日本橋 と ネット新聞

テーマ:

松竹関係になるのでしょうか?今日は結構ぐったりの。。。っていうかいつもじゃないか??の私ですが。

今日はもしブログにかいて見ていたらNGだったら教えてください・

こちらへきて初めての仕事先のかたがたと食事をした。。1か月しかはなれて(ライタ-生活中心であることといろんな意味で外をみている自分になりたいこともあるのですがすべてうまくいくとは限らない人生ですが)しかいないのにすごく懐かしく、皆さんお元気だということで、いろいろあったけれど、あまりうまくお礼も謝りもできなかったけれど、お世話になってことだけは皆さんに伝えたと思っております。

 今日 案外私は彼らに助けられているのでは?と思った。本当に、ブログみている中でいってください NG..だったら。。

日経のIR協議会の皆様に専務はじめがんばっておりますので、ときどき、思い出すことがあったら、元気だろうか?と思ってくださいね。

現在、日経はいろんな意味でダメ-ジをこうむってます。私のように日経からサンケイ、毎日、朝日といろいろ動いている人間というのはなかなか 風当たりが実は強いものですが、これだけはいっていることですあ、時々なんだよ・・・あのマスコミは。。。っていやみもいいますが、根っからではないですから、、単純なところでは、、また、ある意味余計なことに気をつかわなくてはいけなかったりで

なかなか大変ではあります。

ただ、この私の性格である、いいのだかかわるいんだか曲がったことが嫌いっていう我の強い個性が結構いいんだか悪いんだか。。。それでも いいたいこともがんがんいってしまって怒ってらっしゃるかたもいるかもしれない中で、自分というものを少しでも認めてくれているかたがたがいると今日は思ってうれしかったです。

 たぶん私の理念は、日経のかたがたIR協議会のかたがたもしかり、ネット新聞での元鎌倉市長であった竹内さんや、永田クラブの皆さんや、新宿のおもしろい人々など、サンケイでも毎日でも、決して同化しないのが私の理念であり、客観視して物事をみるさじを持つこと・・それだけも思っています。相当きついこともいいます。。書きますし・・・・・許してください。自分は本当に無知なおばかさんであるのですが。。

先日も 初対面の印象と話をして2-3時間たって意見をいう私をみて、お前のようなある意味 今までとは見たこともないような人間はいない。。。とフジテレビのかたがたがいうので、どういう意味ですか??と聞くと、

スゲえ人だ・・・といわれたが。。。それは怖いって意味なのか?くどいって意味なのか?いいことだってほめているのか?敵に回すと怖いってことか?安心できるということか?意味がわからないまま あいまいになってはいましたが、まあ、よくとろう。  その後TBSへ行き、用事が終わったわけですが。


 今日は日本橋の三越にいました。松竹関連と、食通である益子さんがイヴェントを予定しているからですが、その後、フランスの絵画展を見てきました。ベオグラ-ド国立美術館所蔵 フランス近代展です。

近代絵画なかでもフランス派と呼ばれる、キュ-ビズム後の絵画の展示には目を引くものがありましたが、一番ルノワールの水浴する女性の修正されてできた絵画は大変面白かったです。

たしかに素敵な絵ばっかりで。。そのなかでも

なぜかケンタウスの疲労した絵や、農夫とメス牛、母親と子供の絵もその素敵な絵のなかに混じって展示されていました。

色調が360度に広がったくらい作品が多様性に飛んでおり、結構よかったという感想でした。

また、ドイツのヘンケルとネスカフェのエスプレッソのところにもいってきました。


それから 中国の木でできた彫刻をみて、ヒキガエルの福袋いりの木彫をみて、布袋さんの紫檀彫刻をみておなかを触って中国の人にわらわれてしまいました。

さて、あとは 打ち合わせでほんとんど動き回っている カメラマンなどとも行動しなくてはね。。


ミーテイング入るとまったく連絡できません。


また毎日新聞の韓国流ネット新聞に関しての記事は以下です。

韓国流ネット新聞日本進出 市民記者活躍は?

 市民参加型韓国最大のネット新聞オーマイニュースが日本に進出した。
今年6月に創刊を目指す。韓国では読者が盧武鉉(ノムヒョン)大統領の支持層と重なり、同政権選挙を見守った原動力となったといわれている。この韓国流新メディアは、日本でも根付くか?

