音楽とつかず離れず生きています。手術した手で再びピアノにさわり、何度か歌える状態ではなくなった声も、今また、歌ってくれています。

引っ越してどたばたして。そのあいだに子供も成長してしまい、ブログネタにはできません( ;∀;)
自分も子供も未来はまだよくわからないから、ちょっと振り返ったりもしています。他の方の育児ブログが楽しみなのはそのせいかもしれません。

教育には興味をもっています。ずっと。フィンランドの先生たちに出会って、さらに気持ちが解放されています。

なにか役に立てることがあるのかどうか、あまり深刻には考えないけれど、頭の片隅でおもっているみずがめ座。(宇宙人だそうです。)

パリ・日本で歌のレッスンしています。お笑いレッスンになりがちです。
  • 10 Dec
    • 厳寒体制らしいパリ

      天気の良しあしにかかわらずいや晴れているときの方が確立が高いが気温はさがるもの。零度近くなると大騒ぎのパリ。路上生活の人々があとをたたないので、クリスマス準備とか24時間TV的なイベントと並行してSOS対応できるようにしているらしい。減らないんだな、これが・・・。ここまで気温がさがってくれると、やっと息ができる気がする。そして冬の間は洗濯ものが速くかわく。中央暖房がはいるので、そのとなりで干せばよい。暖房が入らない間は、これまた乾かないため、やっと風呂場に洗濯ものスペースを作ってもらったが、冬になったら暖房には負けるから、やや不要な状態。午後は10度を超えるというから、暖かい・・・

      3
      2
      テーマ:
  • 07 Dec
    • フィンランド100歳おめでとう!

      書こうとしていたら日本はもう7日になってしまったけれどことしの12月6日はフィンランド独立100年の記念日。アプリから遅れてくるTV番組を楽しんでいます。大統領と招待客たちがダンスパーティーしてるわけです。ワルツもあるけれどタンゴもある。ドレスも素敵。男性はひたすらタキシード。ふたつの国語をもち(サーミももしかして3つめ)スエーデン、ロシアから独立し「フィンランド語で歌うために当時設立された合唱団」が国家を歌い大統領も歌う。フィンランドは王様がいない国だけど、どこかスエーデンの一部であった歴史が残っているのか、パーティーにおける優雅さはなんともいえない。ドレスは豪華でありながら化粧が薄かったり髪が盛ってなかったり。優雅なんだけど気取らない。ただいまのダンス音楽の演奏はもしかしたら軍の音楽隊のようです。袖口にラインが入っているのと、いくつか勲章がついているみたい。アイパッドで楽譜か歌詞をみているようだわ。自由だけど下品ではない。優雅でも、他をよせつけないような狭さはない。気品があってリラックスして堅苦しすぎない。フランスにも日本にもない感性を感じます。あ、フランスのブログだったっけか。

      3
      テーマ:
  • 01 Dec
    • どこにいても

      日本の引きこもり。フィンランドのお酒の問題、両国の自殺。教育が違ってもどちらにも共通して問題がある。フィンランドに関してはどんなふうに問題があるのかをよく知らないから掘り下げることはできないけれど。「日が暮れたら寝る。日が昇ったら起きる。」という生活はフィンランドでは不可能。夏の間はずっと起きていなくちゃならないし冬は冬眠に近くなる。そんな中を、「暗い中起きて」「暗い中、起きていないで寝る」という生活をしているのかな。だと思う。(フランスも日本よりは日が短いが、フィンランドほどではないから、フランス人がフィンランドへ行ってびっくりするらしい。)フィンランドのことをこう書いてみると、「自分の意志で時間を決めるすごい人たち」というイメージになる。とはいってもそれが習慣なのだから、現地の人にはすごいわけではないかもしれない。・・・日があたらないので鬱になる人もあるという。日本人がフィンランランドへ行ったら寒かったり暗かったり明るかったりでしんどい思いをしそうな気はする。じゃあフィンランド人が日本みたいな日の出日の入りが一定している国に住んだらどうなるんだろう?やっぱり慣れないかもしれない。名前だけ似ている「タイ」ランドが好きな人もいるみたいなのは、きっと寒くないからだろうけれど。ってなことをまあ、気が向くと想像してみる。

