て

↑ブルガリのビーゼロリング(11万5千円)を頂きました。


これをくださったのはキャッチで知り合った専門学生の娘です^^

ブランド品が嫌いな俺ですが、エンポリオ・アルマーニとブルガリだけはデザインが好きです。


ですがホストとして、物を頂くのは不本意だと思います。

しかし今回だけは事情があって頂きました。


裕福な家庭に育った彼女は、今までバイトをしたことがありませんでした。

親からの月の小遣いが10数万円。

ケータイ代も遊ぶ金も全て親からの小遣いだったらしいです。


3ヶ月前、俺と出会い、マク○ナルドで時給730円のアルバイトを始めました。

親からの小遣いも打ち切ったみたいです。


そして今日、それを初めて打ち明けられました。

3ヶ月間ほとんど毎日働いて、ケータイの支払いや車の維持費をやりくりしながら、

少し遅れてやっと買うことのできた俺への誕生日プレゼント。


ホスト王の城咲 仁さんは物を受け取らないと言ってましたが、

俺には受け取らずにはいられませんでした。



「次なにかあげるのはクリスマスだね。またブルガリが欲しいかな?」


「ありがとう。でも物はもういいや。」


「・・え?お金とかはナシだよ?何?」



「スマイルプリース!」

 

彼女は目に涙を浮かべながら言いました。

 


「・・お会計、0円になります^^」

AD

枕をしない本当の理由

テーマ:

俺は今までお客様と寝て指名を取ったり、売上げを上げる枕営業を嫌っていました。
今日はその根拠について書きます。

 

「彼女がいるから」と答えるのは一般的ですが、実はそれ以上の理由があります。

遊んでいた時期がある男性なら分かると思いますが、
男は女性と肉体関係を持つと、その時点で一瞬、覚める傾向にある。

逆に女性はというと、男と体の関係を持つことによって、
情が湧いたり、相手への要求度が増す傾向にあります。
をした後、相手のことがもっと好きになったと言う女性も少なくありません。

 

だから枕をすることによって、相手の要求度が一気に跳ね上がるので、
てっとり早く指名も取れるし、売上げも上げることができるのです。

 

しかし、落とし穴はそこに潜んでいます。要求度です。

 
枕をして、売上げを上げさせた後、相手は更なるステップアップを望んできます。
だからそれ以上のものを持っていないと絶対に行き詰まるのです。
そしてお客様の要求に対して自分の技量が間に合わなくなると、終わりも早いのです。

 

したがって俺の哲学からすると、キャバ嬢などのホステスさん達が枕をするのは自爆行為です。
一度、相手と寝ると嬢本人にボケてない限り、男は飽きがきます。相手に飽きがきたら最後、
同じ営業をしているキャバ嬢のもとへ、お客様は新しいものを求めて行ってしまいます。
ホスト同様、会話や演出などでそれ以上のものを持ってないと辛いのです。。(この4行は余談です。)

 

枕をしないホストは、売上げの成長こそ遅いが、
枕ホストに対して会話や演出など、他のもので対抗しようとするので引き出しが増える。
お客様の要求度も一気に上がることが無いので、長く関係を保つことができるんです。

 

たとえ1ヶ月間、急激にお金を使わすことができたとしても、
マイペースで1年間通わすことのできるホストの方が、総額にしたらデカいのです。

 

美形なホストがヘルプをやって、
ブサイクなホストが何故か売上上位にいることが多いのは、そのせいかもしれませんね。


お水の世界とは、石が流れて、木の葉が沈む世界なのである。


AD

勝てば官軍

テーマ:

「ナンバーワン」というものにこだわったことがありますか?


今日は頂点へのこだわりについて少し書きます。

どんな世界でも、ナンバーワンはそれだけで評価されます。
ホストやホステスの場合、顔が悪かったとしても・・

「よっぽど会話が上手いんだろうなぁ。」とか「よっぽど心配りが上手いんだなぁ。」

 

などと実際に会って話したことが無くても
勝手に良い方に評価されることが多いんじゃないでしょうか。

 

野球の投手で、速い球を投げれない・・変化球もそれほどキレが無くても、
防御率がトップなら、

「投げるタイミングが良かったり、相手の読みの逆をつくのが上手いのかなぁ?」

 

と、やはり良い方に評価されます。

しかし、これが下手にナンバー2、ナンバー3だと・・

 

「これで顔さえ良ければナンバーワン獲れるかもしれないのに勿体ない・・・」

 

「ストレートさえ速くなれば防御率トップ狙えるかもしれないのに・・・」

 

と、上が存在することによって評価はイマイチです。
だから1番と2番じゃ、順位は1つしか違わないけど、雲仙の差がある。

 

もちろん、2番や3番になるということも難しく、とても素晴らしいことだと思いますけどね^^

What is your number 1?







