蔵王エコー山荘合宿プラン  

陸上・サッカー・ラグビー・スキー

ご予約お待ちしております



エコー山荘紹介

  • 02 Feb
    • 本日の蔵王

      噴火警報レベルが引き上げられてから3日、蔵王のスキー場はさぞかし閑散としているのではと心配されている皆様へ、本日のスキー場の状況をお届けします。まず、噴火とは基本関係ありませんが、昨日に続き今日は絶好のスキー日和、最高の天気でございます。この絶好のコンディションの中、蔵王ライザスキー場では、地元の中学校や高校のスキー教室が予定通り実施されております。この他にも大学スキー部の合宿や一般のお客様もいらしておりました。さすがに山頂方面へ向けて樹氷原をトレッキングするツアーはやっていなかったようですが、ライザスキー場も蔵王スキー場も、「スキー場」として管理されている範囲内の動向は、これまでと全く何も変わりがございません。噴火したとしても、噴石等が飛散するのは想定火口域から最大で1,2キロという気象台の観測、どのスキー場も関係のない場所です。スキー教室も合宿も、中止にする理由はどこにもありません。元々こうした警報は安全の為に大事を取って大袈裟に発表するものです。それでもスキー場はもちろん、当館も温泉街も警戒区域とは遠く離れた位置関係になるのです。メディアやマスコミの煽りに惑わされず、正確な情報を把握し冷静にご判断ください。

      2
      テーマ:
  • 31 Jan
    • 蔵王山の噴火警報について

      昨日1月30日、仙台管区気象台より、宮城県と山形県にまたがる蔵王山(1841メートル)で小規模な噴火が起きる可能性があるとして、噴火警報(火口周辺)が発令されました。全国的にも大々的なニュースになっており、今後の宿泊予約をされている方には、心配されている方もいらっしゃると思います。当然だと思います。しかし警報の内容をよくご確認ください。実際の規制区域は現在の火口周辺のみであり、新たに火口になりそうな場所からおおむね1,2キロの範囲で大きな噴石が飛んでくる可能性があるというものです。この1,2キロというのが地図上でどの程度の範囲なのか・・・、下記をご覧ください。青線の範囲が今回立ち入り規制がかかった範囲です。ここは夏期はエコーラインも観光道路として利用され、美しい景勝地として観光客で賑わう区域ですが、冬期は元々通行止めとなり、今この時期にここの規制区域に立ち入る人などまずいない場所なんです。行きたくても行けません。もちろん居住者などおりません。今哺乳類が居るとすれば、カモシカかせいぜい冬眠中のクマくらいでしょうか・・・。一番近い居住者でも、規制範囲の淵から2キロ以上離れています。従ってこの警報自体がいったい誰に向けられた警報なのか、地元では正直首をかしげるような状態なのです。蔵王スキー場もライザスキー場も、そしてもちろん当館も、規制区域からは遠く離れた場所にあるのです。ちなみに下図は3年前の警報の際に使われたハザードマップです。規制の範囲は今回と全く同じ、そして当館は左寄りの赤矢印に位置しています。規制範囲の淵からでも直線距離で4キロ、想定火口域の中心からは6キロほど離れています。気象台の観測が100%正しいと仮定するならば、今回の警報で過剰に不安を抱く必要は全くないのです。仮に噴火しても、噴火想定域は全て山の尾根の東側、つまり宮城県側、火砕流や泥流が発生したとしても、山形県側に流れてくる事はまずありません。そして噴石が6キロ飛んでくるか???先日の白根山や4年前の御嶽山で、どれほどの距離まで噴石が飛んだのかご存知でしょうか?火山噴火に因る噴石の飛距離は平均で2キロ程度、いくつかの例外を除いては最大で5キロ程度までと言われています。白根や御嶽もだいたい2キロ程度でした。ですから、蔵王の場合は過去の事例や様々な観測データから、今回も火口想定域から1,2キロという判断になったのでしょう。蔵王山の噴火想定域と当館の位置関係は、ちょうど鹿児島の桜島と市内との位置関係近い距離感です。今でも度々噴火し噴煙を上げている桜島があっても、市内に噴石が飛んできたという話は聞いた事が無いですよね?風向きによっては火山灰に覆われた事は過去何度かありましたが。桜島は現在「噴火警戒レベル3」です。蔵王より一段階上です。それでも「危険だから鹿児島へは行くな!」となっているでしょうか?「蔵王山で噴火警報」と聞くと、「蔵王」と名の付く場所全てが危険であるかのように報道されてしまいますが、現実はこういう事なのです。相変わらずマスコミの報道の在り方には大きな問題がありますね。もちろん自然が相手ですから、いつどんな災害が起きるかわかりません。想定以上の歴史的大噴火が絶対に起こらないとは言い切れません。「当館にまで噴石が飛んでくる事など100%あり得ない!」などとは言えません。しかしそれを言い始めたら、温泉と地震と火山が到る所に存在する日本列島、どこにも安心できる場所などないのではないでしょうか?ちなみに昨日と今日、蔵王スキー場とライザスキー場で「第54回東北中学校スキー大会」が開催されましたが、昨日の噴火警報をうけても、今日のレースはすべて予定通りに何事もなく実施されました。私は役員で蔵王スキー場に行っておりましたが、ゲレンデには大会の選手、役員、応援保護者だけでなく、県外からの修学旅行生も沢山いて、皆存分にスキーを楽しんでおりました。こんな感じです。予約もキャンセルも、最終的に判断されるのはお客様ご自身ですが、出来る事なら過剰反応せずに正確に情報を把握されてから判断していただく事を切に願うばかりです。樹氷のライトアップ、天候が良ければ最高にキレイですよ~。なお、来週末の連休期間ですが、10日、11日と超満館で予約を頂いておりましたが、やはり早速昨日今日と数件のキャンセルが入りましたので、若干ですが今ならお部屋が空いておりますよ~。

