あのタクシーとの再会 おじさんのそれから 2005/05/27

 2年ほど前のこと。知り合いのお見舞いで病院へ行ったとき、タクシーの運転手をしているというおじさんと出会った。奥さんと一緒に、息子さんの診察が終わるのを待っているとのことだった。

 不思議な偶然だろうか。あれから幾度となく、彼が運転するタクシーに乗った。怪我をして歩けないとき、治って助けてくれた人に感謝したとき、仕事を達成したとき、半べそをかいたとき……。何か変化がある度に、その運転手さんのタクシーに乗りあわせるのだ。

 最近、少し太った気がして、これじゃあ……と落ち込んでいた時のこと。明日の仕事との兼ね合いで時間を節約しようとタクシーに乗ったら、「あれ?」。また、「あのおじさん」だ。

 実は3か月ほど前、朝7時半の仕事に間に合わせるためタクシーを使った際にも、おじさんの車に乗った。その時、息子さんが診断で膵臓癌の末期だと宣告され入院していると聞き、私も好きなことで仕事ができたらどんなにうれしいかと夢を語り、「気を落とさずに、お互いがんばりましょう!」と言って別れたのだった。

 「覚えてるかい?」

 「もちろんですよ。3月ぐらいに、息子さんの余命が1か月だということで、仕事も手につかない様子でガリガリに憔悴しきっていましたけど、あれからどうですか?元気を出して下さい」と、私もなかなかうまくいかない人生だけど、言葉をかけたりした。

 すると、「息子は亡くなったんだよ」

 「いつ?」と聞くと、4月の初めだそう。おじさんは半べそ。

 「息子さんは最後まで痛い思いして亡くなりましたか?でも、ご夫婦で息子さんのために精一杯したの、私、知っていますから。お若いから、転移が早かったですね」

 「家にいたら気分がよくないから、タクシーに乗って気を紛らしてるんだよ。つらいし、家内も元気だとはまだ言えないしね。タクシー再び乗り始めたのは先週からだよ。しかし、不思議なこともありますね。ことある事に、あなたと乗り合わせる」

 「そうだったんですか……。私、太っちゃって落ち込んでいます。素敵な人にも会えないし、ぐすん……」

 「太った?健康、丈夫で何よりだよ。中身を見てもらいなさい。心が不健康になってどうする!おじさんは息子の為にも、悲しい気持ちを隠して仕事をしているよ。あんたも気落ちしないで頑張りなさいよ」

 そう言われたから、私も、また強く生きなければいけないね。さて寝よう!しかし、私の「七変化」に、その節目ごとに出くわす人も珍しい。ほんと、不思議なことってあるものね。プチダイエットしてきれいになるんだ。おじさんもがんばって!

(内田佳奈子)
AD

神戸のバーと札幌のつながり 2005/05/26

bfaa137b.jpg神戸のバーと札幌のつながり 2005/05/26

--------------------------------------------------------------------------------

写真があったのですがこちらはひとつマスタ-のだけです

もし見たかったらインタ-ネット新聞ジャンジャンしてね
https://www.janjan.jp/index.php

1 ニッカ竹鶴元社長の
  サイン入りボトル

2 歌舞伎の写真と洋風の内装とが
 ミックスされていて個性的

3 歌舞伎役者の写真が
 店内にずらり。珍しい

4 画像の方です 
マスター

5 時間をかけて作ってくれた
 パイナップルのカクテル

6 店内で寝ているお客


 神戸での楽しいお酒、それもニッカのウイスキーとバーテンさんが作るカクテルの見事さに心躍った日。私が神戸を訪れた際、こんな時もないからと、北海道と縁の深いお店があるというのでうかがった店。今回は、そんなことを書きたいと思います。

 神戸にある、とあるバー。店に入るなり、カクテル選手権で名を馳せ、キャリアは既に50年近いというマスターがいる店だ。あまりウイスキーやカクテルについては知らないが、私は神戸で、どれくらい同郷関係にあったのか、ここでも偶然は重なった。

 店内の壁には、現在活躍している歌舞伎役者の祖父や団十郎の二代前のモノクロ写真などが飾られていた。カラーでない分、かえって写真をよりゴージャスな雰囲気にさせており、ジャズが流れる店内で、店の個性となっているようだった。

 何か飲みたいものは、と聞かれた私は、とりあえずウイスキーベースのカクテルを注文。ボヘミアンガラスを細工した手の込んだグラスに、丸く削った氷を入れたウイスキーの水割りを作って頂いた。

