8月モニター試写会に計150組300名さまをご招待

日本の映画会社である松竹では、ときどき客層の調べをするためシークレットで映画を試写しています。
そこでまったく題名も知らせず、試写にこられる人々には 公開前なので、試写でみた内容を話さないようにして、映画を見てもらいます。直感的な内容の感想はすごくためになるのですよね。
イメージが出来上がってないままの宣伝もされてないものをみるというのは五感がさえるからのようですよ。
夏らしい暑い日が続きます。今日は雨ですが、みなさま体調など崩さずお過ごしでしょうか。
8月12日に実施するモニター試写会についてお知らせいたします。今回のモニター試写会では、これから公開される映画をご覧になっていただき、みなさまのご感想をおきかせいただきたいと思っております。奮ってご応募ください。
なお、今回のモニター試写会の対象者は高校生以上の男女となっております。

日時:8月12日(水)  
   (1)14:40開場 15:00開演予定   
   (2)18:10開場 18:30開演予定
会場:スペースFS汐留ホール  ※JR/東京メトロ 新橋駅より徒歩3分
上映時間:2時間程度   上映作品:秘密です
詳細及び、応募はこちらのHPにアクセスしてください。
https://www.shochiku.co.jp/movie/monitor/

松竹(株) 映画宣伝部


TOKYO JAZZ にあたらしい項目が登場しました。これは東京JAZZ2009に先立ち、「東京JAZZ CIRCUIT 2009」を開催。
東京JAZZが開催される「丸の内エリア」のほか、「お台場エリア」、「渋谷・原宿エリア」などの様々な人気スポットに、日本のアーティストのみならず、世界各国のジャズメンが集まり、個性豊かなステージを繰り広げます。
毎年恒例となっているステージに加え、今年はオランダ、オーストラリア、フランスのアーティストにスポットを当てたステージをお届けする予定です。今後のスケジュールにどうぞご期待ください!
HP http://www.tokyo-jazz.com/jp/events/index.html

また応援しているオランダのウーターヘメルですが 今回イギリスBBC放送にてライブを行いました。どんどん売れたらいいですね。また同日彼らとNHK交響楽団を設定。それとウーターヘメルのライブの日を充実させました。それと次の時代を担う人を追加。彼の名は、19歳の天才ピアニスト、エルダー。
彼は全世界をそのパワフルなプレイでノックアウトし続けるエルダー、3月のヨーロッパ公演では絶賛の嵐だったそうですよ。次代を担うとてつもない才能です


以下はそのHPです 日程 http://www.tokyo-jazz.com/jp/program/index.html#d0904
BBC Iplayer ad
Yes, indeed. See You Once Again (from Nobody's Tune , 2009) is the audio on a 40・
i-player trailer for the BBC Iplayer currently running on several BBC channels. We've received some questions from people in the UK about the album available overseas (Dutch point of view)... Answer is; no the album is not available in the UK...yet.

自然体ブログ発信Selfish free mutter自然体ブログ発信Selfish free mutter自然体ブログ発信Selfish free mutter自然体ブログ発信Selfish free mutter自然体ブログ発信Selfish free mutter自然体ブログ発信Selfish free mutter

AD

米中、成長促進へ協調 戦略・経済対話が閉幕、核問題でも連携.

アメリカと中国。この二つの閣僚が一堂に会した、経済や安全保障分野の懸案を議論する初の「戦略・経済対話」。今月28日、2日間の日程を終えて閉幕しました。

今回は貿易の不均衡を是正し、持続可能な経済成長を実現するため、マクロ経済政策で協調することを確認。アメリカは過剰消費の是正、中国は内需拡大を進める考えを表明したのですが、安保分野では、北朝鮮の核問題や世界規模での核兵器の廃絶に向け連携を強化することで一致しています。アメリカと中国。この二つの国が世界規模の課題を幅広く話し合うG2の体制が動き出す。早速私は中国と台湾にいる人々と交流を再会しています。また今回の閉幕後の共同記者会見は、ガイトナー財務長官は、両国はより持続可能でバランスの取れた経済成長を対話の基礎に置くことで合意したと表明。王岐山副首相は世界経済が危機から脱しつつある重要な時期だからこそ、経済成長の促進は米中協力の最優先事項であり続けると語ました。


今日は携帯の事業の人がディーラーの権利を買ったので、次世代携帯の仕事はコンテンツのみ掲載が可能で秋の東京ゲームショーまでまつことになります、タレントプロダクションでは いろいろな動きがあります。モデルさんや若い世代のグラビアモデルさんとか、いろいろ契約を結んでいるので 彼女らとマイミクではないのですが、身近に自分のタレントさんらがいることができるよう実験の形になっています。



また昨日軍の関係ですが、F22配備「日本に恩恵」 在日米軍司令官?昨日、在日米軍のエドワード・ライス司令官(中将)が28日、東京都内の日本記者クラブで記者会見しました。米空軍嘉手納基地に最新鋭戦闘機F22を一時配備していることについて「トップグレード(最新鋭)の航空機を沖縄に配備し、前方展開配備ができていることは、地域全体にとって安定化要因となっている。日本は米国がF22を配備することで抑止力の恩恵を受けることができる」と述べ、F22の沖縄配備の意義を強調したのですが、嘉手納基地へのF22一時配備で騒音が激化しているとして、地元から撤退を求める声が上がっている中、ライス氏の発言は、嘉手納基地へのF22常駐化を示唆したとも受け止められ、地元は反発しているもようです。F22については、防衛省が航空自衛隊の次期主力戦闘機として購入の意欲を示しているが、米国は軍事技術の流出の懸念から輸出を禁止、日本への輸出にも否定的な姿勢を示している。ライス氏は「世界の中でも(米国以外の)他国はF22は持てない。日本は日米同盟関係を通じて配備が可能になっている。これは世界の多くの国が持てないメリット(強み)だ」と述べた。
 衆院選挙で民主党が米軍普天間飛行場の県外移設を目指す姿勢を示していることについては「(在日米軍再編合意が)パッケージ全体として強いものであるため、個々の要素を変えると全体が弱まってしまいかねない。

個別の要素については変更しないというのが日米両政府の一貫した立場だ」と、従来通り名護市辺野古沖への移設が最善との見方を示し、民主党が掲げる県外移設をけん制した。

日米地位協定の見直しについては運用の改善で対応すべきだとの考えを示した。

<在日米軍司令官会見一問一答>
 ライス在日米軍司令官の記者会見での主な一問一答は次の通り。
 ―日本国内には在日米軍再編合意の見直しや普天間飛行場の県外、国外移設を求める声がある。
 「(パッケージ論など)複雑な合意のため、一部の人々には同意できない点もあるが、利点をもたらす多くの要素が入っている。個別の要素は変えないというのが一貫した立場だ」
 ―日米地位協定の改定や思いやり予算の見直しを求める声がある。
 「地位協定は見直す必要はない。どのように実施するかは、妥当な時に考えていく。日本は憲法の制約上米国を守れない。日本が同盟関係に貢献する一つの方法が思いやり予算だ」
 ―米国の「核の傘」について。国内では自国での核武装を検討するような議論もある。
 「核の傘を含む米国の抑止力は強力に機能している。日本が独自に核を保有する理由はない」
 ―F22の沖縄配備は地域の安定に効果があるか。
 「安定的効果を持つ。自衛隊にとっても重要な訓練の機会を提供することにつながっている。F22の沖縄配備は、日米同盟がいかに多くの利益をもたらすかということのシグナルだ」