 今回ソフトバンクの提携を発表した2月22日。オーマイニュースの呉連鎬(オヨンホ)代表は、ソウルで韓国式はアイデアが面白いと言い切った。

 この会社の投資額は13億円余。市民目線による情報発信に注目した。

オーマイニュース創刊は約5年前。常勤記者は4人だったが現在は40人だという。

編集綱領に同意して登録した市民記者は現在約4万人にも上る。

中には政治家もいるほどだ。市民目線取材と、記事の感想を読者がすぐ書き込める掲示板形式が売り物だ。

 盧大統領弾劾案が国会で可決されたおととしの3月。このオーマイニュースで読者が反対集会開き

3万人動因選挙の運動にオーマイニュースは知名度を上げた。実際韓国人で知らないにひとはあまり聞いたことがない。

 原稿は主にスタッフの記事と市民記者と呼ばれるひとで構成。 イビョンソン国際部長が日本担当。

 イビョンソン国際部長は小泉純一郎首相の訪朝をスクープした記者。

ただ現在の日本でのネックは、市民参加型でマスコミとしてマスコミが受け入れてくれない。。または、取材をする上で非常に不利であることがあげられる。

 実際今回はソフトバンクが入ってきているのでその分何かスポーツでも面白いことができたらいいなと個人的には感じるし。いわゆるスポーツマーケテイングの先駆者となるのでは?と感じてはいる。

 

 韓国流は通用するか?ソフトバンクの入っている意義は?

今回私が参加している日本インターネット新聞のJANJAN。

竹内謙社長(元神奈川県鎌倉市長)は市民メディアの認知度が上がるのではといっているが

どうかな??とまたいやみをいってしまいますが。

あまり楽観しせずに。。

それは企業のえらい人よりも市民の方がよっぽどシビアだからです。

それでも皆さんがんばって低予算でやっているの様子は見ていますのでなかなかつらいところですね。

追伸 殿。。 内田春菊さんの美形さんは結構もしろいですね・ 

AD

映画の話です。

 阪本順治監督ほか、先日、著作を持たない作品の問題定義を、映画として作品上映したとか。。
「映画監督ってなんだろう」ですね
。・・

監督との以前話で迷宮のラビリンスではなく、不思議の国のアリスの話は個人的にはおもしろかった。

変わり者の分け目は不思議の国のアリスだそうですが まだ泣けない・・・
私は変わり者だとおもうけど???????

阪本監督の「ビリケン」は結構好きな映画です。吉本のころスタッフはみなビリケンさん好きだったからねえ・・


吉本の映画も今回入っているようですが、ファンタステイック映画も結構評判がよかったとかと聞いています。


また映画ですが六本木ヒルズの映画関係からキャンペーンです。

映画へ行こうキャンペーン。
HPはこちら http://www.eigakan.org/

こちらは一押し映画・・http://www.eigakan.org/movies/index.shtml


映画館へ行こうキャンペーン http://www.eigakan.org/

 http://blogcaster.seesaa.net/
こちらは東洋経済発行のまた、日経でも宣伝をしています。
また、私の参加しているネット新聞ジャンジャンも市民記者のさきがけではあります。

やっとマスコミに認識されてきたようです。

ところでカトレートというロシアの食事を知っていますか?これはロシア風ハンバーグのことです。
ひき肉をこねてはんばーぐにして、それを焦げ目がつくくらい焼いてでも、中身はふっくらとジュ-シ-はハンバーグ。そして、このロシア風ハンバーグは、いわゆるホワイトソースがついていて、たっぷり煮込んだボルシチのようなキャベツが入ったケチャップ味のスープ(チキン風味)とよく合う。
ついでにちょっと貧乏なイメ-ジが付きまとうけれど黒パンとロシアンテイプラスジャム入りで、これにカシスが入っているストロベリ-ジャムだったら大変おいしいロシアンテイが飲めるかもしれない。

体が温まります。。でももうこちらは春のようになってきていて、北国は雪でピカピカ滑っているところと、雪で解けでべちゃべちゃ雪で犬の散歩もできない状態だという。
長い日本列島・・・季節感が私の中で変わってきている。

桜の咲くころ。。。実際京都の人や東京の人だったら、3月ですよね。
でも自分がこちらに親戚がいる関係もあるので季節感はわかってはいますが、
どうも桜の咲くころってイメージが自分は5月なんです。
面白いものですね。

nikkei さま やっと文化庁動きましたね

文化庁約2万人の芸術家のデータベース構築開始

学校や地域の草の根”運動を後押ししようと、文化庁がやっと2006年度指導者として協力する意欲のあるプロ芸術家情報を集めはじめた。

全国規模のデータベースは初めてでは?

