富山県魚津市の富山湾で17日、蜃気楼(しんきろう)が現れ、約10~20キロ離れた富山市や同県黒部市の岸辺の風景が水平線の上に浮かんで見えた。

 蜃気楼は、光の屈折で水平線付近の物体が上に伸びて見える現象。春から夏にかけて昼夜の気温差が大きく、北風が吹き込むと発生しやすいといわれる。

 蜃気楼の観測を続けている魚津埋没林博物館によると、この日は午後0時40分ごろから夕方まで、肉眼でも鮮明に確認できた。

 富山地方気象台によると、魚津市のこの日の最高気温は24.5度、午後1時は風速2メートルの北風だった。【岩嶋悟】

【関連ニュース】
天気:ようやく春の日差し戻る 静岡など
真夏日:暑い 大はしゃぎで水と戯れる子どもたち 金沢市で31.6度 /石川
真夏日:郡上で30.1度を記録 /岐阜
GW:5連休初日、行楽地へ人の波 新幹線乗車率は100% /静岡
ニュース交差点:気象 低気圧で強風列島

機会失った? 村井仁知事、憶測呼ぶ退任理由(産経新聞)
ポートアイランド 街開き30周年 住民パワーゼロから文化築く(産経新聞)
歌麿の「雪月花」写真見つかる 栃木滞在説裏付けか(産経新聞)
雑記帳 “ウギャル”が稚貝の間引きに挑戦 水産業をPR(毎日新聞)
運転免許返納者5万1000人=高齢者中心に75%増―警察庁(時事通信)
AD