AD

シネマオリンピック

テーマ:

シネマオリンピック またハリウッドで活躍している北村くんですが有名な広告代理店ほか シネマオリンピックのCM撮影をし できているのでアップします。


まいにち日本はあついですね 蒸し暑いです 。
アメリカでは対中政策を発表 これはアメリカの負債を国債などでこつこつ中国人らがかっている背景がありますよね .わたしたちのむかしの会長連中も中国など華僑つながりは 世界中で仕事をしていますが
きのうわたしは映画プレミア GIジョーの 海外からの俳優たちの来日取材でした 一番旬な俳優連中であるようなきがします。
自然体ブログ発信Selfish free mutter自然体ブログ発信Selfish free mutter自然体ブログ発信Selfish free mutter自然体ブログ発信Selfish free mutter自然体ブログ発信Selfish free mutter自然体ブログ発信Selfish free mutter自然体ブログ発信Selfish free mutter自然体ブログ発信Selfish free mutter


ほか脚本打ち合わせ ヨーロッパとかです。
香港映画もでたらいいかもね?わたしが以前台湾の金持連中の人々の法人裏では映画をつくるために(多少宗教絡みがありわたしはそれがいやでやめていますが)たくさんエージェントとつながりをもちました。あのときジャッキーチェンらのプロデューサーらいまでもつきあいはありますが あのときの世界中にいるプロデューサーや脚本がたくさんあるのでおもしろいものはピックアップしてみようとおもいます。この関係はサムライミ監督などと次年度撮影になるカリビアンオブパイレーツの関係者になるのかな?
AD

夏日

テーマ:

まいにち暑い日がつづきますね.きょうはさすがにばてている私です.

.わたしは暑いんだか寒いんだか冷房がきいて寒いんだかわかりません 体調は悪くないが・・

夏は家庭チゲなべをたべて夏バテをなくします.おかげでまいにち辛いもの ずくしで とうふサラダまでピリカラにしてしまうほど辛いのが好きなんです. 私。

きょうはお問い合わせくださった キリスト教関係の店をやっとお知らせで来ました.昔民主党の議員の事務所をおとずれたあと、偶然見つけたお店でしたが最近教会へいってないなとおもいつつ、家庭でチゲなべとキムチづくしで料理ばかりしています。

また今日はお台場にあります美術展示「ラロックの聖母」の展示をみていました、宗教画は大好きです、イタリアにあるダビンチの作品は素敵ですよね、いまでもバチカンやイタリアの美術はくっきり目に焼き付くくらい旅行の思い出ですが、このラロック聖母はフランスの田舎町 ラロック村でガラクタ同然だとおもい、かった絵画がじつは レオナルドダビンチのアトリエからかかれた本人か弟子の作品であるようだという科学分析のもと 結果がでていて、こんかいその絵が展示していました。

わたしは時々お堅い政治や政府の仕事をかかわるときがあるので非常に疲れる時があり、本当に実際やってみるとわかっていただけますが、非常に疲れます。そのためボーっとしていたいうときがあります。

音楽や美術鑑賞に触れることは小さいこれまいにち美術の本を父にみせてもらい目が輝いてくるくらいたのしかった記憶があるので、一番 好きです。食べる 話す 音楽 とこの芸術鑑賞は一番心が休まります.
聖母マリアの像はほんとうに うつくしく、 いとおしいものですね.
こないだ オバマさんらの来日時期に 広島などを訪れてくれるよう 働きかけをしたので、 きめてからたった五日間もなかったので非常に疲れました。.でも今週無事アメリカの臨時大使に正式に来日へのおうかがいの書簡がわたされますからとてもきもちてきには、安堵しています.
それからこないだある会でのパーティはいわゆるスピードデートイベント形式で 疑似カップルをつくり十組と カップルを鑑賞する人々のどちらかを選択しさんかするものがあった。これはプロデユーサー企画でたのしんでもらうためのバー企画でした、参加する方々はフランスのかたがたとキャスターをしている日本人男性らとFM局のスタッフたちと女性陣で、彼らマスコミやこのかたがたはこーゆーのはプロデューサーもなかにいるから得意ではある分野ではあります。

また、夜からはGoogleアースで、月がみることができるそうなので、それをみつつ、映画のGIジョーという作品の関係をしていました。またラッセルクロウの作品についてむかし私がなにか書いたものがあったのですが、こんかいそれがなんか評価されたものが、賞品がおくられるそうです.あとは現在ノルウェーに出張中の友人らのビジネス企画待ちの今日でした。



オバマアメリカ 大統領 来日調整中

なんと広島の原爆の日には間になわなかった、けれど現在、今年11月中ごろアメリカ大統領のオバマさんがとりあえず来日する調整にはいりましたのでお知らせいたします。シンガポールで11月14.15日に行われるAPEC アジア太平洋経済協力会議の前後になるのでしょうかね?原爆の日には間になわなかった.
けれど連合がアメリカ大使招いてセミナーを開きます。私も行きたいけれど忙しくていけないかもしれません。これは日本労働組合連合会の7月29日日本の東京都内のホテルで、ズムワルト駐日米臨時代理大使が講師でセミナーを開きます・連合がアメリカ政府関係者を招くのは異例のことなんですよ。
政権交代の可能性が高まっていることから、日米関係に理解を深める狙いがあります。連合の高木会長は、ズムワルト大使を通して、11月に予定されるオバマ大統領の来日時に広島、長崎両県を訪問するよう求める親書を手渡す予定になっています。また行動が進歩しました。
The President United States Obama visit to Japan is being adjusted.

Obama U.S. President about the middle of November this year will inform 、he will
visit becoming being adjustment it now..
it needing to the adjustment of which it comes to Japan for the time being between the days of the atomic bomb of Hiroshima how. It is done in Singapore on 14.15 days November.

Do it become it before and behind APEC Asia-Pacific Economic Cooperation?It is not join on the atomic bomb day though but good news for me.My wishes has come true.
And the japanese union invite Ambassador the United States to give a seminar.
It might not be able to be busy though I want also to go. In this, it is an exception that giving a seminar of Zumuwaruto U.S. ambassador to Japan Charge d'Affaires ad interim as the lecturer and the union invites the person related to an American government at the hotel in Tokyo in Japan on July 29 of the Japanese labor union federation.

There is an aim of promoting greater understanding in the Japan-U.S. relation because the possibility of the change of power has risen. Chairman Takagi of the union is scheduled to hand the personal message requested to visit both prefectures in Hiroshima and Nagasaki when President Obama scheduled in November comes to Japan through ambassador Zumuwaruto. Moreover, the action advanced.