      3
      テーマ:
  • 27 Nov
    • ハプニングがあるので

      コンサート終了。無事か?と問われるといろいろありましたが。とりあえず大事なのはねマイペース。そろそろ時間だな~と思っていたら楽屋に知人が来る。何事?と思ったら「メトロがものすごく遅れているらしいから開始を遅らせた方がいいらしいよ。いいですか?」まあ。メトロに関してはお客さん情報。遅らせてもいいけれど、それお客さんに伝わってるのかしら?それに「遅らせるのでよろしく」ならわかるんだけど、相談?会場では誰かが言ったらしい。が、始めるつもり(15分遅れ)の時間になったら、放送ではなくてブッブーとブザーのみ何回も鳴る。休憩なしで1時間くらいとよでいたけれど、遅れる人がいるなら、と前半はお話を多めにしてひきのばし、休みを入れられるようにした・・・けれど、お客さん、動きがないので数分で続きへ本番、リハのときとは照明の状態が違う。客席を真っ暗にされると、歌手としてはちょっとつらいのよね。(前も書いたかもしれない)ロックではなくてクラシックのコンサートなんで、そもそもスポットライトいらなくて、白い照明でもいいのだけど、ここのスタッフはお客さんが退屈する、と思い込んでいるらしい。別の機会に演奏中にころころ周りの照明が変わるので、気が散った経験ありなので、変えないで、と頼んだんだけど。あ、そういえば、スタッフにマイク頼んでおいたんだけど、ないわ。舞台上からカラス仕立てのドレスではありましたが、クラシックだからと固くするのもいやなので、詩や詩人についての話を交えつつ、会場にどんなお客さんがいらしているのか全く見えないまま、終了しました。リハの時間に誰もきていないし、リハは照明のスポット合わせだし、録音してくれるボランティアは、「一番強い音でうたって」と言われる。声が疲れるから高音は出したくないお年頃なのだけど。リハは、録音のためでも照明のためでもない、音楽のため。音楽のリハができないなら、その時間はいらないわ。この会場はもう使わないかもしれない。(と、きっと何度目か)と思ったことでした。曲の合間に毎回水を飲みながら歌い、声の事故は避けることができた。ビジュアルはかっこ悪いだらけですが、楽器の確保はできました。ジーパンで路上でクラシックを歌いたいとは今は思わないけれど、サロンでうたわれていたものを舞台の照明(プランなし)を気まぐれにきらきらさせられて歌うのも、ちょっとどうかと思う。サロンのレベルにはこっちがおしゃれできない。なんか、こう、リラックスして歌を聴いてもらえる環境がいいなあ、私は。

      2
      テーマ:
  • 25 Nov
    • 続けていますか、音楽?

      時々思い出したように、思い出します。(一緒だ)どれくらいの生徒が音楽を続けているのかなあ、と。音楽学部の同級生の中には、大学卒業したらやめた、という人もあるようだし、普通だけど結婚や子育てで生活がかわったら、それどころじゃなくて…という人もいる。ただ、50を超えたので、「再び」という人もいるかもしれません。普通科の高校の同級生や、教え子はどうしてるかな。教え子たちは、いろいろと忙しいまっさかりの年代。でもその合間をぬってギターに触っていたり、始めました!というひとことを見かけると、ほっとします。音楽、一生ものです。成績のためでも学歴のためでもないと思います。みずがめ座には変なこだわりがあるのだそうですが(誰でもじゃ)、音楽に関する仕事をしたいと思っていたからか、それで、今の私があります。仕事じゃなくても「続けていけたらよい」と思うことが昔あれば、また違う方法でやっていたのではないかな、と思います。こんな気持ちが基本の私。仲間どうしがたちあげて、その仲間で20年以上続いている合唱団がある。なんて聞いたら、それだけでもやっぱり聞いてみたくなってしまうかな。

