銀座三越で「七夕☆フェア」-限定スイーツ17種類が登場

 銀座三越は7月1日(日)より、七夕にちなんだスイーツを展開する好評の「七夕☆フェア」を地下1階和洋菓子売場で開催する。

 天の川やひこ星、織姫をモチーフにした七夕スイーツには、レモンやオレンジなどのシトラススイーツを使ったゼリーやあっさりした甘みの水ようかんなど、夏仕様の期間限定品を取りそろえ、17種類を用意。

 洋菓子では、「Wa・Bi・Sa」の黒ごま、白ごま、和三盆糖を使ったなめらかブラマンジェに七夕らしくデコレーションした「七夕飾り」(473円)をはじめ、「菓乃実の杜」のブルーキュラソー入りレモンゼリーとヨーグルトクリームで天の川をイメージしたカップデザート「天の川」(399円)、「カフェウィーン」のココアスポンジの上にショコラムースとラズベリームースを重ね、天の川をイメージした金粉でデコレーションした「七夕ケーキ」(直径約12センチ1,890円)などを販売する。

 和菓子では、「仙太郎」のようかんを使った抹茶老玉(ワインゼリーのせ)と黒糖老玉(柑橘ゼリーのせ)を2つ笹舟に並べ、七夕の日に出会うひこ星と織姫を表現した「二つ星」(各210円)をはじめ、「創り人 英喜」のひこ星と織姫を可愛らしく上生菓子で表現した「七夕上生菓子」(3個入1,050円、7/3-7の販売)、「奈良香寿軒」のあっさりした味わいのようかんの上に錦玉羹を重ね、短冊(ようかん製)や金粉で七夕のイメージを表現した「天野川」(1,050円)などを販売。

 「たねや」では、牽牛星と織女星を2色団子に見立て、天の川に見立てた水ようかんを合わせた「二星(たなばた)」(840円)を、同7日(土)の七夕当日限定で販売する。

 フェア開催は同7日(土)まで。

銀座三越

AD

南船場「ELTTOB TEP」初イベントに300人-佐藤卓さんらスペシャルトーク

 イッセイミヤケ(本社=東京都渋谷区)が手がける全ブランドの総合店「ELTTOB TEP(エルトブテップ)」(大阪市中央区南船場4、TEL 06-6251-8887)で6月21日、オープン後初のイベントが開催され、約300人が集まった。

 同店は、商品をはじめ、什器やカウンターなど店内のほとんどのものを「吊る」というコンセプトで4月20日に南船場にオープン。吊り方により自由に店内の雰囲気を変えることができるという特徴を生かし、当日の店内は、中央に広いイベントスペースを作るなどレイアウトを変更。イベントでは浜崎健さんによる茶道のパフォーマンス、ワインやフードの提供が行われたほか、「東京VS大阪 漫才的文化論『南船場…どう?』」と題したトークショーが、雑誌「ミーツ・リージョナル」元編集長・江弘毅さん、国際派噺家・桂小春団治さん、グラフィックデザイナーで同店の店舗デザインを含むアートディレクションを担当した佐藤卓さんにより行われた。

 ショーでは、同店オープンまでの経緯や、東京と大阪の文化の違いなどについてのトークが約45分間にわたって話された。「南船場は、大企業や行政によって作られたのではなく、地元の人が自然発生的に作り上げた街。その街の住民に敬意を示し、その中へ入っていくというスタンスで店を作った。『ELTTOB TEP』と描かれた自転車を店舗周辺に並べたのも、自転車を使用することが多い大阪の住民の中へ入っていけるようにと考えてのこと」(佐藤さん)。トークは「東京と大阪でのコミュニケーションの違い」などにも及び、佐藤さんは「大阪は人情味があり面白い。そうした街にオープンしたこの店は『吊り方』により店内の姿を変えることができ、スタッフのアイデアを生かせる店。これから何がどんな風に吊られているか、楽しみにしてください」と締めくくった。

 イッセイ ミヤケ広報担当の那須孝子さんは「『エルトブテップ』は広く、特徴のあるコンセプト・ショップ。今後もイベントを含め、様々なことに挑戦していく店舗ですので、期待してほしい」と話している。

ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE

関連記事(ISSEY MIYAKE INC.、心斎橋に全ブランドを扱う総合店-国内初)

AD
 公式サイトはこちら

生命環境学会7月定例会

期 日 平成19年 7月28日(土)