 そこで、何気なくウイスキーのメーカーを聞いてみた。神戸辺りだから、外国製かサントリーのウイスキーか?と思ったら、ニッカウイスキーとのこと。こんなところでニッカを飲めるとは思わなかったと言いました。食べ物は、やはり神戸だから牛かと思いきや、サラミを柔らかくしたようなポークジャーキーを頂いた。

 こうした私を見ていた店の常連さんが、「ニッカの社長竹鶴さんとペアでつくったんだよ。見てみな。ねぇマスター」とマスターに話をふると、神戸に来るとこちらに必ず寄る方だそうで、マスターは白いボトルウイスキーにあるサインと、マスターがわざわざ北海道の余市で竹鶴社長とペアで作ったウイスキーのボトルに、マスターと竹鶴さんのサインをしたものを私に見せてくれた。

 そして、「これ、飲んでみるかい?」と、そのウイスキーと製法が似た同年代のウイスキーを飲ませてくれた。苦味をあまり感じない、スコットランド製のスコッチのようなで、喉に負担がかからない程度の苦さが爽快。会話が弾んだ。

 そのうち、店の常連さんたちが、「あれ。あれを、わざわざ札幌から来た人のために作ってあげてよ」と言い出したので、何だろう?とドキドキしていると、生のパイナップルの中をくり貫いて、アイスとお酒、それにパイナップルジュースを混ぜ、30分くらいかけてカクテルをつくってくれた。レシピは教えてもらったけど、これは内緒。

 作ってもらっている最中に、本当は厨房に上がれないところを特別中に入れてもらい、写メールしました(ありがとうございます)。常連さんたち、「最近、あまりそのカクテルは作ってないし、新米のマスターにさせるから時間かかるよ。どれぐらい時間かかるか計ろうか?」などと冗談を言っていました。常連さんならでは、ですね。

 さて、歌舞伎役者の写真や会話を楽しんだ頃に出来上がり、おいしく頂いたこのカクテル。甘くておいしそう!と飲んだところ、サクランボもついていて、本当においしかった!ありがとうございます、マスター。マスターは、新米さんが作った大きなパイナップルのカクテルに、満足気味のようでした。

 そのうちマスターは、私にこんな話をしてくれました。「神戸の震災で、札幌の方々には大変お世話になったんですよ」と。なんでも震災後、店のために、札幌に住む知り合いのバーテンさんたちが、わざわざ手伝いに来てくれたのだそうです。

 そんな話を聞けて、私の神戸の旅は偶然が多すぎてしまうほど嬉く、幸せなことばかりでしたが、最後に、とっておきの話をしてくれました。震災のあとでハーバーランド・マティーニを作りたかった時、なんと神戸の海岸から海水をくみ、沸騰させて塩を作ってグラスに載せたそうです。驚きでした。

 ウイスキーといえば、南米では写真を撮る時の合図に、「チーズ!」というかわりに「ウイスキー!」という人がいるそう。ウイスキーというと、なんとなく祝杯をあげるイメージを持ってしまう私である。神戸の皆さん、ありがとうございました。

