宣伝リレーシリーズ23

テーマ:
都営大江戸線・東京メトロ丸ノ内線『本郷三丁目駅』から歩いて約5分、東大生の通学路でもある本郷通りを東大赤門に向かう途中で、スープ専門のお店のおいしそうなメニューが出ている看板が登場しました。

{FA65B978-504E-416A-9678-A3ABF11328AD}

お店は小さなビルの2階にあり、入り口はアンティーク雑貨店のような木製の外観がおしゃれでステキです。

{623FE3F0-65F8-43F7-8410-4AAF73D5DD07}

年月を経た木のぬくもりを感じる白い壁の階段がすてきだわ!
トコトコと登って、ドアを開けると店内から美味しそうなスープの香りが漂ってくる。お腹がぐ~ぐ~と鳴りそう・・・笑
店内は、細長いスペースで白を基調とした配色の中に置かれたテーブルとイスからは木のぬくもりを感じられ、それほど広くないのに開放感があって居心地も良さそうです。
ここで面白い発見があります!

{958357FE-CC5E-4C22-B1BA-628E48ED8F4E}

壁一面に白いボードが掲げられていて、このお店を訪れたお客様からのメッセージやイラストがたくさん書かれています。

{6B23A968-9788-425F-9526-4A5358EAA7E7}

{05B3ADF4-803C-44EB-A560-04E1B31F9AD7}

このお店は株式会社スープアンドイノベーション(長野県)が運営するスープ専門店「ベリーベリースープ」と提携して「優しい気持ちになれるスープ」をメイン商品として提供していますが、それだけにとどまらず、ろう者(重度の聴覚障害者)も聴者も関係なく交流を図っていく中で新しい考え方を生み出す知的食空間、そして知的食を通して手話空間を楽しむ場を提供しています。
自身もろう者である柳オーナーは、障害者が自立して働ける社会の実現を目指して、2011年12月にこの本郷店をオープンしました。そして、2016年4月には二号店となる春日店もめでたくオープンして、どちらのお店も連日の賑わいを見せています。

スタッフはろう者も聴者も「日本手話」や「書記日本語(筆談)」を公用語とする「手話者」ですが、手話がわからないお客様はメニューを指差して注文したり、ホワイトボードや筆談ボードで筆談しながら会話することができます。
生き生きと働いているスタッフ一人一人の笑顔もステキで、暖かみがあって癒される食事を楽しめます。

私は「サーモンと鶏肉のクリームシチュー」を注文しました。マイルドでクリーミーな味で美味しかったわ♪
女性一人でもくつろげる空間もいいです(*´∀`*)
ぜひ一度訪れて味わってみてはいかがでしょうか。



柳オーナーのメッセージ

Social Cafe Sign with Me(ソーシャルカフェサインウィズミー)

■本郷店■
・営業時間
   月曜 11:00~17:00 
   火~土曜 11:00~20:00 
   [休・祝日]
   8:00~19:00(LO18:30)
   ※連休の中休みは20:00クローズ 
   朝食営業、ランチ営業、日曜営業
・住所 〒113-0033
   東京都文京区本郷5-23-11 野神ビル2F
・交通手段
   東京メトロ丸の内線、都営大江戸線「本郷三丁目」駅から徒歩5分。
   本郷三丁目駅から200m

■春日店■
・営業時間
   月曜 11:00~17:00 
   火~土曜 11:00~20:00 
   [休・祝日]
   8:00~19:00(LO18:30)
   ※連休の中休みは20:00クローズ 
   朝食営業、ランチ営業、日曜営業
・住所 〒113-0033
   東京都文京区本郷4-15-14 区民センター1F
・交通手段
   交通:丸ノ内線・南北線後楽園駅5分 大江戸線・三田線 春日駅1分


{98EEA058-EFA2-4CB3-A960-F18AAEF11896}

※最後に「残夏-1945-」の置きチラシにご協力いただきました。どうもありがとうございました。

AD
「残夏-1945-」出演者メッセージ動画🎥

今回は宮崎陽介さんです!