芸術家のほとんどが大都市で活動。

私の故郷北海道などの今が結構いい発展の時期かもしれません。

データベース構築は07年初めにもはじめられる見通しだ。

文化庁の芸術家の人材バンクはすでにあるようだが、全国的データベース試みは初。

文化交流という意味で発展を願いたい。

AD

プラネタリウムとか 松竹 映画ファンド著作の関係とか

実際どうも シムソンズという映画をみてからカエラちゃんがいっそう自分では親近感をもつようになったような気もしている、実際、そこですぐに出てきたのがネスカフェ。実際 よくエンタメや株やお堅い企業でもお笑いでも、すべてが何かしらくっついてつながっていることがあまりわかっていないひと、特に話をするとそれがよくわっかてくる。
実際、これから知的財産、また大きな話になってしまうけれど、経済を支える意味で知的財産の分野でのエンタメはこれから企業にも相当影響を及ぼすのは間違いないのでは?と私だけかも?にらんでいる、、また、この流行だったエンタメとくに映画などのファンド設立もどんどん今年になって盛んになってきているようだ。

 先日私は丸の内へ行った。その際映画館にプラネラリウムをつけるとかなんとか言っていて、本当は自然の方がよっぽど素敵な感じだけれど、仕方ないや、、人口雪、人口雨、人口雲・。。そんなことも可能な時代であり、そこへエンタメが入ってビジネスが成立することもあるのだから。

 そんな、エンタメではあるがコンベンション参加をした際、 http://ameblo.jp/zatoichi1/entry-10009360705.html
先日お笑いの品定めをしていた際あるかたがたと、「あははは。。」と笑ってばかりいる北海道にすごくつながりがあるプロデュ-サ-と、自分を誰か勘違いして自分の恋した女に似ているとかいつも言ってそうなプロュサ-と、とにかくこれは下品にとってもらいたくないのですが早くキャバクラへ連れて行きたい芸人とご一緒のかたがたとでの、ごちゃまぜ話に加わった私だったのだが。
そこで話をさせていただいたとき、エンタメタレント品定めのMCは エレキコミックというタレントだったのだが、なんだかその彼らの話から、もう一度飲みなおそうということになった。
そこで話をしていたのが松竹の知的財産ファンドについてだった。
私はすごく興味を引いたので話を聞いてみたが難しいところもある。。

 実際今年度のおおよその経過は定まってはいるが、以下を見てください。
昨年の今時期のファンドの例です。
こんな感じの例がいっぱいでたらいいなと思う。
また脚本の戸田山雅司さんについては結構個人的に素敵な作品を書いていると思います。


 日本初、知的財産権信託を用いた映画ファンド

 ~映画『阿修羅城の瞳』の著作権での話~

 松竹株式会社(以下松竹、本社 東京都中央区。社長 迫本淳一)は、劇場用映画の著作権信託を設定し、信託受益権を機関投資家向けに販売することによって資金調達を行うという知的財産権信託を用いた映画ファンドを日本で初めて組成する予定。

実際これは、おととし12月末に施行された改正信託業法(※1)における日本初の知的財産権信託を用いた流動化事例初となるものです。結構これは画期的なものだろうと思う。

 映画の流動化対象となる作品は、エンタテイメント作品のアクションというものを選択。映画タイトルは『阿修羅城の瞳』という映画だ。
この作品は、ここ数年演劇では絶対みにいかなくてはと言い切るほどファンが多い「劇団☆新感線」というある意味カリスマに近くなっている劇団の上映作品をスピード感とエンタメせいから、また、斬新なんですが、すごく早さが見ものだと思う作品を映画化したもので結構おたくではない若者も知っているのが面白い。
この舞台を映画にしたものです。製作は映画界ではおんみょうじブ-ムを生み出した滝田洋二郎さん。実際監督さんは、これから日本アカデミ-賞も近いですが、第27回日本アカデミー賞、最優秀作品賞に輝いた『壬生義士伝』を製作。『陰陽師』や『陰陽師 II 』なども作品には記憶に新しいところだ。
また、主演はやはり松竹。
今回が映画 初主演となる歌舞伎俳優市川染五郎。
先日ブルーリボン賞で主演女優賞を獲った宮沢りえが選ばれています。
実際松竹が配給を行い、昨年4月16日(土)より丸の内ピカデリー2他全国で公開となっている。


今回のファンドの流動化というのは、
総事業費という(製作費及び配給経費)約13億円のうち、
松竹が製作委員会(※2)で保有するファンド出資比率に応じた著作権持分を
信託設定をし、信託受益権に転換。
その上で、信託受益権の一部を機関投資家向けに主に、
私募形式という形で販売することで資金調達を行うというものだ。

