小田急町田駅北口から徒歩3分!北海道のうまいからげ!
ザンギの専門店【北海道ざんぎ屋旭】です!
お持ち帰りメニューはこちらからご覧ください。
ご注文・ご予約は  042-722-7840
11:30~21:30  無休(不定休)
アクセスはこちら    www.zangiya.com
【店主のオススメ記事はこちら】
・フジテレビ・スーパーニュース特集
 
「ざんぎ屋物語」  現在、連載中!  
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-02-07 08:24:51

008☆チャンスの女神は前髪しかない

テーマ:☆ざんぎ屋物語☆2010年~
その日も子供を連れて夫婦3人で町田で物件探しをしていた。テナント募集の看板を探しながら原町田界隈をふらふら歩いていた。不動産屋を見つけたら入って物件がないかと聞いて回った。とにかく手当たり次第って感じだった。ツテや紹介など全くないからだ。たいていはお茶を濁すような返事か、僕たちの希望とはかけ離れた高額な家賃の物件を紹介される。ふらふらと第二踏み切りまで歩いてきた。そのまま渡ってまっすぐ歩く。ざんぎ屋の横を通り過ぎたが、当時ざんぎ屋が空き物件だとはその時気づかなかった。それもテナント募集の看板がまだ張られていなかったからだ。ざんぎ屋の先に不動産屋を見つけ、物件がないか聞いてみる。地元のアットホームな不動産屋で、社長さんが直々に話を聞いてくれた。

社長「どんな商売したいの?」

ざんぎ屋夫婦「お持ち帰りでから揚げ屋をやろうと思うんです。」

社長「からあげのお持ち帰り?珍しいねぇ。流行っているの?」

ざんぎ屋夫婦「いや、流行ってる訳じゃないんですけど、北海道の唐揚げでざんぎっていう・・・・・(ざんぎの説明、以下省略)」

社長「ざんぎ?へぇ。商売やったことあるの?」

ざんぎ屋夫婦「ないんです。初めてなんですよ。夫婦で頑張ってやりたいなぁと思って。」

社長「そうなの。いや、今ちょうどカギ返しに来たばかりの物件があってね、初めての商売やるのにちょうどいいと思うのよ。」

ざんぎ屋夫婦「あ、そうなんですか。」

社長「そこでさ、まず商売やってみたら。」

ざんぎ屋夫婦「物件見せてください。」

こんなやり取りをしたのを覚えている。社長は長年不動産屋をやっていろいろな商売を見てきただろうし、自身が不動産屋を経営してきた経験から、いろいろとアドバイスしてくれた。
初めての商売だったら、まず小さく始めた方がいい、ということ。3年間は頑張って続けろ。そして、その間に周りをよく観察して、商売のコツを掴め、という事だった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。