      テーマ:
  • 31 Dec
  • 13 Sep
    • 早稲田大学競走部 今年も合宿に来てくれています

      昨年に引き続き、今年も早稲田大学競走部長距離ブロックのAチームが、当館へ強化合宿に来てくださいました。ありがとうございます!本日午後に到着し、只今早速坊平アスリートヴィレッジにて初日夕方の練習を行っております。来月の出雲駅伝、11月の全日本学生駅伝、そして正月の箱根駅伝に向けて、いよいよ仕上げと調整のための最終3次合宿の始まりです。当館(蔵王)での合宿は16日までの4日間のみですが、その後は昨年同様岩手へ移動し、計2週間ほどの最終合宿行脚となるようです。昨年同様、選手の皆様にとって実り多い合宿となるよう、当館スタッフ一同精一杯サポートしたいと思います。

      2
      テーマ:
  • 31 Jan
    • 全中直前調整合宿として長野県チームの皆様にご利用頂きました

      今年の全国中学校スキー大会は、山形県は最上地方の赤倉温泉スキー場にて、2月3日から5日まで開催されます。その為の直前合宿として、(全員ではありませんが)長野県代表チームの皆さんに、27日~昨日30日までの3泊でご利用頂きました。長野県と言えば、北海道と並ぶスキー王国、山形も王国を自負したいところですが、正直今は長野県の遥か後塵を拝しています。今回の合宿参加者にも全中で上位入賞を伺える選手が沢山、中には昨年2年生ながら優勝した子もいました。今年は2冠を目指すとの事。是非とも達成して欲しいですね。練習は例によってお隣の猿倉スキー場で。(私の息子達の所属する)地元スポ少と協力しながらバーンを共有。コーチのお話によれば、とても良い練習が出来たとの事。最終日30日は残念ながら雨の為に無理をせず練習は取り止めとなってしまいましたが、2日間とも充実したトレーニングになったようです。全中、インターハイ、国体など、全国規模の大きな大会の場合、どこのチームも開催地の近くで調整合宿を実施したいものですが、ポールをセットさせてくれるスキー場は意外と少ない。一般のお客様の事があるので、スキー場は結構嫌がるのですが、ここ蔵王猿倉はほぼ競技専用のバーンがあるのでこの様な練習も出来てしまうのです。こうした大会前の調整合宿はもちろん、通常の強化合宿や内輪の競技会開催なども、当館と猿倉スキー場ならば柔軟に対応できてしまいますよ。

      2
      テーマ:
  • 31 Dec
    • 蔵王エコー山荘は早稲田大学競走部を応援しています

      いよいよ明後日です。年末年始のお客様がいらっしゃる改装直後の山荘ロビー内に、『早稲田大学 箱根駅伝 応援コーナー』を作成。彼らにはこの声は届かないと思いますが、それでも私達は2日間、画面にかじりついて精一杯の声援を送りたいと思います。頑張れ!早稲田!!

      テーマ:
  • 28 Dec
    • 打倒青学の一番手 がんばれ早稲田大学!!

      箱根駅伝まであと5日。青学の三冠&三連覇阻止の最有力校として、大一番に向けて順調に仕上がっている様子。2017年の箱根を面白いレースに出来るのは、相楽監督率いる早稲田大学であると確信しています。http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161227-00010003-sportiva-spo&p=1

      テーマ:
  • 06 Nov
    • 全日本大学駅伝 早稲田大学大健闘!!

      最終8区逆転され惜しくも2位とは言え、低調な前評判を覆し近年久方ぶりの大健闘!箱根に向けて更に調子を上げて、8週間後にはもっとワクワクドキドキさせて欲しい。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161106-00000133-sph-spo

