長妻昭厚生労働相は14日、記者団に対し、国が和解協議入りしたB型肝炎訴訟の原告と、来週中にも面談する方向で検討していることを明らかにした。
 長妻氏は「まだ正式に決まっていないので、党と相談する」とした上で、面談実現に向けて検討していると説明。時期は、和解勧告が出ている福岡地裁の次回期日(17日)以降になるという。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察審、小沢氏「起訴相当」を議決~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

孤立しやすい高齢者像を分析-内閣府の高齢社会白書(医療介護CBニュース)
<不法投棄>容疑で6人逮捕 田畑に産廃3万トン 愛知(毎日新聞)
<囲碁>羽根、白大石に迫る 本因坊戦第1局(毎日新聞)
【日本の城景】「岡崎城」 神君出生、今は憩いの場(産経新聞)
赤いバイクで「ちょっとこっちに…」女児に声掛けの不審者情報相次ぐ 品川区 (産経新聞)
AD