映画など心がワクワクするような、美しいものに出会う努力は必要で,

ときどきでかけています・・・・。いやいや私は笑われてナンボ、馬鹿にされてナンボのもんなんです・・・

が、最近ずっと信頼していた人がいたんだが、客観的にみてだがこの方が実は人を見下すとトコトン見くだす人って人で。業界では有名で、彼に泣き寝入りしている人がじつはいっぱいいるんじゃないかって思いつつも、私も頭にきたこともあったり。がんじがらめに女にされるのがうれしいのかな この方は??現在私に持ってないタイプの男女は話すことも必要だし、成長しない要素を倍増しないようにしていこうと思ってますが・・。ああーーおんなたらし病は病気だな・・・・。もっともててもかっこよくもてようよ・・・遊ぶんだったら余計なお世話だがもっとかっこよく遊んでほしいなって感じですが・・・。


さて映画イヴェントの話・

映画ファクトリー・ガール コラボ商品&イベント情報

ポップアートの巨匠アンディ・ウォーホルAndy Warholとの運命的な出会いにより、60年代のアイコンとなったイーディ・セジウィックの短くも波乱の半生を描いた映画『ファクトリー・ガール』が4月19日(土)から公開されます。これを記念して、イーディをイメージしたファッションアイテムや、写真集が発売される。今回イヴェントの会場となっているのは

場所は代官山のAIRです。これは映画「Lost In Translation」のロケでも使われたclubです。


この映画の撮影シーンは

新宿ハイアットホテルでした・ハリウッド映画スターのボブ・ハリス.日本企業のコマーシャル撮影のために来日した。長旅の疲れと時差ぼけの中、目に飛び込んでくるのは、原色のネオンが所狭しと並ぶ新宿の街。ホテルに到着すると、複数の日本人スタッフの丁寧なお出迎えをする。超高層ホテルの部屋でほっとするもつかの間、妻からは息子の誕生日の不在を責めるファッススが届く。翌日のコマーシャルの撮影では、監督が日本語で長々と注文を付けているのに、通訳はほんの一部しか訳してくれない。コミュニケーションがとれない人々に囲まれて、イライラと諦めと、妙な孤独感をつのらせていくボブだった。そんなボブと同じホテル(新宿のパークハイアット)に滞在していたのは、カメラマンの夫の仕事について日本に来た若妻のシャーロット(スカーレット・ヨハンソン)。夫は一日中、仕事に終われ、シャーロットは孤独な暇を持て余していた。
同じホテルで眠れない夜を過ごす二人は、バー・ラウンジで視線を合わせるようになる。言葉少ない会話ながらも、二人は、言い知れない疎外感と孤独感を共有していることを感じる取る。ボブはシャーロットの友達のパーティーや、カラオケボックスに出かけ、二人はスシ屋やシャブシャブ屋でランチを共にする。交わす言葉は多くはないが、誰にも言えない感情を共有する二人の間には、切ない絆のようなものが芽生えていた。しかし、ついにボブの帰国の時がやってきた
映画「Lost In Translation」
http://www.lost-in-translation.com/intro.html

「ドゥーズィエム クラス」 とコラボ
 セレクトショップ「ドゥーズィエム クラス(DEUXIEME CLASSE )」では4月18日から、イーディをイメージしたオリジナル商品や、60年代後半~70年代前半のヴィンテージグッズなどを展開する。ボーダーのミニドレスや、フリンジ付きのタンクトップ、かぎ編みのドレス。イーディを気取り、大ぶりのアクセサリーと合わせて着こなしたい。青山店では発売開始当日の18日夜にオリジナル商品の披露を兼ねた「FACTORY GIRL NIGHT @ DEUXIEME CLASSE」が開かれる。

■写真集「GIRL ON FIRE」
イーディの全生涯を収めた写真集「GIRL ON FIRE」には、大量の未公開写真、ファッション誌のショット、プライベートショットのほか、イーディ本人の言葉、ダニー・フィールズ、ジェーン・フォルツァー、ウルトラ・ヴァイオレットら、存命の友人たちによる新たなインタビューが収録されている。著者はイーディの半生を描いた映画『チャオ! マンハッタン』の監督の一人であるとデイヴィッド・ワイスマン(David Weisman )と、メリッサ・ペインター(Melissa Painter )だ。4/4よりブルース・インターアクションズ(BLUES INTERACTIONS) から刊行、価格は3990円(税込)。

代官山「AIR」で公開記念イベントも
 公開前夜18日(金)には、代官山のクラブ
AIR で、記念イベント「Love Tribe Factory Girl ×HMV NEXT FLOOR」が開催。60年代の音楽、カルチャー、ファッションを体感しよう。(c)MODE PRESS


【関連イベント】
◆FACTORY GIRL NIGHT @ DEUXIEME CLASSE
場所:DEUXIEME CLASSE 青山店
日時:08年4月18日(金)18:00-21:00
電話:03-5457-1878

◆Love Tribe Factory Girl ×HMV NEXT FLOOR
場所:AIR (代官山)
日時:08年4月18日(金)22:00-(オールナイト)




  • 映画『ファクトリー・ガール』特集トップへ
  • MODE PRESS特別試写会に応募!

  • 昨日はゼットンさんという飲食の会社の店長さんである雪蔵さんのおすすめを食べる機会をもった。というのもニッキーという子が、最近、山菜とりに(といっても彼はまだ30歳くらいの子なんだが)ニッキーいわく、そして私もある意味田舎育ちなので、山登りは実はすきなんだよね・・私。ちょうどそんなとき久しぶりの私の飲み仲間のニッキーが山菜を探してとってきたらしく、どうもタラのみをとって、こごみとか、フキとか非常に懐かしいことをいうので、本まで買って読んでるうちに、そこのゼットンさんのミッドタウンの雪蔵店長と話が盛り上がり、なんでだろうか?

    b&r ゼットンさんが経営・・・ここはシガーとお酒のマリアージュを楽しめるシガーBARも経営してる。

    さて今回は春キャベツの話と、今日北海道の函館からきたかすべがあるので・・・という話しをしてくれてゼットンさんら フードスタジアムの編集長によろしくって・・そして日経レストランの皆様によろしくお伝えくださいましといっていましたが、私はかすべ(かすべは魚なんですが東京あたりではなかなかお目見えしないものだった)を日本人らしくにこごりとしてとかしょうゆで煮付けて、コリコリの中の骨を食べるのが好きだった・・

