日本経済新聞社の医療専門誌「日経メディカル」共同。

脳疾患治療を行う全国約1300の病院を対象にアンケート調査を実施結果。


http://health.nikkei.co.jp/hranking8/index.cfm?i=2006122203740pn


厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/


AD

NYでアジア美術品オークション活況、落札価格約4億円の作品も

ニューヨークではアジア美術品のオークションが盛んに開催されており、
鼻煙壺 @クリスティーズ

出品される作品は19世紀の巻物から中国の現代美術作品まで多岐にわたる。

 先々開催されたオークションの中で注目を集めたものの1つは、

クリスティーズ(Christie’s )に出品される18世紀の鼻煙壺107個のコレクションだ。

このコレクションは、2005年に死去したカナダのMary Margaret Young 氏が所有していた、

「Meriemコレクション」と呼ばれるもの。

この方コレクションでは 
こんなものもあります。。。

クリスティーズの専門家Jen Lyn Low 氏によれば、

世界の収集家の間で複雑にデザインされたエナメル加工の鼻煙壺は徐々に人気が高まっているという。

今回の予想落札価格は240万ドル(約2億8000万円)から330万ドル(約3億8000万円)とされている。

 19日に行われたクリスティーズのオークションには、中国の陶磁器、ヒスイ、彫刻なども出品。

11世紀までさかのぼる作品も。

その中でも人気の作品のひとつは、雲南(Yunnan )省南部の金箔の銅像だ。

 インド人画家Tyeb MehtaFrancis Newton Souza の絵画は、クリスティーズのオークションの目玉となっていた。

出品されるMehtaの作品は1996年の『Mahisasura』で、

ヒンズー教の女神ドゥルガ(Durga )とバッファロー姿の悪魔を描いたもの。

予想落札価格は125万ドル(約1億4000万円)。

 クリスティーズのAthena Zonars氏によれば、米経済に不安があるにもかかわらず、

米国、欧州、香港、台湾、中国本土などからバイヤーが訪れるという。

「米経済が多少揺らいでも、わが社にそれほど影響はない。

なぜなら、本当の金持ちは経済力を維持していて、欲しいものがあれば買うからだ。

素晴らしい品を見つけるのはますます難しくなっているので、

本当に珍しいものがあれば、それを買うお金を工面するはずだ」

 18日に行われたサザビーのオークションでは、

予想落札価格180万ドル(約2億1000万円)の清朝時代の2つの銅像や19世紀の白と青のビンが出品された。

 20日に行われた現代の中国、日本、韓国の美術品が出品された

サザビーズのオークションも注目だった。

中国の岳敏君(Yue Minjun )や張曉剛(Zhang Xiaogang )の

最高予想落札額が250万ドル(約2億9000万円)にも上る作品など。

落札価格350万ドル(約4億円)の13世紀の銅製チベット仏像も話題。

AD

今日の好奇心 鼻煙壺

テーマ:

今日の好奇心 鼻煙壺

今日は走る走る。目的地まで。好奇心だけは旺盛。


しかし、いろいろな人とプラスになるような話をしないと頭が活性化しない私ですが


たかがマイナーな趣味の世界。しかしピラミッドでいえば一番上の中枢を垣間見られるよい機会ですから。

また今日の会は仕事上下関係なく人のつながりで参加させていただいている鼻煙壺の会。

それでも一年に2回しか開催されないので、走って到着はしたけれど今日は本当に走った甲斐がありました。


鼻煙壺は現在日本でもスナッフボトルの会員は21名くらい、


また世界的にたくさんのコレクターそしてオークションでは8000万以上の品が出るくらいの取引がありますがこのコレクションの世界。そしてそのコレクションでは世界中のかたがそのピラミッドでいえば頂点の部分でコレクションされてでてくるものがときどきパッとでてくるのがこのオークションや美術の特長です。また先駆者である世界の美術収集としては商売も人も本物を知る伊藤忠元会長さんのほか、職種関係なく気軽に話されるのもこのコレクションのはなしができるからです。今年はその会長さんの鼻煙コはイギリスのアルバート美術館、中国のコキュウ博物館などにその鼻煙壺を寄贈したのは記憶に新しい。しかしなにより本物をみる目線、目利き、この会を通して人を知る、本物を理解する力をなんにも知識も金もない私だけれど、勉強させていた抱いているわけです。そしてそれは会員や参加したものしか見られない。

また彼らは仲間を受け入れるのには寛大な反面、非常にシビアです。


企業の一線で大なり小なり働いている目線の厳しいかたプロばかり。

非常にやさしい反面厳しいですが、今回の品をあえて言うならば、ピカソの絵を、

ゴッホの絵を直接手で触ってくださいといわれたようなものです。


今日は武具刀剣類関係鑑定士Kさんが今日は警備員つきで登場してきました。

鼻煙壺も世界級の超高級品の登場だったわけです。



こんな綺麗なものもあるのです まるで香水の瓶のようです。
その美品約12点。


1 もう歴史的に色を出せないであろう被セガラスの赤を使ったガラスの鼻煙壺、

2 中国で頂天眼をあしらったメノウ付のおもしろいもの。

3 玻璃内畫鼻煙壺(大)周楽元は清朝晩期の鼻煙壺の内画の名人作品。

清時代伝世品/ガラス/高さ7.5cm 幅3.8cm

などなど・・・・ 


凄かったなー、美術は、中国だからとかいうのではなく、こういう考え方をしてわたしはみています。まさに歴史的に世界の国に過去現在帝王がいた、ということは確実に本物の美術品があるということです。


そしてそれはこんかいの美品に関してもおなじようなことが言えましょう。歴史は中国の最後の皇帝ラストエンペラー 溥儀の時代にさかのぼります、あー映画の世界だよー。


ということで映画の画像も入れておきましょうか。。


溥儀の生きた時代、溥儀は最後の皇帝でしたが、戦争で全てお金が無くなり、自分の使用人に給料が払えなくなった。そんなとき溥儀は中国の国の骨董品を世界中へ転売。その資産が1回転売で数十億ほどだったと言いますが、


そのなかに鼻煙壺がありました。


{本物で現在世界の鼻煙壺のオークションの約1000個溥儀がその時売ったとされるもの紫禁城から皇帝が持ち出したものも多数。それがヨーロッパ、アメリカ、アジアへと流れています。または、そして、中国から台湾へ渡ったときに鼻煙壺が持ち込まれたもの}。




