兵庫県三木市で車を高速で運転、電柱に衝突し同乗者2人を死傷させたとして、県警交通捜査課などは13日、危険運転致死傷容疑で同市のアルバイト店員の少年(19)を逮捕した。
 同課は、少年は制限速度50キロを数十キロ上回る速度で運転していたとみている。同課によると、少年は「そこまで速度は出していない」と容疑を否認している。単独事故に対する同容疑適用は珍しいという。
 逮捕容疑は、昨年12月10日午前6時10分ごろ、車を運転中に三木市細川町金屋の県道カーブに高速で進入し、道路左側の電柱に衝突。助手席や座席を取り外した後部に乗っていたいずれも19歳の会社員と無職の少年を死傷させた疑い。 

【イチから分かる】大阪都構想 府と市を「都」に再編(産経新聞)
高速料金案を批判=自民・石破氏(時事通信)
鳥取市長に竹内氏3選(時事通信)
<所得隠し>元朝青関主治医が3年間で1億円 既に修正申告(毎日新聞)
乗降中のバスに車が追突、9人軽傷…相模原(読売新聞)
AD