年末は

テーマ:

今年は本当いろいろ引っ張られっぱなしの 笑 1年でした。

実際仕事も年末年始関係なくやっております私ですが、

昨日今日はめったにやらない 親にいろんな面白いセレクト商品をお年賀3弾に分けて送りました。


内容物。

1 めがね拭きから発達した洗顔クロス(しみを浅くするクロス)

2 いのししの形の和紙でできた テ-ブルクロス式のもの

3 パッキーンと割ると金が食べ物の中に降ってくるように出来ているお祝いお箸セット

4 京都名産 七味とうがらしセット

5 きなこ

6 魚でできた練り物3点

7 だしようかつお節

8 人形町で購入した ショウガユセット

9 いのししの形の和菓子

10 いのしし柄の年賀ふろしき

11 湯葉

12 わさび漬け

13 お試しトラベル アロマコスメミニセット

14 京都野菜セット プラスなべ用 ダシセット

15 甘酒用 さけ粕

以上でした。。

心に家族がいるって本当にうれしいことですね。

自分が勝手に年賀セットとして組み合わせてみたのだけれど

こういうことするの大好きなんですよね。私。


ところでお仕事もいろいろあって楽しく仕事しようと思う。

キンキッズのカウントダウンと明日のラグビ-のお仕事あったのですが

残念ながら時間が合わず。。でも面白そうではあるなあ。。すみません。

多分元気もらえるんだろうけれど体力的に複数はこれは無理と断念。



いろいろお世話になりました今年です。

本当人に救われていつもいます。

感謝しています。


さて、今日は仕事終わってテレビを

。。格闘技プライドは須藤元気が面白かったかな?余り分からないのですが私格闘技。。

それでも須藤選手の登場は あの中国雑技団もびっくりの

盲目の中国雑技団である人のフリを早速まねてました。


また映画でもと思い

 摩訶不思議の松田龍平 酒井若菜主演「恋の門」を見てみた。

松尾スズキ監督の映画。どれだけ松尾ワ-ルドなんだろうか?

あまりこの手の映画は見ないのですが後半になってきて

映画の背景が5-6回カットなのか雰囲気が変わっていく様子が面白く

また酒井さんのかわいいこと。松田くんの演技はあまりうまくはないようだったけれど

それでもなんだか不思議な映画を見たなって?感想だった。







 

AD

フセイン元大統領の死刑執行された。

イスラム教シーア派住民を虐殺した人道罪での死刑が確定していたフセイン元大統領の絞首刑。

独裁者の生涯・・・

現在AFP 通信BBにて 死刑直前の映像が流れており アクセス集中。。私は吐き気がしてとてもみられません。

http://www.afpbb.com/article/1203065?lsc=1&lc=4



こわい話はチャンネルに変えましょうか??

銀座ではなかなかユニ-クなチャネルのキャラクタ-

結構めだっています。

チェック

シャネルImage.jpg

AD

有田芳生(ありたよしふ)さん。

1952年京都生まれ。

フリーランスのジャーナリスト。

日テレ系「ザ・ワイド」に出演。

著書には『私の家は山の向こう テレサ・テン十年目の真実』(文藝春秋)、


『「コメント力」を鍛える』(NHK生活者新書)などがある。(なおブログにある似顔絵は安西水丸氏の作品)


http://saeaki.blog.ocn.ne.jp/arita/2006/12/post_66c1.html



日本テレといえば今年寺島しのぶさん。

主演の映画「愛の流刑地」のOLだけの限定試写会ってあったそうです。

 関連ブログ http://ameblo.jp/zatoichi1/entry-10021304203.html


これがまた「愛の営みで死んでもいいほどの快楽を得たことがある? などという質問を、

日テレ人妻美人アナ森富美さんが質問するというお面白いものだったと報告がありました。

なおこの試写の会場は限定美しさも充実したきれいどころのOLばかり。

ある男性映画記者が潜入して心臓ドキドキだったっていてましたよ。

本当に大女優である母の富司純子さんに対するコンプレックスがあったものが取れたようなかんじで

よかった。その後『愛ルケ』は日テレでドラマ化予定??

