入る入り口。

耳は、音の入り口。

目も実は、穴。

情報が出入りしている穴なんです。

目から入った情報を脳で処理して、新たに目の前に画面を映し出している役割を持っています。

あと、皮膚も穴だらけですよね。

そして、超ミクロの目で人間を見たら、すき間だらけだそうです。

確かに、エックス線や宇宙線は、人間の体をすり抜けますもんね。


人間は、穴だらけとしてみると、また面白いです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{99AA3FA5-F7A5-49D5-8298-FF25736BAA21}

自分と自然って、切っても切れない一つ。

自分の身体だけでは、今ここ存在できません。

今、地球が自転、公転、太陽の光があったりするから、身体の機能が動く。


上は、うちのリンゴ畑の写真。

余分にのびた枝を間引く作業が終わり、その枝を燃やしました。

この作業は、火の粉が飛ばないように、風がない日に行わないといけません。

朝方が風が吹かない傾向にあるんですよ。


農業は、天候と共にする仕事。

いやおうにも、自分と自然がひとつであることを実感せざるを得ない。

この身体だけが自分ではないことが、実感できます。


あと、リンゴの木って、燃やすと甘い香りがするんです。

リンゴの甘い実の材料だからですかねぇ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{4606D959-0099-4014-9BEF-48589730331E}

うちの息子(4歳)は、テンションが最大になると吐いてしまうんです。

楽しくして、楽しくて、すべて出してしまう。

ものすごい集中力です。


そこまで楽しめるって、羨ましい!


大人になると、人の目を気にして、いつも最大限に物事に取り組みにくくなります。

それでは、自分の可能性がもったいない。


吐くまで出し切ったら、本当に楽しい。

出し切らないから、楽しくない。


ぼくも吐くまで、毎日出し切って、楽しんでいきたいなぁ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

{4E694AEA-A7EE-4D47-B92B-53104DB3077E}

自分を変えるには、環境を変えることだと、よく聞きますよね。


海とお魚をイメージしてみてください。

海とお魚は、ひとつ、つながっている。

分離できません。

汚れた海になってしまうと、お魚も汚れてしまう。

逆もしかり。


いまは、卒園、卒業の時期。

子供たちが新しい環境に入り、変化していくとき。

うちの子は、卒業はまだなのですが、春休みに児童クラブという、共働きの家の子を小学校で預かってくれる機関にお願いすることにしました。

ですが、そのような機関に預けることに対し、申し訳ない気持ちがありました。

せっかくの春休み、小学校に行かず家にいる方が自由だし、気を使わずに子供の心も休まるのではないか、と思っていたからです。

昨日、子供に改めて聞いてみました。


「児童クラブと家、どっちがいい?」


「児童クラブ!」


「だって、遊べる友達がたくさんいるから」


安心しました。


いつも一緒の親といるより、新しい友達と遊んでいる方が楽しいんですね。


児童クラブは、全学年の子が集まる場所でもある。


子供の新しいチャレンジと変化がはじまりました。



ぼくも、もっと新しい環境に入っていこう。

 


・マンガで学ぶ神奈川が担う使命と日本の使命

http://ameblo.jp/zenjin-mitou/entry-12257096468.html

 


・【関連イベント】3月18日(土)歴史をつくる話をしよう。ヨコハマから始まる、未来スタンダード

http://ameblo.jp/zenjin-mitou/entry-12256734194.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{BADC52F0-6D01-4E62-A856-543098C08C11}

日本の各地域の使命を学ぶことで、地元の使命、日本の使命が何かが見えてきます。

自分の土台である日本や地域が経験してきた歴史、これから経験するであろうビジョンを知り、考えることは人生にとって大きなチカラになります。

なぜなら、ふだん人間は存在は意識できるけど、場はなかなか意識できません。

そして、場がすべての存在を生み出している根源につながっているからです。


今回は、神奈川の使命(ミッション)と日本のミッションをつなげたマンガのご紹介です。

ぜひ、読んでみてください。


・【マンガ】神奈川ミッション×ジャパン・ミッション・プロジェクト



・【関連イベント】3月18日(土)歴史をつくる話をしよう。ヨコハマから始まる、未来スタンダード

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

神奈川、鎌倉幕府から日本独自の国づくりがはじまった。

 

それまでは、中国や朝鮮の真似をしていた。

 

 

それと同じように、これからの日本はオリジナルの国づくりをしていくとき。

 

そして、それを世界に広げていくとき。

 

神奈川は、その出発の地となる。

 

 

今週末、そんな神奈川の使命を実感するイベントがありますよ。

 

 

これからの新技術や日本の方向性も理解できるので、おすすめです。

 

 

************

平成の異端児・Noh Jesuが語る 神奈川ミッション〜IT経済以降の新経済と新教育〜

 

人工知能には絶対にマネすることができない、技術、職業、産業を日本から世界に広げ、世界をリードする時がいよいよ到来しました!