主に舞台を中心に活動していらっしゃる宮崎さん。
趣味はスノーボード🏂 お名前のように陽気で明るいお人柄で、座組の癒しキャラになられています(^-^)

「残夏-1945-」で演じるのは、第二次世界大戦中に怪我を負って退役した軍人、倉田徳彦(倉さん)。
主人公の夏実の祖父母にあたる聾者(ろうしゃ)の夫婦を偏見無く支え続けた、心優しい人物です。


ーーーーーーー
公演『残夏-1945-』
会場 座・高円寺1
演出:野﨑美子 脚本:米内山陽子
出演:五十嵐由美子、日野原希美、渡辺英雄、貴田みどり、砂田アトム、西田夏奈子、宮崎陽介、雫境、大橋ひろえ

7月5日(水) 19:00
7月6日(木) 19:00
7月7日(金) 13:00☆◇ / 19:00◇
7月8日(土) 13:00☆◇
7月9日(日) 13:00

◇印公演(7/7の13時と19時・7/8の13時公演)=視覚障害者のための音声ガイド&舞台説明会あり。お申込・お問合せはJ-Stage Navi(TEL03-5912-0840)まで。
☆印公演(7/7・8の各13時公演)=託児サービスあり(対象:1歳〜未就学児/定員あり/要予約/料金1,000円)。観劇日の1週間前までに、劇場チケットボックス(TEL03-3223-7300)までお申込みください。

チケット(全席指定)
一般 4000円
シニア・学生 3500円
※シニアは65歳以上、学生は大学生以下(要学生証提示) 
ご購入後のキャンセル・変更はできません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

聞かせて下さい、あなたの手に残された夏を——
〈手話×日本語〉〈聴覚障がい者×聴者〉で贈る母娘の物語

■作品解説・みどころ■
サイン アート プロジェクト.アジアンは〈手話×日本語〉と〈聴覚障がい者×聴者〉のコラボでプロフェッショナルの演劇を創って12年目です。
過去にミュージカル、ストレートプレイ、朗読など幅広く上演してきましたが、
今回の『残夏-1945-』は、昭和20年に広島と長崎で被爆した聴覚障がい者を中心に取り上げたお芝居です。
これは聴覚障がい者俳優と聴者俳優との言葉を超えた演技です。そして、聞こえない役は聴覚障がい者の俳優が演じているため、リアリティがあり観客の心へダイレクトに伝わります。
なかなか観たことのない演劇スタイルなので是非ともその目でお確かめ&お楽しみ下さい!

■残夏-1945-ホームページ
■チケット申込フォーム
■残夏-1945-のブログ
AD
「残夏-1945-」出演者メッセージ動画

今回は渡辺英雄さんです!


声優・ナレーターとして数多くのアニメやゲーム、洋画吹替などを行われている渡辺さん。
ご本人のブログでは、今年3月に生まれたばかりのお子さまへの子煩悩ぶりがうかがえます😊

「残夏-1945-」で演じるのは、主人公:逢沢夏実の元夫で手話通訳者の沢口好継。
家族との関係に悩む夏実と対照的に、娘の結と密かに良好な交流を持ち続けていた好継。
仕事のパートナーとして夏実と再会した後、家族に対して素直になれない彼女にそっと寄り添い見守っていく役どころです。


ーーーーーーー
公演『残夏-1945-』
会場 座・高円寺1
演出:野﨑美子 脚本:米内山陽子
出演:五十嵐由美子、日野原希美、渡辺英雄、貴田みどり、砂田アトム、西田夏奈子、宮崎陽介、雫境、大橋ひろえ

7月5日(水) 19:00
7月6日(木) 19:00
7月7日(金) 13:00☆◇ / 19:00◇
7月8日(土) 13:00☆◇
7月9日(日) 13:00

◇印公演(7/7の13時と19時・7/8の13時公演)=視覚障害者のための音声ガイド&舞台説明会あり。お申込・お問合せはJ-Stage Navi(TEL03-5912-0840)まで。
☆印公演(7/7・8の各13時公演)=託児サービスあり(対象:1歳〜未就学児/定員あり/要予約/料金1,000円)。観劇日の1週間前までに、劇場チケットボックス(TEL03-3223-7300)までお申込みください。

チケット(全席指定)
一般 4000円
シニア・学生 3500円
※シニアは65歳以上、学生は大学生以下(要学生証提示) 
ご購入後のキャンセル・変更はできません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

聞かせて下さい、あなたの手に残された夏を——
〈手話×日本語〉〈聴覚障がい者×聴者〉で贈る母娘の物語

■作品解説・みどころ■
サイン アート プロジェクト.アジアンは〈手話×日本語〉と〈聴覚障がい者×聴者〉のコラボでプロフェッショナルの演劇を創って12年目です。
過去にミュージカル、ストレートプレイ、朗読など幅広く上演してきましたが、
今回の『残夏-1945-』は、昭和20年に広島と長崎で被爆した聴覚障がい者を中心に取り上げたお芝居です。
これは聴覚障がい者俳優と聴者俳優との言葉を超えた演技です。そして、聞こえない役は聴覚障がい者の俳優が演じているため、リアリティがあり観客の心へダイレクトに伝わります。
なかなか観たことのない演劇スタイルなので是非ともその目でお確かめ&お楽しみ下さい!

