TNR一斉手術 その①

テーマ:
昨日は長野TNR一斉手術のお手伝いに行ってきました~



{011162B7-B0B7-4BE0-A1DE-720DD14F1C97}
可愛い目印がありました


主催で行われた一斉手術 
  ← 詳しくはこちらへ

地元の愛護団体からも沢山参加。
皆さんの力が集結して、無事に終了!
関わった全ての方々に心より御礼申し上げます。
本当に本当にありがとうございました



現場ではただただボランティアの大先輩方を見守るだけ。
大した働きもしてないのに、クタクタ
有名な愛護団体の代表さんや獣医さんの動きを傍で見ているだけでアドレナリンが出ちゃいました。

ただのミーハーみたいになってますが


とても貴重な経験とよい勉強になりました。


大した役にも立たなかったモカ姐ですが
そんなアタシにもこの一大イベントに関して小さな事件がありましたので、一応記事に残しておこうと思います。

よければしばしお付き合いくださいませ

ちゃんとした?現場の様子は近いうちにちゃんとリンクはりますね!
リンクかよ⁉︎っていうツッコミが聞こえてきそうですが…笑


私の担当は長野市内の猫が沢山いるお宅の猫ちゃんの捕獲と搬送でした。


前日の夜、ボラ仲間の猫頭さんとWさんと落ち合い捕獲器を設置しました。


捕獲器の中に敷いたり、囲ったりするダンボールを用意しながら、まだ少し迷ってるそのお宅のお婆ちゃんを宥めたり説得したりしながら、着々と準備を進めていきます。


そこへササっと動く影。
夜7時頃。現場はわりと山の麓。
明かりといえば玄関の電灯くらい。
薄暗くてよく見えません。


うん?
なんだ?
さっきからウロチョロしてるお婆ちゃんちの猫じゃないよね。


「あの猫もよくご飯食べに来ますのよ」
との~んびりとお話しするお婆ちゃん。


え??
いやいや、あれ猫じゃないよね?



「お婆ちゃん、あれ猫じゃないですよね」
「もしかして犬⁉︎」


「あの猫は兄弟でいるんですのよ」
とお婆ちゃん。なんでも母親が家の前で亡くなって、取り残されたその子どもだとか?


「いやぁ猫じゃないよー絶対!」



しかもかなり状態が悪そう。
暗がりでも分かるひどい皮膚の状態。
皮膚だか毛並みだかがボロボロです。

鼻が長くて小型犬くらいの大きさ。
ブルテリアとかトイプーとかそんな感じ?
羊にも見える …そんなアホな。


「よく分かんないけど、こっちの方が緊急じゃない?この子の方が具合悪そうだよ」


それからはもう大騒ぎです。
側溝に入り込んだ謎の小型犬(?)の捕獲大作戦の始まりです。


明日連れて行って治療してもらえるかを、今回の件を取り仕切ってくれている「ちばわん」のgreenさんに電話しました。


とりあえず治療はしてもらえそうです

保護してからの後のことだってどうするか考えなくてはなりません。
でも、もうこんな状態の子を見つけたら、動かずにはいられない仲間たち。


側溝の重いフタを外したり、暗闇の中地べたに這いつくばって唐揚げ(用意した猫捕獲用テッパン商品)でおびき寄せたり。
近くで食べてる姿を見ても、その子がなんだかよくわかりません。
それ位ひどい状態でした。


でも犬とも違うような…。


そうこうしているうちにgreenさんから写メが。


「こんな感じじゃないですか?」
注:ちょっと可哀想な状態の画像です。苦手な人はスルーしてください!





{4ED631C3-35BE-487B-88DA-923D3384FB9B}




うゎお!!
よく似ています。

{ECA60F99-E475-4821-AF39-DFF8B93FD2B1}
暗がりの中。ズタボロで可哀想です。


{458BF64A-00B8-446B-801B-611FF649353A}
やっと写真が撮れました。



どうみても犬じゃないよね( ꒪⌓꒪ ) 



「これは疥癬にかかっているタヌキです」


  
タ、タヌキ⁉︎
私の知ってるタヌキとは全然違~う



「どうしよぉ~タヌキじゃどうしようもないよね…」


うろたえる3人。
気がつけば夜の9時を回っています


早く捕獲器セットしないと!
とにかく本来の目的を大慌てで遂行しました。


可哀想なタヌキさん。
疥癬は重篤化すると命を落とすそうです。


唐揚げの味もしめたし、明日捕獲器に入るかもしれないよね。どうしよう~

タヌキに関してはなんの知恵も知識もなく
真っ暗闇の中疲労困憊の私たち。


なんとかしてあげたいけど、リリースするしかないよね
そんな結論に達していました。

そんな中。

「もし捕獲器にかかったら、明日連れてきてください。後のことは後で考えましょう!」
ちばわんの代表さんの力強い言葉をいただきました



もうここまできたからには、捕獲器に入ってちょうだい~
半分そんな気持ちで帰路につきました。





さてさてどうなることやら。



なんか一斉手術とは話が随分それて
すみません



タヌキは果たして保護できたのか⁉︎
そして本来の目的
猫は無事に捕獲できたのか⁉︎


か~なり話それてるけど、ここまで書いたから最後まで報告させてくださいませ


そして次回へ続く


後半をお楽しみに~



AD

コメント(20)