民主党の渡部恒三・元衆院副議長は15日のテレビ東京の番組で、夏の参院選について、「仮に過半数にならなくても、みんなの党や公明党と連携し、政権を預かる責任がある」と述べ、与党が参院での過半数を確保できなくなった場合は、みんなの党などと連携すべきだという考えを明らかにした。

 渡部氏は、鳩山首相と小沢幹事長が辞任しないまま参院選を迎える可能性が高いという見通しを示したうえで、「小沢君に辞めてくれと言う権限は鳩山君にしかない。80%の国民が(辞任を)願っており、まだささやかな期待をしている」と語り、首相が小沢氏を更迭することに期待を示した。

男性2人刺され死亡=現場マンションの男を聴取―大阪府警(時事通信)
ゆったり 平安絵巻 都大路で葵祭(産経新聞)
大阪府警運転免許課主任が酒気帯び、事故起こし逮捕(産経新聞)
郵政改革法案 衆院で審議入り 5野党は本会議に欠席(毎日新聞)
<独法>29健保で職員厚遇 保険料負担を軽減(毎日新聞)
AD