杉並からの情報発信です(http://c.fc2.com/m.php)

ついに、米国支配層が送り込んだ対日謀略部隊の全貌が飯山一郎氏によって暴露されました。
CSISはネオコンの牙城と言われるシンクタンクで、小泉進次郎がCIAエージェントであるジェラルド・カーチスの推薦で二年間ほど在籍していた所です。反小沢の急先鋒、渡辺恒三の息子恒雄は以前、主席研究員として勤務していた。現在は、CIAエージェントだった笹川良一の笹川財団(現日本財団)が設立したCSIS日本支部である東京財団の主席研究員をしている。

1)CSISのオマダマはD・ロックフェラー、その下にキッシンジャー、ハーバード大学のジョセフ・ナイがいる。
2)その下にリチャード・アーミテージとCSIS所長のジョン・ハレムがいる。

3)その下にアメリカ国務長官のカート・キャンベルとマイケル・グリーン日本部長がいる。

4)東京常駐は元海兵隊中将のジェームズ・ジョーンズ前国家安全保障担当補佐官がいてこの退役軍人が「小沢抹殺」の司令塔兼行動隊長で、菅直人や仙石谷由人を顎で使う。

5)日本側エージェントのボスが前原誠司であり、サブが長嶋昭久、渡辺恒雄はそのパシリである。

この面子が日本側代表として意見交換した「新 下田会議」に、額面通り、「沖縄の基地負担の軽減」に精神誠意前向きだとは考えられない。

前原誠司は、中国にわたり、「尖閣諸島問題」について、補償問題も含めて、中国側と交渉することが当面の課題だと思われるが、相変わらず「口先番長」は、快適な空間だけで政治家をやっている。
迷惑というか、前原誠司を政治家として認める人って、どれくらいいるのだろう。

韓国が北朝鮮を挑発しているらしいが、ドンパチが始まって、また米軍のブレゼンスの重要性とかいわないように願いたい。
AD

コメント(1)