それは国立博物館に置いても、サザビーオークションへいっても充分通じる鼻煙壺で現在溥儀が売って世界へ流れた約110個が日本へきている。明治時代にコレクションした当時の大富豪がおりますが、そのうちの約60個がこの方のコレクションで登場してきましたから驚くのも無理はない。


しかも今回は十数年箱入りです。あまり世間にさらされずひのめをみてなかったものの今回らお披露目ですから

マイナーながらすごいです。今日はその箱入り娘の鼻煙壺が登場したわけです。

それもじかに触っていいですって言われたわけですから。これは顔も引きつります。

それでもトルマリンなど見たことも無いようなものがいっぱいの

それも本物はレプリカとは比較すると完全にちがって、はっきり分かるような具合です・・・


凄い\ \


そして、その後会がおわり喫茶で いろいろな人との会話といろいろな話題。たぶんまわりからみて会話をきくと何の会話しとるんじゃといわれそうなくらい異種交流会です。しかも話の方向や話題がどんどん不思議な方向へ、それもクリエイティブな人や感性を養うのには、自分にとってステップアップにつながるような会話は本当に有意義でした。非常にピュアな部分、そしてまた目の鋭さ、人生経験、プロとしての眼球の鋭さ、そんな目線もあります。彼らは無駄なことは一切しない。たぶん仕事になれば、立場はみなさん参加した会の雰囲気とは異なりますが、やはり私以外人格はどんなに普通の格好をいくらみなりを品そにしてもオーラみたいなものは内側からでてくるようだ。


わたしも目線をプロとしてなんでもとはいわないが、人や本物をみる目を養う目利きをしたいものです。さて画像はこんなトルマリンの鼻煙壺も搭乗です。よい経験をさせていただきました。

AD

黒毛和牛&アメリカワイン」専門店-リーズナブル価格で提供

 四谷3丁目交差点近くに9月27日、黒毛和牛&アメリカワイン専門店「グリル リトロ」(新宿区四谷3、TEL 03-5368-0422)がオープンした。

 店舗面積は15.5坪。店内は、カウンター=8席、テーブル=10席で、落ち着いた明るさの照明を使い、レトロで隠れ家的な雰囲気を演出している。

 同店の特徴は、850°の鉄柵でグリルし、リーズナブルな価格で提供する黒毛和牛の塊肉。黒毛和牛は、サーロイン、ヒレ、モモ、ウデなどいずれもA4クラス以上を用意する。また、ステーキ大国「アメリカ」のワインは、カリフォルニア産やワシントン産、オレゴン産を中心に多数取りそろえる。

 「お勧めメニュー」(同店)は、黒毛和牛サーロインステーキ(120グラム=2,700円)やヒレステーキ(120グラム=2,900円)のほか、ミスジ肉のグリル(100グラム=1,800円)、レバーパテ(500円)など。同店店長は「黒毛和牛ステーキをどこよりもリーズナブルに提供して、お客様に満足していただくことを目標にしている」と話す。

 営業時間17時30分~翌3時(土曜のみ17時~23時)。日曜定休。

グリル リトロ


アメリカワインとは辞書片手に勉強するとーー


 アメリカワインは 近代的な設備とオーク樽等を使用し

テーブルワインから高級品まで幅広く生産しています。
生産量の90%をカルフォルニア州が占めているのが現状です。

コロンビア州、オレゴン州、ニューヨーク州と続きます。
カルフォルニア州では大規模な生産者が全国の生産量の80%を

占め残りを比較的小規模で革新的な生産者が高品質なワインを作っています。

主要品種は白ワインではシャルドネ、フレンチコロンバールが主に栽培され

赤ワインではカベルネソービニヨン、ジンファンデル、メルローが

主に栽培されています。

年白ワイン品種のリースリング、赤ワイン品種のピノ・ノワールが

主体のワインも多く造られてます。

特にピノ・ノワールに関してはフランスのそれとは違う厚みの

しっかりした物が主流となっています。
 次に生産量の多いワシントン州は

フランスのボルドー、ブルゴーニュと同じ緯度に位置する

地理的条件に加えカリフォルニア州より

長い日照時間を 生かし高品質のワインを生産する

小規模のワイナリーが多いのが特徴です。
主要品種はシャルドネ、リースリング、ソービニヨンブラン、

メルロー、カベルネソービニヨン、シラーなどです。

隣接するオレゴン州も同様です。
ニューヨーク州では従来アメリカ原産の品種しか栽培できないと

信じられてきました。

しかしカベルネソービニヨンを始めとするヨーロッパ系品種の栽培が

可能であることが立証され、

またヨーロッパ系品種とアメリカ系品種を掛け合わせた

ハイブリッドと呼ばれるブドウを使用した

新しい味わいのワインが多く生産されるようになっています。
アメリカでは多彩なワインが生産されています。

そして高品質のワインにおいても比較的熟成期間が

短く楽しめるものが多いのが特徴です。
生産量や品質を含めいまや新世界ワイン生産国の

フラッグシップ(代表)と言うだけではなく

名実共にフランス、イタリアを始めとする旧世界のワインを含めても

世界のトップクラスと言えます。

帝国ホテル、スタッフユニホームを17年ぶりにリニューアル

帝国ホテル、スタッフユニホームを17年ぶりにリニューアル

写真を拡大

17年ぶりにユニホームを一新した帝国ホテル 東京。全体的に明るく若々しい印象に。デザイナーは芦田多恵さん。

 帝国ホテル 東京(千代田区内幸町1、TEL 03-3504-1111)の宿泊スタッフのユニホームが8月、17年ぶりにリニューアルした。

 リニューアルしたのはフロント、ゲストサービス、ドアマン、ベルマンなど来館者に対応するスタッフのユニホームで、昨年10月に終了した本館ロビー改修に伴い一新。ユニホームのリニューアルは1990年の開業100周年時以来17年ぶりで、対象は約450人。

 新ユニホームは「クラシックモダン」をコンセプトに、新装したロビーの素材や色合いが柔らかく暖かい雰囲気であることなどを考慮し、ドライでシャープなテイストを取り入れ全体の調和を図ったという。今回のリニューアルで「1番若々しく躍動感がある」(同社)スタイルへ変わったのはベルマン(写真左)の制服。濃いブルーのシャツ、ネクタイ、ベストに黒いパンツというスタイルに、ウエストバッグを着用することにより館内外の情報をまとめた手帳や宅配用メジャー、地図、救命用救護マウスピースなどを機能的に収納できる「今までにないスタイルに挑戦」した。ドアマン(写真右)は紺色のワイシャツにベージュのベスト・ジャケットにボーダーのネクタイ、黒のパンツというスタイルで正面玄関でも目立つよう工夫、ほかのユニホームもアイボリーや淡いグレーなどを用い全体的に明るく若々しい印象のものに。デザインを手がけたのはファッションブランド「ジュン アシダ」デザイナーとして知られる芦田多恵さん。