    東京ではかすべはエイヒレと呼ばれていて生では殆ど流通しないようです。が、今の時期居酒屋では人気のメニューだったりする。かすべは北海道以外ではあまり水揚げされないんですね。北海道以外へは干物で出荷されるらしい。生が手に入る北海道では干物はほとんど売れないけれど煮付け(煮こごり)、唐揚げ、ぬたが殆どです。今日はそれをあえてニッキーらとイタリアン風なんだろうかね??あとは札幌でムニエル風・きのこ風味のかすべを食べたことがあるくらい・・・そこでかすべの料理を食べることになったのでした・・・かすべって こんなさかなです・・

    おおよそ私の地元ではこんな感じで  食べます・・写真がアップできないんだけれど、これを雪蔵店長は 函館からきたものですよ・・・と実際 かすべを食べる注文するという人は実はなかなかいないかもしれないが・・あえて作ってくれた雪蔵店長にありがとうといいつつ・・・レモンソースとケイパーごっそりとはいったかすべが出てきた・・・ なかなかおいしかったですよ・ありがとうです。



  • AD

    私はアートのイヴェントすごくたのしみにしていました。今回文化交流として国際文化会館のかたがたが文化交流として来日を応援したが法務局がNGをだしたので来日できなかった。洞爺湖サミットがあるためビザがでないという状況。今日は東大では彼らなしで講演は行われました。・・ただアントニオ・ネグリ氏とジュディット・ルヴェル氏の来日講演安田講堂。彼らが共同声明をだしましたので時事としてこんな方がいらして、時事問題としてみてください。国際文化交流としてみてくださいね。これにより横浜で行われる予定の日仏会館でのとジュディット・ルヴェルも講演は中止になってしまったな。http://www.ifjtokyo.or.jp/agenda/evenement.php?evt_id=921 22カ国訪問OKだったのに・

    哲学者アントニオ・ネグリ氏と彼のパートナーであるパリ第一大学准教授ジュディット・ルヴェル氏の来日がキャンセル。

    ネグリ氏の招聘元である国際文化会館も準備万端だった。また、それぞれの大学において両氏が参加する公開あるいは非公開での講演と討論を企画してきたんだが・・・。2008年3月20日から4月4日の日本滞在中、両氏は私たちをはじめ、さまざまな人々と思想的・学問的・文化的交流を行う予定だった。しかし両氏は、現在にいたるまで日本に入国していない。実際ご本人らの声明を載せることにしました。。海外で日本の視野の狭いところで、世界ではいろいろなことがあって、

    いろいろな人がいることをしってください。以下声明 

    2008年3月19日 パリにて ジュディット・ルヴェル・アントニオ・ネグリ さんより・・

    その責任がひとえに日本政府にあると考える。外務省は入国予定の3日前、3月17日になって、それまで数ヶ月来国際文化会館とネグリ・ルヴェル両氏に伝えていた「入国査証は必要ない」との言を翻し、査証申請を行うよう要求してきた。そして、出発直前の極めて慌しいスケジュールの合間をぬって両氏から申請が行われるや、今度はネグリ氏に対し、自分が「政治犯」であった「書類上の根拠」を示せと要求したのである。入国管理法第5条4項「上陸の拒否」(「1年以上の懲役もしくは禁固またはこれらに相当する刑に処せられたことのある者」は「本邦に上陸することができない」)の但し書き(「政治犯罪により刑に処せられた者は、この限りではない」)による「特別上陸許可」を認めるためである。
    アントニオ・ネグリ氏が「政治犯」であることはすでに国際的に承認されている事実である。彼は欠席裁判により有罪を宣告された——これは刑事裁判にかんしては「国際人権規約」上無効である——うえ、「国家転覆罪」というまさに「政治犯罪」の廉により、実行行為をともなわない思想上の影響という「道義的責任」を問われて、有罪とされた。だからこそ、フランス政府は1983年から1997年の14年間にわたり、イタリア政府からの身柄引き渡し要求にもかかわらず、ネグリ氏を保護したのである。その際、ネグリ氏に対して「政治亡命者」の法的身分が与えられていなかったとしても、それはフランス政府独自の外交的判断にもとづくものであって、ネグリ氏が「政治犯罪により刑に処せられた」事実をいささかも揺るがすものではない。ネグリ氏は1997年7月、現在もなおイタリアに存在する近過去の「政治犯」問題に一石を投じるべく、フランスからイタリアに自発的に帰国し、服役するが、これは彼が「良心の囚人」となったことを示しているのであり、すべての刑期を終えて完全自由の身となった2003年10月以降は、現在まで22カ国を歴訪し、そのどこからも日本政府からのような要求を受けたことはない。
    さらに私たちにとっては、もう一つ看過しえないことがある。ジュディット・ルヴェル氏は短期滞在の場合には査証を免除されるフランス人であり、かつ「上陸の拒否」を云々できるような前歴はないにもかかわらず、その彼女にまで、外務省が査証申請を要求したという事実である。
    ネグリ・ルヴェル両氏の来日をめぐる以上のような経緯に鑑みれば、今回の日本政府の対応は、両氏に対する事実上の入国拒否を企図するものであったと判断せざるをえない。かくして私たちとネグリ、ルヴェル両氏は、世界の22カ国ですでに行われ、これからも増えていくにちがいない国境を越えた思想的・学問的・文化的交流の機会を奪われた。両氏の移動の自由が侵害され、関係者すべての思想信条・学問の自由が侵された。私たちは強く抗議するとともに以下の点を日本政府に求めるものである。

    (1) 入国3日前に前言を翻して査証申請を求め、アントニオ・ネグリ氏とジュディット・ルヴェル氏に甚大なる精神的苦痛を与えた点について、外務省は彼らに謝罪せよ。
    (2) 法務大臣は今回の事実上の入国拒否の非を認め、責任を持ってアントニオ・ネグリ氏の過去の罪状を入管法上の「政治犯罪」と認定し、すみやかに「特別上陸許可」を与えよ。
    (3) 日本政府は署名各大学の事業当事者、学生、聴衆の研究・学習・知的 交流の機会を奪ったことを認め、謝罪せよ。     2008年3月24日

