大分大旦野原キャンパス(大分市)にすむ雌の野良猫・タマが、昼寝場所やえさを求め研究室などに出没。学生たちの「なごみキャラ」として人気を集めている。

【こちらは猫の駅長】和歌山電鉄貴志駅の猫の駅長「たま」

 教養教育棟付近で暮らす名物猫。学生センター玄関で丸くなる姿から「警備係」の肩書も持つ。人懐こく悪さもしないため、職員も「外に出さずに見守る日々」という。

 首輪を新調されるなど充実の大学生活も既に5年以上。卒業の季節もどこ吹く風のタマだが、大学関係者は「学生の皆さんは、留年せずに卒業して」。【小畑英介】

【関連ニュース】
【写真で見る】人間と共生する猫たち 十猫十色で悠々自適
【楽コレ】アナクロですが<その9> 猫が笑う日
世界の雑記帳:けがして拾われたリス、飼い猫から乳もらう
どうぶつナビ:猫ともっと仲良くなりたい

70件か、空き巣のコロンビア人逮捕=捜査員の「直感」で尾行-警視庁(時事通信)
1歳女児死亡、虐待か=体にあざや骨折-大阪・寝屋川(時事通信)
インフル、流行指標下回る―患者6週連続減で(医療介護CBニュース)
<スナメリ>海遊館に登場 ニッコリ“初笑い”(毎日新聞)
<阿久根市長>暴走する「救世主」 市民の不満後ろ盾に(毎日新聞)
AD