■残夏-1945-ホームページ
■チケット申込フォーム
■残夏-1945-のブログ
AD

宣伝リレーシリーズ22

テーマ:

5月18日、三鷹駅前コミュニティセンターにて、

「JapanDeafLanguage」こと、「じゃでら」(第一第3木曜、19時15分〜21時開催)

に、参加しました。


ろう者が普段使っている本物の手話を尊重します。

地域や既成の団体の枠を超えて、ろう者が出会える「たまり場」です。

そこに参加する聴者が少しずつ本物の手話を習得できればいいなあと考えます。


じゃでらの理念、ホームページより引用、、素敵ですね。

笑顔が素敵なじゃでらスタッフの看板娘v

 

本日のゲストは「残夏」にもご出演のろう女優 五十嵐由美子さんです!

テーマは、『演劇を通して』

ご自身で歩く道を切り開いてこられた五十嵐さんのお話も、しゃんと伸びた背中もかっこよかったです!

 

 

 

みなさん、次回は「残夏」で。座・高円寺でお会いしましょう!


 ☆☆☆☆☆☆☆☆


◆「じゃでら」HP:http://jdl.sakura.ne.jp/

◆Facebook:https://m.facebook.com/japandeafsignlanguage/?locale2=ja_JP

「残夏-1945-」出演者のメッセージ動画を配信いたします!

トップバッターは貴田みどりさんです✨


幼少期よりバレエダンサー・女優として活動されてきた貴田さん。
現在はNHK-Eテレ「みんなの手話」のパーソナリティを務める傍ら、各地の講演会や手話講座の講師を受け持つなど、幅広く活動なさっています。

「残夏」で演じるのは、主人公の雑誌記者・逢沢夏実の娘、逢沢結。
耳が聞こえない以外はいたって普通の現代っ子。聴者の母親と心を通じ合えずに反抗してしまう結の成長の様子も、作品の見所の1つです✨


ーーーーーーー
公演『残夏-1945-』
会場 座・高円寺1
演出:野﨑美子 脚本:米内山陽子
出演:五十嵐由美子、日野原希美、渡辺英雄、貴田みどり、砂田アトム、西田夏奈子、宮崎陽介、雫境、大橋ひろえ

7月5日(水) 19:00
7月6日(木) 19:00
7月7日(金) 13:00☆◇ / 19:00◇
7月8日(土) 13:00☆◇
7月9日(日) 13:00

◇印公演(7/7の13時と19時・7/8の13時公演)=視覚障害者のための音声ガイド&舞台説明会あり。お申込・お問合せはJ-Stage Navi(TEL03-5912-0840)まで。
☆印公演(7/7・8の各13時公演)=託児サービスあり(対象:1歳〜未就学児/定員あり/要予約/料金1,000円)。観劇日の1週間前までに、劇場チケットボックス(TEL03-3223-7300)までお申込みください。

チケット(全席指定)
一般 4000円
シニア・学生 3500円
※シニアは65歳以上、学生は大学生以下(要学生証提示) 
ご購入後のキャンセル・変更はできません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

聞かせて下さい、あなたの手に残された夏を——
〈手話×日本語〉〈聴覚障がい者×聴者〉で贈る母娘の物語

■作品解説・みどころ■
サイン アート プロジェクト.アジアンは〈手話×日本語〉と〈聴覚障がい者×聴者〉のコラボでプロフェッショナルの演劇を創って12年目です。
過去にミュージカル、ストレートプレイ、朗読など幅広く上演してきましたが、
今回の『残夏-1945-』は、昭和20年に広島と長崎で被爆した聴覚障がい者を中心に取り上げたお芝居です。
これは聴覚障がい者俳優と聴者俳優との言葉を超えた演技です。そして、聞こえない役は聴覚障がい者の俳優が演じているため、リアリティがあり観客の心へダイレクトに伝わります。
なかなか観たことのない演劇スタイルなので是非ともその目でお確かめ&お楽しみ下さい!

■残夏-1945-ホームページ
■チケット申込フォーム
■残夏-1945-のブログ