実際 著作権信託の設定については、
株式会社ジャパン・デジタル・コンテンツ(※3)
(以下JDC、本社:東京都港区、社長:土井宏文)が受託者。
ここが機関投資家向けに信託受益権を販売します。

これまで映画製作という分野で、本当に外からみると映画やなんかは華やかで
本当に華やかである裏では映画界は大変な分野です。あまりそのようなことをわかっていない方が多いけれど。。仕方ない。。

ところで 松竹は、

(1)自己資金
(2)映画製作委員会方式による資金調達
(3)匿名組合方式による個人投資家からの資金調達

の3つで今まで映画などの事業資金調達を行ってきたが

この画期的な 信託スキームを活用することで

(4)機関投資家から幅広く資金調達することができるメリットを設けた。

実際エンタメ系のファンドはまだできて間もないけれど、
映画ファンドは

株式や債券、不動産等の従来の投資先とは違い、
企業業績の変動と言ったリスクから切り離されているため、
機関投資家にとって
資産ポートフォリオを多様化するための新しい投資商品となります。

 また、映画ファンドは比較的短期間で運用しうる投資先でもあり、将来的には、
信託を活用したファンドによるセカンダリーマーケット(信託受益権の売買市場)が形成されることも期待できる。

私もそうなってほしいと感じています。

エンタテイメント産業がこれにより成長しますようお祈り申し上げます。

注)
(※1)改正前の信託業法とは、信託受託財産を金銭や有価証券、動産、土地に限定していたが、今回改正されてからは、財産権一般を受託できるものとし、知的財産の受託も可能となった。

(※2)日本映画製作、アニメーション製作の資金調達でよく利用されている手法。
映画配給会社、テレビ局、ビデオ販売会社など事業に関わる複数の企業が出資。
それぞれの事業の窓口権というものを取り共同で収益をあげようとする仕組みだ。
作品の著作権は出資比率に応じて共有し、投資というよりは共同事業の色が強い。

(※3)JDCは現在、信託会社の免許を申請中であり、受託者となるのは免許取得後になる。

 概 要

劇場公開用映画
「阿修羅城の瞳」製作委員会における松竹株式会社の著作権持分を信託設定し、信託受益権を機関投資家向けに販売することによって資金調達・流動化を実施。


【投資対象(作品)の概要】

題名 : 『阿修羅城の瞳』(公式ホームページ:http://www.ashurajo.com/)
監督 : 滝田洋二郎
原作 : 中島かずき(劇団☆新感線)
脚本 : 戸田山雅司、川口晴
出演 : 市川染五郎、宮沢りえ・樋口可南子・小日向文世、内藤剛志、渡部篤郎
製作 : 松竹株式会社
配給 : 松竹株式会社
公開 : 昨年4月16日 丸の内ピカデリー2他全国ロードショー

【松竹株式会社】
所在地 : 〒105-0001 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル
設立 : 1920年11月8日
資本金 : 22,651,795,022円
URL : http://www.shochiku.co.jp/

本件に関するお問い合わせ先は:
松竹株式会社 / 経営情報企画室 TEL:03-5550-1526


ファンドの画期的な事例となったのか調べてみたいです。
AD

鳥インフルウンザでほとんどの動物肉など、食べることができなないって事もありの時代なんだろうか?鹿も鳥も牛も。。

これは豚が主な食肉となってしまうのは悲しいけれど。。


先日の ホテルオークラ 料飲部 ラベルエポックのマネ-ジャ-さん。坂口さんによると、このごろ注目を浴びていいのはウサギの肉だって話をしていた。

ウサギ??確かにヨーロッパではウサギの肉って食べることもあるのだそう。


私はウサギは田舎育ちだから、北海道札幌の昔山で グレ-色の野うさぎがいて、そのウサギがかわいくて ずっと飼っていたことぐらいしかわからないけれど、

ウサギの肉なんてかわいそうだ、、と思ってしまう。



また最近巷で レストランや居酒屋などで タッチパネルなるもの(注文を人がとらず、画面上で注文ができる」というもの)が出てきているという話だった。

実際地方からでてきたものだというが、東京でもすでにそれは 笑笑というチエ-ン点では画期的に取り組まれているようだ。実際頼めるシステムだということがお客さんの方がわかっていないことがおおく、