勝手な私の意見だが感想だが以前このブログにもかいたのだが

寺島さんはよい品のよさは色気で自分の懐に入れて遊ぶ女優じゃないこと。

欲望の固まりという性欲、物欲、金欲がないのです。本来。

そして男もそんな女が好きだったら所詮気がつかずそのまま 精気すいとられてもわからなくて。

気がついたらもう遅いっていうことがあるけれど。馬鹿だめんずはほっときましょう。


彼女は色気を持て余しているようなような気がする。

あれだけの貫禄に見合う男性が現在見つからないと思う勝手に私は思っています。

おおこうなって色気を持て余す女っていうのも体だけではなく貫禄と

いい女だっていうすごさを出してみたい気もするけれどねえ、、あ 私はだめです

苦手ですから。・・


さて、そのドラマの主演は誰だろうか??



○ 美煙壺愛好会10周年記念写真集出版の運びとなったそうです。

  コレクションの集大成だそうで楽しみです


  

鼻煙壷の会はなかなか楽しかった。お仲間に入れていただいて感謝しております。私には買えませんが目の保養には十分すぎます。
画像はオークションで8000万で落札したCollectionと同一のものです。全国から愛好者がこられました。Singaporeと香港のオークションはすごいんですね。
日本の主催者である元伊藤忠の沖さんらのエッセー記載します。
僕の見つけたもの。五木寛之さん作。
骨董物語。桐島洋子さん作。
サライ。沖さんコラム。
家庭画報沖さん。
太陽。チャイ。アートオブアジア。香港出版。
芸術市場。北京出版。

http://ameblo.jp/zatoichi1/entry-10013075615.html

美煙壷。〔通称鼻煙壷。英語では スナッフボトルというそうだ〕。




最近若者から広がりつつあるようだ。

これは中国に欧米主にフランスなどからもたらされ、嗅ぎたばこいれとして、一見香水入れのように小さいのですが、素材もこってさまざまな形で製作されている中国または 台湾の伝統工芸品である。

 私は決して喫煙家ではないが、この美煙壷に結構みせられた一人です。

最近この美煙壷の会に入って語るのもいいかと思い、ある方に出会ってからおもしろいものがあるのだなと思った次第。




 いつだったろうか_永田にあるキャピタル東急ホテルにいく。(現在は青山に事務所は移っています)それは散歩がてらもあったのだが、近くの神社では無料で日本の工芸を見せてくるという、私にとりうれしい知らせだったからだ。

 私はときどきこのギャラリ-へいき 骨董のお姉さんも知っているので、世間話をしにいってみたりしているうちに、美煙壷ギャラリーを知った。そこで美煙壷の会に入り、このギャラリ-のオ-ナ-沖さんと話をしたりするのが結構おもしろかったし、このギャラリ-を訪れる人も好きだった アマリ日は入会して浅いのだけれどね。

 美煙壷っていうものはおもしろい芸術品という認識だけではなくて、オ-ナ-さんが立派な方で、昔の仕事の話などを聞くが結構うれしかったりする。

 ところで美煙壷が結構一般的に日本で知られるようになったのは〔主に若者たちの間で〕、実は今年に入ってサザビ-のオークションでこの美煙壷、若竹色の翡翠で中国製のものがなんと世界初の7000万円で落札されて世界に知れ渡った経緯がある。


美しい鼻煙壷。もし赤坂にきたら永田にあるキャピタル東急ホテルへいってみてください、(現在は青山に移転しています)かわいい香水みたいなボトルの芸術品がいっぱい見られますよ。

でも今度、キャピタル東急ホテルは5年かけて改築し、ギャラリ-も移動しているそうですがご興味がございましたら、ご連絡買ください。骨董の詳しいかたを紹介いたします。オ-ナ-の沖さんの話も本当に面白いです。


