札幌市で6月に開かれるAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の環境担当大臣会合の参加者を出迎えるため、北海道安平町早来の雪ダルマ郵便局から24日、スチロール入りの雪ダルマ(高さ約50センチ)6個がチルド便で発送された。

 APEC事務局が札幌・手稲山で作り、冷凍保管している高さ約180センチの雪ダルマ2体と一緒に大臣会合のある札幌市白石区の札幌コンベンションセンターで大臣たちを出迎える。

 安平町では雪ダルマを郵パックで全国発送している「ハヤキタユキダルマカイ」(真保生紀会長)が雪ダルマを大型冷凍庫で保管し、通年販売している。真保さんは「北海道の雪ダルマもいよいよ国際舞台にデビューです」と喜んでいる。【斎藤誠】

【関連ニュース】
警察庁:APECに向け警護訓練 警察官160人が参加
APEC:警察庁、開催に向け警護訓練
テロ対策連絡会:APECを前に会議--県警本部 /鳥取
APECかるた:読み句と絵を公募 子どもの関心アップで--福井市 /福井
APEC:ハンドブック作製 もてなしに活用を--県開催推進室 /福井

国家公務員の新規採用39%減=11年度、半減目標達成できず―政府(時事通信)
平安時代からサルスベリ植栽? 平等院の池で花粉採取(産経新聞)
鳩山首相、続投に決意=「今後も命懸けで取り組む」―普天間問題(時事通信)
<囲碁>本因坊戦第2局始まる 右上で新型出現(毎日新聞)
日病会員数、昨年度に135病院減(医療介護CBニュース)
AD