アメリカ大統領オバマさんの来日予定調整は、今年4月に年内に来日をさせるとしていたのですが、時間と日程がつかないため,来日の日程はわからずで無理かなとも思っていました。結構政府に日本へ来てよーとラブコールしていましたが、笑、冗談ですよ。

昨日とおととい、ホワイトハウスが政府と日本の政府との間で来日を調整してきたということだったのでよかったね。側近らいわく 本当に「これはゲームではない仕事と戦っている」。本当にそうですよね。
今回アメリカでは、「時限爆弾だよー絶対に、笑い事ではないんだ。本当に試練である。」クリントン元大統領のように命取りにならないよう祈ります。Because neither time nor the schedule attached, it did not understand and it thought the schedule of the visit to Japan to be impossibility though the visit to Japan schedule adjustment of Obama the President United States was assumed to be a visit to Japan in April this year within the year. I also asked by email to whitehouse like love call -please visit japan like that.. love call is a joke though ..laughter.. ,lled. may come to Japan in the government considerably by .
Because the White House had adjusted the visit to Japan between the government and the government in Japan yesterday and the day before yesterday, it was good. It is "This fights against work that is not the game. " in a true ..aide.. reason. It is really so.
In the United States this time「It is not absolutely an incident to be laughed away. the time bomb itIt is really a trial. 」It prays not to become fatal like former President Clinton.

ゲームではない。しかしアメリカンに日本ではないが感覚が違う人々に、そして、貧富の差があるアメリカですし、医療保険は金持ちは民間に入るのが普通だからね。富裕層にいけばいくほど苦労を知らない白人ほど理解しないかもしれないですね。それに莫大な金額だし、可能性として日本のむかしの小泉政権のように郵政改革にもとずくものがアメリカに移動するのは日本人にとり、わたしは不満ですが、三菱にしても三井にしても不利にならないようアメリカと取り引きをしないとね。医療というか製薬会社にしてもうまくビジネスに乗れるところはきちんと乗れたらいいですね.福利厚生きちんとしているアメリカの会社はコンプライアンスもきちんとしてますし。いいかげんではない。ブッシュ政権のひずみを更生しつつ改革しまともな正道をいこうとしても、アメリカはほんとうに問題があります。まとまりがないアメリカというくにをまとめるのはただ一つ星条旗だけである。そんなアメリカを統一する力をもつ彼らを応援したいですが、ゲームではない。何回もいっていました。 take a look at what he had to say
http://www.whitehouse.gov/blog/The-Presidents-Press-Conference-Full-Video/?e=8&ref=image

それはこの今回の医療改革のことです。この法案をめぐり現在アメリカの政財界の抵抗勢力が現在一斉に動きだしていて、経済危機の克服に代わってアメリカの政局の焦点に浮上してきた。いままでアメリカの歴代政権が挫折を繰り返した改革議論は今回の改革は来年行われる中間選挙にも左右されかねないもので大統領自身の最大の試練」となる政治問題であるのだが。それがかたずかないと来日は無理ですが、アメリカ政府スタッフらもさらに休む暇がないくらいでしょう。

それから来日がたぶん遅くなった理由。それはオバマ大統領・ガイトナー財務長官・クリントン国務長官はどこへいってもアメリカ国債のすばらしさということで安全性を強調して世界を回りました。
実際中国の国債購入は外貨準備高ではでは世界一です。この大量に発行されている国債ですが、実は、
短期国債が非常に多い。長期金利を決める長期国債は実は世界中であまり買われていません。売買する国債も短期がきちんと市場が確立されている状態です。いわゆるAAAというものは、長期でも実は危険をはらんでいます。実際長期国債は購入がだんだん増えてはいます。でも実は裏の話、FRBや中央銀行が、日本が長期国債を購入しているようです。国債は格下げがない。また新興国も国債をとくにインドは買っています。実際ドルが札になってできると、購入資金は日本となる裏の事情があるのです。とくに気になるのは株価ですか。国債購入は、中国などいろいろ討論しながら購入する国債を、あまり意見もいわず買ってくれる日本。だから来日も政権もかわったところで、きちんと衆議院ができたあと来日するのが妥当であると思ったのでしょうね。国債は目を瞑っても買ってくれるし。私など自由気ままだから来てくれってずうずうしくメールしたりしてるのに。世間知らずをあやまりますが・・。
It is not a game. It is the United States where the rich-poor gap exists, and, and, entering is usual in the private organization though it is not Japan in the American however in people with a different sense. ..medical insurance.. richCaucasian who the more it goes to the well-to-do population, the more doesn't know the hardship might not understand. It is an immensely large sum of money in it, and moving to ..postal reform was base on. the United States as a possibility like old Koizumi administration in Japan doesn't have dealings over Mitsui of Mitsubishi in the disadvantage with the United States so as not to become it though I am dissatisfied with it for the Japanese. When it is possible to get on neatly, the place where it can get on the business well about the medical treatment or the pharmaceutical company is good. The company in the United States that assumes public welfare is tidying compliance. Really. There is really a problem in the United States even if the warp of Bush administration is reformed in regeneration and it goes in a straight justice. It is only the Stars and Stripes of nothing but one the summary named the shapeless United States .
It is not my game though I want to assist in men who have power to unite such the United States. It said many times. take a look at what he had to say:
http://www.whitehouse.gov/blog/The-Presidents-Press-Conference-Full-Video/?e=8&ref=image

It is this this reform of medical systems. The opposition force of the United States government and financial circles begins to move all together concerning this bill now now, and it has surfaced to the focus of the United States political situation in place of overcoming an economic crisis.
, saying that The reform discussion that a successive political power of the United States repeated the failure is might controlled the off-year election to which this reform will be done next year and the maximum trial of the president up to now" though it is a becoming it political issue.
There might not be time that an American government staff also take a rest further though until finish the health ploblem and medical revolution so on, and the visit to Japan are impossible.
After that, the reason why the visit to Japan slows maybe. It turned round the world emphasizing safety when Secretary of State secretary of the treasury President Obama ,Gitonar, Clinton said in wonderful of an American government bond.
As for the government bond purchase of China, garish is actually best in the world in foreign currency reserves. Actually though it is a large amount of of this an issued government bond
The treasury bill is numerous. The long-term debt in which the long-term yield is decided is not so bought actually all over the world.
The market has been neatly established as for the bought and sold government bond at a short term.
The one named so-called AAA is actually critical at a long term. There is actually a long-term debt when purchase increases gradually. However, the back story, FRB, and the central bank seem to actually buy and to be buying the long-term debt by Japan. The government bond doesn't have the demotion.
Moreover, India is especially buying the rising nation the government bond. When the dollar actually becomes a note and it is possible to do, the purchase capital has circumstances of the back that becomes Japan. Especially, though it is stock prices that it is anxious.

As for the government bond such as China bought while a variety of discussing it, the government bond purchase is Japan that doesn't say too much and buys the opinion. Therefore, it might have been thought that coming to Japan after the House of Representatives had been neatly made even if the visit to Japan and the political power changed was appropriate. Even if eyes are shut, the government bond is bought. Because it remains is a free nature such as us, coming E-mails impudent. Though inexperience is mistaken ‥.


また次期駐日大使予定 ジョンルースさん、上院議員公聴会がきのうありました、とりあえず 企業のはなし、弁護士の関係、人権擁護、IT、そして日米関係の強調を強化する予定ではないかとおもわれます。
実際大使の注目は中国でしたが・・・、
Moreover, there were Ambassador to Japan schedule loose John for the next term and a senator open hearing yesterday, and the enterprise seems to plan to strengthen none and lawyer's relation, pro-human right, IT, and the emphasis related to Japan-U.S. for the time being.
Though the ambassador's attention was actually China ・・・.