 

2016年5月から6年ぶりに全国縦断を再始動したJAPAN MISSION PROJECTリレー講演も、本年3月18日の神奈川で第15弾になります。

 

今回のテーマは、

“歴史をつくる話をしよう。ヨコハマから始まる、未来スタンダード”

 

今からの時代、私たちに求められていることは何でしょうか?

 

人工知能の進化により、10年以内には職業の5割が消失すると言われる激動の時代。

 

今までの暗記教育ではなく、クリエイティヴな人間力を高める教育・人工知能にはできない教育が世界的に必要です。

 

それは、無限の可能性を制限しているものを突破して、無限の可能性そのもので生きることができる教育。

 

その新しい路を切り拓いて世界へと発信していけるのが、日本の中でも先駆けて、世界へ開かれた歴史を持つ横浜なのです。

 

1.歴史を切り拓いてきた「横浜・神奈川」の底力と出会える

 

2.ITの次にくる「次世代産業のロードマップ」を世界に先駆けて得ることができる

 

3.2022年までに「日本がアメリカを越えられる理由」を、異端児・Noh Jesuから直接聞ける

 

4.ワクワクできる“仲間”と出逢える

 

あなたが主人公です。

歴史を超える、新しい時代を一緒につくっていきましょう!

 

昨年末の大阪開催で大好評いただいた認識技術体験ブースを当日会場にご用意!

20年にわたって開発してきた技術を、ぜひ体験してください!

 

 

【日時】2017年3月18日(土)

13:00〜16:00(開場11:30)

※11:30〜認識技術体験ブースへお立ち寄りください。

 

【会場】横浜市教育会館

〒220-0044

神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘53番地

 

【料金】3,000円(学生:2,000円)

 

【お申し込み先】

https://t.livepocket.jp/e/kanagawamission

 

livepocketページから、お申込・ご購入ください。

 

【定員】  500名

 

【アクセス】

・JR 桜木町駅から徒歩10分

・市営地下鉄 桜木町駅から徒歩10分

・京急線 日ノ出町駅から徒歩10分

・横浜駅東口バス乗り場 B階段 7番から103系統のバスに乗車 「戸部一丁目」下車 徒歩1分

 

 

********

懇 親 会

********

 

【会場】クルーズ・クルーズYOKOHAMA

〒220-0011

横浜市西区高島2-19-12 スカイビル27階

 

【時間】17:00 〜19:00(開場16: 30)

 

【参加費】4,000円(税込)

 

【定員】300名

 

【アクセス】

・JR横浜駅東口から徒歩3分

・東急線横浜駅東口から徒歩5分

 

【主催】

NRグループ

〈全国事務局 NR JAPAN内〉

住所:東京都渋谷区桜丘町21-2 池田ビル4階

電話:03-3770-5399

お問合せ:info@japanmission.jp

 

 

ジャパン ミッション プロジェクトのホームページ

http://project.japanmission.jp/

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{0F884A97-08A7-4038-93EB-398ACF552FC1}

毎日、子供の笑い声が目覚ましだったら、幸せ。


子供たちの笑い声って、本当に純粋で綺麗な音。

こっちまで楽しく嬉しくなってしまう音。


そんな音が自然にあちこちから聞こえてくる、環境って素晴らしい。

そんな環境をつくっていくことが、大人の使命。

今朝、そんなことを感じました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

{EB398057-BFFF-42FE-B036-7159ED4FA0C4}

願望成就は、シーソーのようなもの。



願望を成就させるには、それなりの代償を払うこと。


代償は、相手への貢献だったり、お金や時間だったりします。


そうしたら、それなりの願望成就ができる。


バランスが大事。


これは、この現実世界の法則。



このことに気付せてくれたのが、山中鹿介のエピソードです。



山中鹿介は、自分が遣える尼子家再興のために


「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」


と三日月に祈った逸話があります。



これは、ものすごい決意であり、代償です。



彼の例は、究極の代償ですが、そこまでいかなくとも願望成就をさせたいのなら、それなりの代償は、必ず必要だと実感しています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)