山梨県上野原市の業務委託契約をめぐる贈賄申し込み事件で、土木工事・清掃会社「東京サービス」が2008年度までの3年間に、同市から毎年度1億数千万円分の事業を受注していたことが15日、山梨県警と警視庁への取材で分かった。同社の年間売上高の約4割に当たる額だったという。
 県警などは社長小鷹正利容疑者(64)らが新市長による契約見直しで大幅な収入減を恐れ、贈賄工作を図ったとみて捜査している。
 県警などによると、同社は06年度から毎年度、同市から、ごみ焼却施設運転管理業務などで十数件から二十数件、約1億数千万円分の事業を受注しており、大半が随意契約だった。
 09年度も十数件を受注する予定だったが、江口英雄市長が09年3月に就任して契約見直しをしたため、保留の形となり、実際に業務の大半は契約されなかった。 

【関連ニュース】
山梨・上野原市長に贈賄申し込み=会社社長ら2人逮捕
守屋元次官、二審も実刑=「行政の信頼損なう」
統括審査官らを送検=東京入管汚職
贈賄側業者に調査予定通知=審査官、直後に飲食接待も
審査官「受理してくれ」=贈賄側申請で部下に指示

季節に関係なく安全に供給 「野菜工場」に海外から注目(J-CASTニュース)
「検察リーク」で調査チーム=捜査や報道けん制の狙いも-民主(時事通信)
副大臣ら15人増の方針決定=首相補佐官倍増、議員数88人に-政府(時事通信)
「権力の行使は問題」小沢氏が検察批判(読売新聞)
<ハイチ大地震>緊急援助隊医療チーム 成田を出発(毎日新聞)
AD