あり得ない税理士の稼ぎ方!猛将忠勝の税理士開業ブログ

顧客ゼロから税理士として独立し、短期間でガバっと顧客を獲得。早々に税理士業から離れ、IT、ファイナンス、語学を極めるべく別業種へ転換する果敢な猛将@忠勝


テーマ:
税理士業界では色んなことが言われてます。

中にはターゲットを絞った方が良いから、
業種特化をした方が良い!


なんて、声も聞こえてきます。

実際にどうなんでしょうか?
業種特化って…?

僕は「絞る」というのは、重要なことだと思いますし、
実際に自分でもやっていることです。

しかし、過度に絞り過ぎてしまうと、
本当は取れていたであろう顧客まで逃すことになりかねません。

そもそも、ある特定の業種に特化するのはいいですが、
税理士業はそもそもエリアビジネスです。

自分が対応できるエリアにその業種がどれだけいるかも考えなくてはいけません。

業種特化をやったはいいけど、
その業種のお客さんが10件しか取れないのでは話になりません。

そのあたりを考えて業種特化はするべきです。


また、業種特化の仕方もさまざまです。

激安路線に走るのなら、
手間が掛からない業種に絞って集客するとかね。

いますよね、保険外交員とかコンビニとかに絞ってる税理士法人。

もう一つは、コンサル系です。

医業に特化してる人とか、飲食に特化してる人とか、
統一業種を多くクライアントとして持っていることで、

バックデータが溜まりますし、情報が集まります。
そういった意味では他にはない有益な情報を提供できると思います。

どちらを選択するにしろ、
結局は、マーケットっと相談ということになりますが…

だったら、戦略としては色んな所に特化していると見せかけるというのはどうでしょう?

本当に一つに絞ってしまって、

うちは医業系しかやりません!

って機会損失を出してしまうのではなく、
今はWEBという素晴らしき武器があるのですから、

・医業専門のサイト
・飲食店専門のサイト
・コンビニ専門のサイト

を作って色んなところで業種特化をする方法です。
実際にやっている事務所もありますよね。
やるならこういった方法が良いと思います。


でも、○○業種に強い税理士です!

っとかって、結局ハッタリじゃないですか。

だって、税理士の土俵で考えたら、
それぞれの業種用の税法なんて無いわけですから。

でも、気にする人は気にしますよね。
特にドクターとか。

他にクリニックは何件ありますか?

何て聞かれたことありますよ。

自信を持って、

10件ぐらいはあります!

何て、ほんとは無いのに言ったりしてましたね 笑

そういうわけで、業種特化なんて言ったもん勝ちみたいなところありますから、
明日からあなたも業種特化の税理士になれるわけです。


でもやっぱり僕考えるのはこういった絞り込みではないんですよね。

業種だと弱い。
他にやってる人いたら、別にそっちでも良いんで。

後、何となく嘘っぽいんで。
業種特化してるからって、とてつもない良いサービスができるかって微妙なとこですし。


やはり究極は精神で絞り込みたいというのが理想です!

いいね!した人  |  コメント(1)
PR

[PR]気になるキーワード