マイカーの車窓から。

テーマ:

今日は我が社の社員と買い物に行ってきました。

行く途中、車の窓からバナナの皮を道路に投げました。(笑



マリオカートかよ!


実際バナナの皮ってスベるんですかね?

それはそうと、A4サイズの用紙のクリアファイルを買いに行ったのですが、
原料の価格が高騰し、生産が制限されているため、
100均では仕入れが難しくなっているみたいです。
結局、手に入りませんでした。

ホストクラブ名物の「カフェ・ド・パリ」を買いに酒屋にも寄ったのですが、
ドンペリやヘネシーなどがホストクラブの10倍近く安い値段で売られているのを見て、
やっぱホスクラってボッタクリだなぁと再認識しました(笑)


~二人の会話~


あい「おー今日は天気いいなー。天気がいいから日焼けサロン行くかぁ。」


社員T「いや・・・それだと天気関係ないすよ。」

AD

DEEP LOVE~セナの物語~

テーマ:

昨日、彼女のセナの友人からあることを聞かされました。
皆さん、ハンカチの準備を・・(笑)
ちなみに昨日は、このブログの読者・こりんさんのパパの誕生日でしたぁ^^
おめでと~!

 

DEEP LOVE~セナの物語~


セナは俺と付き合い始めた頃、
週末になるとお決まりの友達とバーや居酒屋に飲みに行くのが日課だった。

 

その時の話を俺に楽しそうに話すこともあった。

 

しかし最近、セナからいつもの友達と遊びに行く話をぱったりと聞かなくなった。

気になった俺は、そのことをセナに聞いてみた。

すると・・

 

「ああ、最近、みんな忙しいみたいだよー。」

 

と俺に答えた。

その時は、それについて何も疑うことなく、セナを信じていた。

 

昨日、偶然うちの店にセナの高校の同級生というお客様が来た。
そのお客様は、俺とセナが付き合っていることは知らない。

 

話しているうちに、セナのいつもの友達とそのお客様が仲が良いことが分かった。
さり気なくセナのことも聞いてみると・・・・


「なんかねぇ、セナちゃんの彼氏がホストらしくて、友達たちが大反対するのに別れないから電話もメールも拒否されてハバにされてるっぽいよ。」

 

さらに、

「その友達が二人とも、過去にホストに騙されてて、ホスト大嫌いらしいんだ。」

 

セナはそのいつもの友達たちからホストの悪さや手口を教えられ続け、
さらに、ホスラブというサイトで俺のスレを見たセナの友達から、「絶対あんたも騙されてる。」

と言われたり、
会ったこともない俺の悪口を言われ、しょっちゅう泣いてたと言う。

 

だけど、セナは俺がホストをしていることに文句を言ったことは一度も無い。
不安を感じてはいるだろうけど。

 

そして、その友達たちのことを悪く言ったこともない。
電話もメールも拒否されている友達を、

「あの娘たちはイイ人だよ。」

 

と俺に言う。

 

俺のせいで友達からハバにされているのにも関わらず、
怒る素振りも見せずに、笑顔で俺を迎えてくれている。

 

そんなお前に、今日は感謝のブログ。

恥ずかしくて言えないし、これを見てないから書けるのだけれど。

 

セナに、「そんな奴は友達じゃねぇ!こっちから絶交してやれ!」と言ってやりたいけど、
その友達たちに認めさせる男を目指す方が、もっといいかな^^
頑張ります。

AD

必殺仕事人~営業電話~

テーマ:

うちの店に営業電話のプロがいます。

プロと言っても営業電話でお客様を呼ぶプロではなく、
まわりで聞いてるホスト達を笑わせるプロです。

彼が営業電話を掛け始めると、俺を筆頭に仲間のホスト達が面白がって集まってきます。
それでは、サンプル(笑)を紹介します。

パターン①


トゥルル・・・・・

 

相手「はい、もしもし?」


プロ「もしもし、営業電話ですけど。」


相手「ウザっ!(笑)」

 