時 間 13:30~16:20(いつもより30分繰り上がり)

プログラム

13301400 事務打ち合わせ(今後の企画、その他)

14101520 講 演  『美白の科学』

          講師 中村 洋 先生

15301620 研究会のための談話会

ご興味が或る方はご連絡ください。

会 費  会員 無料    非会員 1,000

AD

六本木にニューヨーク市観光局の日本事務所-国内初開設

 ニューヨーク市のマーケティングおよびツーリズム事業組織「NYC&Company(ニューヨーク市観光局)」は6月26日、

六本木ヒルズノースタワー(港区六本木6)内に日本事務所(TEL 03-5413-6360)を開設した。

 同事務所は、日本でのニューヨーク市への観光促進を目的に開設され、代表事務所開設は国内初。

現在、19カ国に代表事務所が設置されている。

 ニューヨーク市観光局によると、「ニューヨーク市のマイケル・R・ブルームバーグ市長は、

2015年までに年間5,000万人の旅行者を迎え入れるという目標を掲げている」とし、

「日本はニューヨーク市にとって、3番目に大きい海外市場。

日本人旅行者総数は近年、漸進的な増減を示しているが、今後の見通しでは、

2007年に294,000人に達することが予想されている」としている。

 日本事務所の活動内容について、同事務所の井上嘉世子常務理事は

「日本でニューヨークを紹介するためのあらゆる活動を展開する」と話しており、PRイベント開催の可能性も示唆している。

NYC&Company


また絶滅の危機にある動物リストです シロクマなど日経エコロジー

http://eco.nikkei.co.jp/special/article.aspx?id=20070525q0000q0&page=1

http://eco.nikkei.co.jp/special/article.aspx?id=20070613q0000q0

http://ameblo.jp/zatoichi1/entry-10038184584.html


今日はパンケーキとコーヒーがおいしかったJALトラベルカフェにて。

石橋 尚幸もと総料理長さんの監修コーヒー結構私は好きでした。


石橋さん略歴:
昭和34年福岡県出身。昭和58年スイス日本大使館総料理長としてスイス在駐、


昭和60年イタリア日本大使館総料理長としてイタリアに在駐。

昭和62年に帰国し、渋谷や神戸ポートアイランド・ワールド本社1階のイタリアン「タント・タント」を企画・プロデュースし

総料理長を務める。
その後、福岡、新宿高島屋等にイタリアン「ラ・マニーナ」、

イタリアン惣菜「マッジョデリ」、生パスタ・釜焼きピッツア専門店「マーノマッジョ」を企画・プロデュースし総料理長に就任。

平成14年以降、恵比寿ガーデンプレイスに「恵比寿ダイニング・A」、

豊田センチュリービルに「洋魂和菜MISHIKI」を企画・プロデュース。
*平成元年10月、イタリア純正ピッツア職人協会(APES)のディプロマを取得。
*平成元年より、大阪アベノ辻調理師学校・国立エコール辻調理師学校外来講師。
*平成15年、テレビ東京系「TVチャンピオン・ピッツア職人選手権」にて優勝。

TRAVEL CAFEコンサルティング部門主要スタッフ

●チーフコンサルタント


●チーフコンサルタント


●チーフコンサルタント

●総料理長


●チーフクリエイター

●チーフトラベルアドバイザー


●画家
●コーディネーター
●コンサルタント
●ボディケアプランナー
●弁護士
●公認会計士
●公認会計士
●一級建築士
●社会保険労務士・中小企業診断士


荒井 隆是

(富士銀行出身)
小菅 真一郎

(リコー販売出身)
久保倉 一嘉

(KDD出身)
石橋 尚幸

(元イタリア日本大使館総料理長)
石井 達吉

(FAAP大学ブラジル出身)
滝元 隆伸

(ギリシャオリンピック航空出身)
武田 茂

和田 雅徹(米国キャンベル大卒)

西野 太郎(富士銀行出身)

山岸 吉文

西尾 孝幸(東京大学卒)

古川 雅一(一橋大学卒)

相川 光生(一橋大学卒)

江平 完司(米国UCバークレー校卒)

本田 隆(横浜商工会議所出身)


