平野博文官房長官は19日午前の閣議後記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先として、米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市辺野古)陸上部が浮上していることについて、「ゼロベースで検討している」と述べ、含みを残した。

 ただ、政府がシュワブ陸上部への移設を米側に打診したとの一部報道に対しては「全くない」と否定した。鳩山由紀夫首相は17日シュワブ陸上部への移設案に関し、「検討する価値はある」と語り、選択肢の一つとの認識を示していた。

【関連記事】
「社民と協議したくない」普天間で国民新・下地氏
社民・重野幹事長「県民の思いに応える方策か」 普天間、国民新の県内移設2案を批判
普天間問題 「最善は現行計画」「カギは小沢氏」
阿部氏「仁義なさ過ぎる」と福島党首糾弾
日米、猿沢池の歌にも似て…首相、腹くくって明確な発信を

予算案一般質疑、自民のみ欠席で審議継続へ(読売新聞)
思いやり予算見直し議論も、日米審議官級協議(読売新聞)
借地代払えず立ち退き迫られ…80代姉妹自殺か(読売新聞)
朝鮮学校の無償化「結論出てない」首相が修正(読売新聞)
アパート火災、子供2人死亡=3歳と2歳のきょうだい-東京・練馬(時事通信)
AD