郵便事業会社は10日、北海道を題材にした切手シート「ふるさと心の風景 第7集」(80円切手10枚組み、800円)の販売を中止し、回収すると発表した。シートに描かれた北海道の地図で、北方領土のうち択捉島と色丹島の2島が欠けていたためで、印刷し直して再発行する。切手自体に問題はなく、販売済みの切手はそのまま利用できる。同社は「発行前のチェックで不備に気づかなかった。領土問題で外国に誤解を与える恐れがあったため販売を中止した」と話している。

 切手シートは、石狩、稚内、小樽など北海道各地の風景画を題材に、180万シートを印刷して1日に発行した。

 同社によると、9日に購入者からの指摘を受け、販売中止を決めた。10日までに全国の郵便局で約22万シートを販売したという。再発行は9月10日の予定で、同社は販売済みシートの交換にも応じる。

幻の小麦収穫、最盛期迎える 東久留米市(産経新聞)
<七夕の夜>水都・大阪に地上の天の川(毎日新聞)
<東京メトロ>東西線一時運転見合わせ 電車から煙 葛西駅(毎日新聞)
<菅内閣>努力家「蓮ちゃん」 恩師らエール(毎日新聞)
<動画>「ユーチューブ」使い違法配信 中3少年を逮捕(毎日新聞)
AD