 同ホテルは2003年12月から総額170億円を投じ、客室やレストラン、メーンロビーなど本館の大規模改修を行っている。ユニホームのリニューアルもその一環で、ハード面だけでなく「ユニホームの一新などソフト面からもトータルでのサービスの向上を目指す」という。

帝国ホテル

青果市

テーマ:


今日は魚沼産 コシヒカリの解禁日でした。販売手伝いの私です。

お米が美味しいと何にもいらないですね。ちょうど塩で握った塩むすびが1番美味しかった。

それが1番今は贅沢だとおもうんだけどな。昨日初めてさくら水産ってところへいった。

庶民的でお母さん的な人と外国人の女性が働いていたが、こういうところでサラリーマンのちょっとした憩いとストレス発散している様子をみるとホットします。


東京ミッドタウン、期間限定で青果市-地域との共生目指す

 東京ミッドタウン(港区赤坂9)は10月5日~8日の4日間、「ミッド・マーケット」を開催する。

 同イベントでは、「日本産」や「産地直送」にこだわった野菜や果物などの青果を、施設内のガレリア地下1階「ウッドテラス」で販売する。開催理由について東京ミッドタウンマネジメント(赤坂9)の担当者は「東京ミッドタウンは『JAPAN VALUE』というコンセプトを掲げており、品揃えは日本産の野菜にこだわった。近隣住民や都市生活者に提供することで、地域との共生による街づくりを図りたい」と話している。

 会場には、珠樹自然農園、内野優、芳源ファーム、葉っぱや、JA農協など全14ブースが出店を予定。また、施設内のイタリアンレストラン「CANOVIANO CAFE」が京九条ネギ、京水菜、京小芋、京にんじん、京小カブなどの京野菜を販売するほか、「HAL YAMASHITA 東京」「Union Square Tokyo」「A971」などの飲食店も出店し、通常営業時に仕入れている食材を販売する予定。

 開催時間は9時~16時。雨天決行。今後の定期開催については「未定」(同)という。

ミッド・マーケット(東京ミッドタウン)

Lugdunum Bouchon Lyonnais

テーマ:

ソフィテル東京「プロヴァンス」元総料理長、クリストフ ポコが神楽坂・本多横丁に日本初のクラッシックブション「Lugdunum Bouchon Lyonnais(ルグドゥノム プション リヨネ)」を9月14日オープン!

リヨンドゥリヨン株式会社(新宿区神楽坂、代表取締役・クリストフ ポコ氏、TEL・03-6426-1201)は9月14日、神楽坂の本多横丁を入った直ぐの場所に2階建ての瀟洒なフランス料理店「Lugdunum Bouchon Lyonnais(ルグドゥノム プション リヨネ)」をオープンした。 コンセプトは「ルグドゥノム(リヨン)のブション(古典的なビストロ)」で、「誰でも気軽に入れて、楽しく、明るく、そしてエレガントな店」(ポコ氏談)。パリの「ビストロ」よりもリヨンの「ブション」のほうが歴史が古く、リヨン出身のポコ氏がそのクラッシックなスタイルをフレンチレストランの多い神楽坂で再現した。

ポコ氏は1998年3月に来日、98年6月から2年間、コルドンブルーの講師を務め、その後上野のソフィテル東京のレストラン「プロヴァンス」の総料理長及び料飲部ディレクターを務めた。昨年12月、ソフィテル東京が閉館、7年間の勤務を終えて独立することになった。ナラの木を使ったテーブルやワインカーブ、床材や装飾品もすべてフランスから取り寄せた。料理は「鳥レバーのプティガトー見立て トマトのクーリ」「グルヌイュのパセリバターソース」など1,500円の前菜が8種類、1,000円のスープ、2,500円の「魚」「肉」のメイン料理から好きなものを選べる。「前菜、メインの二皿とワインだけでも歓迎」とポコ氏。ワインはコートデュボーヌからコートデュローヌ地方の銘柄しか置いていない。ボトルは4,500円から15,000円まで30種類を揃えている。

神楽坂の人気中華料理店「五十番」の角を曲がると本多横丁。最近、この通りが活性化しており、阿部光峰氏がオーナーの銀座スペインバル「EL CERDO(エル・セルド)」の2号店で、魚介を中心にしたスペインバル「EL PULPO(エル・プルポ)」をオープンし、非常に賑わっている。11月には「五十番」の反対側の角に飲食店ビル「近江屋ビル」がオープンする予定。

Lugdunum Bouchon Lyonnais

【店舗データ】
店名;Lugdunum Bouchon Lyonnais(ルグドゥノム ブション リヨネ)
住所;東京都新宿区神楽坂4-3-7
電話;03-6426-1201
営業時間;昼11:30~14:30LO 夜18:00~22:00LO
定休日;月曜日
席数;テーブル40席、カウンター4席

ストーニー・スカンク、米ビルボード4位にランクイン

レゲエデュオのストーニー・スカンク(Stony Skunk )は健康食品のようなグループだ。

彼らの音楽は、耳と心を浄化するパワーを持っている。

不親切に思える音楽の中には、人間の心を強烈に刺激する特別な何かがある。

ストーニー・スカンクの音楽は、聴くと気分がよくなるヘルシーミュージック、

いわゆる「ウェルビーイング音楽」と言えよう。

 ストーニー・スカンクは、ビルボードのシングルチャートで韓国歌手として初めてのランクインを果たし、

華やかな注目を浴びた。

そのおかげで、最近リリースした4枚目のアルバム『MORE FYAH 』も、異例の販売記録を樹立している。
■今、やっと30%まで来た!
 ストーニー・スカンクは今年、韓国史上初めて米ビルボードチャートのシングル部門で4位に入ってその名前を知らしめた。
 ストーニー・スカンクは10年以上も音楽活動を行なってきたが、このように関心を向けられるのは今回が初めて。レゲエという人気のないジャンルを扱い、やるせない時も多かった。ビルボードのランクに入ったこと自体がすばらしいことだったといえる。
 「4枚目のアルバムがよく売れて、僕たちを呼んでくれるところも多いそうです。活動をスタートすればその人気を肌で実感できることでしょう。でもビルボードに入ったからといって、僕たちがスターになったり、目標が完了するとは思っていません。ビルボードの記録は私たちが目標に向かって進んでいる途中に出会った幸運にすぎません。まだ30%も進んでいません。やりたい音楽、ファンに聴かせたい音楽が本当に多いんです。道のりはまだまだ遠いんです」