沖さんは1926年、一ツ橋大学〔旧 東京商科大学〕卒業後、伊藤忠入社。

初めての香港日本初駐在員。マイマ-ト出向取締役。

その後1969年 伊藤忠へもどり 国内リクレ-ション産業開発室長。

地中海クラブ 現在 CLUB MEDを手がける。

1974年 ㈱西友ストア-〔現 西友〕常務取締役就任。

1981年 ファミリ-マ-ト代表取締役社長就任後 ファミリ-マ-トコンビに設立。

1993年 無印良品 計画で代表取締役会長・

1999年 春の叙勲 勲3等瑞宝章を授勲。

香港 上海と海外の経験をもとに、

もとパルコ山田会長のすすめでコレクションスされていた美煙壷をパルコで初展示。


インタ-ネショナル チャイニ-ズスナッフボトル ソサテイに入会。

キャピタル東急に2003年 ギャラリ-オ-プン。

現在コンサルのほか 現在青山にギャラリ-移。

鼻煙壷の普及に力を注いでいらっしゃる。

来年は中国大使関連で故宮で個展予定。


鼻煙壷   http://www.kitanet.ne.jp/~jss-sw/toppage.htm



中国刺繍 Image343.jpg


鼻煙壷  

AD

おもわず可愛くて

テーマ:
Image755.jpg

伊万里のロクロワークショップ。

かわいくて思わず撮りました。

素直で伊万里の茶碗を簡単に作ってしまいベテランの職人もびっくりするほどだ。

伊万里.jpg


○映画 どろろ 公式HP http://www.dororo.jp/



エンタテインメントの王道杝ハリウッドでのテーマパーク

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」。

世界配給に先駆けてこの映画『どろろ』とジョイントイベントを開催。

映画『どろろ』公開の大祈願を込め

2007年1月7日塩田明彦監督、主演の妻夫木聡さん、柴咲コウさんも出場予定のプレミア試写会があります。

この映画「どろろ」は、日本国内だけではなく

現在世界20カ国配給権獲得が既に決定しておりテレビでもやっていましたが

今年のカンヌ・AFM(アメリカンフィルムフェスティバル)のセールスで配給権が決まったものだという。

これも日本の技術であろうたった10分のダイジェスト映像素材で

(このごろよくテレビでやっている映画の配給公開前のダイジェスト版または予告画像製作

会社の素晴らしい技術のにゅ-すなど)世界公開をものにしたのだから

これは日本だけの感覚ではなくて世界観をもって知る

これまでにないアクションとキャラクター設定が、世界のバイヤーが殺到。

現在配給権はドイツ、イタリア、オーストリア、オランダ、ブラジル、中国、香港、等約20-30予定。


Image748.jpg

年末恒例らしい

俳優 原田芳雄さん宅 恒例餅搗き大会を端っこで堪能。
このもちをつくと

来年縁起をかつぐ

(誰でもまして俳優やタレントならば縁起を担ぎたいところ)

といわれる恒例行事でした。

原田さんのウキペディア

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%94%B0%E8%8A%B3%E9%9B%84

私はもちつきは小学校以来でした。

尚あまり知らなかったのですがこの行事は

毎年12月28日に自宅の庭で恒例の餅つき会を有名芸能人や

劇団・プロダクションの社長を誘って開いている。

常連は桃井かおり 江藤潤 芳本美代子 松尾貴史 佐野史郎 など。

また、妻夫木聡 柄本明 柄本佑 親子など

多くの俳優・女優・子役・タレント・歌手などが参加している。

芸能関係者の家族ばっかりが地味に潜伏している会であった。

誰かしら繋がって知っている面白さに気取らなくて勝手にしていてよく

自分の居場所を自分で見つけていられる場所でした。

ここら辺に地味に歩いているのが俳優だったりしていましたが

アレだけ普通に沢山いると

本当にいつも思うけれど

タレントとか芸人とか言われてちやほや周りがしてしまいがちだが

本当に普通の人だなって思う。毒舌になってしまうかもしれないが

よっぽど普通のOLなどの方が派手ですなあ、確かに

テレビでは商品だからいろいろ考えるけれど普通に地味です。

いろいろ面白い話を聞けて話せてよかったです。

松田龍平さん 原田芳雄さんなど出演の映画「悪夢探偵」来年みてくださいね。

http://ameblo.jp/zatoichi1/entry-10022324016.html


来年は映画『どろろ 』 

       (2007年1月27日予定・東宝・寿海・塩田明彦 監督)

       『オリヲン座からの招待状

       (2007年秋公開予定・三枝健起 監督) 公開待ちです。





また地元札幌シアタ-キノでは


「ああ、いやだ、ああああ、いやだ、ああいやだ」
『悪夢探偵』―あなたの悪夢で割引券をget!―

携帯電話で、
akumu@theaterkino.net にあなたの悪夢を送信して下さい。
返信メールに「0」が表示されていれば割引料金1000円で
『悪夢探偵』をご覧いただけます!
詳しくはキノHPをご覧下さいませ。

