裁判員裁判第1号事件となった東京都足立区の殺人事件をめぐり、殺害された女性=当時(66)=の遺族が藤井勝吉元被告(73)=懲役15年が確定=に2千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が7日、東京地裁であった。植垣勝裕裁判長は、遺族側の請求をすべて認め、請求通り2千万円の賠償を命じた。

 遺族は裁判員裁判の判決後、刑事裁判の記録を使って被告に賠償請求できる「損害賠償命令制度」により、藤井受刑者に約5800万円を求め、地裁は約4700万円を認容。藤井元被告は金額を不服として異議を申し立て、手続きは民事裁判に移行した。

 遺族側は民事裁判に移行する中で、藤井元被告の支払い能力などを考慮して請求額を2千万円に縮減。藤井元被告側は一切反論せず、請求を受け入れた。

【関連記事】
別れさせ屋と元夫を提訴 殺害された女性遺族
宇治の小6女児殺害、学習塾に約9800万円の賠償命令
強盗殺人で服役の男を民事提訴「どういう気持ちか聞きたい」
光市母子殺害 実名本損賠訴訟、著者側は出廷せず争う姿勢
「損賠命令制度」による慰謝料支払い命令 裁判員事件で初
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

ブルーコート、仮想化環境向けのWAN高速化ソフトを発売
遺族年金不支給で国が敗訴=元妻に受給権認める―仙台地裁(時事通信)
<転落>パワーショベル運転の男性死亡 兵庫でビル解体中(毎日新聞)
菅内閣、正式発足…民主・国民新の連立政権(読売新聞)
東宮職が週刊新潮に抗議、愛子さまめぐる記事で(読売新聞)
AD