 メンバーの1人であるSkull (スカル)は、今月末に軍に入隊する。アルバムリリースから14日目で活動を中断することになる。

 「たった1日の活動でもうれしいし、それで満足です。とはいいながら、ハリウッド進出とアルバム活動などをあきらめざるを得ず、残念な部分も多いですが。でも軍隊生活を終えたら一段と成長してまた音楽ができるだろうと思っています」

■人々にこびへつらうような「音楽的な妥協」はなし!
 ストーニー・スカンクの音楽へのこだわりは強烈だ。

非大衆的なレゲエというジャンルにこだわってすでに10年。

 「4枚目のアルバムが思っていた以上に早く出て、そのうえ耳にすぐなじむのでファンから『とてもリラックスして聴いた。ストーニー・スカンクの音楽じゃない』『大衆性を考えすぎたのではないのか』などと言われました(笑)。その話を聞いてとても嬉しかったです。これまでリリースしてきたアルバムの中で、一番深く悩み、レゲエの基本に忠実にあろうとしたアルバムなんですよ。そのアルバムが聴きやすいといわれたということは、つまりファンと完全にコミュニケーションできたという意味ですよね」

 ストーニー・スカンクは、自分たちの音楽を信じてくれた10%のファンのために、Skullの入隊までの残された歌手活動を頑張りたいと抱負を語ってくれた。売り上げや人気のために、支持してくれた10%のファンを捨てて90%の大衆が求めるような音楽はするつもりはないという。YGエンターテイメント(YG Entertainment )の社長も「やりたい音楽を思いっきりやりなさい」と彼らを全面的に支持している。

 「これまでアルバムを聴き続けてくれたファンは、私たちの音楽人生すべてを支持してくれている人たちだと思っています。ファンは今の音楽生活を続けていけと思ってくれているからこそ、アルバムを買ってくれたんです。入隊して2年の空白が僕たちをどう変えるかは分かりません。でも成長して変化した姿で戻ってくるとお約束します。

対談 麻生太郎×手嶋龍一
対米、対中、対北朝鮮  日本外交の舵をどう切るのか

情報や諜報は避けて通れない
手嶋 私の『ウルトラ・ダラー』という作品は、インテリジェンス、つまり彫琢し抜かれた情報が主題の小説です。そして主人公は、BBCの東京特派員にして、英国秘密情報部員です。麻生大臣は、イギリスを情報大国たらしめてきた、英国流のインテリジェンスのさばき方を直接肌で知っている数少ない方ですね。
麻生 同じアングロサクソン民族が主流であっても、アメリカとイギリスとでは、情報の収集、分析、そして判断の仕方が違います。アメリカの場合は、大統領に情報が入ってくる前に、けっこうスクリーニングされている。だからスクリーニングのときに判断を間違えると、大量破壊兵器をめぐる誤認みたいなことになる可能件がある。イラク戦争を見ても、アメリカのペルシャ、アラブなどにおける情報収集能力が、組織的に落ちていたというのは否めない事実です。  
 イギリスの場合は、MI6(現SIS。イギリス情報局秘密情報部)と、在外公館ネットワークを抱える外務省の二つが情報を上げてくる。それも、首相の執務室にいきなり入るというシステムになっている。だから首相が最終判断をする前のスクリーニングが一本化されていない。そこがミソだと思いますね。外務省のプロをもちろん信用しているけれども、全然別のルートの情報にも価値があるということを、過去の経験から学んで、ああいうシステムになっているのだと思う。  
 同じものを見ても、それがアンテナに引っかかるか引っかからないかは、その人の普段からの意識や持っている感性によって違ってくる。日本では、防衛庁、公安調査庁、内閣情報調査室、警察庁などが情報収集をしていますが、冷戦時代には、はっきりした目的をもって情報を集めるということがあまりなかった。
 1990年に西側では冷戦が終わったけれども、ユーラシア大陸の東半分には、相変わらず一党独裁体制が続いている国がある。その隣にいるとなれば、やはり情報や諜報といったものは避けて通れない。
手嶋 いまイギリスとアメリカという、西側同盟の両翼を担っている国の情報活動のいわば情報をめぐる文化の違いについて言われました。アメリカは一般にはCIAに代表されるような、一種のプロフェッショナリズム。それに対してイギリスの場合は、情報機関から大臣、あるいは首相のところに直に情報が上がっていく。情報の仕事を日常の生業にしてはいない政治家がいわばアマチュアリズムの立場からインテリジェンスの真贋を見分け、最後は政治責任を引き受けています。
麻生 そう、全然違う。
手嶋 政策通の方々は、日本の政界にもいらっしゃいますが、インテリジェンスといえばこの人だ、と名前を挙げよといわれても困ってしまいます。一般には、故後藤田正晴さんの名前が挙がるのですが、警察のカウンター・インテリジェンスをまとめてきた後藤田さんは、その果たしてきた役回りがちょっと違うと思います。  
 その意味で、いま現職の外務大臣たる麻生太郎という政治家は、失言が多いと言われ、一説によると、それはサービス精神がかち過ぎているからだともいわれます。その一方で、私の長いおつき合いから言えば、インテリジェンスそのものが麻生大臣のところから漏れたことは一度もないといっていい。これは別に褒めたりしている訳ではありません(笑)。僕らのようなジャーナリストの立場からいうと、商売に非常に困ります。いい加減にしていただきたい。しかしながら、そうした口の堅さはやはり、牧野伸顕、さらにその娘婿で大臣の祖父にあたる吉田茂のような、日本のエスタブリッシュメントのディスプリン(規律)を、ずっと見続けてきたからなのでしょうか。
麻生 そうですね、門前の小僧みたいなものでしたからね。情報というのは、結果的には、その情報を人に漏らさず、ちゃんと使ってくれる人に集まるものだと思います。新聞記者も、聞いた話を書かなくなって初めて一人前じゃないんですか。聞いた話を裏も取らずに書いて、他紙より早かったとか言っている人は、新聞記者として先が見えていますよね。  
 そういうふうに考えると、まずは情報、インテリジェンスが大事だということが分かっていること。そして、情報が本当かどうか、裏を取ってみようという意識が働いて、こんな話を聞いたけど、と、裏が取れる人脈があり、そうした手間暇をかけること。そういうものを時間をかけて作リ上げていかないとダメなんですよ。  
 私の場合、吉田内閣の頃はまだ小学生、中学生でしたが、生の情報を聞けるところにいましたから、その謡をペラペラ喋っていたら、新聞記者も特ダネを抜けたのでしょうけど、一番肝心なところは喋っちゃいかんというのは、自然と身につきましたね。
手嶋 私どもの前には、いま、破壊的にネガティブな教訓が転がっています。それは例の民主党のガセメール事件です。あれはシャドー・キャビネット(影の内閣)の首相が判断を間違った悲劇的な事例です。シャドー・キャビネットがあるということは、デモクラシーの基本です。しかし、そのトップが、しかも安全保障の専門家と言われ ていた人が、あれほどの間違いを犯してしまった。日本のシャドー・キャビネットがそんなレベルだったという事実を世界に知らしめてしまった。これでは日本とインテリジェンスの交換に応じる国など出てきません。この国の安全保障を危うくしてしまったといっていい。
『ウルトラ・ダラー』の主人公はイギリス人ですが、大臣は彼がイギリス人以外では、話が成り立たないと発言しておられます。
麻生 設定がアメリカ人だったら、これはちょっとおかしいな、と思うところだったんだけどね。
手嶋 主人公が日本人でも、現状ではリアリティーを欠いてしまいます。
麻生 いるような気はするけどね。防衛庁なら防衛庁、警察庁外事情報部なら警察庁外事情報部の中にもいると思いますけど、要は、感性と品性の両方が備わっていて、この情報を使ったら何ができるかという価値が見抜けて、うまく利用するけれども、相手を貶めるためには使わない、ということができるかどうかです。そのためには、ある程度訓練が必要だし、長い経験もいる。
手嶋 インテリジェンスを国内政治と絡めて相手を貶めるために使うべからずというご指摘は、大変に重要です。現にフランスでは、大統領の座を争う政敵同士が、インテリジェンスを利用しているとして問題になっています。それがイギリス人の場合、自然にその感性、品性が磨かれていると言っていいと思います。
麻生 日本というのは、内緒話が絶対に通じない国でしょう。記者の人たちはカンオフ(完全オフレコード)とかいうけど、そのメモがメールで流されたりする。この国では、喋ったら必ず、その話は外に漏れると思わなきゃダメ。村社会の典型ですね。  