President Obama's Nominee to be U.S. Ambassador to Japan
John V. Roos, Ambassador Designate to Japan
Statement before the Senate Foreign Relations Committee
Washington, DC

July 23, 2009
--------------------------------------------------------------------------------
Mr. Chairman and Distinguished Members of the Committee,
I am deeply honored to appear before you today as President Obama’s nominee to be U.S. Ambassador to the great nation of Japan. I would first like to express my deep gratitude to the President and Secretary of State Clinton for their faith in me and to Senators Kerry and Bradley for their warm and generous remarks. I also would like to thank and acknowledge my family—my wife, Susie; our children, Lauren and David; and my parents, Bettye and Jacques Roos—who made the trip to Washington from California with me for what we all consider a momentous occasion for our family. In addition, I would like to express my appreciation to two eminent American statesmen and former ambassadors to Japan, former Vice President Walter Mondale and former Speaker of the House Tom Foley, for being here with me today. I also am grateful to former Senator Howard Baker for his submission to this Committee on my behalf, and to former ambassadors Michael Armacost and Thomas Schieffer for their advice and support over the past several weeks.

Soon after taking office, President Obama received Japan’s Prime Minister Aso in the White House, and Secretary Clinton made Tokyo the first stop on her first overseas trip as America’s foremost diplomat. This early focus on relations with Japan emphasizes the special bond between our two countries—a bond that, if confirmed, I will devote myself to strengthening and expanding as we confront today’s global challenges side by side. Although separated by many miles, our nations have innumerable interests in common, including promoting security and stability throughout Asia and, indeed, the rest of the world; fostering global economic recovery; and advancing democratic values and human rights. We also share a respect for the spirit of innovation and a passion for resourcefulness and problem solving.

I always have had tremendous admiration for Japan’s people, government, and culture, and I believe that my background has prepared me well to serve as an effective representative of our nation to one of the most important and innovative countries in the world. Please allow me briefly to share with you something of my background and its relevance to the U.S.-Japan partnership.

My law firm, Wilson Sonsini Goodrich & Rosati, has played a pivotal role in helping to shape what has come to be known as Silicon Valley. I joined the firm in 1985 and have been privileged to serve in a number of senior leadership positions, including as CEO since 2005. During my tenure, the firm was intimately involved with the various waves of innovation sweeping the world, from the growth of software and communications to the Internet Age, from the emergence of biotechnology to the current focus on one of President Obama’s top priorities, clean technology and renewable energy. Not surprisingly, these are top priorities for Japan as well. .

During my career, I also benefited from being rooted in Silicon Valley, one of the most diverse communities in the world. Working in this dynamic, multicultural environment, flexibility, openness, and finding common ground is a way of life. As CEO, I have had the opportunity to develop vital management and leadership skills, including dealing effectively with crises and running the day-to-day operations of a large, complex organization—skills that, if confirmed, I will apply to enhancing the operational efficiency of Mission Japan. Perhaps most important, I have learned the value of listening carefully, keeping an open mind, and consulting with the experts before making major decisions.

President Obama in his recent speech in Cairo spoke of education and innovation being the currency of the 21st century. I can think of no greater honor than to put the experiences and skills I gained in the most innovative place on earth to work on behalf of this country. If confirmed, I will work diligently with you, the President, and Members of Congress to further enhance the relationship between our two nations and advance our mutual goals and America’s interests abroad.

In particular, I will strive to help strengthen the U.S.-Japan Security Alliance. Former Senate Majority Leader and U.S. Ambassador to Japan Mike Mansfield famously said, “The U.S.-Japan relationship is the most important bilateral relationship in the world, bar none.” He also predicted during his tenure that the 21st century will be “the Century of the Pacific.” Senator Mansfield, a veteran and a distinguished member of Congress, understood that U.S. foreign policy must reflect U.S. interests abroad. Then as now, our alliance with Japan is the cornerstone of security and stability in the East Asia-Pacific region. The 50th anniversary next year of our Treaty of Mutual Cooperation and Security is a chance to celebrate the many accomplishments of our alliance and consider opportunities to further expand our partnership in the years ahead.

If confirmed, I also pledge to work with Japan to address critical global challenges, including the security of Iraq, Afghanistan, and Pakistan. I will continue close consultations on developments on the Korean Peninsula and work to foster good coordination in our relations with other Pacific powers, such as Australia, the Republic of Korea, China, and Russia.

While our bilateral relationship has stood the test of time, it must continue to evolve to meet contemporary challenges. There is growing recognition in Japan and the United States of the opportunity our alliance presents to tackle nontraditional and transnational security threats, such as climate change, energy security, and pandemic diseases.

If confirmed, I also will seek to strengthen bilateral cooperation on the global economic crisis. I will support efforts to increase investment and trade between the U.S. and Japan—a flow that supports more than 600,000 high-paying U.S. jobs. In addition, I will work to further our mutual goal of promoting democratic values and human rights throughout the world. I also look forward to advancing a number of other initiatives, such as supporting educational and scientific exchanges between the U.S. and Japan and facilitating the use of the latest information technologies to enhance our dialogue with the tech-savvy younger generation. Last but certainly not least, I will do everything in my power to protect and enhance the well-being of the talented U.S. government employees stationed in Japan, as well as the many American citizens living in or visiting Japan.

In closing, while I have been privileged to contribute to the economic growth of this nation through my work in the private sector, ever since I served as an intern in the White House during law school, I have dreamed of one day re-entering public service and giving back to my country. If confirmed, I will be honored to represent the United States in one of the most vibrant parts of the world at a critical point in history, and I pledge to work closely with you to address the issues that lie ahead.

Thank you again, Mr. Chairman and Members of the Committee, for the opportunity to appear before you. I look forward to answering your questions.

CONCERT SCHEDULE Valery Gergiev

テーマ:



http://www.deccaclassics.com/artists/gergiev/ Valery Gergiev

CONCERT SCHEDULE Valery Gergiev



CONCERT SCHEDULE Valery Gergiev
■ワレリー・ゲルギエフ指揮/マリインスキー歌劇場管弦楽団
2009年11月22日(日) 熊本県立劇場
お問い合わせ:熊本県立劇場 096-363-2233
2009年11月23日(月・祝) ザ・シンフォニーホール
お問い合わせ:ABCチケットセンター 06-6453-6000
2009年11月26日(木) アクロス福岡(九州交響楽団との合同演奏)
お問い合わせ:アクロス福岡チケットセンター 092-725-9112
2009年11月 27日(金) 愛知県芸術劇場コンサートホール 
お問い合わせ:音楽企画ドルチェ 052-221-1319
2009年11月28日(土)・29日(日)withユンディ・リ サントリーホール
2009年12月1日(火)・2日(水) サントリーホール
お問い合わせ:ジャパン・アーツぴあ 03-5237-7711
2009年12月3日(木)・4日(金) 札幌コンサートホールKitara
お問い合わせ:オフィス・ワン 011-612-8696
2009年12月6日(日) 所沢ミューズ
お問い合わせ:ミューズチケットセンター 04-2998-7777
2009年12月8日(火) 東京文化会館(キーロフ・バレエ伴奏)
お問い合わせ:ジャパン・アーツぴあ 03-5237-7711
■ワレリー・ゲルギエフ(指揮)/NHK交響楽団
2009年11月30日(月) NHKホール
お問い合わせ:ハローダイヤル03-5777-8600
マリインスキー劇場(キーロフ劇場)芸術監督兼総裁