    京都大学人文科学研究所・人文研アカデミー「アントニオ・ネグリ講演『大都市とマルチチュード』」(3月25日) 
    実行委員会:大浦康介、岡田暁生、小関隆、王寺賢太、久保昭博、藤原辰史、市田良彦(神戸大学)、廣瀬純(龍谷大学)

    大阪大学GCOE「〈ジェンダーとコンフリクト〉プロジェクト」+大阪府立大学女性学研究センター「女性学コロキウム」(3月26日)
    牟田和恵(大阪大学)、伊田久美子(大阪府立大学)

    東京大学ネグリ講演会「新たなるコモンウェルスを求めて」(3月29日)
    準備委員会:姜尚中、吉見俊哉、上野千鶴子

    東京藝術大学「ネグリさんとデングリ対話」(3月29日/30日)
    実行者会議:木幡和枝、坂口寛敏、毛利嘉孝、桂英史

    お茶の水女子大学「ルヴェル・コロキュアム」(3月31日)
    戒能民江、竹村和子

    日本の友人たちへの手紙

    皆さん.まったく予期せぬ一連の事態が出来し、私たちは訪日をあきらめざるを得なくなりました。この訪日にどれほどの喜びを覚えていたことか! 活発な討論、知的な出会い、さまざまな交流と協働に、すでに思いをめぐらせていました。

    およそ半年前、私たちは国際文化会館の多大な助力を得て、次のように知りました。EU加盟国市民は日本への入国に際し、賃金が発生しないかぎり査証を申請する必要はない、と。用心のため、私たちは在仏日本大使館にも問い合わせましたが、なんら問題はありませんでしたし、完璧でした。
    ところが2日前の3月17日(月)、私たちは予期に反して査証申請を求められたのです。査証に関する規則変更があったわけではないにもかかわらずです。私たちはパリの日本大使館に急行し、書類に必要事項をすべて記入し、一式書類(招聘状、イベントプログラム、飛行機チケット)も提示しました。すると翌18日、私たちは1970年代以降のトニの政治的過去と法的地位に関する記録をそれに加えて提出するよう求められたのです。これは遠い昔に遡る膨大な量のイタリア語書類であり、もちろん私たちの手元にもありません。そして、この5年間にトニが訪れた22カ国のどこも、そんな書類を求めたことはありませんでした。

    飛行機は、今朝パリを飛び立ち、私たちはパリに残りました。

    大きな失望をもって私たちは訪日を断念します。
    数カ月にわたり訪日を準備してくださったすべての皆さん(木幡教授、市田教授、園田氏——彼は日々の貴重な助力者でした——、翻訳者の方々、諸大学の関係者の方々、そして学生の皆さん)に対し、私たちは申し上げたい。あなたたちの友情に、遠くからですが、ずっと感謝してきました。私たちはこの友情がこれからも大きくなり続けることを強く願っています。皆さんの仕事がどれほど大変だったかよく分かります。皆さんに対しては、ただ賛辞があるばかりです。
    パーティは延期されただけで、まもなく皆さんの元へ伺う機会があるだろう、と信じたい気持ちです。

    友情の念と残念な思いを込めて……

    2008年3月19日 パリにて
    ジュディット・ルヴェル・アントニオ・ネグリ

    Lettre aux amis japonais

    Chers amis,

    Une serie de circonstances totalement imprevues nous obligent a renoncer a notre voyage au Japon, alors que nous nous faisions une joie immense de ce sejour, des discussions passionnantes et des contacts intellectuels, des echanges et des collaborations que nous imaginions deja.
    Il y a presque six mois, nous nous etions renseignes avec l'aide precieuse de l'International House of Japan: les citoyens des pays membres de l'Europe ne doivent pas demander un visa d'entree au Japon s'ils n'y gagnent pas de salaire. Nous avons soigneusement verifie aupres de l'Ambassade du Japon a Paris, cela ne posait aucun probleme pour nous, c'etait parfait.
    Il y a deux jours, lundi 17, on nous a contre toute attente demande ce visa - alors que le reglement sur les visas n'avait pourtant pas change. Nous nous sommes precipites a l'Ambassade du Japon a Paris et avons rempli tous les formulaires necessaires, fourni toute la documentation, les invitations, les programmes, les billets d'avion. Hier, on nous a demande en plus toute une serie de documents qui concernaient le passe politique et le statut juridique de Toni depuis les annees 1970. C'est une documentation enorme, en langue italienne, qui remonte a longtemps, et que nous n'avons bien entendu pas sous la main ? et qu’aucun des vingt-deux pays visites par Toni dans les cinq dernieres annees n’a jamais demande.
    L'avion partait ce matin - nous sommes restes a Paris.

    C'est avec une immense deception que nous renoncons a ce voyage.
    Nous voudrions dire a tous ceux qui ont contribue pendant de longs mois a l'organiser (la professeur Kobata, le professeur Ichida, M. Sonoda - notre aide precieuse de tous les jours -, les traducteurs, les collegues des universites, les etudiants) que nous avons apprecie a distance leur amitie, et que nous esperons tres fort que cette amitie ne cessera de grandir dans le futur. Nous savons combien leur travail a ete intense, et nous leur rendons hommage.
    Nous voulons croire que ce n'est que partie remise, et que, bientot, nous aurons l'occasion de vous rendre visite.

    Avec notre amitie et nos regrets,


    Judith Revel et Antonio Negri
    Paris, le 19 mars 2008

    (原文)

    AD


    Mixi 北村昭博サポーターサイト ファンのみんな、I love you!

    北村昭博監督さん。おめでとう。ついに全米デビュー。

    北村さんに関してのお問い合わせはこちらcontact@discocherry.com
    (仕事関連以外のメールには残念ながら、返信は出来ません。
    あらかじめご了承お願いします。)
    ●『I'll Be There With You』公式サイト
    DISCO CHERRY, Inc.

