世界でも有数の放射能泉として知られる鳥取県三朝町の三朝温泉。カジカガエルが鳴く三徳川の清流に面して建つ旅館「大橋」は、昭和7年の創業以来の建物で営業を続けている。全館が本格的な日本建築で、本館や離れなど実に館内5カ所が国の登録有形文化財。“伝統建築”ゆえの維持管理の苦労はあるが、女将の大橋久枝さん(69)は「また来たい」という宿泊客の声を励みに、老舗を守り続けている。(鳥取支局 服部幸一)

  [フォト]海・山の地元食材をふんだんに使った創作会席

 建物は、正面の道路側からは2階建てに見えるが、裏側の河原から見ると3階建て。宿泊客を迎える玄関は2階ということになる。この形で建築されたのは「温泉遺産」と認定された大橋が誇る「岩風呂」を屋内に取り込むためだったという。

 岩風呂は、建物ができる前は三徳川の河原だった場所にあり、岩のすき間3カ所から自噴。それぞれの湯船の底は今も、当時の自然の川底のまま、大小の石が重なっている。

 それぞれ「上の湯」「中の湯」「下の湯」と呼ばれる噴き出し口の間隔は数メートルほどしかなく、3つの湯船は「巌窟の湯」と名づけた浴場1カ所に収まるほどだが、泉源は別々。湯の温度もそれぞれで違い、含まれる成分も中の湯と下の湯のラジウム泉に対し、上の湯はトリウム泉と異なっている。

 この珍しいわき湯を、三朝町に隣接する倉吉市で旅館や料理屋を経営していた大橋さんの祖父が譲り受けたことから、それに見合った立派な建物をと県内の銘木を集めて建てたのが、国の文化財にまでなった由来。現在使われている27の客室はすべて異なったしつらえで、「南天の間」は天井を網代のように組んだ数十本の皮つきのナンテンの木で装飾、「桜の間」の床柱はサクラといった趣向を凝らしている。

 全室が“リバービュー”なのも魅力だが、建物と温泉に劣らず大橋さんが力を入れているのが料理。冬の松葉ガニをはじめ、春の山菜、夏の岩ガキやアゴ(トビウオ)と、地元産の食材にも恵まれ、平成15年に現代の名工に選ばれた知久馬惣一総料理長の創作会席を目当てにリピーターになる宿泊客も多いという。

 「著名な方がお泊まりになることもよくありますが、特別なサービスをということはありません。利用していただくお客さま皆さんに心からくつろいでいただき、来てよかったと思っていただけるよう努めているだけです」。建物だけでなく、「もてなしの質」の維持にも心を砕いている。

 ■三朝温泉

 伝説によると、平安時代末期の1163年、近くの三徳山三仏寺で源頼朝の家臣、大久保佐馬之祐が源氏の再興を祈願した際に白狼が夢枕に立ち、湯が湧き出ていることを教えたとされる。三徳川の両岸に旅館が建ち並び、昔ながらの温泉街の雰囲気を醸し出している。本格的な療養温泉でもあり、岡山大医学部付属病院の医療センターなども設けられている。

 JR山陰線倉吉駅からバスで約20分、鳥取空港からはリムジンバスで約1時間。旅館大橋((電)0858・43・0211)は1泊2食付き1万8900円から。

【関連記事】
300年守り続けるぬか床 愛媛・松屋旅館
島根・松平閣 宍道湖借景の日本庭園
若葉の季節も魅力満喫 奈良・吉野「歌藤」
“金髪女将”で有名な山形の老舗旅館倒産のカゲに何が…
泥棒をチャリで猛追!66歳の旅館女将お手柄

菅新内閣、組閣は8日に先送りへ(読売新聞)
<拝観料>EV・PHVのタクシーやレンタカー利用でエコ割引(毎日新聞)
<口蹄疫>宮崎県えびの市で豚の出荷始める 制限解除され(毎日新聞)
「日本人に敵意」… 日本語言い違え、慌てて「世界で最も尊敬できる人」(産経新聞)
「ザ・コーヴ」上映中止で反対声明(時事通信)
AD