青色申告と白色申告の違い


個人事業主の青色申告と白色申告の違い(青色申告のメリット)は、最高65万円事業所得などから控除できる「青色申告特別控除」や同一生計の家族に対する給与を経費にできる「青色専従者給与」などが有名ですが、その他にも「純損失の繰越控除」も大きなメリットとしてあります。
逆にいうと、これは白色申告ではできないということです。

事業所得で赤字となった場合


このメリットの話を出すと、
「給与所得と事業所得がある場合に、事業所得で赤字になるとその分を給与所得から差し引くことができて税金が安くなるってのもダメになるの?」
と聞かれることがあります。

これは、「繰越控除」ではありません。「損益通算」です。
「損益通算」は、青色申告の特例とは関係なく適用できるものですので、白色申告をしていた場合でも適用を受けることができます。

損益通算の内容


損益通算とは、「不動産所得、事業所得、山林所得及び譲渡所得」の金額の計算上生じた損失がある場合には、その損失を他の所得と通算できる制度です。

他の所得では、配当所得、給与所得、一時所得及び雑所得でも損失が生じる可能性はありますが、これらの所得では損益通算できません。
更にその他の所得(利子所得・退職所得)は損失は生じないためそもそも対象外です。

純損失の繰越控除の内容


上の損益通算の対象となる所得について損益通算の規定を適用した場合で、通算後も控除しきれない金額が生じたときには、その損失額を翌年以後3年間にわたって繰り越して、各年分の所得金額から控除できるという制度です。


つまり、白色申告で生じた損失は、「その年は」他の所得と通算できますが、「翌年以降」の所得から控除することはできないのです。

あとがき


今日は仕事。その関係もあり2日連続で結構な飲みでした。
既にもう眠すぎるくらい眠いです。明日はゆっくり休めることでしょう、、、、
AD