(内田佳奈子)
AD

景色での会話と散歩

テーマ:
景色
今日はたくさんの悩みごとがあって自分で解決しなくてはいけなかったから大変でした。そんなとき、解決が見えてきたときちょっとうれしい電話にホットすることもある。。昨日がそうだったけどね、、
 ちょっと解決が見えた夜、いつも歩くことがない場所から家に帰ることとなった。帰りに歩いてみた。
 札幌の某所としか言わないが、このあたりよくあるいていた場所なんだけれど、よく考えてみると、このあたりっていつもさっぽろながら時代にヒントを与えてくれるような要素がいっぱいあるんだって、今日気がついた。遅すぎ??かもしれないな。。
 そうそう画像の喫茶にはいったの、。、もう5年ぶりだよ。
そこで話をし、占いや自分の男の友達の話をしていた。
そしてそこにある占い本を読んだり。。。「うんあたっていると思う。」と私はおもっちゃうけどこんなところが女性的ではあるのだが。。。。
 「昨今男性をたて、女らしい女性に注目があがってきつつも。料理や家事はやる気を出すと結構、自分流味は関係なくコ-スまで作っちゃう、けれど、今はあまり作らないけど。女に対して威張りたい男ばっかりがくっついてくるようなのよね。私。そんなひとばっかりではないけど、。、」
 そういうと、「あたっているような、、、女性にもてないとか>>よわよわしいのよか??そんなんばっかり。なんでしょう?」といわれたので「この周りはね、、だからハンサムガ-ルって本にかいてあったけれどそれ目指そうとおもうんですよね。。」「おお、それがいい。」
 「男だってお金があれば 女性なんていくらでもいるだろうし。」「1番せこいのがそうじゃない男かもね、、ははは。自分を誇示したがるせこい男。でも二通りあって、、1つはこの女にお金をかけたりしても無駄だろうとおもっている人と、もうひとつは 今の段階では使う必要なしっていう男性かもね、、」
 まあそうかもね。。。たまたま、彼女のいる子に恋した子は、結構好きで好きでいられないみたい。喧嘩したときちょうどであった女性に声をかけ、ちょっと付き合ったのに、その女性がお熱だったりして、でも男性は毎日彼女の定期的な電話やメ-ルはうれしいのに、ちょっと気晴らしで手をつけちゃったおんなのこには冷たいのよねえ。。ほんと。。私なんかは聞いちゃうもの。。この間なんか、「おれ彼女いるけど飲みにいこうっていうので、ジャンじゃんのんであそんでた・・・」楽でしょう??そういってくれた方が。。
 女性に失礼だって気がするから。。まあ、いって気を悪くしたらこまるっていうときもあろうけどね。だから楽よ。。。それをかっこつけて、いかにも付き合っているような振りをするから、頭にくるわけ。
 今日聞いたら男せいは 1位 人妻、2位 ブランド容姿のいい女性、、3位 ただの馬鹿女 または友達女性などは3位なんだって、、じゃあ私も 3位くらいかな>>>??
 でも女性もしっかり順位をつけてる、、

素敵な男は、ルックス見た目ではないけれど、かっこよく見えるよっぽど素敵な男性に見える人、それは内面からよ、、ほんと。。
 
まあ そんな話をしながら。気を紛らせていましたが。。
AD

サル

テーマ:

サル逃げる??東京広尾のサル

サル逃げる??東京広尾のサル目撃事件・朝日新聞の夕刊にて東京広尾でサルが出没し逃げ回っているようだという
さるは飼われているのか?
 私の小さいころ、うちの近所といっても2-3町離れたところで、サルを飼っていた家があった。それから猿はいなくなったけれね。
あの当時は驚いた。家の中にサルがいて、天気がいいと屋根に登って首輪つけていたのですから。といっても何十年も前にちかいか?札幌の田舎の話。でも、犬や猫を買うならまだしも。。サル。びっくりだったから、近所だってまして、子供のころだもの。面白がって子供もの話題にもなっていました。
そのとき、うん、凶暴になるときがあった。それは、りんごなんだよね。だからこの記事みたときなんとなく思い出した。忘れていたけれど。。暖かい春の日、サルは名前をつけてもらっていたのだが、鎖をつながれて通る人やさわっても猿が触れないよう、かまれないよう措置がなされていた。現在だと、公園だって子供もためにも動物などしていたら困るので最大の措置を市町村がとるようだが、当時は、サルに関して保健所もたじたじだったよう。だって、猿飼っている家ないんだから。。おまけに時々くさりとって逃げちゃうし。
 私らは好奇心いっぱいの女の子だった、当時も今も。だから、ちょっとそのサルのいるうちへいったことがある、そうなるほど探検隊みたいな感じなんだろうか?今の年になると、衛生法とか、そのような類はどうなっていたのかともったりしますが。。人食い人種じゃあないですから私。。それでも サルはホントにりんごが大好きで、子供も面白がって動物園などでサルのサル山などでりんごとかあげているような感じなんだろうか>> サルは飛びついてきた。。きゃあきゃあサルの行動に子供は驚き、近所がびっくりして家に入る。まあ、あの当時ご近所がまだ、しょうゆ貸してとはいかないがそんな人と人のつながりがあった時代だったからこそ、このようにやめなさいよ。近寄らないのよ、さるおこらしたらだめと奥さん等が言って終わる。
 でもサルは怒ると牙むき出しですごい獰猛ですよね。。怖いものです。
 ただ、記憶にあるのはその飼っていたサルは、逃げる原因があって、大体いるところが決まっていた。また、飼い主の女のこが大好きみたいだったので、後をついていったような感じだった。そう記憶している。
 サルねえ。。。多分札幌の30代から40代にかけてヒントにあった話覚えていま せんか?すすきので有名なサルの脳みそを食べさせてくれる、店。私こういうのすきじゃないです。でもあったのですよね。すぐなくなってしまったけれど、話題になっていたことは本当ですから。。。誰か覚えていないかな??
 また、免疫がない衛生が徹底されている今の日本人の多くとくに子供など、衛生上問題も出てくるだろうし、サルが怖がって噛み付いり。でも子供も脅かして怖くて怒るかもしれないし、犬の狂犬病などのこともあろうし、なかなかサルの話題、不思議と私的に気になったのだった。
 でも1番驚くのが蛇ですよ。爬虫類研究所なんてあるんですから・・
なんだか白蛇ならば、なんとなくいい夢に出てきたなって茶柱がたったような感じで思うけれどねえ。。。怖いよー。
 しかしさるはどこへいったのだろうか?  