キノHP http://theaterkino.net/


Image754.jpg

こちら。 横浜つながりでマイキーと。彼女かわいいのよ。ハーフだけどまた私 カラオケです 二週間歌いっぱなしの。また素敵な筋の通った俳優陣にあえたコト、そして違和感なく私が居られるのでうれしい年末でした。ありがとう。

銀座の雇われママが自分の店を持つまでの過程をブログで発信

 銀座の雇われママが自分の店を持つまでの過程をブログで発信し、11月17日、「Social Salon 銀ママ」(中央区銀座8、TEL 03-3573-0188)をオープンした。

 ハンドルネーム「銀ママ」さんが自身のブログ「銀ママ~銀座のママのモノローグ」を始めたのは今年の1月10日から。雇われママをしていた店で起きたことなどがブログに綴られているが、10月中旬に独立を決め、17日間という早さで新しい店を持つまでの過程が詳しく書かれている。

 銀ママさんは会社員時代から銀座の店でアルバイトを始め、雇われママになった。ママ時代も会社勤めは続け、転職した先の会社では入社後3カ月で取締役に昇格した。

 独立を決め、銀座で物件を探したところ「景気が良くなってきていて大きいハコは空くのを待たなければいけない」状態だったという。「それなら小さくていいから早く開けようと、場所がわかりやすいこの場所にした」と説明する。

 店名はブログのハンドルネームから付けた。経営学修士(MBA)を持ち英語も堪能な銀ママさんは再度会社勤めをする気はなく、「大変なこと、つらいことは8割。嬉しいこと、楽しいことは2割。この2割の質が高すぎてやめられない。やめようと思ったことはない」という理由から自身の店を持つ銀座のママの1人となった。

 同店は1人1万円で飲み放題。「自分がサラリーマンだったので、1万円の大きさがわかる。1万円で飲み放題という安心して来てもらえる価格設定にした」という。ボトルキープは「お金を使いたい方用」に用意しているものの、基本的にお酒は焼酎、バーボン、ウィスキーなど何を飲んでも飲み放題で、カクテルもバーテンダー歴3年の女性アルバイトが働いているため、本格的なものが楽しめるという。

 現在、女性はOL、学生など13人が所属。「来るたびに違った女の子と話すことができる新鮮さを提供し、行くたびにアトラクションが変わる『ディズニーランド』のような店にしたい」と意欲を見せる銀ママさんは、今後「2店舗目をオープンするか、店舗の移転も視野に入れている。今とは違う業態、例えば飲食店などを銀座にオープンしたい」と話している。

 「前のお店の時から、余計なメールや営業の電話を一切せずに働いてきた。そのため、自分が今どこにいて何を考えているかを伝えるツールとしてブログを開設した。1カ月、店にいらっしゃらなくても、ブログを見ていただいたお客様とは濃い話ができる」とブログ開設の理由を説明。「ブログを始めたおかげでいろいろなことが起こった」と、前の店を辞める際、ブログを読んでいる顧客から反響がかなりあったことやブログを読んでから女性が面接に来ることなどを挙げた。

 12月26日が勤務初日となるあかねさんもその1人で、銀座でアルバイトすることを決めた際、他のクラブのサイトやママが書いた本などを読んだという。「でも、ママの言葉は心に響き、ファンになってしまった」ことから面接に訪れ、働くことを決めたと話す。「普通の人が普通に飲みに来られる銀座の店にしたい。堅苦しくなくお友達の家に遊びに来たような、リビングみたいな店を作りたい」という銀ママは「女の子同士も気軽に遊びに来てほしい」と笑顔を見せた。

 営業時間は19時30分~25時(23時30分ラストオーダー)。土曜・日曜・祝日休。

銀ママ~銀座のママのモノローグ

カトリーヌ・ドヌーヴ来日代表団団長に決定

伝説の名女優ついにフランス映画祭に現る。

image.net

『輝ける女たち(仮題)』より
(C) 2006 SBS FILMS EDELWEISS SRL FRANCE 2 CINEMA


平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
フランス映画祭2007開催(3月15日~20日)にあたり、

来日代表団団長に女優カトリーヌ・ドヌーヴが決定し

会期にあわせて来日することになりました。


来日代表団団長カトリーヌ・ドヌーヴ(女優)
1943年生まれ 『シェルブールの雨傘』ジャック・ドゥミ監督(1964) で

トップスターの座につき、

『昼顔』ルイス・ブニュエル監督(1967) 、

『終電車』フランソワ・トリュフォー監督(1980)などの数々の名作に出演。

近年は上映作である『輝ける女たち(仮題)』の

ティエリー・クリファ監督に

代表される若手監督(ラース・フォン・トリアー監督『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(2000)、