パターン②


トゥルル・・・・・

相手「はい、もしもし?」



プロ「もしもしハニー?ダーリンだけど。何してるの?」


相手「今、仕事終わったよ。そっちは?」



プロ「エロ雑誌を読みながらお前のこと考えてた。」


相手「何それ~!絶対フザけとるし~!」


プロ「でも愛してるよ。仕事お疲れさま。気をつけて帰れよ。」



数分後・・・・・・・・
今度は相手から電話が掛かってきて、



相手「ねぇ・・・やっぱり今日、お店行っていい?」



すげぇ(笑)

AD

ソーリー!

テーマ:

ホストってどんなイメージがあります?
女の子と喋って酒飲んで一発ヤッて楽して稼いでるって感じですか?

 

確かにその通りと言えばその通りなのですが(笑

 

実は10人入店したら、3ヶ月続くホストは半分もいません。
その半分の中で、売上げという売上げを叩けるのは1人か2人です。
辞めていくホストのほとんどが、飛び(※連絡も無しに無断で辞めること。)ます。
1日体験の次の日から来ないのだってあたりまえです。

 

だから俺が凄いってことを言いたいのではありません。
最近、俺のブログが色恋だの未成年だのお客様側にとってはホストのマイナスイメージが
多かったと思うので、フォロー?というかホストを褒めることもしたいと思います^^

 

このブログを読んでくれてる方でホストクラブに担当がいるって方、
担当さんがホストを続け、売上げを叩き、やっていけてることはとても根性のいることです。
それを褒めてあげるだけで、普段こんなことはほとんど言われないから絶対に喜ぶと思います
俺のブログで不安になったりショックを受けた方々、どうもすいませんでした。
そしてこれからもよろしくお願いします^^

 

後、読者メッセージやメールで、俺を指名で店に行ってみたいとか、
リアルで会ってみたいとのメッセージを最近、少々頂くようになったのですが、
とても嬉しくてありがたいけど、
突然には無理なのでまずはメールやメッセでお友達になりましょう♪
それでは、これからも楽しいブログにできるように頑張ります♪

最近、更新のペースが落ちてます。
 使いにくいんだよ!アメーバのばーーーーか! 
気合いを入れ直さねば^^

 

今日(もうこの時間だと昨日か・・・)は日焼けサロンに行ってきました。
俺は母親の遺伝で肌がとても白いので、
季節的に薄着になる機会も多くなるので少し焼こーと思ったんですよ。
真っ白って格好悪いし・・。

日サロの後に食事をして、そのまま彼女のセナのマンションに行きました。
入るなり玄関で、


セナ「うっわぁ・・・・ギャル男さんですか?



なんて言われちゃいました(笑)
きっついなー。

そんでもって春休み中、友達に勧められてオンラインゲームなんてものを始めてみました。
MMORPG系の剣と魔法のストーリーです^^
ここ2週間くらいは全然やってないのですが、
今日はそのゲームの話を店の仲間としていました。

すると、ゲームの話とは知らず、勘違いしたもう1人の仲間が・・・・


仲間「え?あいさん剣を買ったんです?今度見たいっすよー。」


妙に笑えました(笑)

イ・ロ・コ・イ

テーマ:

みなさんは色恋ってご存知ですか?

ホストやホステスがお客様を店に呼ぶ為や売上げを上げる為に、
相手に対して恋愛感情が無いのに擬装恋愛を掛けることです。
もちろん中にはそれに気が付いていて、それを楽しんでいるお客様もいます。
しかし、ホスクラに通っている90%のお客様は担当を彼氏と思い込んでいると言われています。
俺も枕営業はしませんが、色恋営業は使います。

そんな色恋を掛けたお客様と、入店まもない新人ホストの一対一の会話は、
必ずと言っていいほどお客様が新人ホストに対して、「私は○○の彼女」
とストレートには言わないまでも、そんな感じの話し方をします。

