癒しと輝きのシーグラスの旅♪

海に足を運び、海から届くシーグラスを使ったアクセサリーを製作・販売しています。
海が好き♪サーフィンとハンドメイドが大好きです。
シーグラスや貝殻を使った作品や作り方も公開。
海の楽しさを紹介致します☆


テーマ:
皆様こんばんは☆
シーグラスアクセサリーcocona185のayakoです。

毎回記事を書くのにパソコン。。

ずっと苦戦しております(泣)

慣れない事は~慣れるまでやるしかない!ですね(汗)

がんばります!!

今回はビーチコーミングの定番?シーグラスについて説明いたします。

シーグラス(sea glass)とは?

長年、海が好きな人、サーファーは、シーグラスの事はたぶんご存知だと思います。

簡単に説明しますと

sea:海

glass:ガラス

海のガラス』です!


素敵な言葉で言うと。。海と波が作り出したガラスの欠片です♪

海岸や浜辺をよーく見て歩くと見付けることが出来ます。

もともとは海や川などに捨てられた瓶などが波に揉まれ、岩や石などにぶつかったりして自然の力で角がとれてガラスの欠片となったものです。

↓水に濡れている時はキラキラ輝いていてとても綺麗です。

濡れているシーグラス



↓乾くと曇りガラスのような風合いになります。

乾いたシーグラス

どちらも綺麗でしょ?

そんな独特な風合いを持つシーグラスの魅力にひかれる方もいるのでは??

その中の一人が私です♪

一度ゴミとなって捨てられたガラスが荒波の試練を乗り越え、時には何十年。。と形を変えながら、岸にたどり着きます。

深い海の中で何十年も過ごしたガラスです。

きっと神秘的なパワーを持っているような気がしてます♡

長い間、どんな海を見て来たのだろう・・・

怖い時も、楽しい時も、いろんな海と過ごしたシーグラス。

そんな事を問いかけ、考えながら眺めるのが好きです(笑)


シーグラスの価値観について

すべてが完璧な形はほんのわずか

完璧なシーグラスは正直、なかなか見つかりません

タイミングや条件が合わないと、再び鋭いガラスの破片になったりします。

私もビーチコーミングでよくシーグラスを集めていますが、その日集めた分の、ほんの数個だけ。

アクセサリーに使うものが数個でもあればその日『見つかって良かった~』と思えます。


色にも希少性と価値があります!

シーグラスの色はその元となったガラスの色に依存します。

日本で多く使われる瓶の色が一番見つけやすいです。

普段見掛けにくい色のガラスが希少な物になって来ます。

見掛けやすいガラスを大まかに書きますと

●茶色

●水色

●透明

●グリーン

よく見かける飲料の瓶に使われているものが多いです。。

上記の色でも色味の違うものも多くあります。

ここでは説明できませんが、例えば茶色でも、見掛けるものと、殆ど見かけない色味の茶色などもあるという事です。

もともとは人間が捨てたガラス。

本当ならあってはならないものです。

ゴミ扱いされたガラスが再び形を変えて魅力あるガラスへ生まれ変わって帰ってくる。

そのシーグラスをアクセサリーや雑貨として扱うことで、再び誰かの元へ戻っていけるということは捨てられたガラスの第二の人生が誰かと一緒に再び歩めるという事です。

そして、このガラスを集める事により海のお掃除も出来るってことです♪
(ビーチクリーンと言います)

最近はプラスチック製品が増えてきてます。

ガラス製品の数自体が減っていくのも時間の問題です。

昔に比べたら、シーグラスの数も
減っているように感じられます。。


シーグラスの色と種類と希少性について


ビーチコーミングとは


最後まで読んで頂きありがとうございました♪  ayako

海からの贈り物 シーグラス(ビーチグラス)でアクセサリーや雑貨を主に作っています。
海の存在が生活に欠かせない位大好きです♡
毎日海を感じていたい・・そんな思いから、海のハンドメイドを楽しんでいます。
※ シーグラスとは・・海と波が作り出したガラスのカケラの事です。

aya お知らせ(近況報告)

プルメリア ネットショップ

プルメリア お問合せについて

プルメリア 海のハンドメイド

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)