本日のカレ-

テーマ:

本日のカレ-

「笑っていいとも」に北海道出身・大泉洋さんが出演 2005/04/01

--------------------------------------------------------------------------------

 3月29日、テレビ番組「笑っていいとも」に俳優(タレント)の大泉洋さんが出演。巷では、北海道と聞いて最近連想するものにスープカレーがあるかと思いますが、「本日のスープカレー」という歌も出している彼である。

 大泉洋さんは、札幌の地元の劇団から口コミで人気が上がり、深夜番組「水曜どうでしょう」という番組で異例の視聴率を取った。その後、劇団好きな人やサラリーマンなどの男性層にファンを獲得していった。東京のプロデユーサーが目をつけ、宮崎駿の映画アニメの声優としても活躍している俳優である。最近では、テレビドラマ『救命病棟24時 アナザーストーリー』にも出演した。

 先日、日テレ系になるが、「よう」がつくアナウンサーと一緒の「ようコンビ」が登場するバラエティ番組を見た。このペアが繰り出すバラエティ番組の何とも言えない「間」の取り方が、今マイブームだ。

 また、深夜異例の視聴率を上げた「水曜どうでしょう」は、番組が始まって以来ずっと見ていた。最近そのリバイバル編が再オンエアされ、若い大泉洋さんの姿を見ることができる。特にEU諸国一周の旅の企画で、パリのエッフェル塔を目の前にして、地図広げた場面は印象的だ。なかなかいい充実した顔つきをしている。

 これからも活躍を期待したい。ただ、地元の劇団ともうまくやりながら活躍するというのは時間的にも大変だろうとは思う。

 これから期待の俳優であり、私自身はマルチプレーヤータレント略してマルプレと勝手に呼んでいる。応援したいな。

(内田佳奈子)

グリコおまけどころか あなた。。最先端の菓子会社よね、

 ライブドアの秘書 乙部ちゃんと同じデザインブログで。。ちょっと喜ぼう。。。ははは。
 まったく意図はないんだけれど、、単純に知的 美人さんと同じデザイン使用で単にそれだけ。単純に喜ぶ私です。。

  それはそうとして。。このごろあまり購入しないんだけれど、ポッキ-、プリッツあるじゃないですか。。。江崎グリコ。。ス-パ-やコンビにいくと
同じメ-カ-だけで25種類ですよ。グリコだけで、、
 そこでちょっと人の意見と話をきくと、このごろ このお菓子メ-カ- 株にはまったく変化はないんだけれど、ライブドアブログに楽天やらヤフ-載せるのもどうかともったけどまあ 許して。。
http://quote.yahoo.co.jp/quotes?SYMBOLS=2206&detailed=t

 あまりみたことのない ポッキ-類をみつつ、
ちょっと調べてみると。。。

 グリコは 医療や液晶に使用される成分の特許を取得したらしい それは
グリコ-ゲン???いやそんなことはないとは思うけれど。、。

そのため、菓子だけではなく、いま過渡期といわれている 大手企業の多様化
発展としてみた会社としては いちおしって気がするよ。


 この成分ははたしてなんだろうか>>>???
また 富山のくすり箱のようなもので お菓子ボックスもオフィスを中心として でているらしい。
 伸びそうな気配。。。そうね グリコのキャラメルのおもちゃのっけたのは 最初。。。そして いまフィギュアブ-ムで お菓子好きの世代は 30代前後 ガンダム世代。。。