祖父・吉田茂の言葉
手嶋 大臣は、まさに吉田総理のすぐ傍らにおられて、当時の最高の国家機密を聞いていた。それを取材に来た大物記者たちのふるまいに嫌気がさして、それ以来、メディアとのコミュニケーションができなくなったという指摘もありますが。
麻生 いやいや、あの頃吉田番として本当に入り込んでいた記者というのは3、4人ですから。朝日新聞の小島安信さんとか、皆独特の人でした。
手嶋 そういった方々は、みな本当の意味で書かない大記者ですよね。
麻生 絶対に書かない。吉田茂は長く海外にいて、戦争がはじまったら情報が遮断されてしまい、基本的に国内のことにはまったく無知だった。それがいきなり昭和21年に大命降下みたいな形で内閣総理大臣になった。新憲法下での初めての選挙が昭和22年の片山内閣のとき。どの政治家がどうだなんてまったく知らないから、朝日新聞の小島さんから政局や選挙の情報、候補者のことをよく聞いていました。小島さんの情報と役人の情報の二つをかなり大事に使っていたようです。  
 じゃあ、小島さんの話だけで人物評価をしているかというと、全然違う。最後は自分の目で閣僚の人選などをしていた。巻紙に自分で法務、外務、大蔵とか書くでしょう。その下に名前を書いていって、私に持たせて、読んでみると言う。そして、朱の筆で書きかえて、これを内閣書記官長に渡しておけという。それが組閣名簿なんです。その名簿を知るために、新聞記者が鎬を削るのだけど、新聞記者も、お菓子1個でガキに取り入れば、スクープが抜けるんじゃないかというくらいの知恵はつく。(笑)
手嶋 現に大スクープ写真で、太郎少年が撮ったものがあります。
麻生 あれは、サン写真新聞の時任さんという人が、孫を取り込んだ(笑)。写真機を持たせて、撮り方を教えて、撮ってきた写真をどんどん新聞に載せたわけですよ。どうしてこんな写真が撮れるんだ、航空写真じゃないかとかいって、当時はけっこう話題になりましたね。吉田も孫に撮られているとは思わなかったでしょう。
手嶋 そうやって、明治時代から続く、政界中枢の流れに身を置いて日本外交を見ておられて、外交についてはご自身の独特の土地鑑をお持ちだったと思いますが、実際に外相として外務省に乗り込んできて、落差をお感じになられましたか。本来の外交とは、いかなるものであるべきだとお考えでしょう。
麻生 昭和25、6年、日本が国際社会に復帰していくのは、朝鮮戦争が起き、第三次世界大戦が始まるのではないか、といわれた時代です。多数講和か全面講和かで国論は完全に二分されていて、多数講和を選び、西側につくという決断は、当時苦渋の選択でした。そのためには極東軍事裁判を受け入れないといけないし、沖縄も当分帰ってこない、ということでしたから。  
 あのくらいいい加減だった吉田茂が、好きな葉巻をやめて事に臨むくらい真剣でしたし、あれは小学校の6年のときでしたか、私らに向かって、小村寿太郎と松岡洋右の話をするんですよ。小村寿太郎という人は、日露戦争が終わったあとにポーツマス条約を結んで帰国したら、石を投げられるやら、焼き討ちされるやらでえらい騒ぎになったという。一方、国際連盟を脱退して帰ってきた松岡洋右は万歳、万歳で迎え入れられた。けれども、後世の歴史家は松岡を評価せず、小村を評価するんだ、という話をするわけです。何の話だかよく分からないけれども、サンフランシスコから親父とお袋が帰ったら、私の家は焼かれるんだなというくらいの覚悟はあリましたね。そういう時代だったんです。  
 あのとき、経済復興に最重点をおいて、アメリカ側に属し、軽武装でいくという選択をしたから、今日の日本があるのだと思います。
手嶋 いまの麻生大臣の発言は、大変意外な感じがいたします。麻生太郎という政治家のイメージはというと、経済重視・軽武装を柱とする吉田ドクトリンというより、もっと武断派というか、そう思われているのではありませんか。しかしいまのご発言からすると、吉田路線の正統なる嫡出子と言っていいわけですね。
麻生 いやいつも言ってます、「経済的繁栄と民主主義を通じて、平和と幸福を」が、戦後日本のモデルだった、と。大体これ、英語で言うんですけど。ともかく私は、小泉さんがアメリカとの関係を大事にするというのは、絶対間違っていないと思います。  

