マン管取得は就職にプラスか

 

マンション管理士は難関試験です。

難関試験なので、取得は就職や転職に有利になるんじゃないかと

思う人も多いでしょう。

 

そこで、求人を調べてみると、

「あれ、マン管の求人があまりない・・・」

ということになるのではないでしょうか。

 

マン管の働き方

 

マン管の仕事をもう一度確認してみましょう。

 

マン管はマンション管理組合のコンサル業務が主な仕事です。

原則は、マンション管理組合と顧問契約を結んでの仕事になります。

 

ということは、顧問契約という言葉からもわかるように弁護士、税理士事務所同様

基本は個人事務所を持って契約するという形が一般的になります。

 

そのため、所謂企業としては、それほど資格を持っている人を必要としていない

現状があります。つまり、独立開業型の仕事となります。

 

もちろん今後は、大きなマンション管理士事務所ができて、そういった場所に

就職するというケースも増えてくるかもしれませんが、何分比較的新しい資格ですので、

まだ、大型事務所がそんなに存在せず、独立開業が基本路線となります。

 

一方、同じ不動産資格でも管業や宅建士は、それぞれマンション管理業者や

不動産業者が一定の条件で配置を義務付けられているので、

企業として資格保有者を必要としています。

そのため、マン管と違い管業や宅建士には求人があります。

 

マン管、管業、宅建士と問題も似ていて、同じ不動産資格ですが、

マン管は独立開業者向け、

管業は企業への就業向け

宅建士は就職+独立両方向き

となっているので、

あくまで企業や就職や転職を目指すのであれば、マン管ではない方が

いいでしょう。

 

一方独立を目指しているのであれば、まだ、あまり事務所数が多くない

今こそマンション管理者としての独立はチャンスが多いでしょう。

 

資格取得の際は、資格取得そのものを目的とするのではなく、

取得後の状況も考えて選ぶとよいでしょう。

 

 

 

 ハイデーオンライン資格講座 / http://study.zeican.com/