○第三次世界大戦を終わらせるために派遣された日本人戦士が主役のテレビドラマ     『Future Imperfect(フューチャー・インパーフェクト)』、

日本人マシ・オカが主演する大人気テレビドラマ『Heroes(ヒーローズ)』、

○シンガポールで撮影される短編映画『The New Moon(ザ・ニュー・ムーン)』、
○8年間ものロングヒットのテレビドラマ『LAW & ORDER 性犯罪特捜班』

主演タマラ・チューニエの初監督長編映画

『See You in September(シー・ユー・イン・セプテンバー)』、


アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロが久々に共演

長編映画『Righteous Kill(ライテアス・キル)』配役募集



タイトル :『Righteous Kill(ライテアス・キル)』
制 作  :Emmett/Furla Films
主 演  :アル・パチーノ 『ゴッド・ファーザー・シリーズ』 『ヒート』 『オーシャンズ・サーティーン』
ロバート・デ・ニーロ 『タクシー・ドライバー』 『ヒート』 『グッドフェローズ』
監 督  :ジョン・アヴネット 『88ミニッツ』
撮影期間:2007年8月6日~
撮影地 :ニューヨーク、コネチカット
ストーリー:2人の刑事が、不仲な間柄を解決しながら、連続殺人犯を追う。
エントリー形式:郵送
締 切 :7月30日

キャメロン・ディアス、アシュトン・カッチャーが共演、

長編映画

タイトル :『What Happens in Vegas(ホヮット・ハップンズ・イン・ヴェガス)』

制 作  :モザイク・メディア・グループ
配 給  :20世紀フォックス
主 演  :キャメロン・ディアス 『ジョン・マルコビッチ』 『チャーリーズ・エンジェル・シリーズ』
アシュトン・カッチャー 『ザ・バタフライ・イフェクト』

監 督  :トム・ヴォウガン 『Starter for Ten』

撮影期間:2007年9月下旬~

撮影地 :ラスベガス、ニューヨーク

ストーリー:ラスベガスで偶然知り合った2人の男女は、遊び呆ける中で、
片方の残りの25セントがジャクポット(1等賞金)を引き当てたことから運命を感じ、
勢いあまって結婚してしまう。
やがてその恋は、本物の恋へといたるのだった。
エントリー形式:郵送
締 切 :8月13日
条 件 :【女性: 助演:チョン役
25~35歳に見えること。アジア人。
強烈な個性の、ジョイ(キャメロン・ディアス)の働く
ウォール・ストリートの会社の唯一の女性の同僚。
積極的なタイプで、上司により役員の座をジョイと争うように仕向けられている。

テレビドラマ
タイトル :『HEROES(ヒーローズ)』 番組公式ページ
制 作 :NBC
主 演  :ヘイデン・パネティエーリ 『バグズ・ライフ』
マシ・オカ 『スター・ウォーズ・エピソード3』 『オースティン・パワーズ・ゴールド・メンバーズ』


撮影期間:2007年7月下旬
撮影地 :ロサンゼルス
ストーリー:2006年から放送され、大人気を博しているテレビシリーズ。
それぞれに特殊な能力を持った人々を描いたSF作品。
番組公式ページ
エントリー形式:メール
締 切 :7月1日
条 件 :【男性: 助演:ミスター・エガミ役
30~40代に見えること。日本人。日本の有名企業の社員の役柄。
日本語のセリフ中心。

長編映画

タイトル :『See You in September(シー・ユー・イン・セプテンバー)』
監 督  :タマラ・チューニエ 『LAW & ORDER 性犯罪特捜班』
撮影期間:2007年8月下旬~
撮影地 :ニューヨーク
ストーリー:全てを手にしたかのように見えるが実は責任感に深く恐れを抱いている美しい女性、
リンジーを中心に物語は展開する。 リンジーは、マンハッタンに住んでいてセラピーを    

       必要とする人たちを集めた グループセッションに参加する。
個人的な問題をそれぞれに抱える人々が実際にお互いを助け合い、思いあっていく。

エントリー形式:郵送
締 切 :7月23日
条 件 :【女性: 助演:イヴ役
40代に見えること。アジア人。
タフで、プロフェッショナルで、知的で、ビジネスのことばかり考えている会社人間。
個人的な生活に時間を割いたことは一度もないが、グループの中では、
皆の人生について、誰よりも強い意見を持っている。
内密にそれぞれの人生について記録を取っている係り。