      1
      テーマ:
  • 14 Sep
    • そして当館にも遂にあのチームが・・・

      続『夏合宿』7月~8月と、陸上やサッカーなどたくさんのチームの皆様に合宿地としてご利用いただきましたが、9月に入っても合宿ご利用はまだまだ続きます。9月9日、重陽の節句のこの日から、早稲田大学競走部長距離ブロックの皆様が4泊でご利用くださいました。しかもこの中から出雲、全日本、箱根のメンバーが選ばれるというバリバリのAチーム。坊平アスリートヴィレッジ自体には、東洋大はじめいくつかの箱根強豪校が以前からご利用頂いておりましたが、残念ながら当館を使っていただく事はありませんでした。もちろん箱根出場校だけが陸上部でもなく駅伝チームでもないですから、他の高校や大学チームの皆様と特別違う対応をする訳ではないですが、まぁ正直な話、受け容れる側のテンションが少々上がってしまうのは事実です。ともかく、今回こうして来たる駅伝シーズンに向けての強化合宿地として蔵王を選んでいただき、中でも当館を滞在先として選んでいただいた事は何ともありがたい話です。沢山写真撮らせて頂き、ブログUPも一向に構わないという事でしたので、遠慮なくハイライト画像をUPさせて頂きます。初日到着後に、私の友人で市のスポーツ振興課の担当者から差し入れと歓迎のご挨拶。皆さん正装でいらっしゃったので、ラフな格好してた私が恐縮してしまいました・・・一流アスリートは礼儀や言動もさすが一流・・・。フルーツ盛りだくさんの街『かみのやま』。洋梨とぶどうを頂戴しました。ありがとうございます。初めからこんなノリです練習風景も練習の目的や意識を明確にし共有するのは大事ですね。走るばかりが練習ではないようです。ストレッチにも余念がありません。長距離はあまり筋肉を付けるべきではないと認識していましたが、決してそうではないようです。皆さん素晴らしい肉体しておりました。まさにサラブレッドの様なおみ脚もちろん走ります。ひたすら走ります。当館からアスリートヴィレッジまでは4,5kmほど。走って移動できる距離ですが、本来予定の練習メニューと異なる内容になる事が多いので、基本はご要望があればトラックでもクロカンコースでもどこへでもマイクロバス送迎で横付けしますこんな感じで・・・。自分の身体一つなら走って移動もアリでしょうが、結構たくさんの荷物が付随しますから、中途半端な距離を歩いたり走ったりで移動するのは実際相当大きな負担、時間ももったいない。アスリートヴィレッジから少々離れているという当館のデメリットも、これであれば何も問題ない、むしろかえって選手やマネージャーの皆さんにとっては動きやすくなると思います。そしてお楽しみのご夕食。決して変顔選手権ではありませんノリノリです何度も言いますが、箱根走るかも知れない人達です当館が日頃から何かとお世話になっている果樹農家さんが滞在中たまたまいらして、自家製のリンゴ、ラフランス等のジュースを差し入れてくださいました。甘くておいしかったみたいありがとうございまぁ~す。長距離選手はそれほど食事量は多くないと思っていましたが、早稲田の皆さんはよく食べます 当館も食事メニュー、特に量とバランスに関しては相当考え最適なお食事を提供するよう努めていますが、出されたモノは毎回ほぼ完食!当然それにプラスしてサプリメントやプロテイン等々・・・。少々驚きでした。そんなこんなの5日間もアッという間に過ぎ去り、9月13日、いよいよ次の合宿地へと向かう日、お約束の集合記念写真。まじめバージョン『ZAO』だからという事で、『両手でZ』バージョン。そして最後のお別れ。本当に名残惜しいですが、出雲、全日本、箱根に万全のコンディションで臨める様、残りの合宿期間も、所沢に戻ってからの合宿所生活も、ここで見せてくれたストイックな姿勢を崩さずに頑張ってもらいたい、皆様の活躍と健闘を祈りたいと、本当に心からそう思わせてくれる心身共に素晴らしいアスリート達でした。画面にかじりついて応援しますよそして来年以降も是非ともまた合宿に訪れて頂きたいです心からお待ち申し上げております。

      1
      テーマ:
  • 09 Sep
    • 夏合宿ご利用状況 その2

      夏合宿報告の続きです。8月上旬、坊平クロスカントリー大会の出場に合わせ、栃木県の陸上チームの方々が1泊でご利用くださいました。残念ながら写真を撮るを忘れていましたが・・・。きっと来年もご利用くださると思いますので、その時に改めて写真をUPします続いては・・・、同時期、福島県の高校陸上部の皆様が2泊でご利用いただきました。こちらの陸上部は3年前からご利用いただき、今年都合3回目のご利用。顧問の先生が他とは違う当館の食事を大変気に入ってくださっているようで、なんともありがたい事ですね。入れ替わりで某大学の軟式野球部の皆様が50名程で2泊ご利用頂きました。夜が大変賑やかでございました こちらは残念ながら集合写真を撮るチャンスがありませんでした・・・。ご家族、グループのお客様で賑わったお盆をはさみまして、盆明けの週には県内の駅伝チームの皆様が10名程でご一泊。こちらも2度目のご利用。またまた画像はありませんが、恐らくまた近いうちに来てくださることでしょう???8月の下旬にはお隣宮城県からサッカースポ少の皆様が1泊でご来館。自慢のイベントパークは残念ながら濃霧の為に使えませんでしたが、念の為に予約してあった体育館でのフットサル練習と、翌日は地元上山のチームとの練習試合で充実した2日間となったようです

      テーマ:

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
AD

プロフィール

蔵王エコー山荘

誕生日:
1983年4月1日12時頃
お住まいの地域:
山形県

読者になる

お気に入りブログ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。