各テーブルにおいていあるテレビは宣伝の為だけと思っている人も多い。

実際注文してみると本当に面白い。それは、メニュだけではなくて、お皿から、タオルから、灰皿までなんでもそのパネルでできてしまうという画期的なものだ。


実際 これではまた人件費削減となって人が要らなくなるkとおも考えられるが、実際すべて 共通することは、将来にむけてのロボット開発にしょうてんが向かっているからかもしれません。


それでも人が かわいい店員が注文をとりにくる。。その子めがけて店に人がくるということもあり えるのですから、実際 ロボットだけでは悲しい気もします。

ただ。忙しくて手が回らない場合、タッチパネルは相当の威力を発揮するのは間違いないかもしれません。


とりあえずタッチパネルを 試してみたので感想まで。 


また 日経のかたがたのジョージ・クルーニー監督(「グッドナイト&グッドラック」)の広告やアン・リ-監督のインタビュ-、シガ-バ-などまた カ-リングのシムソンズも書いてくれてありがとうございました。

お礼をここでしちゃいます。

お疲れさまでした 最終フライトですね

私の親愛なる尊敬するボスであるパイロット、彼は約四十年のフライトが今年五月の定年を迎え最後となる。彼は明日死ぬかもしれないというくらいの激しいスケジュールフライトをこなしてきたし、私が人生で泣き叫んで苦しい状態のときも決して泣くな。と彼が私にいい続けてきたためか私も人に特に男性にはなかないものだとおもって生きてきたかもしれない。
とりあえずおおげさかもしれないが、彼の最終フライトの日程をいただいたのですが世界中の友人たちがお疲れさまとあなたをねぎらうことでしょう。
あまりにもやんちゃすぎ、あなたのファミリーとくに奥さんは病気になるくらい心配をかけているようだから、また奥さんに私とつきあいたいからと直接話して許可をもらってくるとあなたにいわれたときはどうしようかと私は内心おもいましたが、案の定あなたのファミリーの奥さんともすてきな息子さんらとも仲が私はいいのです。奥さんは利口なそしてあれだけ包容力のある大陸的でかつ、世界中にいるままのなかでも肝っ玉もすえているかわりに馬の牧場までつくって馬まで育て上げ、わがまますぎるボスであるあなたをきちんとすべて受け止めている奥さんや息子さんらに感謝しないといけないですよ。ほんとうに。おくさんらは私にシックネスといってたのですから。いくら命あってもたりないくらい心配をボスは奥さんにかけているんだからおとなしく定年を迎え家族と絆を深めてくださいね。
美しい年を重ねたほんとうにすてきな奥さんだから、外国人であれだけ内助の功もあるひとはいませんといいたいくらい。
またフライトにはさまざまな思いでがよみがえりますイスラエル エジプト シリアが繰り広げた第四次中東戦争。約十五年前です。私はハワイへいくのが三月二十一日だったがその日の朝までひどかった。警戒注意を成田では盛んにしていて、パイロットのボスも命がけで物資も運んだのです。石油、ガス。いつ死ぬかわからなかった状態。下手すれば誤砲という危機の中東湾岸もわたり、また約五年前のエジプトのテロについても私もイタリアローマで一時避難したエジプトからの日本人と一緒でシリア人夫婦がアメリカへ移住するのに話しをしてくれた。そんなときもフィリピン沖や戦争の火種にならない地域をボスは飛び、世界でなにか世界情勢が変われば一日でフライトがどんどん変わりおまけに部下に指示とミーティングは常時。
アメリカのテロでも危機一髪でしかし、ケネディ飛行場は閉鎖。私も部下も家族も連絡がとれなかったという状態だった。
しかしボスは世界の地理や文化世界情勢を知り、かつ、あれだけの財をなしても決して人を見下すことなくいきていたのですから。私は尊敬以外なにもありません。なかなか都合がつかず、あうことも少なかったけれど人生最後のフライトを気にしつつも体はぼろぼろ。喘息のための注射や万が一心臓に発作がおきぬよう気をつかい毎月の健康診断とフライトシュミレーション講義。刻々とかわる世界の離陸体制や世界情勢のためのテロ対策マニュアル。休む暇がまったくない状態だった。私はテロがきてコックピットに人がきた場合防御するための銃を携帯する同意書を彼らパイロットと書いています。非常にむごく非常に日本の世界一部とはまったく違うのが世界情勢であることを私自身も彼らを通じてわかったことでした。
あと数か月家族がさみしがっていますが、最後まで任務をはたしてください。
私がアメリカのあるビルのエレベーターで白人に乗車拒否をされて泣いていたときあなたボスは助けてくれたのをなんとなく思い出しましたー決して世界中の方が日本人やアジアに対して差別をしているわけではなくアメリカでもヨーロッパでも階級やエリート社会ではいろいろなことがあるようです。
一番私がたのしかったのはボスや部下そしてその仲間や家族がパーティをしたり仲間を増やしていることと敵対している中国の家族に五年もかけて家族ぐるみのおつきあいまでもって交流をはかった仕事だけではなくて人としてのあなたも尊敬します。