なんとなく共通する部分ありそうな。。。グリコ。。

トラックバック先。。グリコの話題作

http://www.ezaki-glico.net/officeglico/


ついでにかいてしまった きじも載せようっっと、、。、

使わなくなったタバコの自販機、さて今は? 2004/08/19

--------------------------------------------------------------------------------

 使用しなくなったタバコの自動販売機を何かに使えないものか。

 オーナーの赤木さんは、友人と酒を飲んだときに閃いた。「そうだ!タバコの大きさで、自分だけのオリジナル作品を売ったり、発表する場になれば……」。元タバコの自販機は、子供のころに遊んだガチャガチャをイメージした“小さな自販機芸術劇場”に生まれ変わった。

 中に入る作品は、ビーズ、豆本、ストラップ、と多種多様。値段も自分で決めた価格。小さな小さなショーケースボックス。地方のマスコミも取り上げられていたが、約1カ月のサイクルで更新。新鮮さを売り物にしているので、売れたら作品を新しくするという。

 何が出てくるか分からないというワクワク感に、オーナーも引き込まれてしまったようだ。何を買っていくのか、誰が購入するか、オーナーや自販機を知っている方は興味深々。

 しかしこの自販機、やってみると管理が大変だったりする。売る方も面白いものを持ってくる。わざわざ仙台から作品を送ってくる方もいる。自販機の前には作品を出している方のプロフィールも載っている。

 現在、小さな作品ボックスは移動レンタルもされるという。使い道は無限である。

 そして作品の中に面白いものがある。それはチケット。大きなホールなどで催されるものには今のところ対応できないが、小さな地域型ライブや演劇のチケットを、この自販機に入れて販売するという興味深い試みだ。

 オーナーいわく、「設置しているのは現在2カ所。うち1つの設置場所はライブや演劇をするところに近いので、チケットなどを販売していくのも、これからの新しい形でいい考えかもしれない。しかし時代に逆行してアナログだけれどね。。」

 夏休み中は、ある芸術家にレンタルされ、今の場所からちょっと出張するという。また、学校祭向けのオファーが来ているというので、またまた新しい用途が期待される。

 作品同様、他にも素敵な使い道のアイデア、設置場所も募集しているという。ただし2台は現在、空き待ちだそうだ。

 この小さなボックスから、新たな芸術品が生まれてくることを期待して。。。どこかで自販機を見たら、素敵な夢が詰まっているかも。。。

(内田佳奈子)

あんかけやきそば

テーマ:
焼き窯で食べるあんかけ焼きそば
P050425_2201.jpgこれがまた大きくて安い割においしくてとろみの片栗粉がぐつぐつ煮えている感じは結構おいしそう!あんかけ専門やきそば店でとらせてもらいました!  
石焼釜を広めようと 札幌のあんかけ焼きそばやさんへといった時
いっぱい 宣伝してね。。。といわれるとねえ。。
ぐつぐつでいいでしょう??

羊肉がブームなの? 2005/05/03

羊肉がブームなの? 2005/05/03

--------------------------------------------------------------------------------

 首都圏あたりは羊肉ブームなんだろうか? 先日、テレビで盛んにラム肉ジンギスカンや羊肉の話をしていた。そこで今回はジンギスカンのお話。

 先日、札幌にある、いつも長い列ができていてなかなか入ることができないジンギスカン屋さんへ行った。炭で焼き、炭窯の下にある空気口に湿らせた新聞紙を詰めたり出したりして、火や風の微調整をしていた。そうすると火加減が変わるのだ。

 私は小さい頃からジンギスカンが大好き。においが嫌いだという方がいるが、確かにあの生臭さはトドとか野獣の肉に等しい。たれつきなどで市販されているものは、ニンニクやタマネギをつけたりして臭みを取り除き、食べやすくなっているが、生のラム肉を七輪で焼き、たまねぎと長ネギ、そして微妙な味付けの薄口たれで食べるジンギスカンはやはり格別おいしい。

 家庭で生ラムのジンギスカンをする場合、ニュージーランド産のラム肉薄切り・輪切り、そして地元の肉を使用することが多いが、輸入肉と国産肉では味も値段も違う。札幌のスーパーの相場では、国産の方が100gあたり170円から250円高いようだ(4月現在)。また合わせる野菜は主にモヤシとタマネギだが、輪切りにしたジャガイモもやコーンなどを載せると観光用に近い感じもする(これは個人的な思考もあるから断言できない)。

