米軍普天間飛行場移設問題に関する政府方針をめぐり、政府は28日夜に臨時閣議を開いた。

 この中で、鳩山由紀夫首相は署名を拒否して閣議を欠席した社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相を罷免した。

 福島氏の後任は平野官房長官が兼務であたる。

【関連記事】
首相側「将来は県外」で説得へ 社民離脱阻止を優先
福島党首、普天間対応めぐり「党内分裂は考えられない」
「(福島氏は)内閣の存立を脅かす」 北沢防衛相が辞任促す
閣内バラバラ、今度は平野氏が北沢氏を批判「不規則発言だ」
政権崩壊まっしぐら?「次は菅総理」黄門様の発言が波紋

涼しげな風鈴、1300度の熱いガラスから(読売新聞)
福島氏、沖縄入り 知事に共闘呼びかけ(産経新聞)
通り魔事件で男性無罪 被害者証言疑問、面割り捜査を批判(産経新聞)
首相なお続投に意欲、小沢氏と再会談 社民党は内閣不信任案賛成の方針(産経新聞)
「頑張った」「罷免当然」遊説の福島氏に静岡市民(読売新聞)
AD