雑読日記

読んだ本の感想など


テーマ:
文庫書き下ろし、254ページで読みやすい量でした。
小路幸也「探偵ザンティピーの休暇」です。

探偵ミステリ、しかも表紙にドクロとくれば
それなりにそれなりな内容を想像したくなりますが、
書き手は小路幸也ですので、そんな内容にはなりません。
どんなだ!ちゃんと説明しろ!

つまり、いつものように登場人物は友達思いで仲間思いで、
ゆるやかに流れる優しさにあふれた時間を過ごしています。
ドクロなんて屁でもない。

主人公ザンティピーはニューヨーク在住の私立探偵。
休暇をとって、妹が嫁いだ北海道の田舎町を訪ねます。

そこで妹サンディから、地元の人が入ってはいけないと言っている
海岸で人骨を見つけてしまったという告白を受け、
その骨の謎を追ってゆくのが本書のストーリーです。

がっつり本格ミステリを読みたい方には勧められませんが、
小路作品を読みたい方には「ご心配なく」と断言できます。
体力ゼロでも安心して読める娯楽小説です。

bk1 → http://www.bk1.jp/product/03332014

探偵ザンティピーの休暇 (幻冬舎文庫)/小路 幸也
¥560
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

zatsudokuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。