      2
      テーマ:
  • 24 Nov
    • 黒い金曜日だそうで

      ブラックフライデー。黒い金曜日。今週黒いっていってるお店もあるみたい。フィンエアもブラックフライデー。「アジア方面安いです」日本語ページにしてみた。https://www.finnair.com/jp/jp/offers・・・アジア方面への便などありませんよね、日本から。ブラックフライデーもないのかな。フィンランド航空では日本からパリへもヘルシンキへも同じ値段なのですね。最初の表は。適当に日にちを入れてみると、やっぱりもう安い席は減っているので、それよりは高くなりがち。そして、いろんな便が共同運営なので、ちょっとじっくり見る必要もあります。それにしても家から航空券が買えるようになった気楽さ!!信じられないなー。

      3
      テーマ:
  • 23 Nov
    • 人生

      私は小説を書きたいと思うようなこともないしそういう想像力がないと思っています。お話は構築できないから。でも人を見てその人生を想像するのは好きらしい。どんな環境だったんだろうどんな家族だったんだろうどんな親だったんだろう・・・あ、これからどんな人生を歩むんだろう、より、「今まで」に興味があるようです。ここでもうひとおししたら、小説も書けそうなものだけどなあ。今日またこんな思いに浸っているのは、知人の訃報が入ったから。すでに大病をしたので、不思議はない、いつか来る、とは思っていたけれどそれなりに、早かった。やらない予定だった仕事をしていたので、私はその姿を見ることできた。最終日を待たずして途中で入院した。あれが最後の仕事になったんだ。「あれ、この仕事に来てたんですね」「もちろん」たくさんは話さなかったけれど、話した。会えないより、会えてよかった。もしかしたら、もう最期を感じて、この仕事を優先されたのではないだろうか、と心の底から思う。きっとそういう人だもの。会えてよかった。小説を書くのなら、自然神も味方につけちゃうかもしれない。

      3
      テーマ:
  • 21 Nov
    • パリうすらさむい

      枯れ葉も黄色くあっちゃこっちゃにちらばって・・・雨ではなくとも天気のお加減も悪くパッとしないパリ。通りに寄っちゃその枯れ葉クズの隣をトラックやバスが轟音をたてて通り・・・ああムードのあることよ。しかし、なんというか、パリという都会の寒さっていやな寒さです。湿気ているし、底冷えはもちろんするとわかっているのだけど、頭の上からふってこられると・・・なんかもう防止のしようがないというか。いや、がんばらなくて帽子をかぶればいいのよね。髪がぐちゃぐちゃになるので避けたいところだけど。フィンランドの寒さはマイナス行っても平気なのにパリの10度切れはこたえる、ってなんだかおかしいな。あまり寒いと思ったらユニクロのエアテックでも出そうかな。マイナス40度のシベリアでも行けますよ、と言われたとおり、これは暖かい。そのかわりもこっとしていて、寝袋どころか、布団着て歩いてるみたい。でも今売ってないみたいです。かさばるけど・・・・買っといてよかったあ。

      3
      テーマ:
  • 20 Nov
    • 薬に頼る

      関節リウマチのためにすでに薬と共に生きて19年。しかしこの冬にいくつかの薬が復活しようとしている。今は寒い方がすっきり息ができる気がして、好き。零下になると、路上生活者の命が気にはなり始めるのではあるけれど・・・しかしどうも5度を切ると、アパートの中の空気が汚染されているような。パリの建物ってどうやって暖房をたくんだろう?その材料の燃えるにおいというかもしくは暖炉に薪をくべて直火を作っている匂いとしか思えない匂いがアパートの中でする。数時間前まで平和だったのに夜10時過ぎ、目がつんつんしてきた。とりあえず点鼻薬。いったいどうなっておるのだこの町は。