↑アフリカ・タウンシップのクリック募金計画です。
読者の皆様には一切、経済的負担は掛かりませんので宜しければ協力(クリック)お願いします。 あい

AD

ホスト達の海物語

テーマ:

野郎4人でに行ってきました~!(笑)

 

-旅の仲間@スペック-

瀬名ゆりや→このブログの読者から我が店のホストになったチャラ男(笑)
あっちゃん→学校の後輩でありバイトでホストをしているナンパの神。ジェットを所有。
先    輩→以前、バイトしていた飲食店の先輩。ホスト経験アリ。波乗り名人。

 

ジェット組(あい あっちゃん)とサーフィン組(ゆりや 先輩)に別れて、
バーベキューの時間に合流するという流れで遊んできました^^

あっちゃんと二人乗りでジェットをしていると、
浮き輪で泳いでいる女の子二人組が浮の向こうからこちらをじーっと見ていました。
するとナンパの絶対の神・あっちゃん(笑)のいつもの舞台が・・・・

 
あっちゃん「やほほのほ♪乗る?乗る?乗る~?」


 
始まりました(笑)

 

4人で乗るのもアレなので、俺は降りて海の家まで昼飯を食べに行きました。
その海の家はバイトさんが二人で来る途中、事故って欠勤していた為、
店主のおばちゃん一人で大変そうに走り回っていた。

 

俺はウェイター経験があり、利用者の呼び込みもキャッチと似たようなもんなので・・
急遽、従業員として参戦してきました~!(笑)

 

1時間半くらい働いたところで、
なんとサーフィン組も二人組の女の子を連れて海の家に戻ってきました。
遅れること数分、あっちゃんもジェットに乗せた二人組を連れて到着。

本当は海の家がそろそろ閉まる時間だったけど、店主のおばちゃんも参加で
そのまま夜の二部営業突入!男の全員がホスト経験者で「ホストクラブ 海の家」オープン!(笑)

 
俺が海の家に呼び込みをした大学生の女の子たちも参加し、
計10人で飲みながらバーベキューしました。

ホスト達に囲まれて一番はしゃいでたのは店主のおばちゃん(笑)
一気飲みのホストコールまで自ら要求してきて、とても楽しかったっす。

今回の海で思いついた企画は・・・
夜、海の家を借りて一日限りのホストクラブ「クラブ 海の家」の営業。
遊泳時間中に海の家の看板でCMして、呼び込みも行って、ネットでも事前に宣伝し、
参加者集めてから開催してみたいと思いました^^

ちなみに、今回の海で俺達は女の子達と番号やアドレス交換はしていません。
それが彼女のいる男が海で遊ぶ時のセオリーだと思うので。






↑アフリカ・タウンシップのクリック募金計画です。
読者の皆様には一切、経済的負担は掛かりませんので宜しければ協力(クリック)お願いします。 あい

今日のピンチは明日の1卓

テーマ:

本当にビックリしました・・。

最近、指名で来てくれるようになったお客様(Y嬢)を家まで送ってあげました。
Y嬢の家に近くなるにつれて何だか見覚えのある風景が・・・
そして到着すると・・・


なんと!!


自分のお客様と同じマンションに住んでましたぁ~!(爆)

 


しかも何回か同時に二人とも店に呼んだことがあります。
B・Dイベントの日なんて、営業が終わって二人とも同じ時間帯にタクシーで帰ってるハズ・・。
マジで危ない(笑)

 

ただ、二人ともキャッチで知り合ったお客様なので、ハナっからグルということはありません。
それが唯一の救いです。

 

 

忍び足でY嬢を部屋に送り、マンションを離れようとしたその時・・・

偶然コンビニから帰ってきたもう片方のお客様と、はち合わせに・・!


 
お客様「あれ~??あいくんどうしたの~?(最高の笑顔)」

 

あい「お、お・・おう!最近、頑張ってくれてるから朝飯でも誘おうかなって^^」

 

お客様「めっちゃ嬉しい!!でも事前にメールか電話くらいしてよ(笑)」

 

あい「だよな!ここに来ることばっかり考えてて肝心な連絡をすっかり忘れてた!どんマイケル♪」

 

お客様「あはは♪じゃあもう少し化粧するから待っててもらっていい?」

 

 

いつY嬢が再び外に出てくるんじゃないかと心配な俺は、
もちろん化粧を待つ余裕なんてありませんでした。

 

