北朝鮮による拉致問題をテーマにした市民集会(救う会神奈川主催)が7日、神奈川県藤沢市で開かれ、安倍晋三元首相の政務秘書官を務めた井上義行氏(46)が講演で、安倍政権下の07年春に日朝間で拉致問題に関する水面下の交渉があったことを明らかにした。

 井上氏は、07年4月ごろ北朝鮮側から「拉致問題で協議したい」と自身に打診があったと語った。日本側は外務省幹部をシンガポールに派遣し、北朝鮮側と接触。07年7月の参院選後に再協議することになったが、参院選で自民党が敗れ、立ち消えになったという。

 井上氏は「向こうから『拉致で協議したい』と言ってきたからには、生存者は必ずいるはずだ。北朝鮮側は当時、安倍内閣の支持率を気にしていた印象があり、選挙で勝っていれば本格的な協議が始まった可能性もあった」と語った。

 集会には横田めぐみさん(行方不明時13歳)の父滋さん(77)も出席し「今年は何か動きがあるのではと期待している。世論の盛り上がりが最大の力となる」と訴えた。【曽田拓】

【関連ニュース】
日米外相会談:同盟深化の協議開始 普天間移設は平行線
北朝鮮拉致:衆院選候補の77%が回答 救う会アンケート
南北首脳会談:韓国で早期開催の見方強まる
鳩山首相:「必要な時に訪朝考える」
米特別代表:「北は日朝協議に前向き」 岡田外相と会談

外出伴う公務見合わせ=陛下、体調万全でないと宮内庁(時事通信)
<節分>風呂敷や袋で福豆キャッチ 名古屋・大須観音(毎日新聞)
「干物好き」がんにご注意 厚労省研究結果(産経新聞)
平野官房長官、小沢氏不起訴に「党議員としてはよかった」(産経新聞)
【中医協】歯科初再診料の引き上げを了承(医療介護CBニュース)
AD