      2
      テーマ:
  • 19 Nov
    • ノエルはかおりから

      文字通り!ノエルとはフランス語でクリスマスに当たります。クリスマス用のコーヒーを入れました。カルダモンとシナモンの香りがいっぱい!のフィンランドのコーヒー。フランスだから、フしか、あってないのじゃ。子供も大きくなって、かざりつけは私の趣味でするかしないかが決まってしまいそう。コーヒーの写真?なし。Paulig のサイトはここからお楽しみください。

      2
      テーマ:
  • 18 Nov
    • がんばれフィンエア・・・

      パリから日本への直通は長すぎで嫌い。乗り換えがあったほうがいいが、イギリスを通ると遠回り。そして日本で大きな駅を通ることなくできるだけ早く目的地に行きたい。というわけで落ち着いているフィンエア利用。空港がずいぶん大きくなってきてしまったけれど分かりやすいことにはほぼ、かわりはない。飛行機ではたまにはフランス語で話してくれるスタッフもいて、なぜか、とてもかわいい、とか思うのです。なぜなんだろう。フィンエアのサイトもかなり日本語でも充実してきたのだけど、質問フォームが日本語で「質問をどうぞ」と書かれていたため日本語で書いておくったら「フィンランド語、スエーデン語、英語で送ってください」と返事が来た。うーん、その場合は、フォームを日本語で紹介しない方がいいかもです。でも、がんばってるなあ!っていう気が伝わってくる気がする。

      3
      テーマ:
  • 17 Nov
    • できてもできなくても!

      外国語ができてもできなくてもときどきあまり悩む必要はないって痛感する。航空会社のサイトが動かずしたかったことができなかったので電話してみた。「フランス語は1を」と言われたのでボタン押したのだが、・・・おや、係りの方は英語じゃないの!フィンランド語も話さないらしい。正直、その人の英語、とってもわかりにくかった。 と思うし、実は最初に流れる録音されたフランス語も、ちょっとわかりずらいところがあった。あれこれやってうるち、確認したらポイント減ってる!まだ使いたくないのに。ひとやすみして再開してみたら、今度はサイトでチャットページがでてきたからそちらに挑戦。私はよくうちまちがうが、先方も結構な勢いでまつがっている。何処の国の人がやっているのだろう・・・?フランスにいるのに英語で話しかけられてフランス語しか思い浮かばず対応できず焦った!という話を聞いたばかり。まあそんなもんよ。プロであるべき先方もいろいろあるようだし、コンプレックス持つ必要なし!

      3
      テーマ:
  • 29 Oct
    • ”喧嘩の時は英語を主言語にしたほうが良いって話”

      読んでて吹きました。終わりの方。やってみたいと言いたいところですが、片言の日本語で喧嘩にかかってこい!なんて思っても相手はのってこない。こっちも仏語でふっかけたりしますが、まちがえるとよけいむかついてきたりして。自分自身に。口が回んなくなる。子供が子供の頃、(?)泣きそうになったり、こちらの腹が立ちそうになった時は、お腹をこちょこちょしてました。すると、あら、けらけら笑いだす。こっちも少し落ち着きます。・・・そのがいい影響を与えているかどうかはわかりませんが。一応、私が言いたいことを言い、叱る以外にも、怒っていることは怒っているぞ、と伝えられるように育ちました。子供がとても小さいときは、不条理な怒りを押し付けても意味がないのです。ただ、ちゃんと考えて、親の道理が通る怒り?なら、「ちょっとこっちも怒ってるんですけど!」くらいは伝わるようにしていくことも必要なのではないかな、と思ったりもします。

