しっかり税理士 山本洋介事務所のブログ

しっかり税理士は「しっかりした税理士」というよりも「しっかり税理士業務を行っています」って意味です・・・
山本洋介税理士事務所 http://office-yamamoto.com/
広島の事業承継、M&A、会社設立、経営計画策定をしっかりサポート! http://shikkari-support.co.jp/


テーマ:
=-=-= 目次 -=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

◆ 平成24年9月の税務
◆ 社内ゴルフコンペはどうなるの
◆ 最低賃金と生活保護の逆転現象

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
--------------------------------------------------------------------
◆ 平成24年9月の税務
--------------------------------------------------------------------

9月10日
●8月分源泉所得税・住民税の特別徴収税額の納付

10月1日
●7月決算法人の確定申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・(法人
事業所税)・法人住民税>
●1月、4月、7月、10月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税
・地方消費税>
●法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告<消費税・地方消費税

●1月決算法人の中間申告<法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人住
民税>(半期分)
●消費税の年税額が400万円超の1月、4月、10月決算法人の3月ごとの中間申告
<消費税・地方消費税>
●消費税の年税額が4,800万円超の6月、7月決算法人を除く法人・個人事業者の
1月ごとの中間申告(5月決算法人は2ヶ月分)<消費税・地方消費税>

--------------
参考URL:
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

--------------------------------------------------------------------
◆ 社内ゴルフコンペはどうなるの
--------------------------------------------------------------------

◆ゴルフコンペは交際費
 社外の取引先等を対象としたゴルフコンペにかかった費用は、交際費となる
ことは衆知のことだと思います。

◆では社内の親睦を図る為に社員だけで行うゴルフコンペは、どのようになる
のでしょう?
 現在国税局は、社内コンペの取り扱いについて、特に見解を述べてはいませ
ん。
 しかし一般的には以下のように考えられています。
『従業員を対象とする慰安のための社内コンペ代を会社が負担した場合、社内
交際費または給与として取扱います。ゴルフを嗜む人が増えたといっても、一部
の従業員しか参加できないと考えるからです。』

◆社員旅行は一定の条件を満たせば、福利厚生費として認められます。
 何故認めるのかと言うと、当局は社員旅行の費用は、企業が従業員に与える
経済的利益すなわち給与と考えておりますが、少額不追求を理由に一定の条件で
高額でないものについては福利厚生費として認めています。
 少額不追求の主旨で言えば、ゴルフコンペのほうが、社員旅行より少額だと
思えます。社員旅行も社員の50%以上が参加する等条件がついておりますから、
社内コンペも時代の変化とともにそろそろ条件付で福利厚生費として扱っても良
いのではないでしょうか?

◆現状で福利厚生費と出来る方法としては以下の2つが考えられます。
①社員旅行の条件の範囲内で、社員旅行と合わせて行う。社員旅行に参加して
ゴルフをしない社員には、同等の金額の観光コース等を用意する。
②社内親睦団体主催で行い、親睦団体には社内規定に則って補助金を支給する

 社内に各種親睦同好会があれば、その同好会の一つとして、ゴルフ同好会を
創設することも一つの方法です。

--------------
参考URL:
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=

--------------------------------------------------------------------
◆ 最低賃金と生活保護の逆転現象
--------------------------------------------------------------------

◆増えている生活保護受給者210万人超
 最低賃金で働く人の可処分所得(手取り額)が生活保護受給者より低い逆転
現象が広がっている事が最近のニュースで取り上げられていました。昨秋の最低
賃金の引き上げで逆転している地域は12から9に減ったものの最近では11都道府
県に増えています。それは最低賃金で働く人の社会保険料が増えたためです。(
生活保護受給者は保険料や医療費の減免措置があります。)
 すでに平成24年度の最低賃金の目安は厚労省の審議会で全国平均7円の引き上
げを決めており、生活保護の水準を下回っている地域については高めの引き上げ
額を示しています。

◆最低賃金とは
 最低賃金とは企業が労働者に支払う国の定めた時給の下限です。正社員だけ
でなくパートやアルバイトにも適用されます。厚労省の中央最低賃金審議会が景
気や雇用等の指標を基に毎年夏に引き上げ額の目安を提示します。これを基に地
方審議会が具体的な金額を決め毎年10月に改定されます。最低賃金の平均額はH
19年から4年連続で10円以上引き上げられて23年度は大震災の影響で5年ぶりに1
ケタの7円に留まりました。24年度も経済情勢の厳しさを理由に前年と同水準に
留まっています。

◆最低賃金を上げるより就労支援が必要
 昨年度の最低賃金の全国平均は737円。生活保護の水準が最低賃金を上回る都
道府県は以前からありましたが、昨年の9つに比べると今年は11の都道府県で逆
転しています。この事は働く意欲の低下を招きかねないとして審議会の労働組合
側は最低賃金の引き上げを求めましたが、経営者側は経営への影響が大きいとし
て反発しています。無理な賃上げは企業収益を圧迫し、採用減を招きかねません
。しかし、働くより生活保護受給が生活の余裕があるというのは制度間のひずみ
でしょう。
 生活保護受給者の就労促進こそ必要であると考えると雇用の受け皿となる市
場も育てなければならないでしょうし、自治体の支援体制の増強も必要でしょう
。一筋縄ではいかない事は確かなようです。

--------------
参考URL:
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=



【告知】 
平成24年9月20日(木)10時~17 時、広島商工会議所様で『やさしい決算書の読み方入門講座~決算書はココを見る!ココを読 む!~』の講師を担当させて頂きます!詳細はこちら



↓↓ランキング参加しています!ご協力クリックお願いします↓↓

広島ブログ



人気ブログランキングへ





㈱しっかりサポート                
 

広島の事業承継、M&A、会社設立、経営計画策定をしっかりサポート!



広島での会社設立なら!
           




        しっかり税理士山本洋介事務所           


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

山本洋介さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。