モデル探し

テーマ:

モデル探し

モデルやタレントを探す手伝いをしている私だが正直いってあれだけみていると(私が歩くとしてまた、カフェにいっても注文する方をじっとみていても) パターン的にきらっとする人が首都圏はすくないなあという印象を受ける。外国特にウエスタン系はプロがおおいしわりきって日本にいるので、パターン的に同じにおいと雰囲気がするため一人もみつからないー日本人の女性も雑誌のパターンからはみ出ていなく、よいなあって感じる子も部分パーツのみだった。手だけとか、耳だけとか、表情だけとか。案外みていると韓国の女性や中国系の素朴なある一定の教育をうけているまたは、国賓で日本語をならう子は素直ですれてないようだ。
実際光る原石を探すのはおもしろいものでたぶんたとえ方がかわらないが、百人でも千人でも人が道を歩いているとする。人混みでさえ 光る方は浮いて見えるというかそれ以外は視界から消えて選択されて目の前にでてくるような感じを受ける。実際はそんなことはありえない話しだが、独特の雰囲気を感じ取れたら私もたのしいに違いないなあ。


フェイス オブ パリス

夜からヨーロッパを中心に活躍しているフォトグラファー マネージャーと赤坂にてかわいい子の顔だけをのせる フェイスオブパリス というアジアからロシアからなどのアジアチームの写真撮りに同行している。
このパリス オブ フェイスはイギリス ロンドンに会社をもつ 雑誌やマスコミに影響を持つプロの写真家集団である。
私が付き添いをしているのはヨーロッパで二十五年モデルをしたあとプロのフォトグラファーになったディレクターある。そのため終日夜は赤坂にいるが
とりあえず いちおしのかわいい童顔の韓国の子に目がいったかれは、なんとか説得して顔写真をとるのを説得。しかしプロのカメラマンはすごいやとおもいつつ。このフェイス オブ パリスからモデルやヨーロッパの雑誌のオファーもすくなくないきちんとしたMODEL FIND 会社でアジアチームには日本人一人も含まれ世界各地の写真をとっている。実際フェイス オブ パリスでインターネット検索をしていただくとわかると思うが非常にすてきな写真もすくなくない。
とりあえず用をたしながら私も彼らに同行をしたいと思っている。

http://www.face-of-paris.com/

Since 2006 www.Face-of-Paris.com have been to Rise on
the Professional Models and Photographer Occupation
Around the world to give the Opportunity for anyone
Who want to be a star as top model international
catwalk such as PARIS, LONDON, MILAN, NEWYORK Etc.

Also for PhotoGrapher We have courses for Professional Occupation www.Face-of-Paris.com give for opportunity
and experience for everyone who desire to be a Professional
of Photographer

An objective of our company is training anyone and give
a chance growing to international of fashion business circle
and much more of experience by trainer who have longtimes experience from catwalk of fashion circle around the world
make your satisfied to growing up with our company together.

good news

テーマ:

good news

「カーリング娘」映画デビュー
2006年2月22日(水) 8時3分 スポーツ報知

 “氷上のカー娘。”ことカーリング日本女子代表が、銀幕デビューする可能性があることが21日、スポーツ報知の取材で分かった。女子の日本は20日、前回銀メダルのスイスに5―11で敗れ、4勝5敗の7位で1次リーグ敗退。しかし国内映画会社が、2007年3月の世界選手権の開催地・青森を舞台にした映画の撮影協力を日本カーリング協会に依頼。トリノで大活躍した「カー娘。」本人が出演する可能性も浮上した。

五輪開幕前に撮影協力依頼
 「カー娘。」は、スキップ(主将)のアユこと小野寺歩(27)と、その右腕“ユーミン”林弓枝(27)に、ご存知マリリンこと本橋麻里(19)。そして“モエ”目黒萌絵(21)に、寺田桜子(21)で構成される「チーム青森」の5人だ。1次リーグ敗退となったが、お茶の間に夢と感動と競技の醍醐味(だいごみ)を伝えた。

 その5人が、スクリーンデビューする可能性が出てきた。国内のある映画会社が、公開中の「シムソンズ」とは別の映画を企画中。日本協会関係者は「トリノ五輪開幕前に撮影協力の依頼がありました」と話した。