      7
      テーマ:
  • 28 Oct
    • たまに料理をすると

      他のブログの皆様に申し訳ない食生活を送っております。野菜嫌いなべジタリアンの子供がいない隙に私もたまには尾の句を食べることができますといわんばかりに、ひき肉を購入しました。数日前に買っておいてもうすでに忘れかけそうだったなすと、ずいぶん前に蚊ってあった保存できるバイオ豆腐をとりだしまあぼうどうふもどき、みたいなものを作りました。みそは赤みそにしたいところ、家にあるみそで。→だし入り味噌・・・サービスよすぎ。これを「ちゃんと味噌を買ってからにしよう」と思っていると、たぶん、なすが待ってくれない。ご飯もちゃんと時間を待ってからたいて、炊きあがってから一瞬待って、他のおかずも作って。そこまでは私ひとりでやりましたが「じゃあお皿にご飯をつけて」と、ごく普通に言った後(うちは普通です)ふと家人の行動をみると、マーボー豆腐もどきを、先にお皿にのせている。ちがいます。カレーとも違います。結局は自主的によそおった主婦でした。ああ、びみょー。

      2
      テーマ:
  • 27 Oct
    • ”ちょっと足らないくらいがいいかな”

      今日はこれを読んでふむふむ、と。誉められ下手についてです。なぜなんでしょうね。ほめられてうれしい顔をすると、叩かれる可能性が多い。私は家で叩かれて育った気がしますが( ;∀;)それはそれで、親の経験とか生きる知恵だったのかもしれません。今はほめられととりあえず、照れておきます。お礼をいい、ぼけを考えます。すみませんより、ありがとう、うれしいです、と返事する方がいろいろ前向きだと思うんです。フランスでメルシというべきところ「ぱーどん」とか「エクスキューぜモワ」とやってしまうと、「はい」みたいな。「相手に迷惑をかけてしまって申し訳ない」よりも「助けてくれて感謝です」という方が、お互い前向きなんじゃないかな

      1
      テーマ:
  • 26 Oct
    • 思い通りにならない結婚式、みたいな

      結婚式って意外と結婚する本人たちの意思通りにはできずいろいろ周りに好きなようにされちゃったりするらしいですね。コンサートのちらしが、いつの間にやら出来上がってきました。11月26日(日)たしかにあと一か月に迫っている。時間は私が聞き、入場料は先方が決定。会場は仕事先の学校関連。そのほかスタッフもそちらもち、みたいなものでチラシも作ってくれる。基本的には演奏者は動かなくてもいい。ハズ。でも「フランス歌曲などやります、ピアノのソロもありますよ」といってあったんだけど、できてきたのはタイトルが「フランス歌曲」となっている。わーい、ぶなんだー。4人分作曲者の名前が書いてあるけれど、そのうち歌う予定だったのはふたり、他の作曲家はピアノソロの予定なんだけど・・・。タイトルから見たらそっちも歌うみたいな誤解を招くポスターです。クラシック歌います、って伝えて置いたら、「クラシックコンサート」とかって書かれてしまうのだろうか。というわけで、結婚式を思い浮かべたのでした。気にしませんのでプログラム変更にはいりまーす。そのかわり、「フランス歌曲」ってタイトルだったら、シャンソンが入ったら変やろ?だからカットです。フランスでなにかやろうとすると、なにかとつまらないことでこうして「ほえ?」ってなことが多いような気がします。怒れる→あきれるを通り越してもはや↓飽きました。それにポスターも一度しあげちゃうと後からの変更が大変なんだよね。それは知っているので無理はいいませんが下書きの時点で確認お願いしててくれたらなあ?まあそんなバックグラウンドですが日本人ピアニストと日本人歌手による、がっつりフランス歌曲のコンサートです。入場料はお得目だと思います。交通費は出せませんが、お気が向いたら日本からもおいでくださいませね。(・?・)

      1
      テーマ:
    • 今日はきしめんの日

      家できしめん食べる事、ある?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしようやっぱ宮きしとかすがきやとか味噌煮込みの山本山とか(ちがったっけ)あら、うろ覚えな・・・全国的に通用するものになったの???