    なんとなく情報がきた北村さん。おめでとうです。

    構売れそうな人の先見の目あるでしょう??私。。。
    さて北村監督 先月いろいろプロモーションで日本へきていましたが

    なんとアメリカのVH1の超人気リアリティー番組である
    「I Love New York」のNew Yorkという

    「Tiffany Pollard」の新番組がこの夏に放映。

    題名は「New York Loves Hollywood」です。

    これはハチャメチャなアメリカ最強の暴れまくり黒人女性New Yorkがハリウッドでスターになるため

    様々な難問を乗り越えて行くというストーリーですが、その番組の第4話に

    なんと北村監督Akihiro Kitamuraが登場予定です。

    メジャーデビューです!!!

    監督の役目は最狂の日本人監督「Akihiro Kitamura」という設定・
    て劇中で主演のNew Yorkが出るCMを監督するという設定。

    そして、そのCMでNew Yorkと闘いをするというストーリです。
    VH1の番組製作陣は高レベルだしよかったね。。

    アメリカで成功するには、個性とインパクトがないと勝てない。

    今年8月に放映される予定なのでまたアップします。
    "New York" Tiffany Pollard

    AD

    今日は1日休息日でした。でも休まれないのよね。。

    桜が今日満開でどこをみても桜が見られました・・近所の幼稚園のこらの公園の遠足にいって子供をいっぱいみて・・。確かに私は非常に性格きつくなってるかな?子供などにはぜんぜんそういうことがないですね・・

    ビジネスをする。。。冷静できつくないと絶対やっていけない。。これがかねもあってきつい言い方だが

    平和ボケでもやっているのなら本当に私だってやりたいですよ・・自分を見失わないようにしないと。・・それに私のかかわっている人とは国はまったく関係なくかかわっていますが・・冷静にビジネスをするということを考えると目が冷静でものごとを客観視しないといけない部分がいっぱいあるので。。

    私はたくさんのリスクをしょって生きていて、自分をあらゆるところを犠牲にして生きてるの どんな人もいろいろあるけれど・・・・・なかなか理解してもらえない人も多いけれど、自分の目だけを頼って進んでいます。


    私は子供って大好き。桜の大きな木の下で座って一緒にいると最近は保父さんは3-4人が普通にいて、結構面白かったし心和んでしまったです・・ある子が私のところへきて、自分で座る敷物をたたみ方ができなくて、手伝ってあげるよ・・というとはずかしそうに私に「ありがとうございます。」というので

    「はいはい。いいよー。」子供を見ていると本当に面白い 欲や大人の悪知恵ばっかりの世界をみると、こんなときをすごすと心があたたまり癒されます・・自分も結構たたみ物をきちんとできなかったりで

    「なかなかおばちゃんもできないんだよねー・・」といいながらいっしょにたたんで「ヨイショ ヨイショ」と

    一緒にたたんだけれど・・・5人のこと敷物たたみ・・

    その後近所のわんこサスケちゃんをずっと膝に座らせて遊んでました

    昨日のかえり東京アメリカンクラブのメンバーさんの奥様方とご飯を品川で食べました・・・

    やはり高級な人とはしっかり人をみてる。観察力がすごいわーーと感想でした。

    アメリカンクラブのランチブッフェも結構外国から帰ってきた人々がすごく食べにきたがっていましたよ・・

    私は中ではきついけれど・・・あえて表ではありがとうございますといってる。。雇ってもらってるし

    そのあたりはきちんと区切りをつけてますが・・それはビジネスなら、生意気なことをいうけれど当然だから・・



    今日はちょっと別のところで軽食を食べたレストランがあたったんだが

    マダムの押しの強さはよい意味で強くてもいいんだが・・・

    極めて不快なというレストランもあったけど支配力がおこちゃまっぽい・・

    そんなレストランはちょっといきたくないと思ってしまった。。



    その後メタボなどの話をしていたんだがなかなか休めません。。

    チョークアートって面白そうよ http://www.artichalk.com/

    先月「HOTERES JAPAN(国際ホテル・レストラン・ショー)」「フード・ケータリングショー」「厨房設備機器展」という展示を見に行ったんですが

    さすがに東京が世界の食を先導しているといわれていてその構成する

    ホスピタリティとフードサービスの総合展「HCJ2008」(主催は日本能率協会だった)が宿泊業、給食施設、健康施設、飲食店などの業務の効率化と高品質化するアイテムつくりなどの展示で面白かった。テーマはHOTERES JAPANホスピタリィ産業の新たな価値創造に挑戦する、フード・ケータリングショー「お役立ちの提案~安全・安心・健康志向への対応」、厨房設備機器展「環境と人にやさしい厨房のご提案」だったんだが4月にものあるのでいって見たいです・・

    先月は合計で国内外で約840社がブース出展していた。主催者側の企画では、国民全体で関心が高まっているメタボ予防をテーマにした特別企画ばっかり出てきていて美味しい食事にローカロリーで提供するメタボ対策メニューの開発が目だっていたんですよね。その他一流シェフによる大量調理向けのメタボケアメニュー提案とサービスが目立っていた。4月はどんな感じになるのかな??
    食のチョークアートって面白そうだったけど・・・

       http://homepage2.nifty.com/JCA/

    今日はスワロフスキー銀座の世界規模で1番大きな店がオープン明日ですね・・ これはオーナーさん。



    ディズニー関係の配役ですー死体役エキストラってどう思う??

    ◎ブルース・ウィリス主演映画『The Sarrogates(ザ・サロゲイツ)』

    アジア人脇役/エキストラ募集

    タイトル :『The Surrogates(ザ・サロゲイツ)』
    制 作  :タッチストーン・ピクチャーズ
    配 給  :ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ

    監 督  :ジョナサン・モストウ 『U-571』 『ターミネーター3』
    主 演  :ブルース・ウィリス 『シックス・センス』 『ダイハード・シリーズ』
    ネド・ヴァウン 『アポロ13』
    撮影期間:2008年4月28日~
    撮影地 :ボストン
    ストーリー:舞台は、人間が孤立していて、
    代理ロボットを通して交流するようになっている未来、ある刑事(ブルース・ウィリス)は、他の者の代理ロボットの殺人事件を調べるために、初めて自分の家から外に出る。
    エントリー形式:郵送
    締 切 :4月16日
    条 件 :【男性: 脇役:ナカタ役
    20~50代に見えること。アジア人。
    FBI捜査官であるナカタは、ストーン(代理ロボット)に、メディアが既に「ドレッド」騒動を取り上げたことを伝える。後に、本物のストーンから電話があり、