 現在公開中の「シムソンズ」は女優・加藤ローサ主演で、北海道常呂町が舞台。02年ソルトレークシティー五輪を目指す常呂町出身のスキップ(主将)小野寺と林がモデルだった。

 今度の映画の舞台は、07年3月の世界選手権の開催地・青森。同大会に合わせて封切られる予定だが、今五輪で予想を覆す大活躍。脚本に選手の出演が組み込まれそうなムードだという。

 都内の日本協会事務局には「カーリングはどこでできるのか」、「用具はどこで買えるのか」などの問い合わせが殺到。浦川ヒサ子事務局長は「おかげ様で日ごろの業務ができなくなりました」と、うれしい悲鳴を上げている。メダルのない「カー娘。」たちだが、人気はさらに高まりそうだ。

[ 2月22日 8時3分 更新 ]


北海道を舞台にした映画 今が旬の『シムソンズ』 2006/02/20

--------------------------------------------------------------------------------

 北海道映画関連です。

 北海道に常呂町というところがある、はるかオホーツク海側の小さな町だ。ホタテが美味しくて、建設業の人が異常に多い町ではある。実際、このまち、常呂町を「ところちょう」ときちんと呼べる人が何人いるのだろうか?

 その町を舞台にした映画『シムソンズ』が公開される。北海道人の私でも常呂町は遠い場所だ。それでも北海道生まれの私にとり、この映画は見なくてはいけないのかもしれませんね。

 カーリング。これが、この映画の題材。

 今、トリノ五輪でカーリングの試合をテレビで放送されていても、実際は雪国のスポーツってあまり知られていないものだ。

 なんだか漬物石みたいな石灰岩のような灰色のまだら模様の石の上に変なトッテみたいなものをつけ、それを氷上で動かしてその的に向かっていかに距離を出すかというスポーツであるが、実際、距離を出すために、魔法使いの映画にでも出てくるような、ほうきを使い、距離を競うという面白いスポ-ツである。そして司令塔と呼ばれる人がいて、結構そのパフォーマンスが客観的にみて面白い。しかし実際やっている方々は真剣そのものであるが……。

 そしてこのカーリングは競技人口が少なくて、そのためプロになる可能性も多く秘めているスポーツであることは確かだ。

 実際、以前エンタメ関連で仕事をした時、カーリングの選手がいて結構その話が面白かったのを私は記憶している。

 確かに、『ウォーターボーイズ』のような学園モノであり、結構面白い映画ってありますが、この映画はなんとなくなく一般的に見たことがないような聞いたことのないようなウインタースポーツを題材に繰り広げられている。その遠き北海道の遠き東の町でのカーリングによる青春女子高生の物語。その奮闘ぶりと明るさには、映画を観た人が元気になることだろう。

 でもこれの映画の題材であるカーリングのチーム名「チームシムソンズ」。本当に存在するチームで、前回の冬季五輪であるソルトレークシティーオリンピックにも出場している。現在は解散となっているようだが、今回のトリノオリンピックにも実はそのシムソンズのチームで活躍していた方が1、2名出場してるというタイムリーな話題も実はあるのだ。

 また、自分のブログに、合併した大分県中津江村の話を書いたが、実際この北海道・常呂町も実は北見市と合併する予定であるという。

 とても記念になる映画だろう。

 また、キャステイングも興味をそそる。可愛い加藤ローサ(ボーダフォンなどのCMでも有名)さんが出ている。北海道が生んだ大泉洋も出演している。ほか、藤井美菜、高橋真唯、星井七瀬、田中圭、森下愛子、夏八木勲など渋い配役でもある。

【作品参考】
『シムソンズ』2月18日からワーナー・マイカル・シネマズ板橋他全国順次公開。監督は佐藤祐市。配給元は、ドリームステージピクチャーズ+アットムービー・ジャパン+エスパース・サロウ配給(2006年日本映画/上映時間113分)。 
 『シムソンズ』公式サイト
 ワーナー・マイカル・シネマズ特設ページ

(内田佳奈子)