      1
      テーマ:
  • 25 Oct
    • 赤ちゃんがいる家の身支度

      https://akasugu.fcart.jp/taikenki/entry/2017/10/24/special1367とべるでしょうか。あかちゃんがいるとき、上手に男性にも、いや、赤ちゃんのパパにも支度に参加してもらう方法です。まったくそのとおり。ただ、私の場合は化粧時間が不要でした。(髪とぎました。)家人も子供の準備もあれこれやってくれました。となると、時間がありそうでしょ。でも子供が小さかったころは関節リウマチとわかったばかりなので、私、自分の普通の身支度に時間がかかりました。ぼたんかけ→手が痛いズボンはく→手が痛い靴を履く→手が痛い当たり前なら2分でできることが30分でいけるかどうかっつう板日々でした。だからねー男親が子供の支度を手伝ってくれるのもいいけれど私の靴も履かせてくれい!みたいな状態でした。西洋ならコートをもってくれるとかも、日本よりはありですが、毎日かどうかはなんというか・・・・・・。あれから年月がたち、当時よりはましですが、また最近、朝の体のこわばりが増えてきたので30分は見ておきます。化粧なしの、最低限の身支度で。手も動いてくれないんで、まあいっか、化粧は。ところでえらくヨーロッパ情報のアクセス数が増えていましたがみなさん、やっぱり愚痴がお好き?ふふふ。みんなちがってみんないい。でもそうなりたくないタイプもあるのだよねー。

      1
      テーマ:
    • 基本的に電車は動かない

      というのが私の見方。メトロではなく、それより速い、長い距離を使える目的のRERというやつ。新しいところへ行く必要があったので早めに家を出たつもりが行きは、どっちの方向にも、駅に電車がない・・・肝心の情報画面は「今、故障中なもんで直してます」違う方法で行くとしても歩く必要があって疲れそうなので待ってたら来た。あかん、ひとがいっぱいで乗れない。次のに乗った。日本なら1両で済みそうなところそれ3両分くらい使ってるんじゃないかしら。というのも向かい合わせて4人掛けが左右にあるのが普通なので、立って乗れるスペースが少ないのだ・もうだからぱっと見には窓の向こうが見えても、座っている席の上の方だから乗れない。駅から降りても住所が見つからず、幸い救ってくれた人がいた。目的地についたらその中で迷った。受付についたら、間違いがあるので違う事務で直してこい、と。それでなんとかなったけど、もともとの約束は10時で、9時半につくつもりで出たのについたのが10時過ぎ。全部の用は12時頃おわった。そして駅に戻るとまた電車が止まっている。朝より混雑しているし、そんなところにいたらむかついて叫びたくなるんじゃないかと思ったのでバスへ変更。一寸長旅で、そのあと歩かなきゃいけなくてもうくたくたに。まあパリってこんなもん見たいですよ。パリの中での移動ならまだなんとかなるとしても郊外をつなぐ電車が動かないのはしょっちゅう。パリに慣れていない日本人で「パリの日本人におどろいた。アグレッシブだ」と思ったら、こういう変なところでやっていくために、技を磨いたのだ!と思ってほしくなってしまう。いろんなことに丁々発止で対応していかないと落ち込むしかないのですから。といっても、電車が動かないのに慣れるということはたいていあいさつがわりに毎日ぶつくさいうというレベルが当たり前になってしまうのよね。いやでしょ、そんなの?かといって、黙って慣れれば?と思うと、個人的には腐っていくようで・・・慣れたくない!そんな生き方がいやなわけです。はあ。愚痴は細かく言うときりがないので基本を書いてみました。怖いって思われても仕方ないですね。

      2
      テーマ:
  • 24 Oct
    • 何をもって疲れとかストレスとかいうのか

      フランスは秋休みですが都合により代講中。疲れて学校について、まあたいてい元気になって出てくるのだけど(よほど不思議な生徒がいない場合)帰ってきたら、なんかこれまた機嫌が悪くなっちゃったりする。なんだろうなあ。夜遅く食べるからかしら・・・

      3
      テーマ:

プロフィール

zakkayamusic

性別:
女性
お住まいの地域:
海外
自己紹介:
フィンランドの歌とシャンソン、フォークソングなどを中心に弾き語りします。歌とピアノの先生、ときどきク...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。