“ゲルギエフはその肩に不釣合いといえるぼど多くの音楽面での責務を担っている。

ソビ工ト連邦崩壊後マリインスキー劇場を存続させてきたという業績で、

彼は国民的ヒーローとも言える存在である。彼の指揮のもとに、

マリインスキ一劇場は世界で最も名高く、記録に残るオペラ・カンパ二一と

なったのである。”‐ザ・ニューヨーカー紙(1998年4月)

 彼はキーロフ・オペラ/バレ工との仕事に年間250日を費やしており、1997年以降メトロポリタン・

オペラの首席客演指揮者、ロッテルダム・フィルの首席指揮者でもある。これらは彼の西側諸国での

最初のポストであるが、世界でも第一線のオーケストラと数多くの共演をおこなっている。

さらに彼にはウィーン・フィルとの仕事が増えており、数多くの音楽祭の芸術監督等も務めている。

その中にはコーカサスの平和のためのフェスティバル、フィンランドにおけるミッケリ音楽祭、イスラエル、

工イラートにおける紅海音楽祭、ロンドンでのキーロフ・シーズン、

ロッテルダム・フイル・ゲルギエフ・フェスティバル、そして勿論サンクトペテルブルグでの白夜祭がある。

1999年は、30枚ものアルパムを発表したフィリップスの専属アーティストとしての10周年に当たる。

この超人的レベルの活動にもかかわらず、彼のレコード化された作品はどれもみな

ワレリー・ゲルギエフの活動力と創意に満ちたものである。


ファイナンシャル・タイムズの言葉を借りると、「何もかもがゲルギエフの自発性に富んだアドレナリンの例

に倣っている」のである。
 オセチア(コーカサスの中心地)出身の両親のもとに1953年にモスクワで生まれ、

コーカサスで育った彼は、イリヤ・ムーシンの指導のもとレニングラード音楽院に学ぷ。

当初はピアニストとしての教育を受け、23歳の時にヘルベルト・フォン・カラヤン指揮コンクールへの参加の

切符を手にする。

その2年後に彼の‘ファミリー,となるキーロフ歌劇場において芸術監督・指揮者の座に就任。

1988年、キーロフ劇場(オペラ・バレ工)の芸術監督に就任してからというもの、

この歴史と伝統あるキーロフ劇場を世界の頂点へと押し上げ、

今や世界で最も注目されているインターナショナルな歌劇場へと甦らせた。

 ワレリー・ゲルギエフは1988年35歳の時に、オペラ・カンパニーの芸術監督・首席指揮者に選出され、

1996年にはロシア政府によりオーケストラ、オペラ、パレエ全てにおいて総括指揮権を与えられた。

彼の‘任務’はマリインスキ一劇場を世界でもナンパー・ワンのものにするということであった。

10年前には彼は西側諸国ではほとんど知られていなかったが、

今日では全世界のベスト・オーケストラ、オペラ・カンパニーによって実際に必要とされている

第一線の指揮者とみなされている。だが彼の動機は常に変わることがない。

すなわち、人々にサンクトペデルブルグ、マリインスキー劇場を誇りに思わせることである

(彼はその道は緻密に絡み合っている、と考えている)。

その数多い芸術的業績により、マエストロ・ゲルギエフは多くの肩書きや賞を与えられているが、

その中にはロシア人民芸術家の称号(1996年)、ロシア最優秀音楽家賞(1994、1999年)も

含まれている。

また、1999~2000年の年明けにはアルメニア共和国政府による最高の賞、

Mesrop Mashtots Orderを受賞。2001年には“Grand Ufficialeal Merito”の階級で、

イタリア政府から贈られる最高賞を受賞した。

 ワレリー・ゲルギエフは、多くの国際フェスティバルの創作者、芸術監督である。

ミッケリ音楽祭(フィンランド)、ロッテルダム・フィル・ゲルギエフ・フェスティバル(オランダ)、

紅海国際音楽祭(イスラエル、エイラート)、キーロフ・シーズン(ロンドン)、

コーカサスの平和のためのフェスティバル(ロシア、ウラディカフカ)がその代表である。

マリインスキー劇場においては、ガリーナ・ゴルチャコワ、オリガ・ボロディナといった多くの

ワールド・クラスの歌手を排出している。

だが、彼の最高といえる音楽業績は、とりわけロシア人作曲家作品のレパートリーの幅を広げ、

新風を与えたことであり、この点で彼は他の20世紀後半の指揮者たちと一線を画している。

プロコフィエフを熱愛している彼は、「(プロコフィエフは)無視され続けてきていた」と考えている。

1999年の白夜祭ではゲルギエフは歌劇《セミヨーン・コトコ》の新演出を舞台に上げたが、

このオペラ作品はスターリンによってイデオロギ一的に疑わしいとされたため、

ぽとんど上演されたことがなかったものである。

ゲルギエフが望んでいたことは、音楽は政治的主旨をも覆すことが可能であるということを

実証してみせることであり、そのような作品はロシアの歴史の一部分であったことを強調することであった。

聴衆はこれを大いに気に入ったのである。

 ムソルグスキー、チャイコフスキー、リムスキー=コルサコフ、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチらによる

大作オペラは、今やレパートリーとして名を連ねており、

ストラヴィンスキーのパレエもそれに加わりつつある。

今ではゲルギエフがオーケストラを再建し、その評判をも取り戻したので、


彼はかつて無視されていた西側諸国の作品を取り入れるようになっている。

彼の最大の業績の一つに挙げられるのが、80年ぷりにロシアで公演されることとなった

1997年の《パルジファル》の上演である。

2000年にはマリインスキー劇場においてワーグナーの《二一ベルングの指環》の

新たな演出を開始したが、これもロシアのカンパニーによる上演としては初めてのものであった。

メトロポリタン歌劇場での彼のデビューは、プラシド・ドミンゴを迎えての《オテロ》の新演出で、

その後《スペードの女王》、《ボリス・ゴドウノフ》、《ホヴァンシチナ》の上演を同歌劇場でおこなっている。
 1998~99年のシーズンには、ゲルギエフと彼のカンパニーにとって記念となる節目がいくつか

重なった。マリインスキー劇場に加わって20年、芸術監督となって10年、フィリップスでの初レコーディングから10年を迎えたのである。

フィリップスーマリインスキー盤は、言うなればカンパニーの様子を鏡に映したようなものであった。

オーディオ、あるいはピデオという形で、ほとんど全ての主要なプロジェクトがレコーディングされたのである。ディスコグラフィーには1990年代初期に2つのプロジェクトが見られるが、

これらはカンパニーとそのレパートリーに影響を与え続けているもので、

サンクトペテルブルグの音楽的遺産の巨匠リムスキー=コルサコフとプロコフィエフに捧げられたフェスティバルである。

リムスキーの2つのオペラ《プスコフの娘》と《サトコ》は既にカタログに掲載されているが、

今年《見えない町キーテジと乙女フェブローニャの物語》、《不死身のカスチェイ》、《皇帝の花嫁》に

加わることになっている。

また、現在発売されているプロコフィエフの3つの作品(《修道院での婚約》、《炎の天使》、

《戦争と平和》)に、第4作《賭博師》が間もなく加えられる。
さらに《ルスランとリュドミラ》、《イーゴリ公》、《ホヴァンシチナ》、《ボリス・ゴドゥノフ》の両バージョン、

《スペードの女王》、《マゼッパ》、《イオランタ》を含むロシア・オペラの作品は、

フィリップスーマリインスキー盤のなかで最も重要なリリ一ス作品の中に挙げられることを売り物にしている。それと同様に重要であるのが、ヴェルディの《運命の力》のサンクトペデルブルグ・パージョンの