あい「じゅーーぶん可愛いっつーの!あと昼過ぎから仕事で時間もあまり無いから行くべ行くべ。」

 

お客様「マジ?じゃあ行こー♪別に時間がある時で良かったのに(笑)」

 

あい「次の休みのメドが立ってないからさ・・。会える時に会っときたいじゃん^^」

お客様「そんなこと言うと私、惚れるぞっ(笑)来週も店に会いに行っちゃうから^^」


という流れでビジネスホテルのバイキングで朝飯を食べてきました~笑。






↑アフリカ・タウンシップのクリック募金計画です。
読者の皆様には一切、経済的負担は掛かりませんので宜しければ協力(クリック)お願いします。 あい

Birthday Night

テーマ:

お久しぶりです^^
無事に誕生日イベントも終わり、ホスト人生で過去最高の売上げを達成することができました。
トイレに吐いた回数新記録樹立(爆)
お客様の一人一人に感謝です。

ここの読者から我が店のホストになったアメブロ産ホスト・瀬名ゆりやくんも
初めてのドンペリを卸すことができたので報告しときます^^

誕生日イベントの模様は、
ほとんどのホストの席がドンペリ卸す、ドンペリ大空襲(笑)から始まり、
俺のお客様が演出してくださったシャンパンタワーや、
ゆりやと共にDA PUMP「if...」を歌いながら踊るのがセミファイナル。

最後はT-BOLAN「離したくはない」をラストソングで歌いました^^
歌の途中に店の従業員たちにビールやカフェ・ド・パリをかけられ、白いスーツがグチャグチャに・・(笑)


下半身部分にワザとカルピスをかける馬鹿者まで現れる始末(爆)


ここの読者様でもある、アヤカさんがご来店してくださり、
なんとなんと、「読者一同」と書いた3万円もするの花束をプレゼントしてくれました^^
アヤカさん、そして読者の皆様、ありがとう~!(笑)

営業終了後は、彼女のセナが店の近くまで車で迎えに来ていて、
セナの家で13時間も眠りました(汗)


飲んだ杯数=30杯以上 一気飲みした本数=カフェ・ド・パリ2本 ドンペリ2本
吐いた回数=8回(笑)
指名の卓数=6卓(感謝^^

売上げ=ひ・み・つ♪w (3桁)


とても楽しいBirthday Nightでした^^

19歳最後の更新?

テーマ:

ここの読者であるアヤカさんがここのところ、週末になると店に遊びにきてくれます^^
先週末も職場の仲間である、ちあき嬢(仮名)を連れて飲みに来てくれました。

 

席に戻ると、テーブルの上に何とドンペリロゼが・・・!

 

あい「・・・へ?」

 

アヤカさん「あいくんのアメブロ読者100人の達成を記念して^^」

 

あい「まじで~?!ありがとう!今日もお綺麗で♪(笑)」

 

アヤカさん「ありがとう(笑) あ、ドンペリ嫌いなの知ってるから飲むのは少しでいいよ。」

 


ここの読者の方々を始めとし、アメーバブログには本当にお世話になってます。
うちの店には、ここの読者からホストになった従業員もいます^^
そして読者が遊びに来てくれて、ドンペリを卸してくれたこと、
又、コメントやメールで「ホストに対するイメージが変わりました♪」などの意見を聞くと、
ブログを書いてて本当に良かったな~と思います。

 

アフリカ・タウンシップに募金するアフィリエイトのクリック募金も4000円ほど貯まりました。

 

皆様、本当にありがとう^^


もうすぐ俺の誕生日イベントなので、準備や打ち合わせで更新が遅れると思いますが、
見捨てないでくださいね(笑)

 
今日か明日が、19歳最後の更新っす。

地獄の沙汰も口次第。

テーマ:

昼前、仕事から帰ってくるとテーブルの上にチャーハンがあった。
わざわざ俺のために母親が用意したものと勘違いし、そのチャーハンを食べると、
母親が2階から降りてきて・・・・



母親「あ゛~!おいコラ!お父さん(親父)の為に作ったのに!」


 

普段、仕事で居ないはずの父親が、今日は特別に会社が休みで家にいました。
何とかしないとこのままじゃ、俺が代わりに作れとか言われそうだったのであい少年は考えました。

 


あい「いやぁ~・・・やっぱ何食うよりもかーちゃんのチャーハンが一番美味いね。」

 


母親「・・・あ、本当?もうお腹いっぱい?味噌汁はいいの?」

 


ホストやってて良かったと思う瞬間でした(笑)






↑アフリカ・タウンシップのクリック募金計画です。

読者の皆様には一切、経済的負担は掛かりませんので宜しければ協力(クリック)お願い致します。 あい