同盟の作法
手嶋 吉田ドクトリンが、今日のアメリカとの堅い安全保障上の盟約につながっていることは理解しています。ただ、それが言われているほど強固なのかといえば、同盟のオブザーバーの一人として、かなリ異論があります。例えば日本の国連安保理常任理事国入りについて、厳しく言うと、これを潰したのはブッシュ政権そのものです。日本が常任理事国入りを果たすことを可能にする案を、ついにブッシュ政権は提示しなかった。これについては、アメリカにもっと強くものを言うべきです。なぜならば、日本はブッシュ政権の筋の悪いイラク戦争をいち早く支持し、いまなお危険な地帯に自衛隊を送っているのですから。アメリカはそうした振る舞いによって、アメリカ自身の国益を大きく損なっているということを、もっと自覚すべきだと思います。
麻生 それを考えるには二つのボイントがあります。国連安保理常任理事国入り絡みの問題については、G4、特にドイツの場合、イラク戦争反対の後遺症がありましたから、アメリカの空気としてドイツが常任理事国に入ってくるなんてとんでもないという意識があった。G4で出した案に代わる良い案はなかなかありませんし、日本は別の案を考えて、すでに話を進めていますが、その案でどうなるか、それが一点。  
 もう一点は、同盟関係というものは、いざというときにきちんと作動するかしないか、難しいものだということです。契約書があってもその通りに契約が履行されるかどうかは、商売でもあてにならないのだから、ましてや国益に関係した同盟となれば、きちんと作動させるためには、不断の努力が必要です。一方に瑕疵がなくても、契約を切られることもある。たとえば1972年の日中国交正常化のときには、台湾側にはまったく瑕疵がなかったけれども、日本は台湾との関係を切った。日本もそうしたことがあるんだから、いつだって切られる可能性があるという意識は持っておかないといけない。
手嶋 同盟を維持するための、双方の不断の努力が非常に重要です。だとすれば、同盟の作法としてアメリカ側に問題ありと言いたいですね。つまり、私は日米同盟を非常に重視する立場からあえて言っているのですが、ゼーリック国務副長官が日本側の外交官と会わないというのは問題です。そこで、麻生大臣は、シドニーでコンドリーザ・ライス国務長官に非常に正式な形で、「問題あり」と言われた。ライスさんがその時に顔色を変えたとアメリカ側から聞いています。かなりのインパクトがあったようですね。  
 小泉さんは、確かにブッシュさんと、おそらく世界の首脳の中で一番関係が良い。だからこそ、小泉外交の基本である日米同盟の運営に問題はないのかと、堂々と注文もつけられる立場にあると思うのです。
麻生 普通の人間関係と同じで、耳の痛いことも言ってくれるのが良い友達だから、やっぱり言うべきところは言わないといけない。と同時に、力の強い奴というのはおべんちゃらしか聞きませんし、みんななんとなく、耳の痛い話ってしないでしょう。
手嶋 だからこそ、大臣のシドニーでの発言は重い意味があった。外務大臣のお立場からいうと、日米関係が空洞化しているとはおっしゃれないと思います。が実際には、そのような危険があります。東アジアの安全を担保してきた日米同盟をより強固なものにしなければいけないと思います。
麻生 たしか鈴木内閣のとき、伊東正義外務大臣が「日米安保条約は同盟」と言っただけで辞任しなければならなかった。それから考えると隔世の感があります。日本人の中に同盟という意識が出てきた。あのとき宮澤喜一官房長官が、「日米同盟には、軍事同盟という意味は入っていない」と言って、何てことを言うんだと思った記憶がありますけれども。  
 私は初当選した頃、防衛庁長官も務めた金丸信さんに、ペルシャ湾が機雷で封鎖されたら、別ルートで日本に石油が入ってくるまでに60日かかる、その間の石油の備蓄はどうなっているのか、と質問したことがあリますが、そういうことが起こらないという前提で話をしなくてはいけないような状態でした。いまや現実に、それに近いよ うなことが起き、日本は掃海艇を送って非常に高い成果を上げた実績がある。  
 テポドンや不審船、拉致問題もありましたし、日本人の意識も変わってきた。ミサイルに関しても、迎撃ミサイルのシステムに関して多額の予算をつけて、それがきちんと国会審議を通っていく。それはやっぱり、こっちが先にやられるかもしれないという意識が生まれたのだと思います。

