ローソンのチケット販売子会社「ローソンエンターメディア」(LEM、東京都品川区)の資金が不正流用された問題で、東京地検特捜部はLEM元専務(38)と取引先の企画会社「プレジール」(港区)元社長らについて、近く会社法違反(特別背任)容疑で本格捜査に乗り出す方針を固めた模様だ。流用額は約79億円に上るほか元専務がプ社側から約9000万円を受領した疑いもあり、特捜部は資金の流れを詳しく調べる。

 ローソンの社内調査によると、元専務らは販売したチケットの代金が興行主に支払われるまで社内に2~6カ月プールされることに着目。07年9月以降、代金を興行主に直接支払わず、プ社に仲介させる方式に変更し、プール期間を使って運用を始めた。08年10月ごろから投資の失敗などで興行主への支払いが滞ったため、取締役会の決議を経ないままLEMから計約23億円をプ社に支出。09年10~12月にも約46億円を支払うなど流用を繰り返したとされる。

 元専務は「投資の利益の一部を元社長らと分け合う計画だった」と説明。07年11月~09年9月ごろまでにプ社側から約9000万円を受け取り、住宅ローンの返済などに充てたと認めているという。

 LEMは92年設立。コンビニ店の端末などを通じてコンサートやスポーツイベントのチケットなどを販売している。年間チケット取り扱いは約1800万枚(約729億円)。

【関連ニュース】
【関連記事】ローソン:子会社が元専務らに144億円の損賠求め提訴
特別背任:PCI元社長ら 控訴審でも無罪判決
質問なるほドリ:代表取締役って

<なるほドリ>次の首相はどう決まるの?(毎日新聞)
首相辞任検討「済州島で一人で考えた」(産経新聞)
426億円補正予算案 6月県議会に提案 宮崎県(産経新聞)
鳩山首相「正確に言うとまだ総理で…」(産経新聞)
<クレジットカード現金化>貸金業法改正後、目立つ多重債務者からの相談急増(毎日新聞)
AD