     ◇

特集:トリノ冬季オリンピック応援団
日本カーリング協会

おわらいコンベンション マスコミプロデューサー用参加

夜七時から首都圏のタレント事務所を中心とした三十四のプロダクションが各一組の将来を担うタレントお笑い芸人を選ぶコンベンションに参加した。
ステージのタレントも満席に近いテレビの局長クラスのプロデューサーなど約二百人がみている中でタレントをあるいみテレビや場数はこなしてはいるが新人扱いの先物買いタレント品評会のようなものだ。
私は一人素人に近い参加だが、ほかは有名プロデューサーで何しろタレントがコントや持ちネタをしたってだれも笑わないというスチュエーション。
やりずらいだろうなあと思うが大変楽しませていただいた。
たぶんあれはいちばん芸を終えたタレントのマネージャーがアンケートの結果を心待ちにしているにちがいない、
むかし札幌やそのたでタレントめざしてた子がある事務所推薦で今日のステージにいたのは驚いたが、
あれだけ高いレベルでもプロデューサーの目は三十四組のした芸で共通にわらったタレントは二組だけだった。

なんとか彼らのなかから将来のタレントの卵が生まれますように、そして私らが育てたのかタカアンドトシのしたに北海道からきちんと光のあるお笑いタレントをみつけたのしかった。

シムソンズ    キャアキャアすごかったね 大泉さん。。と アカデミー 同性愛とか人種問題とか…アカデミー賞候補に社会派作品台頭

1 シムソンズ カ-リング映画  舞台挨拶  きゃあきゃあと大泉洋がすごかったこと、、札幌の名もない
また、夜中深夜 水曜どうでしょうを初回からみている 一種のファンであるのか?そんな私でありますが
、今回 新宿舞台挨拶拝見しています、
http://ameblo.jp/moriyatch/entry-10009272077.html
舞台挨拶 模様  http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1140346483



2 私は 性同一障害に悩む人などを話を今日聞いていたので、下品とは思わないで見てください。この文を。 
 エンタメ系列では同性愛や人種問題が今年のアカデミー賞候補にあがってきており、いわゆる社会派といわれている作品でできていると聞いた。
 3月5日(日本時間では6日)に発表される第78回のアカデミー賞作品賞候補は人種問題を中心に社会的分野での硬派といわれる作品が多くしめられているようだ。
実際 今日の夜は麻布にいて、音楽プロヂュ-サ-がスタジオから途中で抜けてきて食事をしてきたのだが、偶然にもこの方は音楽ミュ-ジックCMだ製作やコンポ-ザ-といわれる種類の音楽を出しており実は、昨年こちらへ私が来た際、荷物を銀座でもってもらって愛宕までつれていってもらったお礼ができないでいたのです、
これでまたひとつ恩返しできたかな>まあ すごいエピソ-ドよ あるんだけれど、、
 ところで、アカデミ-賞。今年の映画は「ブロークバック・マウンテン」という同性愛亜についてのちょっと風当たりが強い作品に二人のカウボーイ出てくるという映画で全米では上映をを取りやめた地方が多かったという作品だが、男らしさもとうとうアメリカでもなくなりつつあるのか??
かっこいいイメ-ジ、、、

また、エンタメにもこのように社会の縮図が貴信と出てくるというのは世界中でもおもしろい傾向だ。

アン・リー監督の作品は、ゴールデン・グローブ賞などの主要賞を総なめにし、アカデミー賞でも最多8部門で候補になった作品だ。家族研究協議会のホームページは、映画を批判する文書を掲げたという。
また、アカデミー賞で過去にゲイを演じた男優の受賞などはあるものの、同性愛の問題映画に真正面から取り組んだ映画で賞を取ったことはないという。

 今日会ったプロデュ-サ-の生まれ故郷ロサンゼルスを舞台にした、人種問題を取り扱った「クラッシュ」や、私も今日も深いメディアと権力の闘いを映像化した「グッドナイト・アンド・グッドラック」など予算が画低いのにもかかわらず、高品質の作品ができているのが非常に興味を引くところだ。

 昔フロリダほかヨーロッパディズニ- スタ-トレックのスタジオなど、また 幸運にも ステージ上で特殊メイクのステ-ジを経験している私としては、こちらも営業利益を上げる作品に日本映画同様力を注いでrいるのは、少し悲しいなと感じた。
 また、スピルバ-グ監督の「ミュンヘン」ニューズウィーク、ヘラルドトリビュ-トのインタビュ-に答えているが、社会派映画の台頭はブッシュ政権が2期目に入った影響が大きく、日本でも小泉政権がなくなって 物言う人がでてくると同じように映画の物言わぬ人が主張を拡大し始めて主張し始めたのかもしれないとではと語ったとか。

 洋画も邦画もなかなか興味深い作品がありますね。

また、本日は映画の話のほか 大手町での仕事ですぐ近くであった 三井の方々とファンケルのかたがたのカップルとも ミュ-ジシャンと一緒に かもやら赤ねぎなど英会話の一緒にできたかもしれない 楽しい食事でした。