gの意見


 ・・・本音、無能はいらないんですが・・・



(転載開始)


 四世紀ごろ日本列島をあるていど統一した大和朝廷は、余勢をかって、四世紀後半にはカラ(朝鮮半島)まで出兵した。四一四年に建造され、いまも中国と朝鮮の国境に立っている「広開土王(こうかいどおう)碑」(好太王(こうたいおう)碑ともいう)という石碑には、

  百残新羅旧是属民由来朝貢而倭以辛卯年来渡■破百残■■新羅以為臣民

という一節がある(■は、経年劣化による欠字の部分)。この漢文の解釈については諸説があるが、
「百残(ひゃくざん)・新羅(しらぎ)は、旧(もと)より是(こ)れ属民(ぞくみん)にして、由来(ゆらい)朝貢(ちょうこう)す。而(しか)して倭、辛卯(しんぼう)の年を以(もつ)て来(きた)り、■を渡り百残■■新羅を破り、以て臣民と為(な)す」
と訓読し、――百残(百済(くだら)に対する高句麗(こうくり)側の別称)と新羅は、我が高句麗の属民であり、朝貢してきた。しかし、辛卯の年(三九一年)から倭が海を渡ってやってきて、百残・任那・新羅を破り、倭の臣民とした。――という意味に解釈する説が、有力である。
 日本側の記録でも、『

古事記 (学研M文庫)/梅原 猛
¥546
Amazon.co.jp
』や『日本書紀
日本書紀〈上〉 (講談社学術文庫)
¥1,208
Amazon.co.jp』には、応神天皇の母・神功(じんぐう)皇后の「三韓征伐」のことが見え、高句麗側の記録と符合する。

加藤徹『漢文の素養
漢文の素養 誰が日本文化をつくったのか? (光文社新書)/加藤 徹
¥756
Amazon.co.jp』光文社新書、53~54ページ。

―――

高句麗は支那の地方政権だったと主張しているから、北朝鮮は中共にくれてやって、「三韓征伐」で百残・任那・新羅は日本の属民となったわけだから、韓国は日本がいただきましょう
AD