六本木ヒルズにハリー・ポッターが登場、4年半ぶりの来日

私はいけませんでしたが、六本木ヒルズアリーナ(港区六本木6)で6月28日夜、

映画「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」のジャパンプレミア・レッドカーペットイベントが開催された。
 ヒルズアリーナには、特設ステージと客席を取り囲むようにレッドカーペットが敷かれ、女性を中心に多くの来場者が客席を埋め尽くした。 レッドカーペットには、4年半ぶりの来日となるハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフさんとプロデューサーのデイビッド・ヘイマンさんが登場。また、深田恭子さん、須賀健太くん、鏡リュウジさんなども参加した。 
 ステージ上でダニエルさんは「日本の皆さんこんにちは。僕はダニエル・ラドクリフです。日本のファンは最高。サンキュー。来てくれてありがとう」と日本語で挨拶。発言の度に客席からは大きな歓声が上がった。
 同作品はプロモーションの一環として、東京メトロ・六本木駅などに「6月28日夜7時30分頃、六本木ヒルズ周辺に不思議な現象が起きても、絶対に通報しないでください。」などの文言が書かれたポスターを掲出していた。

イベント終盤にダニエルさんが来場者と共に「ルーマス・マキシマ(光よ)」の掛け声をかけると、

ヒルズアリーナ付近にサーチライトによる「魔法の塔」が出現した。

 映画は7月20日より全国公開を開始する。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

米の国鳥ハクトウワシ復活

私の生まれた北海道もタカだとか素敵な生き物がたくさんいます。
シロクマの有名な旭川動物園。そのシロクマクンはアラスカ方面におおく生息していますがこれも絶滅の危機ときく。
話はそれますが、実際私の以前このブログで話していたフェデックスぬパイロットさんだが、
その中にはキャプテンがいました。彼は現在飛行機エンジニアと飛行機の小型での縦断をしつつ自分の好きな雑貨を趣味で集めながらいます。またカナダのログハウスとヴァージニアの高級住宅地で、リタイア後有意義な生活をしているようですが
あの昔のハードな仕事っぷりから開放されて今は家庭を大事に、奥さんと作った牧場で馬も育てています。
素敵な奥さんで私の憧れでもあります。
そんな彼のいたアラスカにしても自然がたくさんありいつもオーロラの話をしてくれました。
そんな彼の自然の動物ハクトウワシ。シロクマ同様絶滅の危機にあるのですね・
ハクトウワシをみるとキャプテンの指輪を思い出します。そんなワシが復活の話題で・・
現在絶滅危惧種指定リストから外された米国の国鳥ハクトウワシ。



長い間の役40年にわたる保護の結果
63年にわずか約400組にまで減っていたつがいの数は1万組にまで増えたことが確認された。
似たような感じで言えば、北海道の釧路の鶴やトキなど。

なんとなく北海道は気質は大陸的な人がおおいような気もするな。。
最近スポーツショップへいったらこのハクトウワシのバイオカイトっていうのを発見しました。
面白いのでのせますね

初めてみました カイトです。


また最近ではフェデラル・ファンド(Federal Funds)の据え置きの話題もあったのでここで勉強
このフェラルドファンドとは米国の市中銀行が連邦準備銀行(米国の中央銀行)に預けている無利息の準備預金です。
フェデラル・ファンド・レートは銀行が中央銀行に預け入れるフェデラル・ファンドを調達するために銀行間市場において
無担保で資金を貸借する場合の金利のことです。

米国の連邦準備銀行は、この準備金の需給を調節することで、

フェデラル・ファンド・レートに影響を与えることができるため、フェデラル・ファンド・レートは、

米国の政策金利として位置付けられています。

ちなみに、フェデラル・ファンド・レートは日本の金利では、無担保コール翌日物金利に相当します。

また、米国の金融政策の変更は、通常、米連邦公開市場委員会(FOMC)と呼ばれる定期的な委員会により決定されます。

 これは、日本の日本銀行金融決定決定会合に相当します。

 例えば、ニュースなどで、「米連邦準備理事会(FRB)は、フェデラル・ファンド・レートを6.5%から0.5%引き下げ、

年6.0%にすることを決め、即日実施した」と報道された場合、

フェデラル・ファンド・レートを引き下げた(正確にはフェデラル・ファンド・レートの誘導目標を引き下げた)ということは、

米国が金融緩和を実施したということです


以上参考までに。
アメリカで生活する日本人家族の姿を描く長編映画『White on Rice(ホワイト・オン・ライス)』、     ケイコ、シズコ、マツバヤシ・・・と、日本人名の役柄の並ぶ舞台『Calling Aphrodite(コーリング・アフロディーテ)』、サクラ、ナカムラ・・・と、こちらも日本人名の役柄の並ぶ長編映画『Sakura(サクラ)』など、日本をテーマとした作品からの募集情報が多く届いています。
締切期限の近い作品もございますので、お見逃しなく!

