多重債務に苦しむ人が、債務整理や払いすぎた利息を取り戻す「過払い金返還請求」を巡り、弁護士らから高額な手数料を請求される「二次被害」が後を絶たない。

 背景には、過払い金返還や債務減額で年間1兆円を超す「ビジネス市場」がある。相談者の生活再建より利益を重視する一部弁護士らの姿勢に批判もあり、深刻なトラブルに発展するケースも出始めている。

 「債務整理請け負います」。消費者金融8社に計約500万円の債務があった秋田市の男性(64)は2005年2月、スポーツ紙でそんな広告を見て都内の弁護士を訪ねた。対応したのは事務所の女性事務員。1年半後の06年8月、弁護士事務所から突然、「和解通知」が届き、〈1〉債務を約164万円減額〈2〉過払い金はゼロ〈3〉着手金や成功報酬などの手数料は総額約172万円――などと記されていた。

弁護士資格なく会社整理=容疑でコンサル会社捜索-警視庁(時事通信)
ヤギ 左右の角2本折られる 千葉の動物飼育場(毎日新聞)
<春の交通安全運動>6日から15日 飲酒運転根絶など重点(毎日新聞)
強風で羽田の92便欠航、利用客ら疲れた表情(読売新聞)
「法的措置を検討」=警視庁発表にアレフ-長官銃撃(時事通信)
AD