SO-E HAIR のこだわり カラー編

テーマ:
SO-E HAIRではカラーリング前に必ず前処理をします。前処理と言うのは髪を疎水毛に変える役割をしてくれます。
疎水毛??
聞きなれない言葉ですね。
かなり簡単に説明します。疎水毛とは髪の毛がちょうど良い状態のことを言います。
親水毛が傷んでる状態。撥水毛は健康過ぎる状態。疎水毛にしておけばカラーの染まり、発色、持ち、全てのクオリティーがアップします。そんなひと手間がダメージを与えずカラーを繰り返ししても良い状態をキープしてくれます。

あと頭皮が敏感な方。
カラーリングすることがストレスですね。
これも工夫次第で緩和されます。
まずは塗布方法
頭皮にカラー剤が付かないように塗布するゼロテク。
頭皮になるべく負担をかけないように塗布するセミゼロテク。
お客様の頭皮状態みながら、メリットデメリットを説明しながら施術させていただきます。

カラーリング前の頭皮に、天然100%のホホバオイルを塗布。ホホバオイルにはビタミンやミネラルも豊富で毛穴のクレンジング効果も期待できます。これも頭皮のダメージの緩和もします。

カラー剤の2剤。
カラーリングするときには1剤(アルカリ剤、染料、保湿剤)と2剤(過酸化水素)を混ぜてカラーします。その2剤をSO-E HAIRはこだわりました。

従来のヘアカラー2剤の場合、メラノサイトが死滅してしまい白髪になってしまいます。SO-E HAIRの2剤は白髪を染めながら抑制して、さらに育毛効果、抗炎症効果があるので刺激が少なくストレスがありません。

なぜ?こんなにこだわるのか。

少しでもお客様がハッピーにカラーライフが素敵なものになってほしいからです。



AD