俺は昨日、色恋のお客様(160cm 80kg以上 ニックネームは横綱w)を呼んだのですが、、
何も知らない新人くんにこんなことを言われました。


新人「あいさんの彼女、可愛いっすよね。



あい「コビ売るなって(笑)彼女なわけ無いだろ馬鹿ちんがぁ!」


サラリーマンで言うと、上司のヘタクソなカラオケをおだてる部下でしょうか。
あー嫌だ(笑)

中学生ホスト

テーマ:

札幌市のホストクラブで中学生3人を雇ったとして、
経営者が逮捕されたというニュースがありましたね。

その中学生たちが言うには

「お金ではなく、ホストという仕事に興味があった。」

なんて言ってたそうです。

 

偉いぞお前ら!(爆)


俺も高校3年の時からホストをしていますが、
ホストという職業への憧れなんてものは殆どなく、金目当てでした。

彼らが18歳になったら・・

 


俺んとこ来ないか?(by氣志團)


と声を掛けたいですね(爆)

店には中学の同級生の女の子が数人お客様として飲みに来てたみたいで^^
ホストもお客様も未成年ではありますが、
中学生ホストが一端にお客様を店に呼べているところに興味を持ちました。

未成年を店に呼ばれるのは厄介ですが、お客様を呼ぶということを、
1人もお客様を呼べないヘルプ君たちに見習って欲しいですね。

次回、厄介な未成年の客について書こうかなぁ。

ホスト取材

テーマ:

昨日は営業が始まる前に、取材を受けました。
(2/4に記事にしたTV取材です。)

店の先輩から借りたベンツをあたかも自分の車かのように
カメラマン兼取材人の人を乗せ、お客様を迎えに行きました。
ヤラセ万歳!(爆)

俺の電話営業もバッチリ撮られました。
あまーい色営業のような電話から、友達営業、オラオラ営業まで(笑)

取材者のインタビューはこんな感じでした。

何故、ホストをやっているのですか?

 「何でホストをやるかって?・・それしか知らないんですよ。」 (カッコイイ?笑)

あいさんにとってホストとは?

 「ロマンだね(笑) ホストは夢を与える商売ではなく、夢を見る商売じゃないかな。」 (カッコイイ?笑)

いつからホストをやっているんですか?

 「高校生の時からです(爆)」

学校とホストの両立、大変じゃないですか?

 「俺を応援するために通ってくれているお客様に比べれば、10分の1ですよ。」 (カッコつけましたw)

営業中の会話も、お客様と口裏を合わせ演出しました。


お客様「売上げ足りてるなら、ドンペリは白でいいでしょ?」

あい「お前さ、せっかく取材の人達も来てくれてるんだから、俺の女ならもっと盛り上げろよ。」

お客様「そっか~・・・・う~ん・・・わかった!ゴールド入れて!」


実は前に卸したドンペリを開けずにとっておいて、昨日開けただけですけどね(笑)
実際のこの日の俺の売上げはドンペリどころかボトルさえ卸してなく指名料のみ!
取材では「20万の高級なお酒が一瞬にしてホスト達によって飲み干されていった」
となってますけどw


・・・・・・実録ホストクラブ?


ヤ・ラ・セ!(ぃぇぃ!)


ヤ・ラ・セ!(いぇい!)

学校初日

テーマ:

今日から学校が始まりました。
新入生たちがわんさかわんさか・・・


事件は起こりました。


教科書販売の列に並んでいると・・・・・
一人の一年生の女の子が・・・・


「あ~!○○くん!!(俺の源氏名)」



あい「ば、馬鹿たれ!源氏名で呼ぶなぁぁぁ!」

先月、新規で飲みに来た娘でした・・。
一緒にいた女友達が・・・


友達「ん?○○くんってナニ?源氏名?」


あい「いやいや、えっと・・・△#×Щ?■8opu:sdってことだよ。」



勢いでごまかしました。