 それにしても、前述の店のジンギスカンはおいしかった。肉がやわらかく、また脂身もなかなかおいしく、ご飯まで食べてしまった。このジンギスカン屋さんは、観光客や男性が一人で食べにくることが多いが、若い女性にもおすすめの店だ。女性誌や全日空の機内誌にも掲載されたことがあるので、女性客が増えるのは時間の問題だろう。

 また、ジンギスカン以外にも韓国の岩のりや鱈の胃を漬けたチャンジャという辛い漬け物(コリコリした歯ごたえ)、自家製キムチ(味はさっぱり目)がある。そして、おなかがいっぱいで食べられないかも。。。と少し焼けすぎたラム肉とライスが残っていたのだが、店員さんがジンギスカンのたれと肉をごはんの上に載せて熱いお湯を注いでくれた。ジンギスカンのお茶漬けみたいな感じでなんだかおいしかった。

 ジンギスカン(羊の肉)が人気なのは、次の日、胃にもたれず、カロリーが低くて鶏肉に近いという点からではないだろうか。

 私の小さい頃のジンギスカンの思い出といえば、炊事遠足である。おにぎりと水筒のお茶、そして分担して各係が肉や野菜を持ち、鉄やスチール製のジンギスカン鍋に大きな羊の脂身を鍋全体に回して、野菜と肉を焼く。私は外で食べる時は肉を焼き過ぎた方が好きで、よく鍋が焦がしてしまう。食べ終わってから鍋を洗うのが至難の技だったが、川や海やキャンプ場で食べると格別である。

 ちなみに、こういう時にはジンギスカン派と豚汁派に分かれるのだが、最近はこれに鮭のちゃんちゃん焼きが加わっているようだ。とにもかくにもラムは人気者。ジンギスカンがブームになり、これからは全国で食べることができるのだろうか?

(内田佳奈子)
1f9fe941.jpgおいしいお酒ができたときの目印「酒林」 2005/05/13

--------------------------------------------------------------------------------

 千葉県の成田を訪れた時、なんだか蜂の巣みたいなものが目に飛び込んできた。今まで気付かなかったものが目に入ると視野が広がる。こんなに素敵なことはない。

 「え?こんなところに酒?? 初詣で賑わって日本酒の店?」。そんな気軽な気持ちと、蜂の巣のような枝の塊。。。寒かったのでちょうどいい、「ちょっと暖まろう」と子供が甘酒を飲むような感じで試飲させてもらうと、そこは成田の名酒「長命泉」という日本酒を売っているお店だった。

 私を迎えてくれた従業員さんは、日本酒好きが高じてこの店に入ったという。そして、気軽に“木版 蜂の巣”について教えてくれた。

「これはね、酒林(サカバヤシ)と言って、新しくお酒ができたときにあげるスギの木を固めたものですよ」
「へえ、あのワインのボージョレヌーボ新入荷見たいな感じですかね?」
「そうかもしれないですね。これを目印に、毎年おいしい酒が飲めるのですよ。春にこんな色でしょう?今は枯れた感じだけれど、これが年末になってお酒ができるころ、このスギの色は青青としているんだよ」
「色が変わっていくというのも素敵ね」

 そんな素敵な酒林を見て、このお酒「長命泉」に興味を持ち、ボトルなどを見てみたいとさらに店内へ。そこで見たのは、巨大徳利に入った「長命泉」。これは成田という土地柄、外国人に人気があってお土産率が高いという。

 そして、この店のオリジナルラベルが貼られた「長命泉」もあった。最近、口コミで広がって、お土産としても贈答としても人気であるという。人気の秘密は名前によるところもあり、長い命の泉だから父の日や退職祝い、おめでたい時に注文が多いのだそうだ。

 毎年、成田山の参拝客で賑わうころ、このお酒ができる。酒づくりの過程で出る“酒かす”が大変おいしくて、お客さんに「長命泉の酒かすを使用すると、ほかの酒かすは使用できない」と言われているそうだ。私が訪れた時期は、酒かすはなかったので残念だった。北海道では、酒かすと言えば石狩鍋。。。

 そんな成田の名酒「長命泉」どうですか? 父の日にプレゼントすると喜ばれるかもしれないですね。


 清酒「長命泉」
 醸造元 株式会社 滝沢本店
 発売元 株式会社 藤屋
 千葉県成田市上町513
 0476-22-0017(代)

(内田佳奈子)