アナログ

テーマ:
最近は何でもデジタルですけど、アナログにも良い面はあるのでしょうね。
 
レコードの音はCDの音とは違って、良い音がするとはよく聞きますが、実際に私は聞き比べたことがありません。
 
是非いつの日にか聞き比べてみたいなと思います。
 
 
どうしてもアナログですと、使用するにつれて劣化していくイメージが付きまといます。
 
レコード針やレコード盤の摩耗による劣化。
 
良い音を維持するには、手間やコストがかかるのですね。
 
劣化しないアナログって無いのでしょうかね。
 
AD

日々の積み重ね

テーマ:

寒いですね。今日は雪が降るのでしょうか。

 

皆様、外出の際はお気を付けください。

 

 

スケジューリングをしっかり行うことで、毎日定時退社を目指します、と言っておきながら早速残業をしております、、、申し訳ございません。

 

大体、目標が達成出来ないのは、目標策定段階において見通しが甘かった、これに尽きます。

 

あとはやる気が足りない、途中で諦める、こんな感じでしょうか。

 

そもそもの目標達成意識や、達成させたいだけの根本動機が低い場合には、いくら何をやっても無駄ですけれどもね。

 

 

この時期、私達の業界では毎日終電、泊まり込み、休日出勤、が常態化していることを考えますと、そもそも定時退社なんて無理、ということなのですが(言い訳)、下を見てはキリが無いですね。

 

忙しくてついブログから遠ざかるのですが、何か書かないとと思いこのような内容に(笑)

AD

従業員への簿外資産活用

テーマ:

退職金積立のため、外部のファンドに運用を委託する場合に、掛け金を経費で落とせるものがあります。

 

中退共はその典型例です。

 

掛け金が全額経費で落ちますが、その掛け金は外部で運用されますので、退職金支払のためだけの簿外資産となり、やがては元金を上回る退職金が従業員本人に直接支払われます。

 

民間の生命保険会社でも、保険の種類によっては資金が積み立てられながらも、掛け金の一部が経費になるものがあります。

 

自社ではなく外部の生命保険会社で運用をしますので、中退共同様に簿外資産が生じることになりますが、退職金支払のためだけではないのが特徴です。

 

保険を解約して、運用された資金を法人が受け取るのですが、これを何に使っても構わないのです。

 

大規模な震災や事故が生じた際の、給与資金の支払等、運転資金の活用も可能です。

 

最大のメリットは生命保険ですので、万が一の場合には保険金が下りますので、保障機能があることです。

 

従業員に万が一のことが起こった際の、遺族への補償金の支払が可能です。

 

資産の蓄積効果がありながら、掛け金が一部経費になりますので、結果的には節税にもなり、将来の退職金準備資金の役割も担えます。

 

保険なので、簡単には解約して現金化しようとは思わないのが普通だと思います。

 

よって、将来不測の事態が生じたとき、退職金支払等、多額の支払が生じたときの「現金」として、確実に用意出来ます。

 

 

これは預金積立では難しいです。

 

いざとなったら簡単に引き下ろせますので、余程強い意思を持たないと無理です。

 

また、法人は資金をより効率的に、より収益をもたらすものへ充てていくことを、株主への責任としていることからも、預金口座に不要不急の資金を多額に蓄積させていくことには、問題が生じることもあります。

 

何より預金口座に預け入れるのに、経費扱いにはなりませんので、節税効果が無いです。

 

預金預け入れのメリットは、元本保証(ペイオフの考慮必要)、随時引き出し可能の利便性、です。

 

 

民間生命保険による保険、契約形態は、契約者:法人、被保険者:従業員、保険金受取人:法人、となります。

 

マイナス金利の影響により、生命保険会社は資金の運用が上手くいかず、保険料の値上げをせざるを得ないケースも増えてきております。

 

加入を検討するならば今のうちですよ。

AD