オリジナルとしての初レコーディングである。

《眠れる森の美女》、《ロメオとジュリエット》はこの共同制作品の初期の成果である。

1988年の《くるみ割り人形》と《火の鳥》(スクリャーピンの「プロメテウス」とのカップリング)のリリースは、

マリインスキー・バレ工におけるゲルギエフの新たな責務を反映している。
 ワレリー・ゲルギエフは、ここ数年マリインスキー劇場にて公演されたプレミア作品《ラインの黄金》、

《戦争と平和》、《ドン・ジョヴァンニ》、《サロメ》、バレエ作品《くるみ割り人形》に関しても、

全責任を持って監督及び指揮をした。

劇場人としてのゲルギエフの力量はこれらの録音作品に顕著であるが、彼のオーケストラでの仕事も同様に重要である。彼はボロディン、グリンカ、ハチャトウリアン、リャードフ、プロコフィエフ、ラフマニノフ、ショスタコーヴィチ、チャイコフスキーらの作品を録音しているが、これらは主にマリインスキーのオーケストラを率いたもので、いくつかはロッデルダム・フィルとの共演によるものである。1999年には、ゲルギエフが指揮するウィーン・フィルの1998年ザルツブルグ音楽祭でのライヴ録音によるチャイコフスキーの交響曲第5番がリリースとなった。
ニューヨーカー紙の記事は、ワレリー・ゲルギエフの魅力と彼の実り多い発表作品の意義を証明するのに

一役買っている一「ゲルギエフは、彼がよくそうするように、より奥深いものに触れている。

彼と同世代の他の指揮者らは、自己認識的な個人的解釈によって、名を馳せてきた。

ゲルギエフは、本能的な感情の激発、音との共同的祝賀を作り上げている。

彼は音楽の情感的な構造のアイディアを形にし、本能的に生命をもたらすことができるのである。」


皆既日食 the total solar eclipse?

テーマ:

皆既日食が今日ありましたが、みられましたか?テレビでしか私はみませんでしたが、46年ぶりのショーですね、ダイヤモンドリングも素敵でした。

さてわたしは今日は川崎にある、岡本太郎美術館へいき、美術鑑賞と、日本橋でモナコ王妃だったグレースケリー展へいってきました。


また、アメリカでは、ギブズ大統領報道官が会見で、オバマ大統領が27~28日にワシントンで開かれる「米中戦略・経済対話」の開会会合に出席すると発表。米中両国が安全保障と経済の政策課題を2国間で協議する会合の開催は今回が初めて。経済分野はガイトナー財務長官と王岐山副首相、安全保障分野はクリントン国務長官と戴秉国(たい・へいこく)国務委員がそれぞれ共同議長を務めることになっています、アメリカの景気安定化について、CA州では、最悪の財政難から予算案がとおりシュワルツネガー氏もニンマリと笑っています、

この背景をいろいろな方から事情を聞くと非常におもしろい点が見えてくるようですね。

本当に日本という国はアメリカ人にとりすみやすい国であると思います。ただしヒトによりますが。

Were you seen though were today the total solar eclipse?The diamond ring was also wonderful though I only in the television had not seen. the show it after an interval of 46 years

Well, I live in the museum of Taro Okamoto that exists in Kawasaki today, and have said to the Grace Kelly exhibition who it was art appreciation, Nihonbashi, and was queen Monaco.


Moreover, it is announced that Press Secretary to the President Gibbs will attend the meeting of opening a meeting of "Rice inside strategy and economic conversation" in which President Obama is opened in Washington on 27?28 day in the interview in the United States. The conference is the first time between two countries this time. a security and economic policy task the two countries in riceAs for economic categories, country (Tai Heikoku) State Councilor is supposed respectively to serve as the co-chair to secretary of the treasury gaitonar, the china vice premier, and the security field with Secretary of State Clinton. The business stabilization of the United States is laughed at that Mr. Shuwarutsunega- is laughing like the budget draft because of the worst in CA state financial difficulties.

A very interesting point seems to come into view as for this background when circumstances are heard from various one.

The country named Japan really thinks that it is taking relacting Suto live for American. However, though it depends on the human.




外国では

Something Special for the Country Music Fans

Starting around 7:30, the President and First Lady will be hosting a celebration of country music at the White House with performers like Charley Pride, Brad Paisley and Alison Krauss and Union Station. Watch it live here, or watch and chat with other fans through our Facebook application.






うれしいお知らせがあります
世界的なデザイナーであるイッセイミヤケさんですが、自分が被爆者であることを好評し、今回アメリカのオバマさんほかに核のない世界をアピールしてもらいたい、歴史的な第一歩を歩んでもらいたいと願っている私ですが、なにかしらの動きを期待しています。
その中でうれしいおしらせがあるのです.その歴史的な世界唯一の被爆国である日本の広島における原爆の日の式典にイスラエル大使が参加をすることになりました。これははじめてのことです。 非常にうれしいです。
関連 COME TO HIRISHIMA http://ameblo.jp/zatoichi1/entry-10301801190.html
There was the echo, and artist and the journalist, etc. were terribly interested in the story of the same-sex marriage in the Sweden embassy in which it had participated yesterday.
I good criticize the radiation victim I though I am Issei Miyake who is a worldwide designer, and it wants you to appeal to the Obama and others of the United States this time for the world without the nucleus, and movement is expected though it is me who is wishing when it wants you to walk in a historical first step there is informing them of it moreover glad.
Ambassador Israel will participate in the ceremony on the day of the atomic bomb in Hiroshima in Japan that is the only atomic-bombed nation in the historical world though there is information glad in that. It is very glad. http://ameblo.jp/zatoichi1/entry-10301801190.html
About miyake isseis wishies-

Please come to Hiroshima IN JAPAN Obama.
It had moved variously for several days because Cart Campbell for whom the Ministry of Foreign Affairs was in haste nominated as the United States Assistant Secretary of State (east Asia and Pacific Ocean charge) came to Japan during the night before last in Japan. It seems that it has the discussion in a lot like between Japan and the politician and the United States and the alliance of Japan and the United States, etc. though it doesn't go out to the table for these several days because Mr. Cart Campbell nominated as an Assistant Secretary of State (east Asia and Pacific Ocean charge) by President Obama has said ahead that there is an interview when the House of Representatives dissolves in the politics of the book on July 21 nowadays.

Moreover, it asks. It is irritated somehow not to take the action at all though the country where I was born is an only nation to suffer atomic bombings. It becomes impossible to do everything even by the message though the political world in Japan changes and it doesn't make remarks in the politician easily as Obama et al. come to Hiroshima on the day of the atomic bomb of Japan if the political situation changes because it is good. This is people who people who rush into action are always the creators, artists, and cause the entertainment. It wishes that it actually become it by all means. Because. Issey Miyake who is a worldwide designer the other day is a story that asks President Obama for the Hiroshima Japan visit. Issey Miyake who voluntarily has the experience of being a atomic bomb victim contributes to the International Herald Tribune paper that exists in the subsidiary of the United States New York Times Co.. It is called that it visits Hiroshima the President United States Barack Obama. It was described in talking about the experience of being a atomic bomb victim after it had been confessed that Mr. Miyake was one person of alive the remainder to which oneself had experienced "Flash (so = atomic bomb that did not do)" that President Obama said, "A personal, ethical obligation is felt by not being before". Moreover, it is assumed that it is hoped that President Obama attends the 64th Hiroshima Peace Memorial Ceremony on August 6, and shows high expectations , saying that "When Mr. Obama walks in a peaceful bridge in Hiroshima ・・・ It will approach the construction of the world without the nuclear danger practically, and symbolically by one step".
In Mr. Miyake's who was exposed to radiation at seven years old in Hiroshima having made the experience of being a atomic bomb victim public, this time is the first time. It is said that talking about the dislike and the experience of being a atomic bomb victim will have avoided being labeled, "Designer who survived the atomic bomb". Mother who was exposed to radiation seemed to have died the three years later. It is not thought be to good when Obama achieves this wish in the form of something.