    グリアから攻撃されていると警告される。
    男女: エキストラ
    18歳以上であること。人種不問。
    代理ロボット役、リアル人間役、死体役エキストラ





    ダニエル・オストのロイヤル・ウエディングがあったわけだが

    http://ameblo.jp/zatoichi1/entry-10082806166.html
    ふたを開けてみると
    先日港区で行われた国連のもとの事務次長さんだった

    明石さんらのときに参加していた人々外務省関係者とか大臣とか・・

    財界 政治家いっぱいの・・・「あれ?同じ面子じゃないかよーー」とおもいつつも・・

    http://ameblo.jp/zatoichi1/entry-10073185962.html

    とこころの中に思いつつも王室の気品であり世界でもっとも、美しいブーケケショーは本当に美しかったわけだが今日は日本の出光の社長さんらも石油の発掘に必死です。。

    ところで先日ドバイディズニーランドなどの進展がはやくなるだろうとお話をしましたが昨日2010年オープン予定が決定したようです・・

    早くお金ためていってみたいな・・・


    ところでダニエルさんのブーケショーは芸術の価値を高める催しと思いました。

    インドのミタルさんも

    この方も娘さんのウエディングがダニエルさんだったそうです・・たしかミタルさんは

    インドの有名な方だったよーな??
    ショーの様子

    またショーではバックで生演奏しているオーケストラらのクラシックも素敵だったです。演奏曲目は

    ◎マスカーニの歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」。

    ご参考までのに・・・下はその演奏をが演奏されている私の伊好きな

    ミラノ・スカラ座管弦楽団のものです・・
    指揮:ジョルジュ・プレートル
    ミラノ・スカラ座管弦楽団
    演出:フランコ・ゼフィレッリ
    「カヴァレリア・ルスティカーナ」
    サントゥッツァ…エレーナ・オブラスツォワ(メッゾ・ソプラノ)
    トゥリッドゥ …プラシド・ドミンゴ(テノール)
    ルチア…フェドーラ・バルビエリ(メッゾ・ソプラノ)
    アルフィオ … レナート・ブルゾン(バリトン)
    ローラ …アクセル・ガル(メッゾ・ソプラノ)

    「道化師」
    ネッダ(コロンビーナ)…テレサ・ストラータス(ソプラノ)
    カニオ(パリアッチョ)…プラシド・ドミンゴ(テノール)
    トニオ(タデオ) …フアン・ポンス(バリトン)
    ペッペ(アルレッキーノ)…フロリンド・アンドレオッリ(テノール)
    シルヴィオ …アルベルト・リナルディ(バリトン)
    第1の農夫…アルフレード・ピストーネ(バリトン)
    第2の農夫…イヴァン・デル・マント(テノール)
    収録:1982年
    マスカーニ作曲の歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」とレオンカヴァルロ作曲の歌劇「道化師」の2作品を収録した映像。監督はフランコ・ゼフィレッリ。

    ◎モーツアルト「アイネクライネ・ナハトムジーク」
    ◎チャイコフスキー「くるみ割り人形から花のワルツ」
    ◎ヨハンシュトラウス「美しき青きドナウ」etc・・・・・
    などでした。
    ダニエル・オストは実は最近ドバイの王子のウエディングのパーティも行っており
    素晴らしい仕事をしています。先ほどお話した世界の大富豪のベストだった?

    そのなかの5に入っているインドのミタール氏の娘さんのウエディングのパーティもダニエル・オストが担当したそうだ。
    実際今回のダニエル・オストのロイヤル・ウエディングのショーでは、トヨタ・三井物産・資生堂・ミキモトがスポンサーについていたので終了後もパーティもスポンサーの関係者が招待されてたわけで政界、財界、芸能界と非常に華やかなものでした。
    資生堂さんも本当に恩義があるというか〔日本流かな?〕私は。。。

    初めて東京に住むぞときめた時、ちょうど資生堂の大堀さんだったか、もとの専務ですが記事を書きたいと私は直談判して日興證券の記事を書きました。そしてIRなど資生堂の参事さまほかIRかたがた山崎さまなど本当によくしてくださって、その後記事でお笑いのタカアンドトシが売れる寸前、タカトシの記事を山崎さまのご好意でいいものだとおもってくださって社内にタカトシの記事を配ってくれたことがありましたから本当に今でも感謝しています。テレビでのおしゃれ関係なども出演できたしね・・・


    さてロイヤルウエディングは、今回ジャズバンドが入っていたのですが。

    演奏が日本で言う尾張・徳川家の末裔にあたる徳川バンドというのが面白かったです。今回雑誌セヴンヒルズに乗れば幸いですね。


    さて試写のご案内です*試写会ご招待 

    ★東京メトロサンクスイベント「スパイダーウィックの謎」試写会に
    ペアで600組1,200名様を抽選でご招待いたします!



    日時: 平成20年4月23日(水)
    18時45分開場/19時15分開映
    場所:文京シビックホール 大ホール 
    最寄駅:丸ノ内線・南北線 後楽園駅 
    締切: 平成20年4月15日(火)18時まで。
    ※当選者の発表は、招待状の発送をもってかえさせていただきます。

    試写会のお申込はコチラから↓↓↓
    http://www2.xross.jp/ulm/cinema/

    ☆森に囲まれたスパイダーウィック家の屋敷に移り住むことになった母と3
    人の姉弟。
    ある日、屋敷の隠し部屋から”決して見てはならない”と書かれた謎の書を発見
    する。
    その書には、様々な妖精の秘密が全て書かれていた。
    その書を開いてしまったことから次々に起こる不思議な体験。
    見えないはずの妖精の姿がすぐ、そこに・・・!!
    2008年4月26日(土)より全国ロードショー。

    メールマガなどに関するお問い合わせ先
    (株)メトロアドエージェンシー 企画局 企画制作部


    またコラボとしてパティシエ界で数々の受賞暦を誇る

    「ル パティシエ タカギ」のオーナー

    社団法人 日本洋菓子協会連合会公認技術指導委員でもある

    パティシエ高木康政さんとのコラボレーションケーキの発売が決定しています。

    味はショコラ、プレーン、コーヒーの3種のジェノワーズに、

    キャラメル風味のバタークリームを重ねた、スポンジケーキ。
    ケーキの台座は映画「スパイダーウィックの謎」でもキーアイテムとなる「妖精の書」をイメージしています。