フランソワ・オゾン監督『8人の女たち』(2002)など)の

意欲作にも次々出演している。

文字通り名実共にフランス映画界を牽引し続ける最高のスターであり重鎮。

今回は最新主演作『輝ける女たち(仮題)』と

出演作『ストーン・カウンシル』の2作品を引提げ

1997年以来10年ぶりの来日を果たす。

カトリーヌ・ドヌーヴ出演 上映作品

『輝ける女たち(仮題)』

原題 Le Heros de la Famille 2006年仏公開
監督:ティエリー・クリファ 

出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、エマニュエル・ベアール  
配給:ムービーアイ 
2007年GW公開 Bunkamura ル・シネマ

『ストーン・カウンシル』 

原題 Le Concile de pierre 2006年仏公開
監督:ギョーム・ニクルー  

出演:モニカ・ベルッチ、カトリーヌ・ドヌーヴ 
配給:アルバトロス・フィルム 
2007年公開予定

image.net
[開 催 概 要]
名称:フランス映画祭2007
期間:[東京] 3月15日(木)~18日(日) 

   [大阪] 3月18日(日)~3月20日(火)
※横浜は3月開催を予定しております。

主催:ユニフランス・フィルム・インターナショナル

   フランス映画祭2007実行委員会

特別後援:フランス文化・コミュニケーション省 
後援:フランス外務省/在日フランス大使館/東京日仏学院

【東京・横浜】
六本木 3/15(木)~18(日)TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
お台場 3/17(土)~18(日)シネマメディアージュ
横浜  3月予定 TOHOシネマズ ららぽーと横浜

【大阪】
難波 3/18(日)~20(火) TOHOシネマズ なんば
高槻 3/19(月)~20(火) TOHOシネマズ 高槻 

●横浜&なんば会場が加わりました!●
2007年3月にオープンするTOHOシネマズ ららぽーと横浜が新しく会場になります。

また大阪では昨年高槻会場のみでしたが、難波に新しくオープンしたTOHOシネマズ
なんばが会場として加わります!

●上映作品はすべてジャパンプレミア!!●
約18作品を一挙上映。すべてがジャパンプレミア作品です!

●出演者・監督大挙来日 映画ファンがスターや監督と触れ合える映画祭●
約100人のフランス代表団が来日。

ファンがスターや監督と直接ふれあえる

Q&A、握手・サイン会を開きます。

==============================================================

実施予定内容
●映画上映(日本未公開の新作フランス映画の上映) 

●記者会見の開催 

●オープニングセレモニー(レッドカーペット) 

3月15日(木)東京・六本木会場/3月18日(日) 

大阪・なんば会場 


●ステージイベント(トークショー/Q&A) 

●アーティストによるサイン会 

●各種セミナーの開催 

●マーケットの開催

(フレンチフィルムマーケット/フレンチコンテンツマーケットを開催予定)

上映作品ラインナップ




下町っていいな。

テーマ:

懐かしく人間くさくてあったかい街人形町

日本伝統技術 伝統の生きた豆腐。本当の日本の心であると思う中の一つである

食べ物。



下町っていいな。

昼は人形町の

明治40年創業の

三代続く老舗の豆腐屋双葉へ。

2階が定食など

夜は日本酒も堪能できる老舗。

ジャンボガンモ、柚子豆腐、

胡麻豆腐なども別の店舗で販売もする。

2階の店では

豆腐料理が堪能できる。

私は揚げ出し豆腐定食。

がんも.jpg 双葉商店がんもなど
がんも~00.jpg 定食 揚げ出し豆腐

ちょっと小ぶりの定食の

ご飯おわんに

腹八分目にしては

小さいこもりででてくる

ご飯と一緒の本当に

日本の伝統である


豆腐が堪能できる。

また帰りに

豆腐専門店双葉商店さんの

店先では、

豆腐や竹とうふ、

あま酒や

おから等も

販売しています。

この双葉は

甘酒も上手い。

特製麹(こうじ)で

出来ている

Image736.jpg
甘酒プリンも売ってます。

こちらが甘酒プリンです。