話は違います。
昨日参加しましたスウエーデン大使館での同性婚についての話です。結構反響がありました、アーテイストやジャーナリストなどがすごく興味があるみたいでした。
私はいぜんフランスの飛行機スタッフらとつきあいがありましたが、そのとき、私は昔から、職業や人種でヒトをみないでいるのでゲイであろうと気楽で面白いなという認識があります。だからそのスタッフの特にヨーロッパのスタッフはゲイのヒトが多く、同性異性関係なく差別なく話すことにしていますが、あまり性別や国籍でヒトをみるということが私にはありません、またアメリカ人の知り合いもパートナーシップで日本人とアメリカのカップルを知っていますが、普通に面白い人たちでした。おかまちゃんでも、90%それでも大丈夫な私で、人間とてみれば別に気になりません。
けれど生まれて私が初めて彼らにされた質問が今でも印象に残っていて、昨日のセミナーあとの懇談会でその質問をぶつけていました、またキッチンではお酒やワイン・ジュースをふるまってもらったので、みな気さくに話ができたのかもしれませんね。別にきにもならない質問ではあるのだが、同性婚や姓同一症候群のヒトにとっては悩みとなるのです。質問は、「あなたは、(仮に私は女性なので)自分が女性であるという違和感を感じたことがありますか?」という質問でした 。「なんでそんなことでなやむのだろう?」なぜなら、自分が女に生まれてきたのなら、あたりまえに女で生きるのが普通だとおもっていたから、結構衝撃的な当時は質問でした。おもっても見なかったことだったので。そこからすでに相手にとっては悩みがあるのです。実際、同性婚の議題でのセミナーでしたが、スウエーデンに限らず、人権問題として定義し、「いいなあ、ヨーロッパって特にオランダやスウエーデンって、」参加者はいいました、アメリカから参加されていた日本人は私と同じことをいっていました、「自分では考えてもみないことでアメリカは戦っていかなくてはいけない苦痛がある」と。
しかし、すべてを人間としてみると、事実同性婚も重要なのは同性婚の問題ではなく、異性間の結婚であっても、パートナーであっても、互いの二人の心と心のつながりと愛があれば解決するものである。すべてが差別や人権問題としてみると、世界は平等というけれど、この問題は特別な問題だ、とされてきた点が問題なのであって、実際スウエーデンという国は世界で7番目の同性婚の認定ですが、アメリカ・オランダ・スウエーデン・アルゼンチンという国が同性婚の多い国で世界的にも活動がある国であるそうだ。
アメリカなどは州ごとに法律が違うので、、いろいろな同性婚などや大陸が広いためと、そして人種が多いため、考え方が異なるので、この問題はむずかしいそうです。今回の討論や質問は面白かったですが、参加予定は50名くらいでも十分であると思ったのが、200名が参加し、とくに学生が多かったのが目立ちました。
そしてなぜか、このような同性などの活動をする前後に、政治の政権がかわる、などというヒトがいました。そのほか、同性婚の賛成や反対、日本の宗教関係や、民法での扱いが拉致被害者と同じくらいの条項に加えられた、ということがわかりました。あと、国際問題としての同性婚での成立や、パートナーシップとは何か?
独身証明書とは?同性婚にいたる過程、憲法に解釈の違いがあるのか?キリスト教からの考えかた、同性婚をまたはパートナー法をうけいれた社会でなにが起こっているのか?などさまざまなことを知ることができました。

By the way, let's return to the story of the same-sex marriage done in a Swedish ahead embassy. I have recognition of no interest comfortably even though the gay because I at that time do for a long time, and it is an occupation, it is a race, and there is everyone //the human and I exist though was with the airplane staff in France yet association. Therefore, the staff in Europe are especially a lot of humans of the gay, and : about the staff.
Everyone had never seen in sex and the nationality too much the human, and did not worry separately even born or nation or human,but for me , remains in a still impression the done question, threw the question at them for the first time me in the informal social gathering after yesterday's seminar, and might have been able to talk about sake and the wine juice in kitchen candidly framework full many of Americans.. because it had behaved. It becomes worried for the human of a same-sex marriage and a family name same syndrome though it is a question that doesn't separately become it to come. The question was a question "Have you (Because I was a woman) felt the sense of incompatibility that I was a woman?". 「..peel.. ?It is likely to worry why. 」At that time, at the time of the impact considerably it it was a question because it had it when living naturally by the woman if I was born to the woman was usual. It was not to have seen though has. The other party already has worry there when disliking it. It doesn't limit to Sweden, and it defines it as a question of personal rights, and actually, the having been participating Japanese said the same thing and me, and : Europe is good open , some man who is from United States though was a seminar in the agenda of the same-sex marriage when it even doesn't think for myself and there is a pain to fight in spned the United States life like a me.
its meaning there are some quesntion about U.Ss spend life hard for mentionality ,participant's saying the Netherlands and Sweden especially/
However, when everything is seen as man, it is solved that the fact same-sex marriage is also important of no problem of the same-sex marriage, and connect and love mind each other and mind of two people even if it is the marriage between opposite sex or it is a partner. All is discrimination question of personal rights,see the world,people say world human are qual kick this prayoblem special problem..
acctually no ploblem to see inside mind,everything we can seldom human ploblem ,mind to mind.
i think so.
This ploblem is before it had been plblem in the world its meaning special ploblem.Now It is not.
Actually i got it there are same-sex marriage same-sex marriage a lot recognition from United States,Netherlands,Argentina,sweden country
And is it is difficult to thiking way beteen state and state of US for worldwide country United States .law are differ various same-sex marriage continent wide race a lot of idea differ this problem difficult.Having thought that the participation schedule was enough even by about 50 people stood out and it stood out though this discussion questioned was interesting the participation of 200 people, and there were especially a lot of students.
And, there was a human the political power of politics changed before and after doing the activity of such the same sex etc. why. An agreement, an additionally opposite to the same-sex marriage, religious relation of Japan, and the treatment by the civil law are added to almost the same articles as the abductee, and I see. What are approval and the partnership in the same-sex marriage as the international problem?
What is a single certificate?Is there a difference of the interpretation in the process and the constitution to the same-sex marriage?What happens again ..those who think and ..Christianity.. same-sex marriage.. in the society that accepted the partner method?It was able to know variety.

