郵送料が、、、

テーマ:
今更ですが、当事務所は7月1日に法人化致しました。


で、様々な変更手続きが必要でして、私は社会保険関係の変更手続きをやっております。


単なる法人新設の手続きではなく、個人事業から法人化、しかも個人事業が2つくっついての法人化なので、1つは法人に併合するため個人事業の廃止あるいは引継ぎ、1つは個人事業から法人への移行、という若干、というかかなり面倒くさい手続きをしております。


先月は諸々変更手続きに必要な書類を整備して、郵送手続きをしておりました。


そして今月に入り、ハローワーク飯田橋から電話がありまして、


雇用保険の手続きについては、あと〇〇の書類が必要です、と言われ、、、


先月電話で必要書類を確認しているのに、何故今更、他にも必要な書類があるんじゃー!!と内心怒りが、、、


わかりました、では大変お手数ですがその書類を送ってください、と私。


なお、労働保険の申請先はハローワークではなく、中央労働基準監督署でして、そちらにご提出いただきたいので、一旦書類をご返送致します、と言われ、、、


あ、それは大変失礼致しました、と私。



実際に書類が返送されてきました。


返送された書類には、申請先は中央労働基準監督署になります、とご丁寧にメモ書きが。


すみませんでしたね~、お手数おかけしました。


さてさて、中央労働基準監督署はどこかな、と郵送先を検索してみる。


えっと、、、飯田橋合同庁舎、、、


ん??


ハローワーク飯田橋と同じ建物じゃん。。。



いやいや、確かに間違えた私が悪いんですよ。しかし、同じ建物なのにダメなんですかね。。。


まあね、同じ建物だったらオッケーで、隣の建物だったらダメなのか、とかそういう距離の問題では無いとも思いますがね。


雇用保険と労働保険で横の繋がりは無いのかなー。。。


何のための合同庁舎なんだろうなー。郵送料と時間が勿体無いなー。。。


と間違えた私がここでボヤいてみました。失礼しました。
AD
JR東海道線は品川駅と横浜駅の間に1駅、JR京浜東北線は品川駅と横浜駅の間に7駅、京浜急行線は品川駅と横浜駅の間に22駅あります。


上記の通りJRは駅数が少ないですから、速達性には優れています。

しかし、しょっちゅう止まるので信頼性に欠けます。


ギリギリだから1本後の電車に乗ろう、という気持ちにはならず、事故が起きて止まってしまう前に乗っておこう、という気持ちになります。

また、駅が少ないからこそ、それぞれの駅が発展するのですが、その代わりに1駅あたりの乗降客数が非常に多い。


一方で、京浜急行線は滅多なことでは遅延すらしませんねえ。定時運行に対する意識が非常に高いと聞きます。


なんでしょうかね、運行に支障をきたす原因は、当然に営業努力によるところが大きいとは思いますが、駅の数よりも乗降客数の方が影響しているのでしょうかね。


かねてよりホームドア設置の重要性を述べてきましたが、先日も東京メトロで残念な事故が起こりました。


事故が起きてから対策に本腰を入れる、という相変わらずのヘッポコぶりです。


あと何人犠牲者を出せば気が済むのでしょうか。


それと、JRは踏切が閉まっている時間がとにかく長いです。電車が到着して発車するまでに、駅のそばにある踏切が閉まりっ放しなのです。

電車が駅に停車している間、無駄にずっと踏切が閉まっているんです。


某私鉄では電車が駅に停車したら、一旦踏切が開くんですよね。

この違いは大きいですよ。車を運転する人ならばわかると思います。


なんでしょうかね、JRは安全を重視していて、某私鉄は安全を軽視しているんですかね。


それとも、JRは踏切を管理する能力が貧しいために、ずっと閉めておけば問題無いだろう、ってことなのでしょうか。


あと、JRは事故が起きたとき、直ぐに事故が起きた路線を全線ストップさせるんですよね。

どこかで折り返し運転をさせる等、なんとかならないでしょうかね~。


雑なんですよね、全体的に。


防衛大臣御経験の小池新都知事には、東京発として日本全国に普及するような、公共交通機関に影響するような安全対策を期待しております。
AD

4年に1度のチャンス

テーマ:
オリンピックが終わります。


日本強かったですね!


それにしても、彼らは4年に1度の大舞台で全ての力を出し切らないといけないんですよね~。


多くの場合、外国の慣れない環境下で。

今回は日本の真裏に位置する場所での開催でしたから、季節等あらゆる環境が日本と異なりました。


温度、湿度等の環境管理、風邪や病気、怪我等の体調管理、メンタル管理、などなど大変ですよね~~~。



私達も人生において学校の入学試験や資格の試験などで大変な思いをしますが、それでも大体は1年に1度チャンスがあります。


しかしオリンピックは4年に1度ですからね。


どんだけプレッシャーがかかるのかな~。


しかも日の丸を背負うんですから。それはそれは半端じゃないでしょうね。


そう考えると、4年に1度の大舞台で全ての力を出し切って、金メダルを取ることの偉大さを改めて認識致します。
AD