■海兵隊運用、軍事機密

 米政府が日本側に対し、情報管理を徹底するよう強く抗議したのは、海兵隊の地上部隊とヘリ部隊の駐留場所の距離を「65カイリ(約120キロ)以内」とするよう米側が求めている事実を、日本の政府高官が明らかにしたためだ。

 米政府は在京米大使館を通じ、「海兵隊の運用という軍事機密にかかわる問題」を逐一公表しないよう外務省に厳重抗議した。米軍普天間飛行場の移設先について迷走を続けているうえ、協議内容を公表し混乱に拍車をかける日本政府の稚拙な対応に、米側は「怒り心頭」(日米関係筋)だという。

 日本政府は米側のこの要望について「知りません」(北沢俊美防衛相)、「(海兵隊の)運用上の話が外に出回るということはガセ(ネタ)=いい加減な情報=ではないか」(平野博文官房長官)と否定している。

 今回、米側が激しく反発したのは、漏れた情報が海兵隊の運用という軍事機密にかかわる話だっただけでなく、鳩山政権が進める普天間飛行場の移設先の見直しが頓挫した場合、「米側に責任転嫁されることを警戒しているため」(日米関係筋)だという。

 実際、鳩山由紀夫首相は谷垣禎一自民党総裁との21日の党首討論で、「地元より米側に理解されるかどうかだ」と述べ、移設先が決まらない迷走の一端が米側にあるかのようなそぶりを強くにじませた。

 米側にしてみれば、責任を転嫁される事態となればキャンプ・シュワブ沿岸部という現行案に落ち着いた場合にせよ、普天間飛行場の継続使用となった場合であれ、米軍に対する地元の風当たりはいっそう強まることは不可避で、部隊運用にも影響が出かねないとの懸念がある。

【関連記事】
「内外の激怒」政権包囲 沖縄県民大会に9万人 米「信用していいのか」
福島氏、現行案や修正案なら「重大な決意」
海兵隊移転賛成は53% 米領グアムで住民調査
谷垣氏、重ねて退陣要求 「首相は普天間を軽く見ていた」
鳩山、大丈夫?謎のインド人占い師“予言”で安全保障政策?
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

強盗殺人 78歳女性殺される 頭部などに切り傷…山口(毎日新聞)
外国人介護士候補者の滞在期間「もう少し長く」―仙谷担当相(医療介護CBニュース)
大阪人、水炊きはやっぱりコンブだし 100人アンケートで裏付け(産経新聞)
「缶詰料理」ひと工夫で“料亭の味”(産経新聞)
首相元秘書に禁固2年、執行猶予3年の判決(読売新聞)
AD