またアメリカ大使館より。
キャンベル国務次官補、来日し日本政府と協議.しました。キャンベル国務次官補 アジア太平洋担当が7月16-18日来日していましたが、日本政府高官と協議した。18日には同国務次官補とグレグソン国防次官補(アジア太平洋担当)が米国側代表として外務省で日米安全保障高級事務レベル協議(SSC)に参加し、日米安全保障協議委員会(2+2)の枠組みの下で日米安全保障問題について緊密に協議することで合意しました。On the Convening of the U.S.-Japan Security Subcommittee (SSC) Meeting・July 18, 2009
  1. A meeting of senior officials of the U.S.-Japan Security Subcommittee (SSC) was held at the Ministry of Foreign Affairs (MOFA) on Saturday, July 18, 2009. Kurt Campbell, Assistant Secretary of State for East Asian and Pacific Affairs, and Wallace Gregson, Assistant Secretary of Defense, Asian and Pacific Security Affairs, led the U.S. delegation. Kazuyoshi Umemoto, Director General of the North American Affairs Bureau, Ministry of Foreign Affairs, and Nobushige Takamizawa, Director General of the Defense Policy Bureau, Ministry of Defense, led the Japanese delegation.
  2. At the meeting, the two sides agreed to consult closely on U.S.-Japan security arrangements under the 2+2 framework. Participants in the meeting exchanged views on the situation in North Korea and the current security environment in Asia and the Pacific. They also confirmed the importance of examining the roles, missions, and capabilities of the two countries and of the steady implementation of the Road Map for U.S. Forces Japan realignment.

今日はわたしは有意義な日をすごしていました。いつも悔いない日を自分なりに過ごすのが最近苦手ですが、本当に人のご縁はどこでつながっているかわかりませんね。私もひょんなことから会話から共通する人物がでてきます。


今日私は、アメリカ大使館から、すぐに、スウェーデン大使館へいきました、アメリカオバマ政権下でも同性の権利というものをみてきました、私はノーマルですが、知り合いがたくさんいました、というのも私のよき相談相手であるボーリス・ディトリッヒさんという本当に大物で 元オランダ国会議員であり、ヒューマン・ライツ・ウォッチ所属弁護士


さんに会えることができたからです。彼はいつもわたしにアドヴァイスをくれる人の一人ですが、彼は本当に発言もすばらしいものでした。今回実際、人権という 問題で深い人権問題がたくさんある 同性婚や姓同一性症候群などさまざまなトークで、ヨーロッパの人権とアメリカの人権の違いを知ることができました。スウエーデンですが、世界で7番目の国として、スウェーデンは今年の5月1日から性別にとらわれない婚姻制度を受け入れました。スウェーデン大使館では、人々に等しく開かれたこの新しい制度に焦点を当て、スウェーデン、日本、オランダ、アメリカからゲストを迎えてセミナーを開催致しました。またスウエーデン国会議員さんらとも交流ほか、人のつながりは本当にわからず、以前スウエーデン大使館でのレセプションにて出会った、このかたがたはクリエイターで美術家さんです。その他今回マスコミが10社で参加。私もちょうどアメリカ大使館の人々ほか、いろいろなひとがいまして、NTTの人や人権団体やもともと知っていたジャーナリストがごまんとおりまして、20人ほどいました。共同通信のカメラマンも、マラソンで一緒だった人で、文化部もほとんど知り合いでした、ジャーナリストやロバートも記者ですが、懇談会では100人ほど話ができましたよ。彼らは日本だけでなく海外のメディアも社会部や、文化、人権問題、法律専門、残虐な人権侵害などの専門のほか、警察ジャーナリスト、いわゆるアニメで有名なルパン3世では銭型警部あたる海外の外国人をすべて検閲や人権や犯罪をおかした人間の空港での検閲で、ストップできる権利をもつ人々、その他ゲイのこもいたし、普通のアムネステイや人権擁護団体など学生や、ほとんど話は最後には全部人権の話で終わらせてきました、その他新聞役員や大使館スタッフ、弁護士がほんとうに多かったですね。これだけ人権について興味があることと、政権交代後の日本のいろいろな内密な話や、今後行われる企業側の話や本当に面白かったです、ヒューマンライツは、以前は旧ソ連などの人権侵害において監視する団体です。オランダの弁護士は、以前アメリカの政権の時のアドバイザーもしました。本当に久しぶりでした。講演が終わったあと、交流会では久しぶりに50名の人々の交流でした、なお、 マッティン・アンドレアソン氏 元スウェーデン国会議員とのビジネスの話、今後のIT投資のこと、それから,尾辻かな子氏は 元大阪府議会議員で彼女は海外では有名な、カミングアウトをした女性議員だそうですが、ここからのさまざまな情報をいただきました、アントニー・トランキーナ氏 米国大使館 二等書記官 副領事はまだ若いですがプレゼンのときは本当によかった。またボーリス・ディトリッヒ氏 元オランダ国会議員で、ヒューマン・ライツ・ウォッチ所属弁護士である彼は発言と貫禄がまったく秀でていました、すごい オーラでした、その後彼らやマスコミと話題いっぱいの(私は話題が耐えませんから・・)トークでした。ちなみにニュース記者の目線は鋭いですね、人権団体も面白かったです。いま記者は、本当にネタに困ってますね。今日たぶん共同通信社ほかいろいろ記事がでてくるのではないでしょうか?なお、主催のスウェーデン大使館はITとSAAB投資関連、オランダ王国大使館は、前回のミュ-ジシャンウーターヘメル関連、アメリカ大使館はオバマさんやクリントンさん(もとの大統領)関連でつながりがあったのですが、国により、ヨーロッパの人のほう、特に北欧の人々の女性の人権については本当に、私は生まれた札幌に気質がよくにているなと思いました。


The facing after a long time, Sweedish embassy it was a significant day had been spent since daytime of the blog this day. As for person's edge, where is not really understood.

It is originally an important person really because in fact, it is former Dutch Diet member named baud squirrel Borisu Detlihi who is my good adviser, and I am a human rights watch belonging lawyer that American Embassy was effective at once in Embassy of Sweden also under the American Obama political power who has seen the right of the same sex today by having a lot of acquaintances though I am normal.

It is because it was possible to be able to meet. His remark was also really wonderful in the important person though he was one of the people who always gave me advice. It was able to know the difference between the human rights of Europe and the United States human rights with various toques like a same-sex marriage and a family name identity syndrome, etc. with deep question of personal rights of the problem of human rights a lot actually this time. Sweden accepted the marriage system not caught in sex on May 1 this year as the seventh country in the world though it was Sweedish Embassy of Sweden applied the focus to this new system opened equally to people, and held the seminar from Sweden, Japan, the Netherlands, and the United States inviting the guest. It doesn't understand really, it meets in the reception in the Sweedish embassy before, and these people are the art person in the creator. the stern exchange and others such as good member Sweedish ..moreover.. and the personAdditionally, the mass communication this time participates by ten. I 20 the much more were just ..people and others of American Embassy.. various people, and existed like .the person, the human rights group of NTT, and the journalist who knew originally.., too. The cameraman of Kyodo News Service was the same person in the marathon, and it was almost acquainted, and Cultural Affairs Department was able also to talk about about 100 people in the informal social gathering though the journalist and Robert were journalists. Japan..foreign countries..media..city news department..culture..question of personal rights..law..specialty..cruel..human-right violation..specialty..besides..police..journalist..so-called..animated cartoon..famous..Lupin..money..type..police inspector..hit..foreign countries..foreigner..all..inspection..human rights..crime..lend..man..airport..inspection..stop..right..have..people..additionally..gay. As for student and most talks like usual [amunesutei] and human rights groups