    ご本人からは「人間界では姿を現してはいけない妖精

    "シンブルタック"と"スプライト"」がかわいらしく飛び出しており、

    一口食べれば冒険がはじまる"わくわく"するようなケーキだそうです。

    ケーキ販売情報
    販売店:ル パティシエ タカギ東急東横のれん街店
         【東京都渋谷区渋谷2-24-1 東急百貨店東横のれん街内】
    販売期間:4/26~5/6 ゴールデンウィーク期間限定発売
    販売台数:1日6台(限定発売です)
    販売価格:\4,725(税込み) ※予約可能
    連絡先:03-3477-4805(ル パティシエ タカギ東急東横のれん街店)



    ◎2005年、英語版が刊行され、イギリス、アメリカでベストセラー

    村上春樹作『海辺のカフカ』の演劇化作品
    『KAFKA ON THE SHORE(カフカ・オン・ザ・ショアー)』

    演劇『KAFKA ON THE SHORE(カフカ・オン・ザ・ショアー/原題:海辺のカフカ)』


    制 作  :STEPPENWOLF THEATRE COMPANY
    リハーサル期間:2008年8月12日~
    公演期間:2008年9月28日~11月23日
    公演地 :ニューヨーク
    ストーリー:2005年、英語版が刊行され、イギリス、アメリカでベストセラー。
    村上春樹作『海辺のカフカ(英語名:KAFKA ON THE SHORE)』舞台化。
    エントリー形式:メール
    締 切 :4月11日
    条 件 :【
    男性: 主役:カフカ役
    16歳に見えること。日本人。
    カフカは、非常に鋭い知力と、文化と歴史についての深い好奇心を

           持っている。
    未熟な青二才ではなく聞き手からただの標的として扱われることもない。
    表面的には、何事にも動揺しないが、多分怖がっていることもある。
    彼は、急激に暴力的になることがあるが、

           そのこと自体を彼自身が恐れている。
    カフカの受動性は、エキサイティングで、とにかく我々を惹きつける。
    女性: 主役:ミス・ササキ役
    18~25歳に見えること。日本人。
    強烈な性的魅力でカフカに惚れられる年上女性。

    ◎ブルース・ウィリス主演映画
    『The Sarrogates(ザ・サロゲイツ)』

    アジア人脇役/エキストラ募集

    タイトル :『The Surrogates(ザ・サロゲイツ)』
    制 作  :タッチストーン・ピクチャーズ
    配 給  :ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
    監 督  :ジョナサン・モストウ 『U-571』 『ターミネーター3』
    主 演  :ブルース・ウィリス 『シックス・センス』 『ダイハード・シリーズ』
    ネド・ヴァウン 『アポロ13』
    撮影期間:2008年4月28日~
    撮影地 :ボストン
    ストーリー:舞台は、人間が孤立していて、
    代理ロボットを通して交流するようになっている未来、ある刑事(ブルース・ウィリス)は、他の者の代理ロボットの殺人事件を調べるために、初めて自分の家から外に出る。
    エントリー形式:郵送
    締 切 :4月16日
    条 件 :【男性: 脇役:ナカタ役
    20~50代に見えること。アジア人。
    FBI捜査官であるナカタは、ストーン(代理ロボット)に、メディアが既に「ドレッド」騒動を取り上げたことを伝える。後に、本物のストーンから電話があり、

    グリアから攻撃されていると警告される。
    男女: エキストラ
    18歳以上であること。人種不問。
    代理ロボット役、リアル人間役、死体役エキストラ

    ◎ジェシカ・バイエル主演映画『Nailed(ネイルドゥ)』、

    タイトル :『Nailed(ネイルドゥ)』
    制 作  :Persistent Entertainment
    監 督  :デイヴィッド・ラッセル 『Three Kings』
    主 演  :ジェシカ・バイエル 『テキサス・チェーンソー』
    ジェームズ・マースデン 『スーパーマン・リターンズ』 『X-Men』
    撮影期間:2008年4月下旬~
    撮影地 :コネチカット
    ストーリー:いつも不器用な受付係であるサミー・ジョイス(ジェシカ・バイエル)は、ある日、 要領の悪いネイリストの手により、頭に傷を受けてしまう。
    そしてその傷により、彼女をワイルドな性的衝動に頭を悩ませるようになり、彼女はワシントンで、 「尋常ではない負傷」を持つことの権利運動へと走らせる。
    社会医療保障の問題に揺れるアメリカ社会を皮肉った、風刺コメディー。

    エントリー形式:オープンコール(公開オーディション) 3月29日 サウスカロライナ州
    締 切 :3月29日
    条 件 :【男女: エキストラ 】←オーディション会場/日時詳細をお伝えいたします。
    13歳以上であること。人種不問。
    あらゆるタイプ、役柄のエキストラ募集。
     

    ◎フォレスト・ウィテカー主演映画『Patriots(パトリオッツ)』


    ◎ジェニファー・ガーナー主演映画

    『This Side of the Truth(ディス・サイド・オブ・ザ・トゥルース)』より
    いずれも同じ日(3月29日)に実施の公開オーディションでのエキストラ


    映画監督ウッディ・アレン、カナダの国際ジャズ祭に奏者で初出演

    米映画監督のウッディ・アレン(Woody Allen 、72)率いるジャズバンド「Woody Allen and his New Orleans Jazz Band 」が、6月開催の「モントリオール国際ジャズフェスティバル(Montreal International Jazz Festival )」に初出演することになった。同イベント主催者が25日発表した。
     アレン監督がクラリネット演奏を始めたのは15歳の時。1977年の映画『アニー・ホール(Annie Hall )』が4部門のアカデミー賞を獲得した際、授賞式を欠席してバーでバンドとクラリネットを演奏していたという話は有名だ。
     ビッグバンドやニューオーリンズ・ジャズの大ファンで、マンハッタン(Manhattan )のカフェ・カーライル(Cafe Carlyle )で定期演奏を行っている。1996年のコンサートツアーでは、パリ(Paris )、ベニス(Venice )、バルセロナ(Barcelona )、アテネ(Athens )、モンテカルロ(Monte Carlo )、ミュンヘン(Munich )などの一流コンサートホールでパフォーマンスを果たした。
    「モントリオール国際ジャズフェスティバル」での演奏は、6月30日に1ステージのみ行う予定。