「天皇靖国参拝」発言の真意
手嶋 9月以降の総裁選挙の争点として、韓国、中国との関係を誰がどういうふうに改善していくのか、メディアの焦点があたっています。そこで、外交のトゲになってるのが靖国問題です。麻生外務大臣の発言をとらえて、東京にいる外国のメディアのみならず、外交官もそれを読み解いて公電を打つわけです。しかし、麻生発言をどう読めばいいか、ふだんは補助線が引かれていないので読みにくいと皆いいます。それで、私は読んでいる文献が少し違うんじゃないかと、在京の外交官にアドバイスをしています。漫画の『常務島耕作』、それから『勇午』がポイントです。ま、『中央公論』の読者でご存じの方はあまりいないかもしれませんが。これらのなかにこそ麻生外交を読み解くための一種の鍵が隠されている。日本のコミック誌を引用されつつ公電を打つと、受け取る側に大変知的に見えるのではないかと助言しています。
麻生 (笑)
手嶋 いま対アジア外交で、インスピレーションを受けられるのは、『常務島耕作』ですか。
麻生 「島耕作」は彼の所属企業が中国に進出している最中で、中国人のビジネスの話というのは、自分自身商売をした経験からいうとピンと来るものがあリますね。  
 ただ、よく経済界の方が、あなたがたは儲かってるんだからといって中国人にいろいろと要求される、それは両国の政治的関係が悪いからだというのですが、これはまったく違う。儲かっている人のところに来るものなんですよ。政治のせいだというのは間違っています。
手嶋 対中国外交でいいますと、大臣は就任早々アジア政策全般についての委曲を尽くした珍しく長文の演説を英語でおやりになりました。そして「わたしは中国に関して前向きだ」の一文で始まる記事を『ウォール・ストリート.ジャーナル』へ投稿されたりもしています。中国の民主主義について、「それは必ずやってくる」といったトーンの記事でしたね。心ある一級の外交官は、それで明確に麻生外交、とりわけ対中国戦略ととらえて、今後の日中関係がどのように動いていくのかということを読み解いています。しかしながら実は日本のメデイアや国会は、それを十分に読み解いているとは思えない。それはご本人もお感じになっていると思うのですが。
麻生 ええ、まあ。
手嶋 とくにこの『ウォール・ストリート』紙の記事は北京に一定のインパクトを与えて、確か報道官でしたか、教師まがいの態度を取るな、と言ったような記憶があります。中国にしてみれば「民主集中制」で、前から自分たちは「民主主義」だ、という彼らなりのロジックもあったのでしょうね。ため息が出てしまいますが。
麻生 外務大臣というのは宮仕えの身であって、会社でいえば上に社長がいるわけですから、社長が言っている話と全然別のことは言えません。総理大臣と、意見や対応の差があまりに大きい外務大臣というのは、職務を果たしていないわけで、どうしてもそうしたいというのなら、辞職しないといけないと思うんですね。  
 私は、靖国に関しても基本的にすっと同じことしか言っていないんだけど、少なくとも国家のために尊い命を投げ出してくれた人たちに対して、最高の栄誉をもって祀るということを禁止している国など世界中にない。靖国神社は、もともとは東京招魂社といって、戊辰戦争で天皇陛下、官軍側についた人を祀ったのが最初で、それに対して陛下がご親拝されるということになっていた。それが戦後宗教法人になります。とくに政教分離を定めた憲法との抵触が云々されるようになると、もう陛下はおいでになれません。  
 結果として、憲法上の問題、外交上の問題と、靖国がいわば「政治的」になってしまい、遺族や英霊の方々にすると、今はワーワーとうるさいでしょうね。静かに祀るというのが最も望ましい形態だと思います。そういう状況をつくリ上げるのが政治家の仕事です。  
 そもそもの間違いは、戦没者を祀るという大事なことを、一宗教法人に任せたまま、今日まできてしまったということです。
手嶋 いま非常に重要なことを言われたと思うのですが、本来、非宗教法人である招魂社の本旨から外れて、いまや靖国神社というところが、国際政局の要を握っているといって過言でない。だとすれば、そうした現状は改めなければいけないということですね。
麻生 私はそう思います。
手嶋 そういう提案ならば、日中外相会談でそれをおっしゃれば、中国側に一方的に言われる筋合いはまったくないと思います。十二分な対話が、中国のみならず、韓国との間でも可能です。
麻生 靖国神祉は、神社と名の付くものの中で、神社本庁に所属していない数少ない神社の一つです。あそこの宮司さんは皆、民間上がりの方ですから。
手嶋 つまり、そのためにポリティサイズ(政治化)されてしまっている。それを元に戻すということですね。
麻生 明治12年に東京招魂社から靖国神社に名前が変わり、昭和27年に宗教法人となったのですが、今後あそこを維持するということを考えると、ご遺族の数はだんだん減るわけですから、奉賛金だけで保てますか、そういうことも真剣に考えないと、国としては恥ずかしい。
手嶋 非宗教法人に近い形に戻すということですね。大臣は、「天皇陛下が靖国に参拝なさるのが一番だ」とご発言されましたが、ここもまた補助線がまったくないものですから、さまざまに解釈されて、非常にネガティブに伝わりました。けれども、いまのお話は、天皇陛下は憲法上のお立場からして、政治的な施設にお詣りするわけにはいきませんが、非宗教法人なら可能だというふうに発言されたと考えてよろしいですか。
麻生 いわゆる政教分離が憲法にありますから、途端に、私人ですか公人ですかというつまらない質問が出てくるんですね。当時の三木武夫首相が「私人です」と言った昭和50年以降、昭和天皇の靖国ご親拝がなくなった。  
 A級戦犯分祀の話をされる方もいらっしゃいますが、基本的には宗教法人相手に、分祀をせよと政治が言うのは、政治の宗教に対する介入になりますから、それはできません。神社側が言わない限りそれはありえない。  
 一宗教法人に戦没者のお祀りを一任してしまったために、国からの補助金が出せません。今後、戦友やご遺族がどんどん減っていくことを考えたら、やっぱりきちんとしておかないといけない。お国のために命を投げ出すことにならざるをえない状態が、今後永久に訪れないなんてことは考えづらいですからね。