長編映画

タイトル :『White on Rice(ホワイト・オン・ライス)』
制 作  :Brainwave 『Big Dreams Little Tokyo』
主 演  :ヒロシ・ワタナベ 『ラスト・サムライ』 『硫黄島からの手紙』
ナエ・ユウキ(交渉中) 『硫黄島からの手紙』 『A Class to Remember』
監 督  :デイヴ・ボイル 『Big Dreams Little Tokyo』
撮影期間:2007年7月上旬
撮影地 :ソルトレイク・シティー
ストーリー:アメリカに住む日本人家族についての物語。
40歳の男と、彼の10歳になる甥が、同じ女性に恋をしてしまう。
エントリー形式:メール
締 切 :6月27日
条 件 :【男女: エキストラ
21歳以上であること。日本人。
あらゆるタイプを求む。
長編映画

タイトル :『Sakura(サクラ)』
制 作  :Cosmic Dragon Films
監 督  :オーガスティン・ケナディー 『Broken』
撮影期間:2008年1月4日~1月21日
撮影地 :フロリダ
ストーリー:安く雇われたため、一晩だけしか時間のない探偵が、謎の日本人殺人犯を追う。
エントリー形式:郵送
締 切 :7月13日
条 件 :【女性: 主演:サクラ役
20代半ばに見えること。日本人。
輝くような、神秘的な女性の役柄。
日本語訛りの英語を話す。
女性: 助演:ナカムラ役
50代半ばに見えること。日本人。
強い存在感のある女性の役柄。
日本語訛りの英語と、スタンダードな英語の両方を話す。

舞台

タイトル :『CALLING APHRODITE(コーリング・アフロディーテ)』

監 督 :Shashin Desai

脚 本  :Velina Hasu Houston
リハーサル期間:2007年8月7日~
公演期間:2007年8月28日~9月23日
公演地 :ロサンゼルス
ストーリー:1945年から舞台は始まり、1956年までを描く。
エントリー形式:メール
締 切 :7月6日
条 件 :【女性: 主演:ケイコ役
18歳と28歳を演じるため、そのどちらの年齢にも見えること。日本人。
美しく、エレガントで、繊細、知的で、自立してる女性の役柄。
喜びから怒りまで、幅広い感情を表現できること。
ギャランティー300ドル/1週間(4ステージ)、保険、食費、滞在費、渡航費支給。
女性: 助演:シズコ役
16歳と26歳を演じるため、そのどちらの年齢にも見えること。日本人。
一般的な外見で、姉に対して嫉妬心を抱いている、嫌味で、働き者の妹の役柄。
喜びから怒りまで、幅広い感情を表現できること。
ギャランティー300ドル/1週間(4ステージ)、保険、食費、滞在費、渡航費支給。
男性: 助演:マツバヤシ役
40代後半と50代後半を演じるため、そのどちらの年齢にも見えること。日本人。
品があり、知的で、落ち着いて、丁寧な医者の役柄。
ギャランティー300ドル/1週間(4ステージ)、保険、食費、滞在費、渡航費支給。