    ウッディー・アレンによる最新作など配役募集Spring Project


    映画での投資背景でスペインが景気がよいという情勢なのでスペインを客観的に書いていますがうれしいニュースがいっぱい。

    映画監督イザベル・コイシェ監督


    の次回映画は日本で撮影が予定。


    ペネロペ・クルスとベン・キングスレーが出演している最新作「Elegy」を発表したばかりのスペイン人映画監督イザベル・コイシェは、次の映画を日本で撮影する予定である。映画のタイトルは「Map of the Sounds of Tokyo」で英語と日本語での撮影となる予定です。

    イザベル・コイシェ監督はすでにシナリオを書き終えていますが、監督曰く、(スペイン関係者によると)映画のストーリーは「音と女性をコレクションする偏執を持った男性」について描かれているということです。

    監督は日本で撮影することをとても喜んでおり、「私は世界各国で撮影ができるので、とても恵まれている」と述べた。コイシェ監督は、この映画でも主人公として女優ペネロペ・クルスの出演を予定しており、映画はスペインの映画制作会社MediaProの手によって製作される予定です。

    この監督の作品では「あなたになら言える秘密のこと」が好きな私ですがこの映画はシ-クレット上映会でインパクトのある映画だった記憶があるのでぜひこの監督の作品を見てみたいです。


    CONTACT TO - secret


    ○3度のアカデミー賞受賞歴をほこるウッディー・アレンによる最新作 

    長編映画[Woody Allen Spring Project 2008]

    (ウッディー・アレン・スプリング・プロジェクト2008)』アジア人募集


    製 作  :Gravier Productions @spain 
    監 督  :ウッディー・アレンWoody Allen 『マンハッタン』
    主 演  :エヴァン・レイチェル・ウッド
    『ミッシング』 『サーティーン』

    ウッディー・アレン 『マンハッタン』
    撮影期間:2008年4月中旬~5月中旬
    撮影地 :ニューヨークNY
    ストーリー:
    非公開。
    エントリー形式:郵送
    締 切 :4月4日
    条 件 :【
    男性: 脇役:アジア人役
    40~60歳に見えること。アジア人。
    学者的でエレガントなタイプ。
    白髪があったり、アジア訛りである場合優遇。

    Woody Allen 監督とSPAINの映画製作会社であるMediaproが2009年からの3年間で

    3本の新作をアレンの実妹レッティ・アロンソンが運営するGravier Productionsと共同製作

    合意した関連の映画制作になります。

    聞いてみてください。この技がすばらしい   パコさんっているんですが病に倒れてしまって別のひとがスペイン風バル バーを手伝って現在いますが、

    イタリアも素敵 、でも北海道育ちだからか?ちょっと泥臭いっていうか人間くささがイタリアにはないものをもっていて比較にはならないけれど人間くさくてスペインバルは パセオデフラメンコの編集さんらや

    スペイン舞踊の国賓級らがこっそり日本にくると訪れる場所があります・・

    このごろいってませんな。。。@スペイン関連打ち合わせ・・・終了・

    ああ 疲れた・・・疲労がたまるけれど 自分が選んだ道だ・・・

    前へ進むしかないんだよな・・ 

    今日は音楽演奏 こんな人々の演奏も

    paco de luciahttp://www.pacodelucia.org/flash_ingles.htm


    Larry Coryellとpaco de luciaの二重奏です。


    Larry Coryell(ラリー・コリエル)
    アメリカのギタリスト「Larry Coryell」。70 年代中盤に ELEVENTH HOUSE を結成し、

    クロスオーヴァー/フュージョン・サウンドを究めるひと。

    マクラフリンに比べるとプレイは豪快一直線であり、クラシックへの傾倒が強い。

    paco de lucia(パコ・デ・ルシア)
    フラメンコギターをやっている人なら知らない人はいない大御所だそう。

    スペインの港町アルヘシラスで生まれ。

    すてきな世界引き込まれますねー。

    今後事業展開として事業投資とアライアンスとなります・
    ・・・
    欧米。EUもそうですが
    アジアのオペレーションセンター設立と、韓国・タイ・インドネシア・ベトナム・中国・ロシア等の事業者とのアライアンスを進めるように。


    Tengu Gaiden天狗外伝


    Hidetoshi Oneda / 24:03 / Drama / Japan / 2007

    地球温暖化で海に沈んだ京都の街を見下ろしながら、一人の老僧が語る天狗の始まりの物語。

    Looking down on the city of Kyoto which sank into the sea due to global warming, an old monk begins to tell the story of Tengu.

    Awards History

    ショートショート フィルムフェスティバル &アジア 2006
    スーパードライアワード・スカラシップ作品
    出演:栗山千明、ミッキー・カーチス

    Short Shorts film Festival &Asia 2006
    Cast: Chiaki Kuriyama, Mickey Curtis

    Director / Hidetoshi Oneda(大根田英俊)

    カリフォルニアのArt Center College of Designを卒業後、1992年、電通に入社。 毎日広告デザイン賞でグランプリを受賞後、テレビコマーシャルを手がけるようになる。2001年には、カンヌ国際広告祭で審査員を務めた後、2002年に電通を退社。広告以外の映像制作に専念するようになった。

    After graduating from the Art Center College of Design in California, Hidetoshi joined Japanese advertising giant Dentsu Inc. in 1992. He was awarded the Grand Prix at the Mainichi Advertising Design Awards. After serving as a jury member for the Cannes Lions International Advertising Festival in 2001, he left Dentsu to focus on directing non-commercial films.

    余談になりますが先日の帝国ホテルで行われたカタールの王子の結婚式ダニエルさんのフラワーショー無事に終わったことにより三井物産らのカタールでの大型発電事業がhttp://ameblo.jp/zatoichi1/entry-10078353284.html 発展することを期待します・・

    ちょっとだけ・・こんな感じですが ほとんど著作の関係でみることができませんが。。

       こんな感じでした・・

    日経新聞・ 国営企業とカタール三井物産4000億 大型発電http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080325AT1D2402F24032008.html

    今後 車工場、大型発電事業計画、三井不動産関連施設出資@カタール??

