1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年02月24日

大人のベーシックカラー【ベージュの着こなし方】

テーマ:ファッションのカラー(色)

こんばんは。ザジです( ̄▽+ ̄*)


今回は、ベージュの着こなし方について見ていきたいと思います。



ベージュと相性の良い色






オールシーズン着ることができるベージュは、グレー同様にどんな色でも合わせやすいです。


黒や紺など暗いと色と合わせればメリハリのある着こなしに、ペールピンクやペールブルーなど薄い色と合わせればフェミニンな着こなしができますね。


ベージュと一口に言っても、ライトベージュやダークベージュ、グレーを含んだグレージュなど色のバリエーションが多いので、ベージュの色味に合わせて他の色も合わせるとバランス良く着こなせます。


例えば、グレージュだったらグレー系を合わせると統一感が出せるという感じですね。


ペールイエローや白など、ベージュと色の差が少ないアイテムを着る場合は、スカーフやバッグ、ベルトや靴などで色の差を取り入れるとコーディネートが引き締まります。





ベージュを使ったファッションコーディネート





グレージュのコートと帽子に、白のニットとデニムを合わせたコーディネート。


ベージュに含まれたくすみが上品な雰囲気に。


トップスはシンプルに、ボトムスをダメージデニムやゼブラ柄ではずした大人おしゃれな着こなしです。






キャメル、赤、ベージュの同系色をトーンに差をつけて着こなしています。


ビビッドレッドのように強い色と単体で合わせた場合、赤の強さにベージュが負けてしまうことがありますが、ジャケットのキャメルが上手に調和してくれていますね。




ベージュのカーディガンと色褪せデニム、ネイビーのバッグのコーディネート。


カーディガンの素材やデニムのカジュアルさを、バッグの艶感が引き締めてくれています。


インナーのネイビーやベージュも服と馴染んでまとまりがあり、赤の柄が程良いアクセントになっています。




ペールブルーのシャツにベージュのパンツとバッグ、そこにピンクベージュのサンダルを合わせたコーディネート。


女性らしい可愛らしさや爽やかさのある着こなしですね。


配色やレースの甘さを、パンツのシルエットがバランス良くまとめてくれています。






ベージュと黒は色のメリハリ、甘さと辛さのギャップなど合わせやすい配色ですが、敢えてグレーを合わせることでベージュの色味を消さない調和のとれたコーディネートが楽しめます。


黒を合わせたいけどベージュの良さも活かしたいときにオススメ。


こちらの女性はグレーの分量をパンツで多めに取り入れ、さらにバッグもダーク系に統一することで奥深いコーディネートになっています。


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2014年02月19日

大人のベーシックカラー【ネイビーの着こなし方】

テーマ:ファッションのカラー(色)

こんばんは。ザジです( ̄▽+ ̄*)


今回は、ネイビーの着こなし方について見ていきたいと思います。



ネイビーと相性の良い色






トラッドカラーのネイビー。色味が落ち着いているので、白黒はもちろん、ペールトーンやビビッドカラーなども合わせられる幅の広い色です。


白シャツと合わせてハッキリした着こなしも綺麗ですし、インディゴブルーのデニムと合わせて同系色でまとめてもおしゃれですね。


イエローは補色になりますが、ビビッドイエローを合わせればメリハリが生まれ、ペールイエローのように薄い色なら分量を多くとってもうるさくなりません。


きっちりすぎると学生っぽさが出てしまいがちなので、柄や素材などで変化をつけて自分らしく着こなしたいですね。





ネイビーを使ったファッションコーディネート





ネイビーと白は、着る人を選ばない綺麗な組み合わせですが、シンプルなアイテム同士だとかっちり感が出すぎてしまいます。


ストライプ柄や長めの丈のコート、インナーのゆったりしたデザインのニットが、はずしの雰囲気を出していますね。




ネイビーのコートとデニムのコーディネート。


同系色の組み合わせですが、落ち着いた色のネイビーはビビッドカラーのような強い色も馴染みます。




赤のボーダーカットソーとスカイブルーのデニムに、ネイビーのニットストールを合わせたコーディネート。


ボーダー柄やダメージデザインのデニムのカジュアルさを、ネイビーの色合いがシックにまとめてくれています。




ペールピンク、レースブラウス、白のタイツと、甘い要素の多い着こなしですが、ネイビーのスカートを合わせることで、全体がググッと引き締まったコーディネートになっています。


シンプルなスカートと甘いトップスのギャップを上手に取り入れた着こなしですね。





ネイビー、白、赤を使ったトリコロールカラーのコーディネート。3色デザインのコートがとてもおしゃれですね。


インナーにチェックシャツを合わせていますが、コートの色と統一されているのでバランスも綺麗です。


モードなコートをダメージデニムではずしている着こなしもお見事!


配色、スタイリング共に、おしゃれ上級者を感じさせるコーディネートです。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2014年02月17日

大人のベーシックカラー【ブラウンの着こなし方】

テーマ:ファッションのカラー(色)

こんばんは。ザジです( ̄▽+ ̄*)


今回は、ブラウンの着こなし方について見ていきたいと思います。



ブラウンと相性の良い色






暖かみを感じさせてくれるブラウン。主に秋冬に活躍することが多い色ですね。


黒や紺と合わせるとシックにまとまりますが、明度の高いマフラーや鮮やかなバッグなどを差し色で合わせると地味な印象を回避する着こなしができます。


フェミニンに着こなす場合はペールトーンのトップスやインナー、上品に着こなすならオレンジやゴールドなどブラウンの同系色でグラデーションな着こなしがまとめやすいです。


光沢感のある素材やニット、ツイード素材などを使い、エレガントに着こなしたり柔らかく着こなしたりすることもできます。






ブラウンを使ったファッションコーディネート





ブラウンのニットと黒のスキニーパンツ、ダークブラウンのバッグを合わせたシンプルなコーディネート。


黒とブラウンは地味な印象になりやすいですが、手首や足首など肌を見せることで軽さが出ています。


トップスの丈やバッグをやや高い位置に持つなど、目線が下に集まらない着こなしも上手ですね。




パッと見だと色が多く使われているように見えますが、マフラーやシャツの赤はブラウンの隣接色。


ブーツのイエローはブラウンの類似色となっているので、動きのある着こなしの中に統一感も出ています。


また、ジーンズのブルーもブラウンの対照色となっているので、補色ほどコントラストは出さずにアクセント効果を入れることができています。





こちらは全てブラウンで合わせたコーディネート。


黒でも言えることですが、同じ色で統一する場合は、素材に変化をつけると着こなしの表情も変わります。


レザージャケットにタートルネックニット、ツイードのスカートと異素材を組み合わせています。




鮮やかなマルチカラーのアイテムも、ブラウンのように落ち着いた色とならスタイリッシュに着こなせます。


少々分量を多めにとってもブラウンが調和してくれるので、アクセントだけでなくコーディネートを楽しみたい方にもオススメです。


こちらは、トップスに合わせて顔周りを華やかに、ボトムスをブラウンで締めてスラリと着こなしています。






ダークブラウンのワンピースにベージュのカーディガンを合わせたコーディネート。


ブラウンとベージュは同系色なので馴染みやすいですが、そのまま着ると無難にまとまりすぎてしまいます。


ゴールドやオレンジは、まとまり感を崩さずにブラウンを豪華に着こなすことができますね。


ワンピースやウエストマークしたベルトが女性らしさを際立たせ、さらに帽子を添えてキュートさもプラスされている素敵なコーディネートです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。