「平壌宣言」をどう評価するか

手嶋 次に対北朝鮮外交についてお話ししたく思います。私は、海外で取材をすることが多いのですが、およそ「平壌宣言」なるものを、肯定的な文脈で引用した人に一人も会ったことがありません。あの「平壌宣言」には、いろんな意味で大きな誤りがあります。先ほど、アメリカはいくつかの点で同盟外交の作法に反していると申し上げました。しかし、総理の初めての訪朝に至る過程で、日本側も同盟外交の作法を決定的にないがしろにしてしまった。なにしろ、同盟国たるアメリカに平壌訪問の決定を内報しなかったのですから。大臣はどうお考えでしょうか。
麻生 北朝鮮は、2003年にすでに核を保有していると宣言しているわけですから、こちらのほうが核開発レベルとしては、いま濃縮度3.5パーセントと言われているイランより、はるかに深刻な問題です。「平壌宣言」においてはミサイル開発、核開発はモラトリアムみたいなことになっていますから、これがもし撃たれるということになったら、「平壌宣言」はその段階で破られたということになる。その段階で、日本としてどういう外交的な対応をとるかということは、考えておかないといけないと思いますね。私どもとしては、いろいろな対応を詰めて考えつつありまして、これは事実です。
手嶋 麻生大臣が小泉総理の外交について検証されるとき、対北朝鮮外交には大きな一章を割かざるをえない。その評価はどうも辛口にならざるをえないのではありませんか。
麻生 あの外交で最も効果が大きかったのは、一国の国家元首をして、国家犯罪を犯しているということを認めさせたところです。それまで拉致問題なんてものはないと言っていたのを、あると認めたわけですから。拉致を認めたら当然被害者を帰すのかと思ったら、途端に帰さないというから、ちょっと待てという話になった。あのことを境に、日本の世論も随分変わっていったと思います。5人の家族が帰ってきたという事実など、それなりの成果が上がったという点は、評価しないと公平ではないという気はしますね。
手嶋 その一方で、まさに破られそうな「平壌宣言」を、しかもその中に拉致の問題が書かれていないものを出してしまった。当時よく一局長の責任に帰するよう論評もありましたが、実際は総理と当時の官房長官が裏書きをして進めたわけです。そうした負の外交は、やはり広い意味で乗り越えられるべきだと思います。
麻生 そうですね。「平壌宣言」というのは、破られればその段階でまったく別の形のものにならざるをえませんから。こちらとしてもその対応は考えざるをえません。
手嶋 中国を中心とした対東アジア外交では、相当新しい、麻生イニシアティブと言っていい路線が打ち出され始めています。それらを含めて、今後の東アジア外交をどう練り上げ、それによって新しい日本のあり方を示そうとされているのでしようか。
麻生 アジアという地域を指す言葉は、30年くらい前まで、貧しさとほとんど同義語だったと思います。世界人口60億のうち36億人くらい、世界中の6割くらいの人が、このアジア地域に住んでいる。そのアジアの中で貧しかった中国の生活水準が上がった。これは、20世紀終盤の奇跡だと思います。経済の水準が上がったことが、日本にとって脅威だという人がいるけど、そんなことはない。日本だけがアジアの中でGDPが突出していたのが、そうではなくなったわけですから。また、人口10億のインドも台頭してきた。だから、アジア地域に関しては、私は中長期的に見て、けっこう楽観的です。
手嶋 ほう、そうなのですか。
麻生 いま問題なのは、年間2桁の割合で伸び、しかも透明性が全然感じられない中国の国防費です。いまの国防費約4兆円が10パーセントずつ18年間伸びると20兆円になる。その内容が全然見えないと、隣国がちょっと待てというのは当然であって、むしろ言わないほうがおかしいと思いますね.日本が、じゃあうちもそうしますといったら、一触即発みたいなことになりますから。いま中国に攻めていこうという国があるはずはないので、それに使う金があるんだったら、もっと他のところに使ったら? というのが、周りの国の正直な、本音だと思いますよ。  
 アレキサンダー大帝、サラセン帝国、モンゴル帝国、また、ナポレオンに至るまで、新興国の経済や軍事力が伸びてくれば、周りの国と摩擦が起きるのは歴史の必然です。日本と中国は、いままさにそうなっている。これまでは戦争で破局を迎えるという歴史が繰り返されましたが、そういうことにならないようにしないと、国として、また、人間として進歩がない。  
 そういった意味では、お互いに透明性を高くしておかないといけない。日本の核関連の技術は、IAEA(国際原子力機関)のお墨付きがあるくらいだから、濃縮技術がこれだけ進歩しても、何も言われずにすむわけです。
手嶋 おっしゃるとおりだと思います。
麻生 幸い中国の李肇星外相とカタールで会った時、ここら辺りもしっかり合意しています。安保面での交流もやっていこう、つまりお互いミリタリーを見せ合おう、ということです。どこまで実のあるものになるのか、過去にも合意してなし崩しになった経緯がありますから、この点はこれからですがね。
手嶋 今日は貴重なお話をありがとうございました。麻生外交、とりわけ対中国外交について、いつになく存分に「補助線」を引いて語っていただいたように思います。ここでの新たな麻生発言については、在京の各国外交団も早速公電の筆を執って報告せざるを得ないのではないでしょうか。  

成功する起業講座 第3回



ー役人から役者にー
元国交省キャリア官僚、人生の第二幕がひらく
*人生を変えてみる、チャレンジしてみる、の精神に学ぶ

こっちの人生の方が幸せだと思っただけなんですというのが印象的だった。

銀行員でもエリートってすごいプレッシャーと自信の反対にすごい孤独だし、

楽ではないようだものね。
私もちょっとだけエリートさんをみたことあるけれど

みんなすごいストレスですよ。




◎ゲスト:俳優 早坂 実氏

◎日時:9月28日(金)6:45pm~9:00pm
            親睦会9:00pm~
◎会場:表参道 東京ウィメンズ・プラザ

◎主催:NPOアクティブミドル国際協会
     http://amia.jp/

■□■☆★★☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆★★☆■□■

東大法学部を卒業後、キャリア官僚として夢中で走り続けてきた
26年間の役人生活を終え、プロの役者に。
東京育ち、教育大付属駒場(現・筑波大付属駒場)中、高から
1浪後、東大法学部、建設省(現・国交省)官僚という絵に描いた
ようなエリートが辞めるに至った発端は「事務次官になれないと思った
から」事務次官は官僚のトップ。「いい勝負と思うこともあったけど、
農水省に出向になった時点で無理だと…」
50歳を前に人生をふと、考えた時。
思い出したのは高校の学園祭で行った演劇。舞台での感動が蘇り、
「役者になりたい」と、新たな夢を抱いた。生き方変えて、新たな生き方に
挑戦するというのは、不安もあるが、
やらないで後悔するより、やって後悔したほうがいい。
「役人」から「役者」へ第二の舞台がスタートする。
昨年秋から半年間、芸能事務所などを巡りオーディションに合格した。
映画監督で演出家の望月さんは「官僚として身に付けた異質な
存在感が出せれば得難い役者になる」と期待している。
唯一の役者経験は、高校3年の文化祭で現代劇に出演しただけ。
そして約30年後。役人人生に悩む少し前、居酒屋のテレビを見て
「おれはテレビに出る。役者になる」と酔って騒いだ。覚えていないが、
同席者に後から聞いて、役者という発想がおもしろく思えた。
将来への逡巡(しゅんじゅん)、わき上がる役者への思い。
誰一人、引き留めなかった。相談したマスコミや芸能関係者は
「いい顔をしてる」「可能性がある」と口をそろえた。
自分でつけた芸名「早坂実」になった。
悩める同年代への提言をよく求められる。
「これはあくまで個人的な選択です。人に何か言って、間違った方向に
行ってしまっても責任をとれませんから、言えませんよね。自分は、
こっちの人生の方が幸せだと思っただけなんです」
早坂実氏の冒険は起業するエネルギーと同等かそれ以上かもしれない。
人生を変えてチャレンジする、早坂氏にその生き様を伺う。

◎ゲスト略歴:早坂 実(はやさか・みのる)
昭和32年8月8日生
学歴ー
昭和56年3月 東京大学法学部卒業
職歴ー
昭和56年4月 建設省入省
平成19年6月13日 国土交通省 辞職
芸歴ー
平成19年7月「贋作『春琴抄』」(脚本・演出望月六郎)
その他ー
TBSニュース23,日テレ・ザ・ワイド、ニュースゼロ、
テレ朝ワイドスクランブル、関西テレビ、新聞各紙等で取り上げられる
みのもんた朝ズバッにコメンテーターとして出演

●日時:9月28日(金)6:45pm~9:00pm
●会場:表参道 東京ウィメンズ・プラザ (アクセス)
    所在地:東京都渋谷区神宮前5-53-67
●会費:3000円(会員:2000円)