    コスメ販促?、プラント工場事業、 開発にベルギーやEU協力も可能??

    ホテル建設、石油プラント事業など??これから予想される事業計画はなかなか面白そうですね..私はイスラム教ではありませんが 事業としてみた場合面白そうです。

    また開発に伴い・・ドバイのデイズニーランド計画なども勢いが出てくるでしょうか?

     こちらがその予想図です・・・

    ユニバーサルスタジオ計画早くできそうな気もするし、ドバイに関するう世界で1番の映画スタジオ建設についても発展が見込まれそうですね・http://www.dubaistudiocity.ae/

    Busch Entertainment Corporationということだからこんな施設イルカのテーマパークなるそうですが


    このプロジェクトの現在のパートナーシップ USA関連企業です
    Partners企業 クリックするとHPが出てきます・


    American Bird Conservancy
    Audubon Center for Birds of Prey
    Bat Conservation International
    Busch Wildlife Sanctuary
    Cheetah Conservation Fund
    Conservation International
    Defenders of Wildlife
    Earthwatch Institute
    Falklands Conservation
    Fauna & Flora International
    Friends of Conservation
    Green Balkans Federation or Nature Conservation
    Hubbs-SeaWorld Research Institute
    International Rhino Foundation
    Lewa Wildlife Conservancy
    Marwell Zimbabwe Trust
    National Audubon Society
    National Geographic Society
    National Wildlife Federation
    National Fish & Wildlife Foundation
    The Nature Conservancy
    Orangutan Foundation International
    Pan African Sanctuaries Alliance
    Rainforest Alliance
    Restore America's Estuaries
    Rocky Mountain Elk Foundation
    Sumatran Orangutan Society
    WildAid
    Wild Canid Survival & Research Center
    Wildlife Conservation Society
    Wildlife Society of Orissa
    Wildlife Trust
    World Wildlife Fund
    Wyland Foundation

    Zoological Organizations

    Seattle Aquarium
    Smithsonian's National Zoological Park
    Zoological Society of London
    Schools & Universities

    Duke University
    Environmental Excellence Award Winners
    Hawaii Pacific University
    Nova Southeastern University
    Texas A&M University
    University of California
    University of Central Florida
    University of British Columbia
    University of Florida
    University of Miami

    Government Agencies

    Florida Fish & Wildlife Conservation Commission
    National Oceanic & Atmospheric Administration
    New Zealand's Department of Conservation
    Corporations

    FUJIFILM U.S.A., Inc.
    PepsiCo


    こちらは日本での映画

    「ショートショート フィルムフェス」概要決まる-10周年新設企画も

    「ショートショート フィルムフェス」概要決まる-10周年新設企画も

    写真を拡大

    インターナショナル部門(コンペティション)より「Son of The Avenger」(Nathalie Saugeon監督、フランス)

     世界の短編映画を紹介し、今年で10周年を迎える「ショートショート フィルムフェスティバル」がラフォーレミュージアム原宿(渋谷区神宮前1)などをメーン会場に、6月6日から14日まで開催される。
     今年は、同時開催するアジア地区の優れたショートフィルムを上映する「ショートショート フィルムフェスティバルアジア」も5周年を迎える節目の年。3月17日に行われた記者会見では、今年初めて打ち出す企画など、映画祭の概要が明らかになった。
     今年は、「インターナショナル」「アジア」「ジャパン」の3部門で構成される「コンペティション」部門で、世界各国から集まった約3000本の中から選出された約80本がノミネート。「スペシャルコンペティション」部門として、環境問題に配慮した「ストップ! 温暖化部門」を新設。同部門では、「チーム・マイナス6%」と連携して、温暖化に関するショートフィルムを上映する。同部門にはFMラジオ局「J-WAVE」のリスナーが審査する「J-WAVEアワード」も設置。
     今年初の企画ではほかに、「MSN」ウェブ上で短編作品を募る特設サイト「MSNビデオアワード」も新設。作品募集に加え、同映画祭の過去の作品24本や、今年のコンペティション出品作品の予告映像などを配信、ユーザー投票などで最優秀作品1本が選出する。ネット応募は5月6日まで。
     プレミア上映では、浅野忠信さん、中村獅童さんなど6人の著名人が監督を務めた話題作「R246 STORY」の上映も。同作は、「国道246」を舞台にした各監督の6本のオムニバスショートフィルムで、「ショートショート フィルムフェスティバルアジア」内での上映を予定している。
     参加予定者はジョージ・ルーカス監督
    ウォン・カーウァイ監督

    ヴァンサン・カッセル監督ら10人の著名監督が登場するのは、10周年記念企画「10人のマエストロ」。日本からは、巨匠・三池崇史監督が参加する。上映作品の中には日本初公開の作品もあり、今年の目玉企画の1つになりそうだ。

    先日のオーストラリア シェフの店

    別所さんらもこのフェスを広めた一人だ。

    ビルグレンジャー お店オープン http://ameblo.jp/zatoichi1/entry-10082500743.html


     ショートショート フィルムフェスティバルは、世界の公募作品の中から、日・米の実行委員会が選んだ作品をコンペティション形式で上映。1分~25分の規定時間の中で制作される作品は、テーマや演出、言語など表現もさまざま。グランプリ受賞作は、次年度・米アカデミー賞短編部門の選考対象にもノミネートされる。

     今年は、同映画祭実行委員会代表の別所哲也さんが横浜・みなとみらいに開いたショートフィルム専門劇場「ブリリア ショートショート シアター」と原宿会場で映画祭を同時上映。イベントはその後、国内を巡回し、9月にはメキシコシティーでの開催も控える。チケット発売は5月1日を予定。

    みなとみらいにショートフィルム専門映画館-別所哲也さん設立(ヨコハマ経済新聞)

    野忠信さんら6人が監督に-映画「R246 STORY」製作発表(市ケ谷経済新聞)

    原宿で「ショートショート フィルムフェス」-世界の短編映画集結(シブヤ経済新聞)

    ショートショート フィルムフェスティバル MSNビデオアワード