振り返り

テーマ:
みなさんこんばんは佐藤直樹です。
MIP投票してくださった方々ありがとうございましたm(._.)m
がくらくとしてもやらまいか賞をいただき嬉しかったです。
観に来てくださった方々、運営本部のみなさん、スタッフさん、支えてくださった方々ありがとうございました( ̄^ ̄)ゞ

僕にとって今回の公演は9年ぶり2度目の舞台でした。小学校4年生でミュージカルをやってから舞台から遠ざかっていましたが、やっぱりどこかで舞台にあがりたいという気持ちがずっとあって、大学でがくらくに出会って今回の公演で一役者として舞台にあがることができました。ご縁に感謝。

改めて感じたのは、「舞台っていい…!」っていう興奮と己の力不足です。
スポットライトを一身に浴びたときの心地よさといったら9年前も今も変わらず最高だし、稽古をずっと一緒に重ねてきたメンバーとの役としての繋がり以上の心の繋がりを感じれたときは形容し難い嬉しさを感じました(@^w^@)

しかし役者としての僕はまだまだよちよち歩きの赤ちゃんレベルです。だいぶ実年齢とは離れた余裕がある大人な役を演じてるはずなのに緊張でマシンガントークにはなるし、客席の雰囲気にはのまれるし、まだまだ魅せる域には達していません。今後に期待、精進あるのみ(u_u)

がくらくとしては4年連続の入賞ということで、先輩方が積み上げてきたものを崩すこともなくよかったです。賞が全てではありませんが、やはり形としての評価をいただけることは嬉しいことです(p`・ω・´q)

と、いろいろグダグダと書いてしまいましたが、感じたこと、考えたことはたくさんありますし、舞台に対しての自分の姿勢も再確認できた良い機会でした。シンプルに、楽しかった。

最後に、生意気でうるさくどうしようもなかった僕の相手をしてくださった先輩方及びがくらくのメンバーのみんなに感謝の意を表し、劇突フェスティバルの振り返りとさせていただきます(@^^@)/
AD