少しストレスを感じたわたしですが、昨日は整体にいくと背中から骨盤が姿勢が悪かったのか左右5センチ近く差がありなんか歩く時異常に右ばかり腰が疲れがあったのでゆがみをとりにいった。骨盤などの矯正は、そうだなあ、二十年ぶりのカイロプラクティックでした。
わたしが十七歳のとき、バスケで足をなおしてくれたのが、カイロプラクティックの先生で、非常に助けられました。その当時の先生は非常に個性的な感じのするかたで当時七十歳くらいだったのではとおもいます。男性で生涯独身を通しました、というのも、このかたのカイロプラクティックの先生が、アメリカのカイロプラクティックの第一人で、このわたしの先生は、日本ではじめてカイロプラクティックを教えてもらった留学生でした。こんなはなしをするとすぐ単純なかたは 勝手なイメージをひとにもちますが、世界てきなグローバルてきに客観的に聞いていただきたいが、当時第二次世界大戦でアメリカにいたこの先生は非常にアメリカのカイロプラクティックの先生らに当時戦争だったにもかかわらずかわいがられ、まったく戦争の経験がないかたでした。わたしがいつもバスケットを学生のころしていたとき怪我に泣かされたとき、カイロプラクティックがなかったら笑顔もとうじなかったかもしれませんし、歪みが人生も国際交流もちょっとしたボタンの掛け替えのひとの勝手なイメージから、よくなったり悪くなったりすると先生は話されていたのをカイロプラクティックをして思い出しました。
わたしの小さいときからの環境は父からおそわるシュタイナー的教育といなかの札幌でも小学校から帰国子女がいるような環境。そして家では北国なのになぜかテレビは落語とクラッシック、と関西の新喜劇が流れるような環境。
わたしはときどき言葉足らずもしくは、いいかたもあいてに誤解を与えるいいかたをしてしまうときもいまもあるので、言葉は日本人通しでもむずかしいのにカイロプラクティックの先生はよく、あの当時ひとりでアメリカにいきたのしく生きていたなと感心するときがありますが、国際交流はむずかしいな、また、直接話した相手ではなく間接的にはなしをうわさを聞く場合、勝手なイメージがその話されているイメージで流されてしまう可能性は非常に他人に誤解を与えるかもしれない。昨日カイロプラクティックにいたかたがたと国際交流のはなしをしたらそんなことを話題にしてストレスをとったのかなあ。
画像はパンプキン。秋になるとつくられるケーキです。ひさしぶりに札幌の某カフェのはなしができてなつかしかったわたしです。それがこのみせで出されるケーキです。


昨日は黒糖のシャンプーリンスのセットされたものでリフレッシュ。

最近黒いケーキとは炭類がはやっているのですね。黄色いパンプキンもなかなかいいです


北海道VCが映画制作支援ファンド、イサム・ノグチの母描く

 北海道ベンチャーキャピタル(北海道VC、札幌市)が世界的な彫刻家であるイサム・ノグチの母の生涯を描いた

映画「レオニー」(仮題)の制作を資金援助するファンドを29日に設立予定。

道内企業から計1億2000万円を調達して提供する。

設立するのは「レオニー投資事業有限責任組合」でこの製作映画には

ノグチが基本設計したモエレ沼公園(札幌市)がラストシーンで使われる予定。

観光などの効果が大きいとみて、地元企業でファンドを組んで制作を支援することにした。

北海道銀行が「道銀どさんこ1号ファンド」を通じ5000万円投資するほかに

映像企画のプリズム(札幌市)も出資を決めている。


北海道VCが管理・運用し、道銀などには投資額に基づき収益が分配される仕組み。

映画の制作費は計約6億円で、

他の日米のファンドも資金提供する。

 映画は今年9月に撮影を始め、来年秋以降に公開予定。監督は松井久子氏。

横浜ロイヤルパークホテルで「ハワイアンフェア」-ランチビュッフェ核に

 横浜ロイヤルパークホテル(横浜市西区みなとみらい2)70階スカイラウンジ「シリウス」で

7月1日~8月31日、さまざまなハワイアン料理のランチビュッフェ「ハワイアンフェア2007」が開催される。
 
 メニューは、ハワイアンの定番「ロコモコ」や、シェフが目の前で切り分ける「ラウラウポーク」、

「冷たいアボガドスープ パイナップル風味」、オレンジソースであえたパンケーキをフランベする

「ハワイアンパンケーキシュゼット」など約50種類を用意。

そのほか「マイタイ」や「チチ」など5種類のカクテルを特別価格で提供する。


期間中、ハワイアンバンドの生演奏やフラダンスショー(月曜~金曜)も行われる。
 
 開催時間は11時30分~14時30分。

料金は、大人=4,042円、シニア(65歳以上)=3,465円、小学生=2,310円(未就学児は無料)。

ハワイアンカクテルは別途各1,039円。

 同ホテル担当者は「夏のイベントとして始まった企画で今年で4回目。

フラダンスを習っているハワイアンファンの女性の方や、夏休みに家族でハワイアン気分を味わってほしい」と話している。

横浜ロイヤルパークホテル

関連記事(映画「ラストラブ」ロケ地で各種特典-日本旅行がコラボ企画)